墓石の値段は平均約130万円!お値段以上に価値のある墓石を紹介

スポンサーリンク
お金と葬儀

墓石の値段といっても50万円の墓石から500万円以上の墓石まで、価格には大きな差があります。

なぜなら石の値段は、大きさや種類、生産地によって大きく異なるからです。

お墓を建てるときに、墓石について詳しい方はほとんどいらっしゃらないでしょう。

よって、価格相場が分からず、石材店から提示された見積りが妥当なのか判断出来ずに悩まれているのではないでしょうか。

  • 墓石の平均的な値段はいくらなの?
  • 墓石のデザインや石の種類によって値段はどれだけ変わってくるの?
  • 購入費用を安く抑える方法はないの?

この記事では、みんなが購入している墓石の平均金額、石の値段はどうやって決まるのかを詳しく説明しています。

また、お墓を建てる際に必要な墓石以外の費用についても解説しています。
ぜひ、最後までご覧いただき、購入する際の参考にしてください。

    墓石の平均値段は約130万円!国産墓石がまだまだ人気

    お墓の費用構成は主に、墓石の石材費、外柵の石材費、工事費や雑費に分類できます(その他墓地の取得の費用も発生します)。

    外柵の石材費は面積によって異なりますし、工事費も現場の状況によって異なります。
    この章では、墓石の石材費について細かく説明していきます。

    生産国別にみる墓石の平均金額

    ここでは、筆者の独断ではあるものの、国別の石材の一般的な相場について言及します。
    予めお断りするのは、お墓の値段は、産地だけでは決められないということです。

    墓石のデザインや、石を使う量(才数)が異なれば、費用は大きく増減します。
    また、石材は天然のものです。同じ産地の石材でも目合いのよしあしで値段が変動することもあります。

    日本の墓石の平均は150〜200万円

    日本の墓石の場合、平均金額は150〜200万円くらいではないでしょうか。
    一般的なサイズの墓石を建立した場合の1つの目安だと思ってください。

    最高級の石材と呼ばれる庵治石(香川県)の細目石だと500万円はするでしょう。

    浮金石(福島県)、本小松石(神奈川県)で300万円。
    羽黒青糠目石(茨城県)、大島石(愛媛県)クラスで200万円。
    その他、安価な石材では、茨城県の稲田石や真壁石は100万円前後でしょう。

    これらを総合すると平均金額は150万円〜200万円くらいかと思われます。

    中国の墓石の平均は50〜80万円

    中国の石材を選ぶ方は、基本的には安価なものを選ぶ方が多いでしょう。

    中国産のなかでは良質とされている黒竜石(k-12や1704)では80万円前後。
    福建省の青御影石であるAG-98や濃いめのG654などは50万円前後。
    福建省の白系のG603やG614などは40万円前後でしょう。

    これらを総合すると平均金額は50万円〜80万円くらいが見込まれます。

    インドの墓石の平均は100〜150万円

    インドの石材は品質に定評があり、中国産のものより若干高めの傾向にあります。

    高級黒御影石のクンナムや、赤御影石のインペリアルレッドは150万円前後でしょう。
    また、最近和墓でも洋墓でも人気のアーバングレーは80万円前後でしょう。

    これらを総合すると、100万円〜150万円くらいが見込まれます。

    墓石の値段が決まる3つのポイント

    お墓の値段はどうやって決まるのか。3つのポイントをまとめました。

    ポイント1.石の種類ー国内産から海外産まで、吸収率や品質も異なる

    墓石の値段を左右する大きな要因の1つが石の種類です。
    どの石でお墓を建てるかによって、値段は大きく変わります。

    前の章でも触れたように、国産最高級の庵治石が500万円くらいする一方、中国産の安価な石材だと50万円程度で済み、選ぶ石材によって10倍もの開きが出てしまうのです。

    ポイント2.石の量ーこだわりのデザインによって値段は大きく変わる

    石の種類と並んで、墓石の費用を決定するのは、石の量です。
    墓石業界では使用する石の量は「才」で計られ、才数が多いと必然的に費用もかさみます。
    8寸と9寸、二重台と三重台の違いだけで費用は十万円単位で変わるでしょう。

    さらにはこだわりのデザイン墓などにすると、より多くの石を使用しなければならないかもしれません。

    ポイント3.ー国内加工と海外加工

    海外産出の石材の多くは中国の工場に集められて加工されます。

    ところが、国産石材でも中国で加工をするという方法があります。
    海外での加工の方が安く済むのですが、加工の仕上がりはやはり国内の方が優れているでしょう。

    筆者おすすめ!コストパフォーマンスが良い石材

    「高価なものは品質がよい。」「あるいは品質が劣る分値段は安い。」
    これらは当たり前のことです。

    ここでは、筆者の独断ではありますが、コストパフォーマンスに優れた石材を紹介します。
    いわゆる「値段の割にはいい仕事をしている」石材を選んでみました。

    大島石

    愛媛県産出の銘石・大島石です。
    大島石は、西日本を中心に大変好まれている石材で、供給量も安定しています。
    品質によって、特級、1級、2級、などにランク分けされています。

    最近では、原石ごと中国に商社が買い占め、日本向けに加工された墓石が逆輸入するという現象が起きています。
    そのため、国産墓石の中では値段の幅が広い墓石だと言えます。

    つまり、高額なものもあれば、安価なものもある、ということです。
    費用を抑えて国産墓石を建てたい方は、1度石材店に相談してみましょう。

    値段 強度 実績
    ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

    真壁石

    真壁石は茨城県産出の石材です。
    安価な青御影石として関東地方や首都圏で多くの人に利用されています。

    真壁石の中でも、「真壁細目石」は石肌がとくにきれいです。
    費用もそこまで高くないことから安定した人気を誇っています。

    値段 強度 実績
    ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

    犬島みかげ

    江戸時代には岡山藩主池田家の墓石や、豊臣秀吉の時代に大阪城築城にも使用されるなど、大変歴史のある石材です。
    現在は採石業者も1業者しかなく、扱う石材店も限られています。

    しかし、北木石や万成石などと同様の赤御影石ですが、その落ち着いた桜色の石肌はとても上品です。

    市場にあまり流通していない、供給も少なく、ゆえに需要もないために、現在は安価で扱われている、掘り出し物的な逸品です。

    値段 強度 実績
    ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆

    K-12(中国黒竜江省)

    ここ20年の海外墓石の筆頭がK-12です。
    中国黒竜江省が産んだこの石材は、大連までの長い長い鉄道による運搬コストをかけてまで、日本に輸入する価値があると認められたのです。

    濃いめの青御影石はここ最近の消費者の好みにも合い、また吸水率の低さなどでも定評があります。
    難を言えば、濃いめの石材である分、年月が経つと色あせを起こしてしまうかもしれない点です。

    値段 強度 実績
    ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆

    アーバングレー(インド)

    アーバングレーも、ここ20年の海外墓石の中でも安定した人気を誇っています。
    少し緑の入った石肌は好き嫌いの別れる所ですが、石材の耐久性は抜群です。
    特に吸水率の低さは世界最高クラスで、経年劣化もあまり見られない、優れた石材と言えるでしょう。

    値段 強度 実績
    ☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆

    石の値段が適正か判断する方法

    墓石の価格設定は実にあいまいです。同じ形の同じ石種でも石材店によって値段が異なることはよくあります。
    これは、小売店が自由に値段を決めていいような慣例があるからです。

    適正価格を判断するには、複数の石材店から、同じ石種で同じデザインの見積もりを取り、比較するしかないでしょう。

    墓石の値段を安くする4つの方法

    少しでも墓石の値段を安くするにはどうすればよいか。4つの方法をお教えします。

    複数社との相見積もり

    まずは、複数社から見積もりをとり、比較検討することです。値段を戦わせることで適正価格に落ち着くでしょう。

    ただし、同じ石材でもランク落ちのものを用意することで値段をあわせようとする業者もあるでしょうから、きちんと希望を伝えましょう。

    単価の安い石材にする

    単価の安い石材にすることで墓石の値段は大きく節約することができます。
    国産石材によく似た外国産の石材も多数流通しています。

    • 庵治細目石に似たSPI(ポルトガル)。
    • 大島石に似たAG-98。
    • 本小松石に似た中国小松。
    • 天山石に似たK-12。

    ただし気をつけなければならないのは、石の目合いが似ているだけで、品質などは同等のものを保障できません。詳しくは石材店に問い合わせてみましょう。

    お墓のボリュームを小さくする

    お墓の大きさやボリュームを小さくすることで使用する石の量を抑え、節約することができます。

    石材店の特価品や在庫品を狙う

    石材店が保有している在庫品は、よくチラシなどで特価品として紹介されています。

    在庫の売れ残りを処分するための特価品なので、何年くらい前にどのような状況で保管あるいは展示されていたかは分かりませんが、とにかく安くてもいい、という人はこのような特価品にも注目しておきましょう。

    忘れてはいけない!お墓の付属品にもお金がかかる

    お墓の費用は墓石(石塔)だけではありません。この他にもさまざまなものに費用がかかります。

    • 外柵
      墓地を囲む石材のことで、隣の墓域との境界の役割をも果たします。面積が広いほど多くの石材が必要となります。
    • 墓誌
      先祖の戒名などを刻む石板のことです。墓石の左右に据えられます。
    • 墓前灯籠
      墓地前面に対で据え付けします。墓域内外を分つ役割があります。
    • 物置石
      お墓参りの時に荷物を置くための石です。
    • 塔婆立て
      寺院から頂いた塔婆を立てかけておくための備品です。

    お墓を建てるための石以外に必要な経費

    お墓を建てるためには、これまで触れてきた石材の商品以外でももろもろの費用がかかります。それらをまとめました。

    墓地の永代使用料

    墓地の永代使用料は、墓地の使用権を取得の際に管理者に支払います。
    取得するのはあくまでも永代の「使用権」であり、墓地そのものを取得するわけではありません。

    墓地の管理費

    墓地には年間管理費を支払います。この費用で共益部分の管理や清掃を行います。
    また、墓地によっては、はじめに一括で管理費を支払う仕組みのところもあります。

    お墓の工事費

    墓地での工事費も必要となります。
    現場の状況、墓地の面積、扱う石材の内容などによって費用を算出してもらいましょう。  

    これで迷わない!墓石購入までの流れ

    ここでは、墓石を購入するまでの流れをまとめました。

    お墓を建てる場所を決める

    まずは自分たちが気に入った墓地を探しましょう。

    公営墓地、民営墓地、寺院墓地、共同墓地、それぞれにメリットとデメリットがありますが、直感で「ここだ!」と感じた場所は大切にしておきましょう。

    石材店に行き石を選ぶ

    石材店も複数社を見て回ることをおすすめします。

    石材に対しての知識。工事がどのように行われるかの説明など、価格だけではなくその石材店が信頼できるかどうかを見極めましょう。
    また、霊園によっては施工業者が指定されていることもありますので注意しましょう。

    契約をする

    契約の際は、契約書を取り交わし、前受金を納めます。
    状況にもよりますが、契約後、3ヶ月前後で完成引き渡しとなるでしょう。

    まとめ

    お墓はご先祖様に入ってもらう大切な場所です。
    値段はとても大切な要素ですが。そこだけには留まらずにお墓を決めていきましょう。
    好みの色合い、デザイン、そして信頼の置ける石材店かを、きちんと見極めましょう。

    一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
    お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

    スポンサーリンク
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    お墓探しはこちら