徳島県のお墓・霊園一覧(93件)

地域・駅・路線から霊園を探す

特徴・こだわりから霊園を探す

徳島県の人気の霊園

電話相談:0120-907-802

徳島県の一般墓の平均費用

一般墓:64万円(墓石代別)

上記は徳島県で一般墓を建てるときに必要な永代使用料の平均価格です。
墓石型のお墓を建てるには永代使用料のほか墓石代が必要です。
なお、全優石がおこなった2018年アンケートによると全国の墓石平均価格は162.7万円です。

徳島県の霊園一覧

この霊園を検討リストに入れる

公営
阿波市営 丸山墓地 あわしえい まるやまぼち

阿波市営 丸山墓地

所在地
徳島県阿波市阿波町丸山24番地4 地図を見る

アクセス
JR徳島線「阿波山川」から徒歩42分 詳細を見る 全表示

公営
阿波市営 医王寺墓地 あわしえい いおうじぼち

阿波市営 医王寺墓地

所在地
徳島県阿波市阿波町医王寺308番地1 地図を見る

アクセス
JR徳島線「阿波山川」から徒歩55分 詳細を見る 全表示

公営
メモリアルパーク 坂東 花の霊苑 めもりあるぱーくばんどう はなのれいえん

no image

所在地
徳島県鳴門市大麻町板東字西平草88-6 地図を見る

アクセス
JR高徳線「坂東」から徒歩12分 詳細を見る 全表示

公営
徳島市営 不動中須墓地 とくしましえい ふどうなかすぼち

no image

所在地
徳島県徳島市不動西町2丁目1528番地 地図を見る

アクセス
JR徳島線「鮎喰」から徒歩17分 詳細を見る 全表示

公営
石井町 前山公園墓地 いしいちょう まえやまこうえんぼち

no image

所在地
徳島県名西郡石井町 地図を見る

アクセス
JR土讃線「土佐山田」から徒歩16分 詳細を見る 全表示

公営
阿波市営 長峰墓地 あわしえい ながみねぼち

no image

所在地
徳島県阿波市阿波町中長峰130番地2 地図を見る

アクセス
JR徳島線「川田」から徒歩42分 詳細を見る 全表示

公営
阿波市営 北正広墓地 あわしえい きたまさひろぼち

no image

所在地
徳島県阿波市阿波町北正広228番地1 地図を見る

アクセス
JR徳島線「阿波山川」から徒歩80分 詳細を見る 全表示

公営
メモリアルパーク 坂東 花の霊苑 永代供養墓とこしえの碑 めもりあるぱーくばんどう はなのれいえん とこしえのひ

no image

所在地
徳島県鳴門市大麻町板東字西平草88-6 地図を見る

アクセス
JR高徳線「坂東」から徒歩12分 詳細を見る 全表示

公営
阿波市営 綱懸墓地 あわしえい つなかけぼち

no image

所在地
徳島県阿波市阿波町綱懸232番地1 地図を見る

アクセス
JR徳島線「阿波山川」から徒歩49分 詳細を見る 全表示

公営
美馬市営 尾山墓地 みましえい おやまぼち

no image

所在地
徳島県美馬市穴吹町口山字尾山777番1 地図を見る

アクセス
JR徳島線「穴吹」から徒歩32分 詳細を見る 全表示

徳島県に近い都道府県から探す

霊園探しのお役立ち記事

徳島県について

徳島県の特徴と霊園について

四国4県のひとつ徳島県は、4,146.79平方キロメートルの面積に対して約8割が山地となります。
四国のなかでも東側に位置しており、南海フェリーを使うことで近畿地方の和歌山に2時間ほどでアクセスが可能。
また世界最大級といわれる「鳴門の渦潮」は観光地としても有名で、その鳴門海峡のうえを走る鳴門大橋を使えば、淡路島、そして明石海峡大橋を渡れば兵庫県にも自動車で移動することができます。
大阪や神戸からも高速バスが出ているなど本州とは離れている徳島県ですが、交通の利便性は高いといえます。
観光地としては徳島市内にある眉山は夜景スポットとしても知られており、夏には阿波踊りが開催されます。
県内状況というと人口数737,908人(平成30年6月1日現在)で、4割以上が徳島市と鳴門市に集中しているのは山地が多いことが理由として考えられます。
霊園状況としては、霊園数17,430箇所と納骨堂40箇所と納骨堂が少ない特徴があります。
※出典:「平成28年度衛生行政報告例」(厚生労働省)
65歳以上が全体の約32.3%を占めているので、高齢者数は今後も増えてくることが予測できます。
地元や近場に先祖代々のお墓がなく、納骨堂での供養を希望するのであれば早めに候補を探しておく方がよいかもしれません。

徳島県の主な公営霊園一覧

監修者情報

終活・葬送ソーシャルワーカー 吉川美津子(監修者)

大手葬祭業者、大手仏壇・墓石販売業者勤務を経て、葬送コンサルタントとして独立。
起業コンサルティングや人材育成、取材・執筆などを行っており、ライフドットの記事監修を担当。
近年は葬送関連事業と並行しながら社会福祉士として、また介護職として福祉・介護の現場でも活動。「生き方」「逝き方」両輪の橋渡しを模索中。