樹木葬の特徴を徹底解説!費用やメリット・デメリットを紹介

スポンサーリンク

樹木葬は、近年注目されている木や花などの植物をお墓の目印にした新しいお墓の形です。

「自然に還れる方法と聞いて気になる」「親に『樹木葬にしてほしい』と言われた」といった理由で、樹木葬について調べている人も、多いのではないでしょうか。

樹木葬には、さまざまなタイプがあります。調べると情報が多すぎて、一体どれを選んだらよいのか、よくわからなくなってしまいますよね。

樹木葬に関するこのような疑問を解消!

  • まずは樹木葬の意味や費用、特徴について、ざっくり知りたい。
  • 樹木葬のメリットとデメリットを比較して検討したい。
  • 散骨とはどう違うのか知りたい。

この記事では、以上のような疑問を持つ人のために、樹木葬の基本的な意味や特徴、費用、メリットとデメリットについてお伝えします

最後には、散骨をはじめとした樹木葬以外の供養法もまとめてありますので、自分や家族にふさわしい供養法はどれなのかを、しっかり選ぶことができますよ。

樹木葬とは墓石ではなく木を墓標としたお墓のこと

樹木葬の納骨

樹木葬とは、墓所に墓石を建てる代わりに木を植えて、樹木を墓標とするお墓のことを指します。
樹木の根元に遺骨を納骨し、お墓参りのときには、墓標である樹木に向かって祈ります。

好きな植物をお墓の目印とすることが可能な場所もあり、自然が好きな人にはぴったりのお墓と言えます。

この章では、樹木葬の詳しい意味や特徴について解説していきます。

樹木葬はお墓で、散骨はお墓をつくらない弔い方

「木の根元に遺骨を納骨する」と聞くと、「それは山への散骨とどう違うの?」と思われる人もいることでしょう。
樹木葬と散骨は、自然に還るという根本的な考え方は同じですが、弔いの方法としては全く違うものです。

それは、遺骨を収蔵するのか、撒くのかという違いになります。

樹木葬は、お墓として許可を得ている土地に遺骨を納骨するため、れっきとしたお墓です。
一方で散骨は、お墓をつくらない弔い方です。散骨をする場所は、お墓として許可を得た土地でなくても構いません。

ただ、日本の法律では、納骨する場合はお墓として許可を得た場所でなければならないとしています。
よって散骨をするときは、遺骨を埋めるのではなく、あくまで粉骨したものを「撒く」ことが必要になります。

継承者のいらない永代供養がほとんど

樹木葬の多くは、お墓を継承する必要のない、一代限りのお墓です。
ただし、寺院が管理する墓地にある樹木葬などは、継承者が必要だったり、檀家にならなければならなかったりする場合もあります。

以上、樹木葬の意味や特徴について解説しました。

樹木葬の種類を紹介!墓地の雰囲気と遺骨の収蔵方法で分類

樹木葬は、墓地の広さや雰囲気で大きく2つのタイプに分けることができます。

また、樹木を目印にしているお墓全てを樹木葬というため、遺骨の収蔵方法に決まりはありません。

それぞれ、「墓地の雰囲気」と「遺骨の収蔵(埋葬)方法」で分類しました。どのようなものがあるのかを知り、自分が選ぶとしたらどういった樹木葬がいいのか考えてみてください。

霊園タイプと里山タイプに大別される

樹木葬は、霊園タイプと里山タイプに大別されます。
霊園タイプの樹木葬は、一般の墓地と同じように整地され、手入れも行き届いて、緑あふれる公園のような雰囲気があります。

一方、里山タイプの樹木葬は、山の自然を極力残すことがコンセプトなので、整地は最小限にとどめられています。生命力あふれる樹林の中に植樹し、根元に遺骨を還します。
また、広い土地が必要になるため、郊外から離れた遠方に霊園があることが多いです。

遺骨の収蔵形式は大きく分けて3種類

樹木葬で遺骨を収める方法は、いくつかの種類に分けることができます。特に次の3つの方法が、主な収蔵形式となります。

墓石の「カロート」に収蔵する方法

墓石には通常「カロート」と呼ばれる納骨スペースがあります。これは、先祖代々之墓などと書かれた墓石の真下の部分に設置されています。地上や半地下などに造られていることが一般的です。

カロートは墓石の大きさによって内部の広さが変わりますが、骨壺がいくつかそのままで収納できるようになっています。骨壺が入らなくなってくると、骨壺の中から遺骨を取り出して直接内部の土の上に直接撒くこともあります。

樹木葬墓地の場合は、墓石の代わりに樹木を植えます。遺骨はカロートには入れずに直接土に撒く方法をとることが多いです。

ペットや家族とともに埋葬をするタイプ

樹木葬の場合は、個人だけで納骨するタイプが多いですが、比較的自由な場合が多く、夫婦の遺骨を共に埋葬する場合や、ペットと一緒に埋葬してもらえる場合もあります。遺骨は骨壺から取り出して土に直接埋葬します。

合葬墓や合祀墓タイプの方法

永代供養などで遺骨を収蔵する場合、合葬墓や合祀墓にする形式が多く見られます。樹木葬の場合も、骨壺から遺骨を取り出して、他の人の遺骨とともにひとまとめにして収蔵するタイプがあります。費用も安くつきますし、管理料も一般的にはそれほどかかりません。

ただいったん収蔵してしまうと、取り出すことはできませんので、はじめによく考えてから決めるようにしましょう。

遺骨が土に還るタイプと還らないタイプがある

樹木葬のコンセプトの一つとして、「自然に還る弔い方」というものがあります。
よって、遺骨は骨壺から取り出して土に還すのが一般的な樹木葬の供養法です。

しかし、なかには、遺骨を土に還すのではなく、骨壺を納めるカロートを設けている霊園もあります。
カロートに納めれば自然には還りませんが、あとで骨壺ごと取り出せるので、お墓の引っ越しがしやすいという利点があります。

以上、樹木葬の種類について解説しました。次章では、気になる樹木葬の費用についてお伝えします。

樹木葬は一般的な個別墓よりも費用が安い

バインダー上の電卓とボールペン

樹木葬は、墓石を使った一般的な個別墓よりも費用が安い傾向にあります。
墓石を建てるよりも、木を植える方が、費用がかからないためです。

ただ、樹木葬のなかでも、種類によっては費用がやや高めになるケースやプランがあります。
樹木葬でも複数の方法があるため、比較検討するのがおすすめです。

この章では、樹木葬の相場や種類による費用の違いについて、詳しく説明します。

樹木葬の費用相場は30万円から70万円

樹木葬の費用相場は、30万円から70万円ほどです。
「相場というわりには、やけに幅があるな」と思う人もいることでしょう。

実は、樹木葬には大きく分けて2つの種類があり、種類によって費用がだいぶ違うのです。 それぞれ説明しましょう。

他の人の遺骨と一緒に埋葬される合祀型なら価格が抑えめ

樹木葬のタイプの一つとして、他の人の遺骨と一緒に埋葬する合祀型があります。
骨壺から遺骨を取り出して他の人と同じ敷地内へ納骨し、みんなで一本の木を墓標として共有します。

合祀タイプの樹木葬の相場は、30万円ほどです。
墓地によっては10万円、5万円といった、かなり抑えた値段の場合もあります。

合祀タイプの樹木葬の費用は一体あたりの価格ですが、夫婦や親子で契約すると少し割安になる傾向があります。

個別のスペースをつくるなら合祀型より価格が高くなる

皆で一本の木を共有していても、名前を刻んだプレートなどを設置して個別のスペースを設けて埋葬をすると、合祀型よりも価格は高めになります。
この場合、相場は40万円から50万円ほどです。

また、一本の樹木を独占して個別のスペースを設ける場合は、もっと価格が高めになります。
この場合、相場は70万円ほどで、ときには100万円といったケースもみられます。

ただ、個別のスペース内には、何体かの遺骨を納めることができるため、家族で購入するなら合祀型よりお得といえるかもしれません。

樹木葬の費用については「樹木葬の費用は安価?人気の理由と思わぬ落とし穴をわかりやすく解説」の記事に詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。

以上、樹木葬の費用についてお伝えしました。
次章では、樹木葬のメリットとデメリットについてまとめます。

樹木葬のメリットとデメリット

メリットとデメリットを考える男性

樹木葬にはどんなメリットがあり、何がデメリットとなるかをこの章でまとめていきます。
自分や家族が樹木葬に向いているかどうか、検討してみましょう。

樹木葬のメリット

樹木葬のメリットは、以下の3点です。

  • 自然に還ることができる
  • 墓石のお墓より費用が安い
  • 後継者の必要がない

それぞれ詳しく解説しています。樹木葬を選ぶことでどういったことが得られるのか、お墓を選ぶ参考にしてください。

自然に還ることができる

大部分の樹木葬では、遺骨を土に還します。
死後は自然に還りたいと思っている人には最適です。

墓石のお墓より費用が安い

一般的なお墓の購入費用の平均額はおよそ250万円程度です。一方で、樹木葬の相場は30万円から70万円ですから、費用をぐっと抑えることができます。

後継者の必要がない

一般的なお墓は、遺骨が納められた後も年間管理費を支払わなければならないため、後継者が必要です。
一方、樹木葬は後継者の必要がないお墓がほとんどです。

樹木葬のデメリット

樹木葬のデメリットは、以下の3点です。

  • 承継できるお墓がほとんどない
  • 交通アクセスがよくない
  • 合祀墓や散骨と比較して費用が高い傾向

それぞれ詳しく解説していきます。

承継できない、一代限りのお墓がほとんど

夫婦用、もしくは一人用という単位で申し込み・契約する樹木葬がほとんどです。これから家族代々のお墓として使いたいと思ったときには、樹木葬はあまりふさわしくないといえます。ただし、寺院墓地の中の樹木葬スペースなど、継承できるお墓がないわけではありません。詳しいリサーチが必要となるでしょう。

交通アクセスが悪い可能性が高い

とくに山の中に作られる里山型の樹木葬墓地は、交通アクセスがかなり悪い可能性があります。

墓地の近くまで車が入って行けないような場所では、参拝者が年配になったときにお墓にたどり着けないという事態になりかねません。

交通アクセスには、十分注意して選ぶ必要があります。

一部の合祀墓や散骨よりは価格が高い傾向にある

樹木葬は一般的なお墓よりも費用が割安ですが、安さで選ぶなら散骨や樹木葬ではない合祀墓のほうが、費用が抑えられる可能性があります。「他の方法より、樹木葬のほうが安いのではないか」と思い、樹木葬にしようと考えているなら、他の方法も検討材料に入れるべきです。

以上、樹木葬のメリットとデメリットについてまとめました。

「やっぱり、自然に還れる樹木葬がいい」と感じた人もいれば、 「他の方法のほうが安いのなら、検討してみたい」と思った人もいることでしょう。
最後に、樹木葬以外の供養法について、大まかに紹介しておきます。

樹木葬の申し込みから埋葬までの流れ

樹木葬で埋葬する場合の流れを解説します。

  1. 気になる霊園の資料請求・予約をする
  2. 霊園の見学をする
  3. 納骨式の日取りなど僧侶と打ち合わせ
  4. 「埋葬許可証」の準備
  5. 納骨式と埋葬

基本的に、樹木葬で埋葬するための流れは、他の埋葬方法とそれほどの違いはありません。樹木葬での埋葬方法にしようと決めたら、まずは樹木葬のできる場所を探してみましょう。

気になる霊園の資料請求・予約をする

どうしてもここで樹木葬がしたい、という場所が決まっていれば問題ありませんが、まずは、色んな霊園の資料を集めて、検討する必要があります。

霊園にはそれぞれの特徴があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。本当に自分が望む埋葬ができるのかをよく検討しなければいけません。

また、その霊園で埋葬した場合、後々の管理についても考えておく必要があります。お墓は基本的には自分ひとりの問題ではありません。今後そのお墓を管理していかなければいけない家族のためにも、ここでよく検討をしておくべきです。

あとで揉めることのないように、また自分が納得できるように、できるだけ多くの資料を集めて、じっくりと検討してみることをおススメします。

資料の集め方は、霊園に直接、電話などで依頼したり、ネットで紹介されているような霊園では、そのままネットで依頼したりすることもできます。

そしていくつか気に入った霊園を絞ることができたら、できれば実際に自分の目で確かめてみましょう。まずは霊園の見学です。

霊園の見学をするには、予約をしなければいけないこともあります。見学をする前に必ず確認をとっておきましょう。予約の方法はいくつかあります。ネットや電話など、その霊園がどのような対応をしているかによって違いますので、注意が必要です。

霊園の見学をする

予約が必要な場所は必ず事前に予約を入れておきましょう。

霊園によって対応は違いますが、自分の目でしっかりと確認をします。案内してくれる担当者や説明をしてくれる人がいる場合には、ここで疑問に感じることがあればすべて聞いておくようにしましょう。

見学をした際に確認をしておくポイントは、まずアクセスについてです。自らが体験することで地図上ではわからない事柄が見えてきます。本当にこの場所で問題ないかをよく検討しましょう。

また埋葬する場所や、他の樹木葬の実際を見て、自分のイメージとかけ離れたものでないか、よく観察をします。

そして契約する際に必要な料金や、管理料、永代使用料なども、必ず確認をしておかなければならない大切なポイントです。

担当者が説明をしてくれる場合には、樹木葬をすることのメリットやデメリットなど、担当者側からの客観的な意見を聞いておくことも大切です。顔と顔を突き合わせて話すことで、電話や文書などでは伝わらない思いなど、新しい発見をすることができます。

納骨式の日取りなど僧侶と打ち合わせ

実際に納骨ということになったら、葬儀の方法にもよりますが、まずは僧侶と打ち合わせを行っておく必要があります。通常は葬儀でお願いした僧侶に、納骨式でもお願いすることになるでしょうから、早めに日取りや方法についての打ち合わせを行っておきましょう。

納骨方法が一般的な方法ではありませんので、どのように行うか、当日慌てることのないように、しっかりと段取りをしておくようにします。

「埋葬許可証」の準備

日本では遺骨を許可なく勝手に埋葬することは法律によって禁じられています。遺骨を埋葬する際には、必ず埋葬許可証が必要となります。

死亡が確認されたあと、医師に作成してもらった死亡届、死亡診断書を、故人の住所地の自治体に提出します。自治体はこれをもって、火葬許可証を発行してくれます。

火葬許可証は、遺体を火葬する際に必ず必要な書類で、これがないと火葬することはできません。火葬が終わると、この火葬許可証は火葬が済んだことが記されて、遺族に渡されます。そしてこれがそのまま埋葬許可証となります。

埋葬許可証は、遺骨を埋葬する際に、霊園の管理者や寺院の僧侶などに提出をします。

納骨式と埋葬

納骨式は特に決まりはありませんが、四十九日の法要に合わせて行われることが多いです。

樹木葬の場合は、一般墓地とは違って墓石に遺骨を納骨はしません。また樹木葬と言っても、その形態はさまざまです。

シンボルツリーを配した合葬墓である場合や、多くの木を植樹した樹林墓地などがあります。また埋蔵をせず、粉骨した遺骨を土に撒いて埋葬する方法もあります。人が土に還る、それが実感できる瞬間です。

ただしこの方法だと、いつか墓石を建てたので改装をしたいと思っても、物理的に不可能となってしまいます。あとのこともよく考えて決める必要があります。

このように霊園によって納骨の方法はさまざまですが、納骨式については、通常の供養方法と同じように行います。そして僧侶に読経を行ってもらいます。

また、樹木葬に限らずお墓を建立する流れについて詳しく知りたい方は「お墓を建立する流れを知ろう!考慮すべきポイントや時期もバッチリ習得」の記事をご覧ください。

後悔しないために!樹木葬を選ぶときのポイント

樹木葬は最近人気の埋葬方法であるため、まだそれほど知られていないこともあります。そのため安易に決めてしまうと後悔することになってしまう可能性も高いと言えます。

後悔することのないように、決める前にはじっくり考えて、そして周りの人たちとよく相談するようにしましょう。次に樹木葬を選ぶときのポイントを挙げてみました。

ポイント1:自分のイメージと本当に合っているか

樹木葬は通常の墓石に埋葬するお墓とはずいぶん違います。ただパンフレットなどの写真や宣伝文句、また価格の安さから安易に決めるのは危険です。自分が本当はどんなお墓がいいのか、そして樹木葬、いわゆる自然葬の枠組みの中には、いろいろな形式や価格もあります。

どんなところで眠るのが一番自分らしいのか、一度じっくりと考えてみるのもいいでしょう。

ポイント2:墓地の場所・型

樹木葬ができる場所は、里山型、公園型、ガーデニング型の三種類のタイプに分けることができます。お墓の場所は重要なポイントとなります。眺めがよくて環境がよくても遠くてなかなかお墓参りができないというのは問題です。

ポイント3:跡継ぎが必要かどうか

樹木葬はたいていの場合は、永代供養の形式であるため、跡を継ぐ人は必要ありません。ただ継承することもできるところもありますので、その点には注意が必要です。家族とよく相談をして決めないといけない大事なポイントです。

ポイント4:宗教や宗派に決まりがないかどうか

樹木葬の場合、宗教や宗派を問われることは少ないですが、稀にお寺などで行う場合などでは、宗派が問われることもあります。いくら気に入った場所でも、宗派が違う場合には、なかなか許可してもらえませんので、前もってしっかり調べておく必要があります。

ポイント5:植樹する樹木の種類

樹木葬を行っている霊園などでは、桜の木など植樹する木が決められている場合があります。自分がどうしても植えたいと思う木などがある場合、選んだ墓地で扱ってもらえるかどうか先に調べておくことは大切なポイントとなります。

ポイント6:埋葬をする形式は個別なのか合同なのか

樹木葬の埋葬方法には、個別で埋葬する方法と、合葬墓や合祀墓にしている場合があります。それによって価格も大幅に違いますし、最初にしっかりと調べておく必要があります。

前もって資料を取り寄せ、できれば見学予約をして自分の目で確認しておくと、あとで後悔することのない樹木葬選びができるでしょう。

【樹木葬の歴史】日本初の樹木葬は岩手県にある里山型

日本で初めて樹木葬が行われたのは、1999年、岩手県一関市の祥雲寺(現在の知勝院)でした。里山の環境の再生と自然保護の観点から、墓石に替えて樹木を植樹し墓標としました。

この里山型の樹木葬は話題となり全国へと広まっていきました。しだいにその土地に合わせた、公園型やガーデン型などの、樹木葬が誕生したのです。

公営初の樹木葬は「横浜市営メモリアルグリーン」に誕生した

2006年には、横浜市の市営墓地メモリアルグリーンに初めての公営霊園で樹木葬が誕生しました。その後、都立霊園で初めての樹木葬が小平霊園で誕生し、その際の募集時には約16倍を超える応募があったと話題になりました。

樹木葬以外の供養法

室内にある仏壇式納骨堂

樹木葬以外にも、一般のお墓より費用を抑えられる方法があります。
順に紹介しましょう。

初めから他の人の遺骨と一緒に埋葬されるタイプの永代供養墓

お寺にある供養塔や合祀墓に、他の人の遺骨と一緒に埋葬されるタイプの永代供養墓の相場は、10万円から30万円ほどです。

費用は、樹木葬の合祀墓タイプとさほど変わりませんが、墓石を使った一般的な合祀墓のほうが圧倒的に多いため、近所にも見つかる可能性が高いでしょう。

初めは個別に弔い、あとで合祀されるタイプの永代供養墓

初めの数10年は一般的な個人墓で弔い、契約期間が切れたら供養塔や合祀墓に合祀されるタイプの永代供養墓があります。この永代供養墓の相場は、70万円から150万円ほどです。

樹木葬よりも相場が高めではありますが、一般的なお墓よりも価格が抑えめといえます。

永代供養墓については、「永代供養のお墓はなぜ注目される!?供養法や人メリット・デメリットを解説」の記事で詳しく書いていますので参考にしてください。

青い海に浮かぶ船

遺族だけで海へ向かう個人散骨

一家で船をチャーターし、ゆったりしたプライベートな時間を過ごせるのが個人散骨です。
個人散骨の費用は、30万円ほどです。

数家族で船をチャーターする合同散骨

数家族で船をチャーターする合同散骨なら、散骨の費用負担が軽くなります。
合同散骨の費用は、10万円から20万円ほどです。

散骨に立ち会わない委託散骨

骨壺を業者に託し、他の人の遺骨と一緒に散骨を行ってもらうのが、委託散骨です。
委託散骨は5万円から10万円と、ぐっと費用が抑えられます。

以上、樹木葬以外の供養法について紹介しました。
いずれも一般的なお墓に弔う方法とは違うため、親族から拒否反応が出る可能性があります
樹木葬も例外ではありません。

親族間でよく話し合って供養法を決めるようにしましょう。

散骨について詳しく知りたい人は、「散骨は法律上問題ない!守るべきマナーや流れを紹介」の記事を参考にします。

まとめ

ベンチに座り談笑する老夫婦

以上、樹木葬の費用や特徴、そして樹木葬以外の方法をお伝えしました。

樹木葬は、自然に還るという意味では散骨と同じですが、拝むべきお墓が残るという点で違います。
どんな弔い方を選ぶかは、人それぞれです。
さまざまな選択肢を考慮したうえで、最も納得のいく弔い方を選びましょう。

さらに樹木葬について知りたい人は、下記記事を参考にしてください。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電話相談:0120-907-802 キャッシュバックキャンペーン