先読み!この記事の要点

  • 樹木葬とは墓石の代わりに樹木や花を目印としたお墓のこと
  • 樹木葬の費用相場は20万~80万円

昨今では自然志向の人やお墓の費用を安く抑えたい人を中心に、樹木葬の人気が高まっています。

皆さまは樹木葬にはどんな特徴があるのか、購入前の注意点は何か、ご存知ですか?

詳しい情報を調べることは大変だとは思いますが、樹木葬についてよく知らずに「話題だから」と選ぶのは危険です。

この記事では樹木葬の特徴や費用相場について触れ、特にデメリットや購入前の注意点・トラブル事例を厚く紹介しています。

この記事を読むことで、あなたの「理想のお墓探し」に向けた不安が少しでも解消されるでしょう。

希望エリアの樹木葬を見てみる

まず希望エリアの樹木葬を見てみたい人は、こちらから検索できます。

樹木葬を探す

北海道・東北
関東
東海
北陸・甲信越
関西
中国・四国
九州・沖縄

樹木葬
を探す

北海道・東北

北陸・甲信越

中国・四国

九州・沖縄

電話相談:0120-964-790 電話相談:0120-964-790

樹木葬とは?

霊園タイプ合葬型の樹木葬

樹木葬(じゅもくそう)とは、墓石の代わりに樹木を用いたり、納骨場所の周りに草花が植えられたりするお墓のことです。

遺骨は樹木の根本に納骨し、お墓参りのときには、目印である樹木に向かって手を合わせます。

明るい雰囲気の空間で納骨できることから、特に自然や植物が好きな人にとっては、嬉しい環境なのではないでしょうか。

樹木葬にも様々な形がある

ひとえに樹木葬といっても、樹木をシンボルとたものだけでなく、草花や小さな石のプレートを墓標とするものもあります。

いくつか雰囲気の異なる樹木葬を紹介しますので、イメージを膨らませてみてください。

ガーデニング風樹木葬

ガーデニング風の樹木葬

まるで西洋の庭園を思わせるような明るい樹木葬です。

日本庭園風樹木葬

日本庭園風の樹木葬

落ち着いた和の雰囲気が感じられる樹木葬です。

里山タイプ個別埋葬型の樹木葬

里山の中にある樹木葬

自然に還るを体現した里山の中にある樹木葬です。千葉県にある「森の墓苑」が代表的です。

デザイン性の高い樹木葬

デザイン性の高い樹木葬

彩り豊かなお花や石材を用いた樹木葬です。

樹木葬は 承継者のいらない「永代供養」が多い

樹木葬の一番の特徴は、お墓を承継する必要のない「永代供養」であることです。※永代供養とは、遺族の代わりに寺院や霊園が供養や管理をしてくれること。

夫婦2人のお墓、単身のお墓、子供と2世代のお墓として樹木葬を検討する人が多くいらっしゃいます。

実際にライフドットで「樹木葬」を検討している人の納骨希望人数を見てみても、2人で考えている人が一番多い結果となっています。

樹木葬を選んだ人の納骨予定人数

1世代・2世代のお墓というのは、事前に定められた期間を過ぎると、合葬(別の人と一緒に埋葬)されるということです。

子世代に継承するお墓の場合、継ぐ人がいなくなればお墓をたたむ必要があります。しかし樹木葬の場合は一定期間が経つと合祀されるため、墓じまいの必要はありません。

樹木葬に向いている人・向いていない人

まず樹木葬に向いている人を紹介します。

樹木葬に向いている人

  • お墓を将来守れる人がいない人
  • 先のことはわからないので一代限りのお墓がいい人
  • 緑に囲まれた環境で眠りたい人
  • 明るい雰囲気の霊園を希望する人

続いて、樹木葬に向いていない人です。

樹木葬に向いていない人

  • お墓は次の世代に継ぎたい人
  • 従来通りの墓石のお墓をイメージしている人
  • 室内の快適な環境でお墓参りがしたい人

樹木葬の費用相場は20万~80万円ほど

樹木葬の費用相場は約20万~80万円です。

以下のグラフはライフドットから樹木葬を購入した人の金額目安となっています。

樹木葬の購入金額

金額は納骨人数によって上下します。

1人用であれば20万~40万円程度
2人用であれば60万~80万円程度
3人以上用であれば80万円~

といったように、納骨人数が増えるほど金額も高くなることを認識してください。

また「合祀(ごうし)」といって、他の人の遺骨と分け隔てなく一緒のスペースで埋葬する形式であれば5万円~利用できるところもあります。

参考までに、墓石を使った個別墓を建てようとすると、100万~350万円程度かかります。この金額と比較すると、樹木葬は安く抑えられることがわかりますね。

樹木葬が安めである2つの理由

お金のことを考える老人

樹木葬の金額が比較的安くすむ理由は大きく2つあります。

  • 石材を多量に使用しないから
  • 納骨できる人数が決まっているから

一般墓は100万~350万円ほどですが、そのうちの半分以上が「石材」にかかる金額となります。

樹木葬は石材を多く使わないため石材の料金・墓石工事代が削減できます。

また樹木葬は1名・2名で利用するケースが多く、継ぐことを前提とする一般墓と比較して狭いスペースで埋葬できるため、価格が抑えられます。

ただし逆に言えば、4人以上入れる樹木葬や、石材を多く用いた樹木葬であれば、100万円以上で一般墓とそれほど変わらない金額になってしまいます。

樹木葬の費用に含まれているもの

樹木葬の費用の中には、以下のようなものが含まれていることが多いです。

※中には総額として含まれていない場合もあるので、契約する前に必ず確認しましょう。

世田谷やすらぎ墓苑 花壇葬セレナージュでお参りしている風景

使用料

樹木葬の土地を使用するためのお金です。

樹木葬 宝塚霊園

プレート代・彫刻料

樹木葬の目印となるプレートとその彫刻料です。

樹木葬の苗木

苗木代

樹木葬の目印となるシンボルツリーにかかるお金です。

僧侶が墓地で供養している様子

埋葬料

遺骨を埋葬する時にかかるお金です。

遺骨、納骨や埋葬を考える

収骨容器代

遺骨を収骨する容器・骨壺にかかるお金です。

お墓の管理をする女性

維持・管理費

樹木の手入れ等、霊園の維持・管理にかかるお金です。

相場だけではイメージが掴みにくいと思うので、費用の実例を見ていきましょう。

【実例】樹木葬の費用見積もり

ここでは2つの例を紹介します。

  • 1人用:約40万円の樹木葬
  • 2人用:約60万円の樹木葬

【37.9万円】1人用のガーデニング風樹木葬

永代使用料 280,000円
管理料(初回のみ) 33,000円
基本彫刻料 22,000円
埋葬費 33,000円
施設維持管理料金 11,000円

総額:37.9万円(税込)

【60万円】2体納骨できるシンプルな樹木葬

永代供養料 600,000円に含む
基本彫刻料 600,000円に含む
埋葬手数料 600,000円に含む
永代管理料 600,000円に含む

総額:60万円(非課税)

樹木葬の費用についてさらに詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

また実際にお近くの樹木葬を探してみたい人は、こちらから探すことができます。

ご希望エリアの樹木葬を探す

費用について頭に入れていただいたところで、続いては樹木葬のメリット、デメリット、購入前の注意点の解説です。

お墓は数十万円以上の高い買い物ですから、契約してから後悔することは絶対に避けたいですよね。

樹木葬のメリット・デメリット・購入前の注意点

樹木葬のメリット

  • 自然や草花に囲まれた明るい雰囲気がある
  • 墓石のお墓より費用が安い
  • 永代供養なので承継者が必要ない
  • 寺院墓地でも「入檀義務」がないところが多い

メリット①:自然や草花に囲まれた明るい雰囲気がある

森林の中にあるお墓・花々に囲まれたお墓など。樹木葬は従来の一般墓と比べると、明るい雰囲気の空間で、納骨することができるでしょう。

メリット②:墓石のお墓より費用が安い

一般墓の場合100万円~350万円が契約時に必要となり、かつ年間管理費が毎年5,000円ほどかかります。

それと比べ樹木葬の場合20万~80万円ほど。年間管理費は遺骨の個別供養期間のみかかる形となりますので、費用は安く済む傾向にあります。

メリット③:永代供養なので承継者が必要ない

樹木葬は承継者の必要がないお墓がほとんどです。お墓を承継する負担・管理する負担を軽減することができます。

メリット④:寺院墓地でも「入壇義務」がないところが多い

お墓・霊園の管理主体は、大きく3つ「公営墓地」「民間霊園」「寺院墓地」に分けられます。

寺院墓地でお墓を建てる時は、その寺院の檀家にならなければいけない(入檀義務がある)ケースが一般的です。

ただし、多くの寺院墓地にある樹木葬では、一代限りの檀家という形式や、宗教・宗派を不問にして檀家にならなくていいという形式をとっています。

入檀のことを気にせず寺院墓地を利用できるのは、メリットと言えるでしょう。

ただし中には入檀義務のある寺院墓地の樹木葬もあるため、注意をして事前に確認しましょう。


続いて樹木葬のデメリットを紹介します。

樹木葬のデメリット

  • 季節ごとに景観が変わる
  • 承継できないお墓がほとんど
  • 遺骨の取り出しが難しいことがある
  • 墓標のデザインや装飾によって高額になる
  • 家族や親戚に理解されにくいことがある

デメリットとしていますが、内容を把握し、注意して樹木葬を選べば、回避できるものもあります。樹木葬の契約前に、しっかり確認しましょう。

デメリット①:季節ごとに景観が変化する

樹木葬は春・夏は花も咲き、新緑も生い茂り、イメージ通りの景色が広がることでしょう。

しかし冬になると少し寂しい印象を受けてしまうかもしれません。

樹木葬は季節によって見える景色が変わる場合があるということは、頭に置いておきましょう。

もちろん1年を通して景観が損なわれないよう工夫している樹木葬もあります。専属のガーデナーが駐在している霊園であれば、景観が損なわれるリスクは減るでしょう。

事前に霊園の見学をして、実際の雰囲気を体感されることをおすすめします。

トラブル事例

  • 桜の下で眠れる樹木葬を選んだ。ただ実際にお墓参りに行く、お盆・お彼岸・新年は桜が咲いていない時期であることに後から気付いた。
  • ネットに掲載されていた写真が綺麗だったのでそこを選んだ。ただ実際現地に訪れると写真にあった花が満足に咲いておらず、残念な気持ちになってしまった。

デメリット②:承継できない一代限りのお墓がほとんど

樹木葬は、1人用、夫婦2人用、もしくは家族4~6人用と納骨人数が決められている場合がほとんどです。

もしも先祖代々の遺骨を同じ場所に埋葬していきたいと考えると、人数オーバーになりかねません。その場合、同じ場所に埋葬はできませんし、別の区画を探す必要がでてきます。

家族代々のお墓として使いたい、と考える人にとっては、お墓を承継できないことはデメリットとなるでしょう。

トラブル事例

  • 急遽一緒の樹木葬に納骨したい人が増えた。しかし収骨スペースの関係上、一緒に納骨することは断念せざるを得なかった。

デメリット③:遺骨の取り出しが難しいことがある

樹木葬のコンセプトの一つに「自然に還る弔い方」があり、遺骨を骨壺から取り出して土に還す供養法がよく見られます。

遺骨を土中に直接納骨する場合の注意点として、後で遺骨を取り出したくても不可能なケースがあります。

中には遺骨をカロートの中に納める取り出しが可能な樹木葬も存在しますから、確認してみましょう。

△ 取り出し不可のこともある
遺骨を土に直接埋める
〇 取り出し可能
遺骨をカロートの中に納める
土に直接遺骨を入れるタイプ 遺骨をカロートに納めるタイプの樹木葬

また個別納骨ではなく、他の人の遺骨と一緒に納骨する「合葬」の場合、遺骨を取り出すことはできません。注意してください。

 取り出し不可能
合葬(合祀)
シンボル共有・骨壺なしの樹木葬

トラブル事例

  • 他に気に入ったお墓を見つけたので、遺骨を取り出して移動したいと申し出た。しかし直接土に埋めていたため遺骨が取り出せず、結局叶えられなかった。

デメリット④:墓標のデザインや装飾によっては高額になる

樹木葬は一般的なお墓よりも費用が割安です。しかし礼拝のシンボルとなる「樹木」や、プレートにこだわると、一般的なお墓と同じ100万円以上になるケースは少なくありません。

また安さに惹かれて樹木葬を選んだ人は、初期費用だけでなく「年間管理費」がかかる場合があることにも注意してください。

樹木葬を契約する前に、「年間管理費の有無」は必ず確認をしましょう。

トラブル事例

  • 安さが魅力で樹木葬を選んだはずなのに、シンボルとなる石や彫刻にこだわった結果、一般的な墓石のお墓が建てられるぐらいの金額になってしまった。

デメリット⑤:家族や親戚に理解されにくいことがある

樹木葬は、縦長の墓石を基本だと思っていた人からはそう簡単に納得してもらえないことがあるでしょう。

ここ数年の間に一気に広まったお墓の形式ですから、将来どうなるかわからなくて不安、という人もいらっしゃるかもしれません。

そのため、樹木葬を契約する前には、必ず自分の考えだけでなく家族・親戚の考えも聞いてみてください。そしてお墓参りをする可能性がある人皆で、納得して決めましょう。


以上、樹木葬のメリット・デメリット・購入前の注意点を紹介しました。

デメリットについては、事前に確認をすれば心配ありません。注意点を把握したうえで、お墓探しを始めましょう。

全国の樹木葬を探してみる

ライフドットでは全国8,700以上の霊園を掲載しています。ご希望エリアの樹木葬を探してみてください。


樹木葬を探す

北海道・東北
関東
東海
北陸・甲信越
関西
中国・四国
九州・沖縄

樹木葬
を探す

北海道・東北

北陸・甲信越

中国・四国

九州・沖縄


また樹木葬と似た特徴を持つ「継承不要・安い供養方法」は記事の後半で紹介しています。もしデメリットや注意点を見る中で、他のお墓タイプも検討したい、という人がいらっしゃいましたら、ご覧ください。

次の章では、全国にある人気の樹木葬ランキングを紹介します。樹木葬の特徴や魅力はわかったけれど、実際にどんな樹木葬が人々に選ばれているかはわからない…という人も多いのではないでしょうか。

【ベスト5】全国で人気の樹木葬ランキング

ここで紹介する樹木葬は、ライフドットで掲載している樹木葬の中でも、特に多くの問合せをいただいたり、申込をいただいたりする霊園です。

【東京都】メモリアルパーククラウド御殿山

ライフドットで掲載している樹木葬の中で最も問合せ数が多いのが「メモリアルパーククラウド御殿山」です。

園内の樹木葬「オリーブの丘」はバリアフリー設計が施されているため誰でも安心してお墓参りができます。良心的な価格設定と、綺麗に整備された園内が魅力的な霊園です。

  • 基本情報
  • 特徴
  • 口コミ
メモリアルパーククラウド御殿山

4.1 (9件)

  • 住所 東京都町田市相原町522-1
  • アクセス 相原駅 から2.3km  地図を見る
  • 経営主体 民営墓地 / 宗旨宗派 宗教不問
  • 区画種類 一般墓 永代供養墓 樹木葬
  • 購入価格 16万円
  • 管理料の前納が可能!将来の心配無用
  • 美しい花々に満ちた洋風の公園墓地
  • 愛するペットと一緒に眠れるお墓
お墓ディレクター
小野寺 のコメント

八王子・町田・相模原から車で便利な16号線沿いにあり、アクセス抜群の好立地です。さまざまな種類の花が植えられる、アレンジ可能なガーデニング墓所です。… 続きを読む

継承者不要 ペット供養可能 バリアフリー対応 入壇義務なし

メモリアルパーククラウド御殿山の口コミ評価 

4.1 (9件)
70代・男性 70代・男性
スタッフが常駐する管理事務所があり、お供え後のお花や線香の燃えかすの灰の片付け清掃もスタッフが実施してくれるので訪問したときには手間が掛からない。… 続きを読む

東京都で樹木葬をお探しの人は「東京都のおすすめ樹木葬23選」の記事もご覧ください。

【神奈川県】青葉ニュータウン霊園

神奈川県で最も問合せが多い樹木葬が「青葉ニュータウン霊園」です。

お墓のバリエーションの豊かさと価格帯が魅力的で、樹木墓地「こもれび」は石碑代込みで36.8万円~利用することができます。横浜市にお住まいの人は、ぜひ一度見ていただきたい霊園です。

  • 基本情報
  • 特徴
  • 口コミ
青葉ニュータウン霊園

4.1 (8件)

  • 住所 神奈川県横浜市青葉区荏田町932番地
  • アクセス 中川駅 から1.5km  地図を見る
  • 経営主体 民営墓地 / 宗旨宗派 宗教不問
  • 区画種類 一般墓 樹木葬
  • 購入価格 36.8万円(税込)~
  • 「江田駅」から徒歩でお墓参りが可能な霊園
  • 高台からの見晴らしによる開放感
  • すべての人に優しい公園墓地
お墓ディレクター
小野寺 のコメント

広大な敷地の中にある霊園です。豊かな緑に囲まれながらお参りができます。園内の参道はインターロック仕様です。水はけが良く滑りにくくなっています。… 続きを読む

継承者不要 ペット供養可能 バリアフリー対応 入壇義務なし

青葉ニュータウン霊園の口コミ評価 

4.1 (8件)
40代・男性 40代・男性
霊園にはスタッフが常駐していて、通路や広場などの共有スペースは常に整理整頓されている。園内はスッキリしていて清潔感がある。… 続きを読む

神奈川県で樹木葬をお探しの人は「神奈川県のおすすめ樹木葬18選」の記事もご覧ください。

【埼玉県】やすらぎの花の里 所沢西武霊園

埼玉県で最も問合せが多い樹木葬が「やすらぎ花の里 所沢西部霊園」です。

バラの花々に囲まれたガーデニング霊園となっていますから、お花がお好きな人には喜ばれるでしょう。 園内の樹木葬「凛」はご家族2人が入れる区画で60万円(税込)~利用することができます。

  • 基本情報
  • 特徴
  • 口コミ
やすらぎの花の里 所沢西武霊園

4.1 (12件)

  • 住所 埼玉県所沢市下富972-1
  • 経営主体 民営墓地 / 宗旨宗派 宗教不問
  • 区画種類 永代供養墓 樹木葬
  • 購入価格 14.6万円(税込)~
  • バラの花々に包まれたガーデニング霊園
  • 美しい景観を誇るやすらぎの空間
  • 中本隆久氏が設計した樹木葬
お墓ディレクター
小野寺 のコメント

バラのアーチや、白い木製の柵など、洒落た洋風の雰囲気がある樹木葬墓地。花や緑が豊かで、まるで公園のような心安らぐ墓地です。… 続きを読む

継承者不要 ペット供養可能 新規開園 バリアフリー対応 入壇義務なし

やすらぎの花の里 所沢西武霊園の口コミ評価 

4.1 (12件)
50代・男性 50代・男性
今は、まだ募集中の霊園なので、お墓が少ないのもあり、花の手入れなど丁寧にされています。管理事務所で、法事の予約や困ったことの相談などもできるので、心配がいらないので気が楽です。… 続きを読む

埼玉県で樹木葬をお探しの人は「埼玉県のおすすめ樹木葬10選」の記事もご覧ください。

【大阪府】大應寺浄苑

大阪市内にある樹木葬では「大應寺浄苑」が多くの人に選ばれています。近隣の6駅から徒歩圏内というアクセスの良さが人気の理由です。

約400年の歴史がある大應寺にある樹木葬。お寺の由緒正しい雰囲気を好む人は一度ご覧ください。 

  • 基本情報
  • 特徴
大應寺浄苑
  • 住所 大阪府大阪市天王寺区餌差町3-15
  • 経営主体 寺院墓地 / 宗旨宗派 宗教不問
  • 区画種類 永代供養墓 樹木葬
  • 購入価格 8万円~
  • 2020年7月にオープン!
  • 真田丸(真田幸村)ゆかりの場所
  • 安心の耐震施工
お墓ディレクター
小野寺 のコメント

大應寺は、文禄年中(1593〜1596年)に開創された、400年以上の歴史を誇る寺院です。… 続きを読む

継承者不要 ペット供養可能 バリアフリー対応 入壇義務なし

大阪府で樹木葬をお探しの人は「大阪府のおすすめ樹木葬17選」の記事もご覧ください。

【京都府】東福寺塔頭即宗院

観光で訪れる人も多い「東福寺」の塔頭即宗院にある樹木葬です。

東福寺塔頭即宗院の樹木葬は、在来仏教の人であれば宗派を問わず利用することができます。またお寺の「檀家」になる必要もありません。 有名なお寺で眠るのもいいかもな…という人にはピッタリな樹木葬です。 

  • 基本情報
  • 特徴
  • 口コミ
東福寺塔頭即宗院

4.5 (2件)

  • 住所 京都府京都市東山区本町15丁目813
  • アクセス 東福寺駅 から830m  地図を見る
  • 経営主体 寺院墓地 / 宗旨宗派 在来仏教
  • 区画種類 一般墓 樹木葬 永代供養墓
  • 購入価格 53万円
  • 「鳥羽街道駅」から歩いて行ける
  • 臥雲山即宗院のお墓
  • 自然葬を行っている
お墓ディレクター
奥谷 のコメント

広大の敷地の中にあるお墓です。高木に囲まれた緩やかな傾斜地に位置しており、豊かな自然に抱かれた場所です。… 続きを読む

継承者不要 入壇義務なし

東福寺塔頭即宗院の口コミ評価 

4.5 (2件)
20代・男性 20代・男性
京都市内のお寺の中にあるタイプになっています霊園とは関係なく、常にに人の出入りがあるので、手入れが行き届いていなくて汚い場所などはほとんど見られません常に人がいるので安心感もあります… 続きを読む

京都府で樹木葬をお探しの人は「京都府のおすすめ樹木葬17選」の記事もご覧ください。

【ピックアップ】ペットと一緒に入れる樹木葬もある

ペットと一緒に埋葬する方法について

樹木葬は比較的自由で、ペットの遺骨と一緒に埋葬してもらえる場合もあります。ライフドットでは「ペットと一緒に入れるお墓」を絞り込んで検索できますから、ご希望の人は探してみてください。

都道府県一覧から樹木葬を探す

さまざまな樹木葬の種類を見ていただいたうえで、希望エリアにはどんな種類の樹木葬があるのだろう?と気になった人は、以下から検索することができます。

樹木葬を探す

北海道・東北
関東
東海
北陸・甲信越
関西
中国・四国
九州・沖縄

樹木葬
を探す

北海道・東北

北陸・甲信越

中国・四国

九州・沖縄




続いて、樹木葬の検討段階から埋葬するまでの流れについて解説します。

樹木葬の申し込みから埋葬までの流れ

樹木葬で埋葬する場合の流れは以下の通りです。

  1. 気になる霊園の資料請求・予約をする
  2. 霊園の見学をする
  3. 納骨式の日取りなど僧侶と打ち合わせ
  4. 「埋葬許可証」の準備
  5. 納骨式と埋葬

基本的に、樹木葬で埋葬するまでの流れは、他の埋葬方法とそれほど違いはありません。

気になる霊園の資料請求・予約をする

まずは、色んな霊園の資料を集めて、検討する必要があります。

お墓は基本的には自分ひとりの問題ではありません。今後そのお墓を管理する家族のためにも、よく検討をしておくべきです。

資料の集め方は、霊園に直接電話などで依頼したり、ネットでそのまま請求したりします。

霊園の見学をする

実際に眠る場所なので、見学することをお勧めします。予約が必要な可能性があるため、事前に気になる霊園は問合せましょう。

霊園によって対応は違いますが、自分の目でしっかり確認することが大事です。案内人がいる場合は、疑問点・不明点をすべて聞けるとよいでしょう。

見学時のチェックリストについては「霊園見学で確認すべき7つのポイント」をご覧ください。

納骨式の日取りなど僧侶と打ち合わせ

霊園や墓地での契約後には、納骨に関する打ち合わせを行います。基本的にはその霊園の事務所の人が、話を進めてくださるでしょう。

納骨は葬儀の方法にもよりますが、まずは僧侶と打ち合わせをする必要があります。通常は葬儀でお願いした僧侶に納骨式も依頼するため、早めに日取りや方法について調整しておきましょう。

「埋葬許可証」の準備

日本では遺骨を許可なく勝手に埋葬することは法律によって禁じられています。遺骨を埋葬する際には、必ず埋葬許可証が必要です。

死亡が確認されたあと、医師に作成してもらった死亡届、死亡診断書を、故人の住所地の自治体に提出します。自治体はこれをもって、火葬許可証を発行してくれます。

火葬許可証は、遺体を火葬する際に必ず必要な書類で、これがないと火葬することはできません。火葬が終わると、この火葬許可証は火葬が済んだことが記されて、遺族に渡されます。そしてこれがそのまま埋葬許可証となります。

埋葬許可証は、遺骨を埋葬する際に、霊園の管理者や寺院の僧侶などに提出します。 なお、すでに石のお墓があってお墓の引っ越し(改葬)先として樹木葬を考えている場合は、改葬許可証などその他必要な手続きがあります。

改葬については、「お墓の引っ越しはできる!3つの方法と費用を解説」の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

納骨式と埋葬

樹木葬の場合は、霊園によって納骨の方法はさまざまですが、納骨式については、通常の供養方法と同じように行います。そして僧侶に読経を行ってもらいます。

樹木葬と似た条件の供養方法

樹木葬以外でも、樹木葬と似た特徴を持つ供養方法はいくつか存在します。

ここでは「継承者が不要」「価格が比較的安い」が当てはまる埋葬方法を紹介します。

納骨堂

清法山 東京徳純院 納骨堂

樹木葬に興味を持たれている人が、一番よく同時に検討されるのが「納骨堂」です。

納骨堂は室内の納骨施設で、墓石を用いないため費用が安く抑えられる傾向にあります。

また永代供養がついた継承者不要であることが一般的です。

詳しくは「納骨堂の費用・種類・特徴を比較!お墓との違いや注意すべき点とは?」をご覧ください。

永代供養がついた一般墓

櫻乃里ふなばし聖地

はじめの数十年は一般的な個人墓で弔い、契約期間が切れたら供養塔や合祀墓に合祀されるタイプの永代供養墓があります。この永代供養墓の相場は70万~150万円ほどです。

樹木葬よりも相場が高めではありますが、一般的なお墓よりも価格が抑えめといえます。

詳しくは「永代供養の本当の意味は勘違いされがち!メリット・デメリットを解説」をご覧ください。

合葬墓・合祀墓

永代供養の霊廟

お寺にある供養塔や合祀墓に、他の人の遺骨と一緒に埋葬されるタイプの永代供養墓の相場は、3万~30万円ほどです。

費用は、樹木葬の合祀墓タイプとさほど変わりませんが、墓石を使った一般的な合祀墓のほうが圧倒的に多いため、近所にも見つかる可能性が高いでしょう。

詳しくは「合祀墓の費用相場は3万円~30万円!メリット・デメリットも解説」をご覧ください。

海洋散骨

海洋散骨

供養方法の1つとして「海洋散骨」というものがあります。

その中でも一家で船をチャーターし、ゆったりしたプライベートな時間を過ごせるのが個人散骨です。個人散骨の費用は30万円ほどとなります。

散骨について詳しく知りたい人は、「散骨は法律上問題ない!守るべきマナーや流れを紹介」の記事を参考にします。

また理想のお墓を考えるのが難しい…という人は、【初心者向け】お墓のかしこい探し方|図版で要点をわかりやすく解説」 をご覧ください。お墓の選び方についてわかりやすく解説しています。

まとめ

ベンチに座り談笑する老夫婦

以上、樹木葬の費用や特徴、そして樹木葬以外の方法をお伝えしました。

樹木葬は、自然に還るという意味では散骨と同じですが、拝むべきお墓が残るという点で違います。
どんな弔い方を選ぶかは、人それぞれです。
さまざまな選択肢を考慮したうえで、最も納得のいく弔い方を選びましょう。

なお、樹木葬が行える霊園・墓地は、墓地不足が問題視されている人口の多い都市部を中心に増えていくと考えられています。なぜなら、1つの樹の下で複数の人が眠ることができるため、通常のお墓よりも必要な土地の広さが小さくて済むからです。

また、「お墓にそこまでお金をかけたくない」「自然に還りたい」といった新たなニーズも増えています。

このような社会背景から、樹木葬を行うことのできる霊園・墓地は増えていくでしょう。

【コラム】樹木葬の歴史

本と眼鏡

日本で初めて樹木葬が行われたのは、1999年(平成11年)、岩手県一関市の祥雲寺(現在の知勝院)でした。里山の環境の再生と自然保護の観点から、墓石に替えて樹木を植樹し墓標としました。

この里山型の樹木葬は話題となり全国へと広まっていきました。しだいにその土地に合わせた、公園型やガーデン型などの、樹木葬が誕生したのです。

公営初の樹木葬は「横浜市営メモリアルグリーン」に誕生した

横浜市営メモリアルグリーン

2006年には、横浜市の市営墓地メモリアルグリーンに初めての公営霊園で樹木葬が誕生しました。その後、都立霊園で初めての樹木葬が小平霊園で誕生し、その際の募集時には約16倍を超える応募があったと話題になりました。

概要項目

情 報

開園年月日

平成18年9月1日

面積

管理区域面積:34,984㎡
納骨施設設置等区域:23,426㎡
管理事務所区域:417㎡
駐車場区域:11,141㎡

所在地

神奈川県横浜市戸塚区俣野町1367-1

納骨施設

芝生型納骨施設:7,500区画
合葬式樹木型納骨施設:3箇所(3,000体収容)
合葬式慰霊碑型納骨施設:1箇所(12,000体収容)

アクセス

JR横須賀線:戸塚駅
JR東海道線:大船駅からのアクセス
・JR横須賀線「戸塚駅」西口から出て、戸塚バスセンターへ向かい(徒歩5分)、1番乗り場から「戸50:ドリームハイツ行」又は「戸52:俣野公園・横浜薬大行」のバスに乗車し、「俣野公園・横浜薬大前」で下車。所要時間は、約30分 ・JR東海道線「大船駅」より駅西口から出て、一番乗り場から、「船22:立場ターミナル行」、「船4:俣野公園・横浜薬大行」又は「船25:ドリームハイツ行」のバスに乗車し、「俣野公園・横浜薬大前」で下車。所要時間は、約35分

開園時間

【4月1日~9月30日】8:0017:00
【10月1日~3月31日】9:00~16:00
【墓参期※】8:00~18:00
 ※春彼岸・秋彼岸・7月13日~16日・8月13日~16日

管理事務所の休日

1月1日、12月31日(但し、施設点検等により指定日以外に閉園することがあります。)

公式サイト

http://www.memorialgreen.jp/

メモリアルグリーンでは実際に見学してアクセスや雰囲気の良さを確認することができます。

横浜市営 メモリアルグリーン 芝生型納骨施設

みんなの評価 4.0  口コミ 19件

  • 神奈川県横浜市戸塚区俣野町1367-1
お墓タイプ 購入価格
樹木葬 14万円〜
永代供養墓 6万円〜
継承者不要 バリアフリー対応 入壇義務なし
  • 花・緑・水に包まれた開放感のある霊園
  • 自然に溶け込んだスタイルのお墓
  • においが気にならない霊園

お墓ディレクターのコメント

奥谷

遊園地「横浜ドリームランド」の跡地に造られた、巨大公園タイプの霊園です。周りには陽光を遮るようなものがありません。日当たりが良く、園内はどこも明るさがあります。 … 続きを読む

口コミ評価(19件) 4.0

50代男性 墓は芝生型で手入れは行き届いている。スタッフが常駐する管理事務所があり、供花のみ売っている(線香を含め園内は火気厳禁)。雨天の際には大型の傘を貸してもらえる(無料だと思われます)。… 続きを読む

検討されている方は、実際に見学して具体的なイメージを持つところから始めているようです。

樹木葬に関するよくある質問

この章では、樹木葬に関するよくある質問をまとめています。検討する際の参考にしてみてください。

樹木は1人につき、1本建ててもらえるのでしょうか?

1人(1区画)につき1本の樹木を建てる墓地は、広大な土地が必要となるため非常に稀です。基本的には、シンボルツリーとして大きな樹木1本の下に複数人が眠る形式です。また、さまざまな草花が植えられた土地の下に眠る形式もあります。

樹木葬が今話題ですが、気をつけておいた方がいいことはありますでしょうか?

樹木葬は自然に還るイメージで人気です。しかし、霊園の種類によっては骨壷のまま納骨をするために土中に還らないケースもあります。その場合は、通常のお墓と同じになってしまいます。また一度埋葬した遺骨が手元に戻らないケースもあります。

自然に還るイメージですが、遺骨はどのように納骨するのでしょうか?

樹木葬の納骨方法には2種類あります。遺骨をそのまま、もしくは粉砕して土中に直接埋める方法。または、石のお墓と同じように骨壷や骨袋に入れたまま埋める方法があります。霊園・墓地によって異なるため、確認が必要です。

シンボルツリーの樹木が枯れた場合は、どうなるのでしょうか?

樹木の植え替えが行われるケースがほとんどです。しかし、植え替え費用が年間管理費から支払われるのか、その際に徴収されるかは霊園・墓地によって異なります。契約する際に確認しましょう。

樹木葬では、どのようにお墓参りができますか?

樹木葬霊園には2つの種類があります。公園型(都市型)樹木葬霊園では、お供えものや線香を供えるスペースが設けられている霊園が多く、通常のお墓と同じくお供えをして手を合わせることができます。一方で、里山型霊園の場合は、自然のなかにあるため火気厳禁であるケースが多く、線香を上げられない霊園が多いです。また、どちらもお供え物は必ず帰る際に持ち帰ります。

寺院墓地の樹木葬を利用する場合「入檀義務」はありますか?

寺院墓地で一般墓を建てる時は、その寺院の檀家にならなければいけない(入檀義務がある)ケースが多いです。ただし、多くの寺院墓地にある樹木葬では、一代限りの檀家という形式や、宗教・宗派を不問にして檀家にならなくていいという形式をとっています。

有名なお寺で眠りたいけれど檀家は控えたいという人にとっては、寺院墓地での樹木葬は希望にそったお墓でしょう。

監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

日本で初めて樹木葬墓地が誕生したのは今から約30年前のこと。

特にこの10年で急速に広まり「樹木葬にしたい」という希望者は年々増加していますが、誤解も多く「イメージと違う」という意見も多々あります。

樹木葬といっても、樹木ではなく草花がシンボルとなっている墓もあります。
「自然に還る」イメージがありますが、骨壺を使用して納骨するケースや、一定期間過ぎたら取り出して別の場所に合葬するタイプの墓もあります。

一般墓所の壁際にひっそりと、端っこに追いやられているような形で樹木葬エリアが設置されているようなところもあります。

現在都市部を中心に人気のある樹木葬墓地でありますが、今後は各地で増加していくと考えられています。

さらに樹木葬について知りたい人は、下記記事を参考にしてください。