合同墓地はどういうお墓?供養法や種類を紹介

スポンサーリンク
合同墓地の種類は意外と多い!種類、特徴を把握しましょう

お墓について調べていると、「合同墓地」または「合同墓」という言葉にいきあたることがあります。

合同墓とはどんなお墓なのか、ご存じでしょうか。

複数の人で使用するお墓については、合同墓の他にも集合墓、永代供養墓、合祀墓などさまざまな名称があります。

どう違うのか考えてしまいますよね。

この記事ではこのような疑問を解消!

  • 「合同墓ってどういう意味?集合墓や永代供養墓とどう違う?」
  • 「合同墓には、誰でも入れるのだろうか?」
  • 「合同墓は安いイメージがあるけれど、実際どのくらいの価格なのだろう?」

この記事では、以上のような疑問を抱える人のために、合同墓の意味や種類、平均価格などについてご案内します。

また、「個別のお墓はいらないから、合同墓がいい」という人のために、合同墓以外の選択肢についても紹介します。最後には、本当に自分に合った納骨の形を見つけることができますよ。

合同墓地(合同墓)とは複数の契約者が合同で使用するお墓のこと

合同墓地とは、複数の契約者が合同で使用するお墓のことです。一般的なお墓は家族で共有して使いますが、合同墓の場合は、血縁関係のない人たちが共有します。

複数の人が眠るお墓には、合同墓の他にもいろいろな呼ばれ方があります。

  • 合祀墓
  • 供養塔
  • 合葬墓
  • 共同墓
  • 集合墓
  • 永代供養墓

意味合いが若干違うものもありますので、簡単に解説します。

合祀墓、供養塔

複数の人が眠る大きなお墓で、とくに身寄りのない人や無縁仏となったお墓の遺骨も含まれるものに使われます。

「合祀」や「供養」という言葉は仏教的な意味合いが強いため、公営霊園以外の霊園でよく使われます。

合葬墓

複数の人が眠るお墓で、宗教的な意味合いがない言葉のため、公営霊園でよく使われます。

共同墓、集合墓

宗教に関わらず、複数の人が眠るお墓の名称として、合同墓と同じ意味合いで使われます。

永代供養墓

家族など後継者のかわりに、霊園全体の管理者が半永久的に供養を行ってくれるお墓を指します。合同墓、合祀墓、合葬墓、合同墓、共同墓、集合墓、供養塔は、いずれも永代供養墓の一種です。

名称はたくさんありますが、いずれもだいたいは同じ意味を持つことがお分かりいただけましたでしょうか。
その中でもけっこう意味合いが違うのが、永代供養墓です。

次章では、永代供養墓の意味についてご案内します。 

永代供養の意味

永代供養とは、「半永久的な供養」のことを指します。誰が半永久的に供養を行ってくれるかというと、お寺など、その霊園の管理者です。

日々のお墓掃除をはじめ、命日やお盆、お彼岸にはお経をあげ、お供えをすることをもって「供養」と言っています。

ただ、霊園の管理者が個別に供養をするのは大変です。よって、お盆やお彼岸には大々的な供養祭を行い、お経をあげることによって、一緒に供養しています。

次章では、合同墓を含む永代供養墓の特徴についてご案内します。

合同墓を含む永代供養墓の特徴

永代供養墓の本来の意味は、先ほどご紹介した通り、「家族のかわりに霊園の管理者が供養を行ってくれるお墓」というものです。

しかし、最近、さまざまな形式のお墓が「永代供養墓」と呼ばれるため、意味が多少混乱しがちです。永代供養の種類や遺骨埋葬方法、それぞれの相場についてお伝えします。

永代供養墓の種類と遺骨埋葬方法、相場

永代供養墓の種類や遺骨埋葬方法、それぞれの相場を一覧にしました。 

永代供養墓の種類

遺骨埋葬方法

費用相場(一体当たり)

一定期間限定の個人墓つき永代供養墓

20年、30年などの契約期間中は個人墓の形でお参りできる

契約期間が終わったら他の人の遺骨と一緒に供養塔などへ埋葬される

70万円~150万円

小さな個人墓つき合同墓

納骨した部分にプレートを掲げるなどして、個人のスペースを確保した合同墓

30万円~70万円

骨壺で納骨する合同墓

大きなお墓の中に、骨壺のままで納骨する合同墓

10万円~30万円

遺骨のみを納骨する合同墓

大きなお墓の中に、骨壺から遺骨を取り出して他の人の遺骨と一緒に埋葬される合同墓

一定期間限定の個人区画つき納骨堂

20年、30年などの契約期間中は個人のスペースを設けてお参りできる屋内施設

契約期間が得終わったら他の人の遺骨と一緒に屋内外の供養塔などへ埋葬される

50万円~100万円

骨壺で納骨する合同納骨堂

納骨堂内に設けられた大きな供養塔などの中に、骨壺のままで納骨する屋内施設

10万円~30万円

遺骨のみを納骨する合同納骨堂

納骨堂内に設けられた大きな供養塔などの中に、骨壺から遺骨を取り出して他の人の遺骨と一緒に埋葬される屋内施設

永代供養墓にも様々なタイプがあり、それぞれ相場が違うことがお分かりいただけたかと思います。

合同墓を検討している人は、広く永代供養墓にも目を向け、自分はどんなスタイルを選ぶか決めたら、お墓選びを始めましょう。

次章では、永代供養墓のチェックポイントをお伝えします。

永代供養墓のチェックポイント

永代供養墓のチェックポイントは、以下の通りです。 

  • お墓参りに行く人からのアクセスはよいか
  • 環境や設備は整っているか
  • 宗教に制限はあるか
  • 供養期間や方法は希望の通りか
  • 全体にかかる費用について納得できるか

それぞれ解説します。

お墓参りに行く人からのアクセスはよいか

永代供養墓に限らず、お墓を選ぶときに一番のポイントとなるのがアクセスの良さです。永代供養墓の管理は霊園の管理者が行ってくれるため、頻繁なお墓参りは必要ありません。

しかし、お盆やお彼岸など、残された人がお墓参りをしたいと思うときはあるでしょう。家族が気軽にお墓参りできる範囲内であることが、最低限の条件です。

家族が年老いて車を運転できなくなったときでもお参りできるよう、公共機関でたどり着けるような場所を選びましょう。

ただし、身寄りがおらず、お墓参りに訪れる人がいないという人の場合は、比較的自由に立地を決められます。

「富士山のふもとがいい」「北海道の大きな自然に囲まれたい」など、存分にわがままを叶えることが可能です。

環境や設備は整っているか

実際に霊園へ出向いてみて、環境や設備が整っているかをチェックしましょう。

ホームページなどで、周辺に緑が多く見晴らしがよい永代供養墓の情報を知り、「ここにしたい!」と思っても、実際に見てみると、イメージがかなり違うということがありえます。

また、お墓参りをしてくれる人のためにも、トイレや休憩所など、最低限の設備があるかをチェックすることも重要です。

お花やお線香を買うことができる売店が霊園内にあると、家族は手ぶらでお墓参りに来ることができます。法要会館を設けた霊園であれば、年忌法要の後のお墓参りがスムーズに済んで便利です。 

宗教に制限はあるか

永代供養墓は宗教不問であることが多いですが、宗教に制限があるかどうかは、実際に霊園側へ詳しく尋ねましょう。

「宗教不問」といっても、それは「仏教であればどの宗派でも良い」という意味であることが多いためです。

とくにキリスト教や神道を信仰しているような場合は、寺院が管理している霊園を利用することに抵抗のある人もいるのではないでしょうか。

自分の信仰する宗派に合った永代供養墓を探しましょう。

供養期間や方法は希望の通りか

供養期間や納骨方法が希望の通りかどうかをチェックしましょう。

永代供養墓には、前章で見た通り、一定期間は個人墓でお参りできるものから、すぐに他の人と一緒に埋葬されるものまであります。

とくに、骨壺から遺骨を取り出し、他の人と一緒に埋葬されるタイプを選ぶと、納骨後は遺骨を個別に取り出すことはできません。

あとで家族が「ちゃんとしたお墓を作ったので、遺骨を移したい」と霊園側に申し出ても、それができなくなってしまいます。

納骨方法については、とくに家族ときちんと話し合いましょう。

全体にかかる費用について納得できるか

永代供養墓は年間の管理費がかからないため、契約時に全体費用を知ることができますから、必ず全体費用の見積もりをもらい、納得してから契約しましょう。

とくに、「一体につき○円」とある永代供養墓は、夫婦で契約すると単純に2倍の金額なのか、割引がきくのかを尋ねましょう。

以上のチェックポイントをクリアすれば、安心して契約できます。

しかし、ここで「最終的には他の人と一緒に納骨される永代供養墓はしっくりこない。他の選択肢はないものか」と考えた人もいるかもしれません。

そんな人のために、最終章では合同墓以外の選択肢をご紹介します。

お墓を建てたくない人のための、合同墓以外の選択肢

お墓を建てたくない、でも合同墓に代表されるような永代供養墓は嫌、という人には、以下のような選択肢があります。

  • 散骨
  • 手元供養

それぞれ解説します。

散骨

散骨は、海や山、川に遺骨を撒く方法です。
特に海へ遺骨を撒く海洋散骨においては、全国各地に業者があります。

費用相場は10万円から30万円ほどです。なかには海外旅行で訪れた思い出の場所へ撒いてほしいという希望をかなえる人もいます。

自然の中へ還ってゆくことに憧れを感じる人は、検討してみてはいかがでしょうか。

手元供養

手元供養は、自宅に骨壺を置いて供養する方法です。

骨壺をそのまま仏壇に上げる人もいれば、小さな骨壺に手元供養用の遺骨を納め、残った遺骨については散骨などをする人もいます。

また、ほとんどは散骨してしまい、わずかな位牌をペンダントなどに込める人もいます。愛しい人の遺骨と離れがたく、ずっとそばにいてほしいと願う人におすすめです。

ただ、自宅の遺骨も、供養する人がいなくなれば納骨の方法を考えなければならないということは、頭に入れておきましょう。

このように、お墓を作らずとも、さまざまな方法があります。自分と家族に合った方法を見つけましょう。

まとめ

以上、合同墓地、合同墓について、その意味や種類、平均価格などをお伝えしました。

また、お墓を作りたくないという人のために、合同墓を含めた永代供養墓以外の方法も提示しました。

自分と家族にぴったりの供養法を見つけていただけたなら嬉しいです。

 

今、合同墓を含む永代供養墓は、

「無縁の人が納骨される寂しいお墓」から、「後継者がいなくても霊園が管理してくれる便利なお墓」へとイメージを変えています。

永代供養墓を明るいイメージに変えたのは、世の中のニーズです。

これからも、人々のライフスタイルが多様化するにつれ、さまざまなお墓の形が誕生し、多くの人に受け入れられていくでしょう。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資料請求はこちら