【永代供養の相場】アイキャッチ

この記事では以下のような疑問を解消!

  • 「永代供養の費用相場ってどれくらい?」
  • 「できるだけ永代供養の費用を安く抑えたいがどうすればいい?」
  • 「そもそも永代供養って何のこと?」

今この記事を見ている方は、永代供養の費用を中心に、上記のような疑問をお持ちなのではないでしょうか。

永代供養とは、お墓の維持・管理を、遺族に代わり霊園や寺院の管理者がするお墓のスタイルをさしています。
そして費用の相場は、タイプごとに異なり、大体以下の通りです。

タイプ 相場
合葬タイプ 5万円~30万円
永代供養付き「納骨堂」 50万円~150万円
永代供養付き「樹木葬」 20万円~100万円
永代供養付き「一般墓」 150万円~250万円

上記を見ていただくとわかる通り、費用は永代供養のタイプごとにかなり差があります
永代供養=安い!ではない点は、まず注意していただきたいです。

この記事では、永代供養について費用を中心に、タイプ別の費用、費用の内訳について詳しく解説します。
加えて、永代供養の費用以外に発生するかもしれない費用、価格重視の方へ向けた「永代供養」以外の供養方法についても紹介しています。

この記事を読んでいただけたら、永代供養にまつわる費用について、ほぼ全てを把握できている状態になると言ってもいいでしょう。
費用に対する不安をゼロにしてお墓選びをするためにも、ぜひ最後までご覧ください。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

永代供養とは寺院や霊園が管理するお墓のスタイル

永代供養とは、寺院や霊園が管理するお墓のスタイルを指しています。残された家族がお墓参りをしなくても、霊園側が供養をしてくれますし、お墓掃除をしてくれるのです。

一般的なお墓とはどう違うのか、特徴は以下の通りです。

一般的なお墓 永代供養のお墓
継承者の有無 必要  不要
年間管理費 必要 不要(永代供養のタイプによっては必要)
お墓の維持・管理 継承者が行う 霊園・寺院の管理人が行う

永代供養のお墓の一番の特徴は、継承者が不要であることでしょう。

そのため、将来子供に心配をかけたくない方や、最近では墓じまい先としても多くの人に選ばれています。

永代供養には4つのタイプがある

永代供養には、大きく分けて4つのタイプがあります。

永代供養の霊廟

合葬タイプ
(相場:5~30万円)

初めから合葬するタイプ。個人墓に納骨する期間を設けず、初めから供養塔などへ納骨し、他の遺骨と一緒に供養をします。

仏壇式の納骨堂

永代供養付き納骨堂
(相場:50~150万円)

納骨堂とは、骨壺や遺骨の一部を専用スペース内に安置する供養方法です。契約期間内は、個別に納骨し、一定期間を過ぎると「合葬タイプ」で他の遺骨と一緒に埋葬されます。

樹木葬の霊園内

永代供養付き樹木葬
(相場:20~100万円)

樹木葬とは、樹木や花などの植物を目印とし、遺骨をその下に埋葬する供養方法のことです。契約期間内は、個別に納骨し、一定期間を過ぎると「合葬タイプ」で他の遺骨と一緒に埋葬されます。

先祖代々のお墓

永代供養付き一般墓
(相場:150~250万円)

永代供養付き一般墓は、従来通りの墓石のお墓で、継承を前提としないお墓です。契約期間内は、個別に納骨し、一定期間を過ぎると「合葬タイプ」で他の遺骨と一緒に埋葬されます。

合葬タイプは初めから複数人と一緒に納骨されます。しかしその他の3つのタイプは、初めの契約期間内は個別にお参りをし、期間を過ぎると他の遺骨と一緒に合葬するパターンが一般的でしょう。

以上、一般的なお墓とも比較して、永代供養の特徴を整理しました。
永代供養は、タイプによってだいぶ印象が違いますね。費用面もタイプによってかなり異なります。次章でお伝えしましょう。

【タイプ別】永代供養の費用相場・内訳を解説

お金のことを考える老人

永代供養の費用相場は、4つのタイプによって異なります。タイプ別の費用相場は、以下の表の通りです。

タイプ 相場
合葬タイプ 5万円~30万円
永代供養付き納骨堂 50万円~150万円
永代供養付き樹木葬 20万円~100万円
永代供養付き一般墓 150万円~250万円
では、それぞれのタイプ別に詳しく費用相場を見ていきましょう。まずは合葬タイプです。

合葬タイプの永代供養の相場は5万~30万円

合葬墓・合祀墓

合葬タイプの永代供養の相場は、5万円~30万円ほどです。

合葬タイプは、初めから他の人の遺骨と一緒に合祀されます。お墓の管理を寺院や霊園に任せたい方に多く選ばれるタイプです。

料金設定は、一人あたりの料金であることがほとんどです。しかし夫婦で、あるいは先祖代々をまとめてといったケースでは、割引がきく場合もあります。 

合葬タイプの永代供養の中には、「送骨」と称される、遺骨をゆうパックなどでお寺へ送るサービスが行われるようになりました。送骨は一体当たり3万円程度と、かなり割安なのが特徴です。

以下に、「合葬タイプ」の永代供養の例を紹介します。

合葬タイプの例:都立 多磨霊園(みたま堂)

タイプ名 多磨霊園(みたま堂)2体用
料金 23万円
料金の内訳 永代供養

都立 多磨霊園 とりつ たまれいえん 公営墓地 | 宗教不問

情報更新
直近 17人に検討されています
  • 都立 多磨霊園_322

みんなの評価 3.7  口コミ 76件

お墓タイプ 購入価格
154.6万円~(墓石代別)
32.4万円~
継承者なしOK 入壇義務なし
  • 西武多摩川線「多磨駅」から徒歩5分
  • 都立霊園の中で最大規模
  • 豊富なイベント

お墓ディレクターのコメント

奥谷

都立 多磨霊園は、府中市多磨町にある緑に囲まれた霊園です。大正12年に開園された歴史的な霊園であり、伝統的なお墓参りができることが魅力の一つです。
この霊園に眠っている著名人は、 三島由紀夫(作家)、石坂洋次郎(作家)、巖谷小波(作家)がいます。 … 続きを読む

口コミ評価(76件) 3.7

50代男性 管理事務所がしっかりしていて、いつもきれいに清掃されています。さすがに都立霊園だけのことはあります。… 続きを読む

永代供養付き【納骨堂】の相場は50万円~150万円

ロッカー式の納骨堂

永代供養付き納骨堂の相場は50万円~150万円ほどです。

納骨堂とは、骨壺や遺骨の一部を専用スペース内に安置する供養方法のことです。一般的には利用年数や利用人数に限りがあり、契約プランによって使用金額が決まります。

永代供養付き納骨堂に多いケースは次の通りです。はじめの数年は個別で納骨し、年間の管理料も必要。数年後には合葬され、年間の管理料が不要になるケース。

何年後に合葬されるかは、契約によって異なります。ただ、「33年」としているところは多いでしょう。

永代供養付き【納骨堂】の費用の内訳

永代供養付き納骨堂の相場は50万円~150万円ほどですが、その費用の内訳は以下のようになっています。

  • 永代供養・・・継承者がいなくなった時、永代にわたり供養してくれる料金
  • ご戒名授与・・・戒名を授与する料金
  • 遺骨収蔵厨子・・・遺骨を収蔵する料金
  • 銘板・彫刻・・・家名や家紋を彫刻する料金 

※詳しくは各霊園に問合せをしてください。

注意ポイント

永代供養付き納骨堂は、合葬される前までは年間管理料がかかります。内訳に管理料が含まれていることは少なく、別途年間1万円~3万円ほど必要となるでしょう。

以下に永代供養つき納骨堂の例を紹介します。

永代供養付き納骨堂の例:ひかり陵苑

タイプ名 家族用スタンダードタイプ(最大8体収蔵可)
料金 85万円(+年間15000円の管理料)
料金の内訳 永代供養/ご戒名授与/遺骨収蔵厨子/銘板・彫刻

チェックして検討リストに追加・まとめて資料請求

安養院 ひかり陵苑 ひかりりょうえん 民営墓地 | 宗教不問

情報更新
直近 25人に検討されています
  • ひかり陵苑の広々とした空間の参拝スペース

みんなの評価 4.3  口コミ 9件

お墓タイプ 購入価格
85.0万円~
継承者なしOK バリアフリー対応 入壇義務なし
  • 高級感のあるしつらえ
  • 休憩スペース、客殿など充実した施設を完備
  • 手ぶらで気軽にお墓参りできる納骨堂

お墓ディレクターのコメント

橋本

閑静な山の手の住宅地にそびえる、格調高い石造りの建物の納骨堂。目黒、五反田の賑わいとは一線を画す、花木に囲まれた安らかな時間が流れる場所です。 … 続きを読む

口コミ評価(9件) 4.3

40代女性 管理はとてもいいです。ゴミ一つ落ちていませんし、丁寧に接客、管理してくださるので安心できます。宗派の押し付けもなく、理想的だと思います… 続きを読む

次は永代供養付き【樹木葬】の相場について紹介します。

 永代供養付き【樹木葬】の相場は20万円~100万円

樹木葬

永代供養付き樹木葬の相場は20万円~100万円ほどです。

樹木葬とは、樹木や花などの植物を目印とし、遺骨をその下に埋葬する供養方法のことです。お一人~数名で利用するこぢんまりとしたお墓が多いでしょう。

永代供養付き樹木葬も、はじめの数年は個別で納骨し、年間の管理料も必要。数年後には合葬され年間管理料が不要になるケースが多いでしょう。

何年後に合葬されるかは、契約によって異なります。ただ、「33年」としているところは多いです。

永代供養付き【樹木葬】の費用の内訳

永代供養付き樹木葬の相場は20万円~100万円ほどですが、その費用の内訳は以下のようになっています。 

  • 永代供養・・・継承者がいなくなった時、永代にわたり供養してくれる料金
  • 銘板・彫刻・・・家名や家紋を彫刻する料金(石のプレートがある場合)
  • 樹木・花・・・墓標となる樹木やお花の料金

※詳しくは各霊園に問合せをしてください。

注意ポイント

永代供養付き樹木葬は、合葬される前までは年間管理料がかかります。内訳に管理料が含まれていることは少なく、別途年間1万円~3万円ほど必要となるでしょう。

以下に永代供養つき樹木葬の例を紹介します

永代供養付き樹木葬の例:練馬ねむの木ガーデン

タイプ名 樹木葬 ビハーラ(夫婦お二人、又はお一人)
料金 65万円~
料金の内訳 永代供養/金属のプレート/彫刻代(名前。生年月日・没年月日など)

チェックして検討リストに追加・まとめて資料請求

練馬ねむの木ガーデン ねりまねむのきがーでん 民営墓地 | 在来仏教

情報更新
直近 12人に検討されています
  • 練馬ねむの木ガーデン_4941

みんなの評価 4.0  口コミ 5件

お墓タイプ 購入価格
154.0万円~(墓石代別)
65.0万円~
48.0万円~
継承者なしOK バリアフリー対応 入壇義務あり
  • 「平和台駅」から徒歩約11分
  • 落ち着いた雰囲気の寺院
  • 設備とサービスが充実

お墓ディレクターのコメント

橋本

練馬ねむの木ガーデンは、宗旨宗派が不問で、花と樹木にあふれていて、プロのガーデナーが管理している本格的なガーデニング霊園です。 … 続きを読む

口コミ評価(5件) 4.0

50代男性 ガーデニング霊園の良いところで、お花の状態など常に良好で、雑草などは見受けられたことがありません。休憩所などもきれいで、誰でも使いやすく、飲料の種類や茶菓子も置いてあります。また、休憩所には書籍も置いてあり、高齢の母が一人で伺った際には「ゆっくり休憩できる」と喜んでます。… 続きを読む

次は永代供養付き一般墓の相場について紹介します。

永代供養付き一般墓の相場は150万円~250万円


墓石タイプの納骨堂

永代供養付き一般墓の相場は150万円~250万円ほどです。 

永代供養付き一般墓は、従来通りの墓石のお墓ではありますが、継承を前提としないお墓です。

例えば、ご夫婦で娘さんがいるけれども嫁いでいる場合、自分たちのお墓を検討する際、永代供養付き一般墓にするケースなどがあります。

永代供養付き一般墓の費用の内訳

  • 永代供養・・・継承者がいなくなった時、永代にわたり供養してくれる料金
  • 墓石代・・・墓石の料金
  • 彫刻代・・・墓石の彫刻に必要な料金
  • 工事費・・・墓石を設置する工事費
  • 墓地使用料・・・墓地を使用する料金 

※詳しくは各霊園に問合せをしてください。

注意ポイント

永代供養付き一般墓は、合葬される前までは年間管理料がかかります。内訳に管理料が含まれていることは少なく、別途年間1万円~3万円ほど必要となるでしょう。

以下に永代供養つき一般墓の例を紹介します。

永代供養付き一般墓の例:鎌倉 やすらぎの社


タイプ名 永代供養墓・憩
料金 260万円~
料金の内訳 永代供養/使用料/彫刻量/埋葬料/工事代

チェックして検討リストに追加・まとめて資料請求

鎌倉やすらぎの杜 「ふれあいの碑」 かまくらやすらぎのもり 「ふれあいのひ」 民営墓地 | 宗教不問

情報更新
直近 4人に検討されています
  • 鎌倉やすらぎの杜 「ふれあいの碑」_4942

みんなの評価 3.4  口コミ 3件

お墓タイプ 購入価格
お問い合わせください(墓石代別)
38.0万円~
35.0万円~
継承者なしOK バリアフリー対応 入壇義務なし
  • 色とりどりのバラに彩られた樹木葬墓地
  • 単身者、ご夫婦にもぴったりの区画あり
  • デザイン性に優れた美しい墓石

お墓ディレクターのコメント

奥谷

古都鎌倉にある「鎌倉やすらぎの杜 ふれあいの碑」は、四季折々の花や植栽で明るい雰囲気のガーデニング永代供養墓です。 … 続きを読む

口コミ評価(3件) 3.4

50代女性 トイレも汚い。清掃のできていない状態です。水道は出ない。トイレットペーパーも無い。管理者不在の状態です。… 続きを読む

以上、タイプ別の永代供養の相場をご紹介しました。

次の章では、永代供養のお金以外にかかる可能性のある費用について取り上げます。追加でお金がかかるなんて知らなかった、とならないためにも、確認をしておきましょう。

永代供養の費用を左右する4つの要因

永代供養の費用を左右する要因として、以下の4つが挙げられます。

  1. 遺骨の収骨数
  2. 個別で納骨される期間
  3. アクセスの良し悪し
  4. 施設の充実度

それぞれ詳しく紹介します。

要因①遺骨の収骨数

永代供養は、遺骨の人数によって費用が大きくかわります。特に、合葬タイプ・納骨堂・樹木葬は注意が必要です。

納める人数が多い場合は、一般墓を買った方が費用を抑えられるケースも存在します。

以下、「吾妻橋 天空陵苑」のお墓タイプと、お墓タイプ別の費用について例を紹介します。

「吾妻橋 天空陵苑」のお墓タイプ 相場
パーソナルタイプ(おひとり様用) 35万円
ペアタイプ(夫婦用) 45万円
ファミリータイプ(家族用) 68万円

要因②個別で納骨される期間

個別で納骨する期間には、「年間管理費」が発生し、毎年5000円~1万円ほど必要です。

よって、個別で納骨される期間が長ければ長いほど、毎年の年間管理費が発生して、トータルの費用は高くなるでしょう。

希望エリアの継承者なしでもOKのお墓が見つかる!

ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの継承者なしでもOKのお墓が見つかります。
まずは希望の都道府県を選んでどんな継承者なしでもOKのお墓があるかチェックしてみましょう。

継承者なしでもOKのお墓を探す

要因③アクセスの良し悪し

アクセスや立地も費用に大きく関係します。

お墓の土地代金は、地価に比例しています。よって地価が高い地域ほど永代供養の費用は高くなります。

要因④施設の充実度

最後に施設の充実度合いです。例えば、お墓参りに手ぶらで行っても済むぐらい、供花やろうそく・線香などが充実していれば、その分に必要な費用がかかります。

また、室内墓の場合は、休憩スペースが充実していたり、バリアフリー設計でエレベータが合ったりする施設は、その分高くなるでしょう。

永代供養の費用以外に発生する可能性がある3つの費用

永代供養の費用以外に、追加で以下の費用が必要になることがあります。

  • 納骨費用(お布施)(約5万~10万円)
  • 年間管理費(約1万円)
  • 墓じまいの費用(約30万~50万円)

一つずつ詳しく紹介します。

納骨費用(お布施)

お墓の前で読経する僧侶

納骨費用とは、お墓に遺骨を納めるとき、僧侶などに頼む場合に必要となる費用です。

お墓に遺骨を納める時は、一般的に納骨式(開眼供養)というものを行います。僧侶に依頼し、読経・納骨をしてもらうのです。

納骨式(開眼供養)の費用は5万~10万円ほど必要と言われています。どのような内訳になっているのか、見ていきましょう。

納骨式に必要な費用の内訳

納骨式に必要な費用の内訳は以下のようになっています。

  • 僧侶へのお布施(3万~5万円)
  • 僧侶へのお車代(5000円~1万円)
  • 僧侶への御前料(5000円~1万円)
  • 線香・ろうそく・お供え物など(5000円~1万円)
  • 会食費(一人3000円~1万円ほど)

より詳しく知りたい方は、3分でわかる】開眼供養・開眼法要とは?開眼法要のお布施などを徹底解説!の記事をご覧ください。

年間管理費

墓石と一万円札

年間管理費とは、お墓の維持・管理に必要な費用です。

永代供養の場合、基本的に管理費は必要ないと言われています。

しかし「永代供養付き納骨堂」「永代供養付き樹木葬」「永代供養付き一般墓」を選択した場合、個別で遺骨を管理する期間は、管理費が必要となります。 

管理費の相場は約1万円です。詳しくは【調査結果】お墓の管理費は年間平均1万円!誰が・いつ払うのか徹底解説の記事をご覧ください。

墓じまいの費用

石を砕く石材店

墓じまいとは、今あるお墓を片付けることを言います。

お墓を片付けるといっても中にある遺骨は家族の手で供養しなければなりません。そんな時、遺骨の行き先として一つの候補になるのが、合葬タイプの永代供養です。 

墓じまいは、約10万~30万円ほどの費用が必要と言われていますが、どのような内訳になっているのか見ていきましょう。

墓じまいにかかる費用の内訳

墓じまいに必要な費用の内訳は、以下のようになっています。

  • 墓石の撤去代(17万~15万円)
  • 魂抜きのお布施(1万~5万円)
  • 離檀料(10万~20万円)
墓石の撤去代

墓石を撤去するのに必要な費用のことです。

魂抜きのお布施

遺骨を元の墓石から取り出すときに、僧侶に読経をしてもらい魂抜きをしてもらいます。その時に僧侶に渡すお金です。

離檀料

もし元あるお墓がお寺に納骨されており、そのお寺の檀家であったら、檀家を離れる(離檀)に費用が必要です。

墓じまいの費用についてより詳しく知りたい方は、【実際いくらなの?】墓じまいの費用まるわかり!相場や内訳もクリアにしよう!の記事をご覧ください。

注意ポイント

先祖代々のお墓を「墓じまい」して永代供養したい、という方は、墓じまいに様々な手続きが必要です。墓じまいの手続きについてより詳しく知りたい方は、【墓じまいの基礎知識】費用相場、手続きの流れや注意点を徹底解説の記事をご覧ください。

【価格重視の方へ】永代供養以外の選択肢

一般的なお墓でもなく、永代供養でもない供養法は、主に次の2つが考えられます。

  • 散骨
    海や山に遺骨を撒く供養法です。
  • 手元供養
    自宅で遺骨を供養する方法です。

それぞれの費用について解説します。

散骨の費用は5万円から25万円程度

海上散骨

お墓を作らず、海や山に遺骨を撒く散骨の費用は、5万円から25万円程度です。
陸地は住民などとのトラブルに発展しやすく、多くの業者は海での散骨を行っています。

一家族だけで船をチャーターする個別散骨は25万円程度ですが、複数の家族で船に乗り入れる合同散骨であれば、費用はぐっと割安になります。

また、業者に遺骨をゆだねて散骨してもらう委託散骨は、5万円ほどから利用できます。

手元供養は0円からできる

手元供養のイラスト

骨壺を自宅に持ち帰り、仏壇や専用のスペースで供養する手元供養は、0円からできます

ただ、骨壺を素っ気ないものから手元供養用の美しいものへと変えたり、手元供養専用の仏具を揃えたりすると、数万円から数十万円がかかってくることになります。

手元供養は一見リーズナブルな方法ですが、最終的な遺骨の行き先とはいえません。
家を継ぐ人がいなくなってしまえば、遺骨をどこかへ異動せざるを得ないためです。

最後には、やはり永代供養をしたり、散骨をしたりといった方法をとらなければならないことに注意しましょう。

この章では、永代供養以外の供養法について、主なものをまとめました。
どの方法を選べば、故人らしく、また家族らしい供養ができるのか、考えてみましょう。

まとめ

以上、永代供養の意味や費用、先祖代々を永代供養する時の流れについて説明しました。
合わせて永代供養以外の方法も紹介したため、供養について様々な可能性が見いだせたかと思われます。

実際に永代供養の相場を見たうえで、本当に永代供養に決めてもいいのか?と迷っている方は、「【Q&Aあり】永代供養墓とは?基本知識 | 費用・注意点・探し方」の記事をご覧ください。永代供養のメリットやデメリットについても詳しく紹介しています。

どの方法にするか迷うようなときは、いったん手元供養として、じっくり考えてみるのもおすすめです。
永代供養を行っている霊園を実際に見学してみたり、納骨堂に行ってみたりして、よりしっくりくる供養法を見つけましょう。

監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

永代供養墓とは、寺院や管理者などが永代にわたって管理・供養するシステムをとっているお墓のことです。

お墓の形はさまざまで、石塔がシンボルになっているもの、樹木がシンボルになっているもの、モニュメントがシンボルになっているものなどがあります。

納骨堂でも永代供養システムを採用しているところが多く、一定の使用期間が過ぎると、永代供養墓に合葬するタイプのものがほとんどです。

承継者を必要としないお墓が世に出たのは、1989年新潟県の妙光寺が現代のニーズあったお墓を形にしたいという思いで、安穏廟という永代供養墓をつくったのがはじまりです。

妙光寺は、永代供養墓をつくっただけではなく、契約者同士が共に供養し支えていく仕組みも形成したのは、後の永代供養システムに大きく貢献しています。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。