永代供養の費用相場を知る!種類や流れも紹介

スポンサーリンク

継承者の必要がない、一般的なお墓よりも安いらしい。そんな永代供養のメリットを耳にすると、お墓に悩んでいる身としては気になってしまいますよね。

しかし、ひと口に永代供養といっても、タイプや値段はさまざまで、迷ってしまう人も少なくありません。

この記事ではこのような問題を解消!

  • 「永代供養って、正しくはどんな意味?」
  • 「永代供養にはどのくらいの費用がかかるの?」
  • 「お墓をしめて先祖の遺骨を永代供養にすることはできるの?」

この記事では、以上のような悩みを抱えている人に向けて、永代供養の意味や費用、先祖代々を永代供養する時の流れについて解説します。

永代供養以外の納骨方法も合わせて紹介するので、故人らしい、また自分たち家族らしい供養方法を、改めて考えるきっかけにもなりますよ。

永代供養とは寺院や霊園が管理するお墓のスタイル

永代供養とは、寺院や霊園が管理するお墓のスタイルを指しています。
残された家族がお墓参りをしなくても、霊園側が供養をしてくれますし、お墓掃除をしてくれるのです。
一般的なお墓とはどう違うのかも含め、詳しく説明します。

一般的なお墓は継承者が必要

一般的なお墓は、継承者が必要です。
継承者とは通常は遺族代表のことで、やや古い言葉でいえば「跡継ぎ」がお墓の継承者になるとされてきました。

現代では、「跡継ぎ」に限らず、長子がその務めを負うことが多いでしょう。

継承者は、お寺や霊園に年間管理料を支払い、折に触れて契約区画内の清掃を行います。

また、命日やお盆、お彼岸などにお墓参りに訪れ、1周忌、3回忌など年忌法要の際には、法要を営み、お墓の前で僧侶にお経を唱えてもらいます。

最近では、子どもがいない、あるいは家から独立して遠くにいる子どもに迷惑をかけられないと、一般的なお墓を買うことにためらう人が増えています。
また、年間管理費の滞納に悩む寺院も増加しているようです。

お墓を引き継いだ世代が管理費の存在を知らず、寺院側も後の世代の連絡先を把握できないことからくる問題です。

永代供養は継承者が不要

永代供養であれば、継承者は必要ありません。
つまり、お墓の費用に関しては一度まとめて支払えばよく、年間管理料は必要ないということです。

永代供養とすれば、寺院や霊園側が、お墓周りの清掃管理を行ってくれます。
また、お彼岸などに合同の供養祭が行われるので、お墓参りに行く必要もありません。

永代供養のお墓を買えば、支払いは一回きりですから、子世代の負担になりません。
また、子のいない人も、安心してお墓を買うことができます。

一度個人墓に納骨するタイプと初めから合祀するタイプがある

永代供養には、大きく分けて2つのタイプがあります。

いったん個人墓に納骨し、後に合祀とするタイプ

初めは一般的な形をした個人墓に納骨するタイプです。

契約期間内は個別にお参りができるため、親族らは一般的なお墓に手を合わせる感覚でお墓参りができます。
契約期間が過ぎると、同じ霊園内の大きな供養塔などに、他の遺骨と一緒に合祀されます。

骨壺から遺骨を取り出して供養塔へ納める形式がほとんどなので、合祀された後は個別に遺骨を取り出すことができません。
契約期間は、三十三回忌までが一般的ですが、10年、20年などと選べる場合もあります。

初めから合祀するタイプ

個人墓に納骨する期間を設けず、初めから供養塔などへ納骨し、他の遺骨と一緒に供養するタイプです。
合祀されたら遺骨を個別に取り出すことはできません。

以上、一般的なお墓とも比較して、永代供養の特徴を整理しました。
タイプによってだいぶ印象の違うことがわかるでしょう。
印象だけでなく、費用面もタイプによってだいぶ違います。次章でお伝えしましょう。

永代供養の費用はタイプによって違う

永代供養の費用は、一度は個人墓で供養するタイプと、初めから合祀となるタイプとではかなり違ってきます。
それぞれ相場を解説します。

一度個人墓に納骨するタイプの永代供養の相場は70万円から150万円

いったん個人墓に納骨するタイプは、70万円から150万円ほどです。

なぜ価格に開きがあるのかといえば、都心に近いほど、アクセスが良いほど値段が跳ね上がる傾向があるためです。

永代供養墓の費用は基本的に一人分の価格ですが、夫婦など2人で入りたい場合は追加して10万円から20万円程度の上乗せで済むケースがほとんどです。

初めから合祀するタイプの永代供養の相場は10万円から30万円

初めから他の人の遺骨と一緒に合祀される永代供養の相場は、10万円から30万円ほどです。

一人あたりの料金設定であることがほとんどですが、夫婦で、あるいは先祖代々をまとめてといったケースでは、割引がきく場合があります。

なお、遺骨をゆうパックなどでお寺へ送る「送骨」などと称したサービスが行われるようになりました。
一体当たり3万円程度と、かなり割安なのが特徴です。

以上、永代供養の費用相場についてタイプ別にお伝えしました。

200万円から250万円程度が相場といわれる一般的なお墓とは、比べ物にならないほど安いことがわかるでしょう。

なかには、「お墓を片付けて、取り出した先祖代々の遺骨を永代供養にしたい」という人もいるのではないでしょうか。
次章では、墓じまいと改葬をするときの永代供養の流れと費用についてお伝えします。

先祖代々を永代供養したいときの費用と流れ

この章では、今あるお墓を片付けて、先祖代々の遺骨を永代供養したいときの費用と流れを解説します。
今あるお墓を片付けることは、「墓じまい」と呼ばれています。

また、遺骨をお墓から取り出し、違うお墓へ引っ越しさせることを「改葬」といいます。
墓じまいと永代供養墓への改葬について、詳しくご紹介します。

墓じまいのあとは遺骨が残り、行き先が必要になる

お墓の継承者がいない、子世代が実家から遠くに住んでいるといった理由で墓じまいをすると、先祖代々の遺骨が手元に残ります。

お墓は撤去することができますが、遺骨は家族の手で供養しなければなりません。
そんなとき、遺骨の行き先として一つの候補になるのが、合祀墓への永代供養です。

永代供養の費用と墓じまいの費用が必要

先祖代々の遺骨を永代供養するときには、永代供養の費用と、墓じまいの費用が必要になります。
それぞれ説明します。

先祖代々を永代供養するときの費用

永代供養の費用は、一体につき10万円から30万円ですが、遺骨の数があまりに多いときは受け入れ先の寺院や霊園に相談しましょう。

カサの少ない骨壺同士をまとめて1つにするなど、現実的な費用で供養できるようアドバイスしてくれることでしょう。

墓じまいの費用

墓じまいの費用は、お墓の撤去費用と、寺院へのお布施に分かれます。
お墓の撤去費用は、1㎡あたり15万円が相場です。

寺院へのお布施は、これまで供養をしてくれたことに感謝を込めて納めます。

本来、感謝の気持ちに相場はありませんが、あえていえば、墓じまいのお布施は10万円から20万円程度がとする人が多いようです。

以上、永代供養と墓じまいを合わせると、100万円を超える費用が必要になることも珍しくありません。

遺骨の引っ越しには市区町村役場での改葬手続きが必要

遺骨をお墓の中から取り出し、他の場所へ移動させる場合は、改葬手続きが必要です。
改葬手続きは、市区町村役場で行います。

改葬手続きの流れは、以下の通りです。

  1. 今あるお墓の霊園から「埋葬証明書」をもらう
  2. 受け入れ先の霊園から「受入証明書」をもらう
  3. 市区町村役場に「埋葬証明書」と「受入証明書」を持参し、「改葬許可申請書」と揃えて提出

ただ、同じ霊園内で合祀をする場合には改葬には当たらず、改葬手続きは必要ありません。

以上、先祖代々を永代供養するときの費用や流れについてご紹介しました。

墓じまいの費用と合わせると、けっこうな金額になることがおわかりいただけたかと思います。

「もっと安く、でもきちんと供養できないものだろうか」と悩む方のために、次章では、永代供養以外の供養法と費用についてお伝えしましょう。

もちろん、墓じまいではなく、たんに自分や親世代の供養法について考えている人にも役立ちます。

永代供養以外の供養法と費用

一般的なお墓でもなく、永代供養でもない供養法は、主に次の3つが考えられます。

  • 散骨
    海や山に遺骨を撒く供養法です。
  • 納骨堂
    屋内の小さな区画に骨壺を安置する供養法です。
  • 手元供養
    自宅で遺骨を供養する方法です。

それぞれの費用について解説します。

散骨の費用は5万円から25万円程度

お墓を作らず、海や山に遺骨を撒く散骨の費用は、5万円から25万円程度です。
陸地は住民などとのトラブルに発展しやすく、多くの業者は海での散骨を行っています。

一家族だけで船をチャーターする個別散骨は25万円程度ですが、複数の家族で船に乗り入れる合同散骨であれば、費用はぐっと割安になります。

また、業者に遺骨をゆだねて散骨してもらう委託散骨は、5万円ほどから利用できます。

納骨堂の費用は50万円から100万円程度

たくさんの骨壺を屋内で保管する納骨堂の費用は、50万円から100万円程度が相場です。
遺骨をいくつ収容するかによって、価格が変わってきます。

年間管理料を支払うタイプと、一括で支払いを終える永代供養タイプとがあります。
永代供養タイプは、契約期間が満了になると、他の遺骨と一緒に合祀されるケースがほとんどです。

手元供養は0円からできる

骨壺を自宅に持ち帰り、仏壇や専用のスペースで供養する手元供養は、0円からできます。

ただ、骨壺を素っ気ないものから手元供養用の美しいものへと変えたり、手元供養専用の仏具を揃えたりすると、数万円から数十万円がかかってくることになります。

手元供養は一見リーズナブルな方法ですが、最終的な遺骨の行き先とはいえません。
家を継ぐ人がいなくなってしまえば、遺骨をどこかへ異動せざるを得ないためです。

最後には、やはり永代供養をしたり、散骨をしたりといった方法をとらなければならないことに注意しましょう。

この章では、永代供養以外の供養法について、主なものをまとめました。
どの方法を選べば、故人らしく、また家族らしい供養ができるのか、考えてみましょう。

まとめ

以上、永代供養の意味や費用、先祖代々を永代供養する時の流れについて説明しました。
合わせて永代供養以外の方法も紹介したため、供養について様々な可能性が見いだせたかと思われます。

どの方法にするか迷うようなときは、いったん手元供養として、じっくり考えてみるのもおすすめです。
永代供養を行っている霊園を実際に見学してみたり、納骨堂に行ってみたりして、よりしっくりくる供養法を見つけましょう。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索