樹木葬

樹木葬の費用について、このような疑問を解消!

  • 「樹木葬の費用相場はいくら?」
  • 「樹木葬の費用は安いと聞くけど、本当?」
  • 「樹木葬の費用をさらに安くする方法はないの?」

昨今、さまざまなメディアで話題の樹木葬。

樹木葬の費用は一般墓の費用よりも安く、50万円前後と言われています。

とはいえ樹木葬にも様々なタイプがあり、なかには200万円を越えるようなものも存在するのです。

この記事では、樹木葬の費用について、【樹木葬のタイプ別】費用相場や、樹木葬の費用内訳をわかりやすく紹介しています。

また「お墓の費用を安く抑えたい」という方に向けて、樹木葬の費用を安くする方法についても解説しています。

樹木葬は最近出てきた新しい供養方法です。周囲に樹木葬を選択している人もあまりおらず、情報収集に困っている方もいるかもしれません。

そんな新しい方法だからこそ、しっかりと知識を深め、最終的に後悔のない選択をしてください。

都道府県一覧からお墓を探す

実際に希望エリアの樹木葬を調べてみたいという方は、こちらから検索できます。

樹木葬を探す

樹木葬
を探す

北海道・東北

東海

北陸・甲信越

中国・四国

九州・沖縄

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

樹木葬とは「木を墓標とするお墓のこと」

【樹木葬 シンボルツリー】アイキャッチ画像

樹木葬とは、礼拝の対象となる墓標を石碑ではなく樹木にしたお墓のことです。
私たちは、「お墓」と聞くとついつい石塔をイメージします。

しかし樹木でも、あるいは塔婆が一本立っているだけでも、そこに遺体や遺骨が埋葬されていれば、そこは「お墓」になるのです。
樹木葬とは、そんなお墓の内の一形態なのです。

樹木葬の費用相場~4つのタイプ別にご紹介~

樹木葬には、以下4つのタイプが存在します。

  • 霊園型・個別納骨タイプ
  • 霊園型・合葬タイプ
  • 里山型・個別納骨タイプ
  • 里山型・合葬タイプ

それぞれのタイプ別に費用相場を見ていきましょう。

霊園タイプ個別埋葬型の樹木葬

霊園型
個別納骨タイプ
(相場:50万~150万円)

霊園にあり、家族単位での納骨が可能な樹木葬です。ガーデニング墓・プレート葬と呼ばれることもあります。
費用は一般墓とさほど変わらない、又は少し安い、50万円~150万円ほどです。

霊園タイプ合葬型の樹木葬

霊園型
合葬タイプ
(相場:5万~40万円)

霊園にあり、他の人のお骨と一緒に納骨するタイプの樹木葬です。
従来の合葬墓よりも、明るい印象を持てます。
費用は5万円~40万円と安く抑えられる傾向にあるでしょう。

里山タイプ個別埋葬型の樹木葬

里山型
個別納骨タイプ
(相場:40万~100万円)

里山にあり、家族単位で納骨が可能な樹木葬です。
墓標が石の代わりに樹木になっています。
墓石を使わないことから、個別納骨でも40万円~100万円と費用が抑えられます。

里山の樹木葬

里山型
合葬タイプ
(相場:5万~40万円)

里山にあり、他の人のお骨と一緒に納骨をする樹木葬です。
一見お墓には見えない、自然豊かなタイプです。
費用は5万円~40万円と安く抑えられる傾向にあるでしょう。

費用は樹木葬の納骨タイプ(家族単位で個別に納骨か、又は複数の遺骨と合葬か)、樹木葬の種類、立地やアクセスなど、様々な要因によって変わってきます。

次の章では、それぞれ樹木葬のタイプ別に、費用の詳細を解説いたします。

希望エリアの樹木葬が見つかる!

ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの樹木葬が見つかります。
まずは希望の都道府県を選んでどんな樹木葬があるかチェックしてみましょう。

樹木葬を探す

【①霊園型・個別納骨タイプ】の樹木葬の費用と内訳

霊園タイプ個別埋葬型の樹木葬

霊園型・個別納骨タイプの樹木葬の場合、費用は50万円~150万円ほどにおさめられることが多いです。

一般墓よりは少し費用が抑えられる傾向にありますが、中には一般墓と同程度・またはそれより高い200万円以上の樹木葬も存在します。

霊園型の樹木葬の場合、整備された敷地であるため立地はそこそこ良い場所にあります。また、個別で納骨するスペースと、墓標となる樹木(又は墓石・プレート)が必要であるため、費用は抑えられないのです。

また、ひとえに「霊園型・個別納骨タイプの樹木葬」といっても、様々な形のものが存在します。それによって費用も異なります。以下では代表的な「霊園型・個別納骨タイプの樹木葬」の例とその費用をご紹介します。

ガーデニング霊園のイラスト

ガーデニング墓
(費用相場:100万~200万円)

一般墓と同じ墓石のお墓で、周りにバラや季節の花々が植えられています。まるでイングリッシュガーデンのような明るい雰囲気のお墓です。費用は100万~200万円ほどです。墓石代、墓地代、お花を手入れする費用等かかってきますから、一般墓と変わらず比較的高額になります。

樹木葬

プレート葬
(費用相場:30万円~80万円)

プレートを用いたタイプのお墓で、費用は30万円~80万円ほどです。スペースを大きく使わず、墓石も多く使わないため、家族単位の納骨であっても費用は抑えられる傾向にあります。

霊園型・個別納骨タイプの費用内訳

費用の内訳は大きく2つ、初期費用と維持費用に分けられます。

初期費用

初期費用の内訳は以下の通りです。

  • 霊園の使用料
  • 永代供養料
  • 備品・礼拝対象物(プレート・草花・墓石等)
  • 工事費
永代供養料

永代供養料とは、お墓の維持・管理を、遺族に代わり霊園や寺院の管理者がしてくれるシステムにかかる料金のことです。樹木葬の場合、最初は個別で納骨するタイプであっても、一定期間が経つと合葬されることが一般的です。合葬されるということは、墓じまいが不要であるということです。合葬後、墓守に代わり霊園・お寺の管理人に供養してもらう費用が、初期費用にも含まれているのです。

※霊園によっては永代供養の費用が含まれていない場合があります。必ず確認をするようにしましょう。

備品・礼拝の対象物

霊園型・個別納骨タイプの樹木葬の場合、樹木や墓石、プレートのことを指します。

墓石を使用すれば費用は高額になる傾向があり、プレートであれば費用が抑えられる傾向にあります。

この「備品・礼拝の対象物」という費用項目が、樹木葬の費用を上下すると言っても過言ではありません。

維持費用は年1万円ほど

初期費用に加え、遺骨を個別で納骨している期間は、年間管理費が必要となります。相場は毎年1万円前後でしょう。

霊園を維持・管理するために必要な費用です。

個別納骨期間は33年が一番一般的です。よって最終的なトータルの金額は、初期費用+個別納骨期間×1万円と考えましょう。

霊園型・個別納骨タイプの樹木葬の実例

霊園型・個別納骨タイプの樹木葬の例を2つご紹介します。費用とその内訳を参考にしてください。

例①:美木のもり(茨城県)

樹木葬のイメージ画像

名称:美木のもり メモリアルプレート葬

芝生に平たいプレート型墓石が並んでいるタイプです。

費用:48万円(4霊位)、68万円(8霊位)
内訳:墓地使用料、永代供養料、プレート彫刻料

例②:鎌倉やすらぎの杜「ふれあいの碑」(神奈川県)

鎌倉やすらぎの杜 「ふれあいの碑」のプレート葬

名称:鎌倉やすらぎの杜「ふれあいの碑」 憩 IKOI

墓石をプレート上にしたタイプのガーデニング墓です。

費用:195万円 /2人納骨可能+年12,000円の管理費
内訳:使用料、プレート代・彫刻料、埋葬料/収骨容器代

例③:西東京墓苑(東京都八王子市)

西東京墓苑の家族墓「憩(いこい)」

名称:西東京墓苑 家族墓「憩(いこい)」

芝生に平たいプレート型墓石が並んでいるタイプです。

費用:200万円程度/2~4名
内訳:墓地使用料100万円+墓石代・彫刻料・工事費など(※2名分を超える彫刻代は別途必要)

以上、霊園型・個別納骨タイプの樹木葬についてご紹介しました。

【②霊園型・合葬タイプ】の樹木葬の費用と内訳

霊園タイプ合葬型の樹木葬

霊園型・合葬タイプの樹木葬の費用は5万円~40万円ほどと安く抑えられる傾向にあります。

他の人の遺骨と一緒に納骨するため、スペースもそれほど取らず、礼拝の対象となる墓石や樹木も個別に購入する必要がありません。

霊園型・合葬タイプの費用内訳

合葬タイプの樹木葬の場合、費用の内訳は「永代供養料」だけであることが多いでしょう。稀に故人様の銘板の役割を果たすプレートと、その彫刻の費用が含まれていることもあります。

霊園型・合葬タイプの樹木葬の実例

例①:花小金井ふれあいパーク(東京都小平市)

花小金井ふれあいパーク

名称:花小金井ふれあいパーク 集合墓「和(やわらぎ)」

バラの花の下で他の人と一緒に眠るタイプです。

費用:50万円 / 一人納骨
内訳:永代供養料

例②:ふれあいの杜 天空(大阪府)

ふれあいの杜 天空の合葬タイプの樹木葬

名称:ふれあいの杜 天空 ふれあい(合祀永代供養)

季節の花々に囲まれ、他の人と一緒に眠るタイプです。

費用:費用5/一人納骨
内訳:永代供養料

例③:鎌倉やすらぎの杜「ふれあいの碑」(神奈川県)

鎌倉やすらぎの杜 「ふれあいの碑」の合葬タイプの樹木葬

名称:鎌倉やすらぎの杜「ふれあいの碑」集 TSUDOI

白い大理石のモニュメントの下で、他の人と一緒に眠るタイプです。

費用:35万円/一人納骨
内訳:永代供養料

以上、霊園型・合葬タイプの樹木葬についてご紹介しました。

【③里山型・個別納骨タイプ】の樹木葬の費用と内訳

里山タイプ個別埋葬型の樹木葬

霊園型・合葬タイプの樹木葬の費用は40万円~100万円ほどです。

墓石を使わないため、一般墓よりは費用は安く抑えられます。しかし家族単位で個別納骨が可能なタイプですから、合葬墓よりは当然費用が高くなります。

里山型・個別納骨タイプの費用内訳

費用の内訳は大きく2つ、「初期費用」と「維持費用」に分けられます。

初期費用

初期費用の内訳は以下の通りです。

  • 使用料・墓地代
  • 永代供養料
  • 備品・礼拝対象物(樹木・草花・プレート等)
  • 工事費
使用料

使用料とは、里山(墓地)のを使用する料金のことです。

里山型樹木葬の場合、眺めの良い立地であればあるほど使用料が高くなる傾向にあります。

永代供養料

永代供養料とは、お墓の維持・管理を、遺族に代わり霊園や寺院の管理者がしてくれるシステムにかかる料金のことです。

里山型樹木葬の場合、最初は家族・夫婦単位で納骨するタイプであっても、一定期間が経つと合葬されることが一般的です。

合葬後、墓守に代わり、里山型樹木葬の運営者が供養してくれる費用が、初期費用に含まれているのです。

※霊園によっては、初期費用に永代供養料が含まれていない場合があります。永代供養が付いているのか、そうでないかは契約前に必ず確認しましょう。

備品・礼拝対象物

また備品・礼拝対象物とは、樹木や草花、銘板としてのプレートのことを指します。

里山型樹木葬の場合、樹木の種類や大きさなどが費用を上下させる要因となるでしょう。

維持費用

また家族・夫婦単位で個別に納骨する場合、維持費用(運営管理料)が必要です。

敷地や施設を綺麗に維持するための費用が、毎年1万円前後必要となります。

霊園の中には、維持費用(運営管理料)を最初にまとめて支払えるところもあります。5年個別で納骨するなら5万円、11年個別に納骨するなら10万円、といったように、個別で納骨する年数に応じて最初に支払う金額が変わります。

里山型・個別納骨タイプの樹木葬の実例

例①:千の風 みらい園(東京都東大和市)

千の風 みらい園 個別納骨タイプの樹木葬

名称:千の風 みらい園 希望

低木を墓標とした、個別納骨タイプの樹木葬です。

費用:60万円+1万円/年(一人の場合)
※納骨人数に限りはない。ペット埋葬可。
内訳:使用料、低木(サツキ・ツツジ・ユキヤナギ・ヤマブキから1つ選択)、プレート、埋葬料(一人追加するごとに10万円)

例②:森の墓苑(千葉県)

里山タイプ個別埋葬型の樹木葬

名称:森の墓苑 ひばり

墓標を樹木とした夫婦・家族単位で納骨できるタイプです。

費用:67万円 (1区画2名まで)
※それ以上遺骨が手元にある場合相談可能
内訳:永代供養料、使用料、苗木代、プレート代、維持管理費(33年間は草刈り等していただける)

以上、里山型・個別納骨タイプの樹木葬についてご紹介しました。

【④里山型・合葬タイプ】の樹木葬の費用と内訳

里山の樹木葬

里山型・合葬タイプの樹木葬の費用は5万円~40万円ほどです。

他の人と一緒に納骨されることから、個別のスペースを取りません。また個別の墓標かける費用も省くことができます。

里山型・合葬タイプの費用内訳

里山型・合葬タイプの費用の内訳は「永代供養料」のみと言えます。稀に銘板のためのプレートなどが含まれている場合もあります。

ただ基本的に、自然の里山に遺骨を納骨し、お墓と感じさせないような雰囲気であることが多いでしょう。

里山型・合葬タイプの樹木葬の実例

例①:千の風 みらい園(東京都東大和市)

千の風みらい園のイメージ画像

名称:千の風 みらい園 大樹

他の人の遺骨と大地に戻るタイプです。

費用:10万円/一人当たり
内訳:永代供養料、使用料

例②:森の墓苑(千葉県)

森の墓苑イメージ画像

名称:こなら

樹木をシンボルとして、その周りに他の人と一緒に眠るタイプです。

費用:30万円 / 一人当たり
※生前に契約した場合は年5,000円の管理費が必要
内訳:永代供養料、使用料

以上、樹木葬の4つのタイプごとに、費用と実際の例をいくつかご紹介しました。

樹木葬を探す

樹木葬
を探す

北海道・東北

東海

北陸・甲信越

中国・四国

九州・沖縄

樹木葬の費用が変わる6つの要因

お墓について考える夫婦

樹木葬の費用相場は20万円~100万円と言われていますが、費用は様々な要因によって上下します

ここでは以下6つ、樹木葬の費用が変わる要因を紹介します。

  1. 種類・タイプ
  2. 納骨方法(個別又は合葬)・納骨人数
  3. 運営主体
  4. 立地・アクセス
  5. 霊園内のお墓を建てる場所
  6. 設備・環境

要因①樹木葬の種類・タイプによって、費用は変わる

樹木葬の種類の種類によって費用が異なります。

樹木葬タイプ 費用相場
霊園型(個別納骨) 50万円~200万円
霊園型(合葬) 5万円~40万円
里山型(個別納骨) 30万円~100万円
里山型(合葬) 5万円~40万円
それぞれのタイプについて詳しく紹介していきます。

霊園型・公園型(個別納骨)の場合は50万~200万円

霊園型・公園型の費用は50万円~200万円ぐらいでしょう。

霊園型・公園型は、造成された墓地や寺院の中に設けられた樹木葬墓地です。

墓石を使う樹木葬、使わない樹木葬とありますが、ほとんど従来の墓地と同じような運用形態となっています。

公園型の樹木葬墓地も、いくつかの方法に分けられます。

シンボルツリー(樹木:共有/納骨:個別)

樹木葬

シンボルツリーとなる大樹のまわりに複数のカロートが並び、その中に納骨をします。
納骨をしたら石碑や石板などでふたをします。
礼拝の対象となる樹木は共有し、納骨は個別のカロートに行います。

ガーデニング墓(墓石を使う/納骨:個別)

ガーデニング霊園のイラスト

ガーデニング型とは、墓石を用いて周りを草花で飾り付けた樹木葬墓地です。

墓地を連想させないガーデン風の作りが特徴です。より小規模、省スペースで納骨できるために、都心部で増加しています。

霊園型・公園型(合葬)の場合は5万~40万円

樹木葬霊園

他の人の遺骨と一緒に埋葬する合葬の場合は、5万~40万円と、かなり安価に利用することができます。

墓標となる樹木は1本ですし、目印となる墓石やプレートも簡単な作りのものが多くなるでしょう。

里山型の費用は50万~100万円

里山型の樹木葬

里山型の樹木葬の費用は50万円から100万円ぐらいでしょう。

里山型では、墓地として認められた山の中、割り当てられた区画内に埋葬します。
広大な土地を利用するので、都市部では現実的ではなく、地方や郊外などに限られるでしょう。

墓石やカロートなどの人工物を一切使用せず、埋葬地に草木や草花を植えます。

樹木葬のはじまりは、岩手県一関市の祥雲寺(現在は知勝院が運営)の取り組みによるものですが、本来樹木葬はこの里山型として始まったはずです。

草木や小動物などの自然生態系の中に、私たち人間の埋葬も共に行われることに意味がありました。
私たちの身体も自然に還り、人工物を使用しないために自然を守り、人と自然の共生を目指したものでした。

しかし、現実はカロートや石碑や石板を用いた樹木葬が広く普及しています。
里山型の樹木葬墓地は全国にいくつかありますが、割合としては少数です。

要因②納骨方法(個別・合葬)、納骨人数によって費用は変わる

「樹木葬」と一口にいっても、そのかたちはさまざまです。特に「納骨方法」には大きな違いがみられます。樹木葬の納骨方法は主に以下の3つといえます。

  • 個人・家族・夫婦単位で納骨する個別タイプ
  • 初めから複数のご遺骨と眠る合葬タイプ
  • 個別タイプと合葬タイプの中間タイプ

納骨方法は、樹木葬の費用の決定にもダイレクトに影響してくる点です。しっかりと理解しておきましょう

個人・家族・夫婦単位で納骨する個別タイプ

個別納骨タイプの場合、1人分の納骨であれば40万程度でおさまることが多いです。

しかし家族4人となると80万円ほどになるでしょう。

「個別納骨(埋葬)・個別型」の樹木葬の場合は、一般的なお墓とほぼ同じ認識で使うことができます。ほかの人と同じところに眠ることもありません。

通常個別タイプの場合は、納骨できる人数が多くなればなるほど費用が高くなる傾向にあるでしょう。

また、個別型を選ぶ場合に、特に確認してほしいのは「最終的には合祀となるのか、そうではないのか」の点です。

個別型にしていても「30年が経過した時点で合祀とする(どれくらいの期間置いておくかは施設によって異なる)」としている施設もあります。
その一方、「何年経とうと合祀はしない。その区画は永久にそのご家族のものだ」とするところもあります。

初めから複数のご遺骨と眠る合葬(合祀)型

複数のご遺骨と眠る合葬型の場合、費用は非常に安価となります。一遺体あたり5万円~20万円ほどが目安といえるでしょう。

合葬型は、ご遺骨をほかの人と混ぜて納骨する方法です。「故人は寂しがり屋だったので、みんなとにぎやかに過ごしてほしい」「とにかく金をかけないでくれというのが故人の意向だった。それを叶えてやりたい」という願いがあるのであれば、合葬(合祀)型を選ぶとよいでしょう。

しかしこの方法の場合、納骨後の改葬は不可能です。

1本のシンボルツリーの元で多くの人と一緒になって眠る方法です。個別のスペースを確保する必要がないので、合葬(合祀)型はかかる費用はもっとも少なくなります。
また、合祀型の場合は毎年の管理費用も少なく設定されている場合が多いといえます。
経済面を理由として樹木葬を選ぶのであれば、この方法がもっともおすすめです。

個別型と合祀型の中間もある

「お金があまりなくて、個別でお祀りするのは難しそう。しかしほかの人と遺骨が混じってしまうのは嫌だ」「人と関わるのがとても好きな人だったが、プライベート空間は確保してやりたい」と思うのであれば、個別型と合祀型の中間のかたちを選びましょう。
これは、「骨壺は個別に収納することができる。ただ、地上にあるのは1本の木や墓碑なので、手を合わせる箇所はほかの人と共通である」というものです。

個別型の「プライバシー制」、合祀型の「にぎやかさ」を両立できるのがこのかたちです。費用も2つの中間くらいです。ただ、樹木葬施設では原則として「個別型」と「合祀型」を用意していますが、「中間型」は取り扱っていないところもあります。
このため、このかたちを希望するのであれば、まずは該当する施設を探すところから始めなければなりません。

要因③種類の管理主体によって、費用は変わる

樹木葬の管理母体は主に3種類、「公営霊園」「民営霊園」「寺院墓地」があります。
樹木葬にかかる費用の「永代使用料」「管理料」は3種類の管理母体ごとに異なってきます。
費用と、それぞれの特徴について見ていきましょう。

公営霊園での費用は10万~70万円ほど

公営墓地のイラスト

公営霊園とは、市区町村などの地方自治体が運営・管理する霊園のことです。

市区町村などの地方自治体が運営・管理をしている樹木葬は、数は少ないものの存在しています。
例えば東京都の小平霊園は、公営で樹木型合葬埋葬施設の募集があります。

費用は、公営であるため料金が安い傾向にあります。相場は目安ではありますが10万円~70万円ほどといわれています。

その他の特徴は、自治体が運営しているため経営面で問題が起きるリスクが低く、安心して利用できる魅力があります。
ただし、公営霊園は応募倍率が高いことや応募資格が定められていることが多く、入手が難しくなります。

民営霊園での費用は20万~100万円ほど

民営墓地のイラスト

民営霊園とは、経営主体が宗教法人などで、運営や管理は石材店などの民間業者が行っている霊園のことです。

民営で運営されている樹木葬は数多く存在しています。

費用は、立地場所や施設の条件などによっても異なるため、目安ではありますが20万円〜100万円ほどとかなり幅があります。

その他の特徴は、利用資格・条件もほとんどなく利用しやすいことが挙げられます。

寺院墓地での費用は40万~100万円ほど

寺院墓地のイラスト

寺院墓地とは、寺院が運営する霊園のことです。寺院が直接管理業務を行っている樹木葬も数多く存在しています。

費用は、目安ではありますが40万円~100万円ほどと言われています。
ただし寺院墓地の場合、檀家にならなければいけない場合もあり、お布施代などといった費用が追加で必要になることがあります。

特徴は、寺院によって管理方法に差があるものの、寺院の檀家になれば手厚いサポートが受けられることが魅力です。

要因④霊園の立地・アクセスによって、費用は変わる

墓地・霊園の立地条件も、樹木葬の値段を決める要因になります。

都会や駅近くなど立地やアクセスが良い霊園は、地価が高くなるため、その分永代供養料や管理料は高くなるでしょう。

利便性が良くない駅から近くない霊園は、費用は安く済むかもしれませんが、後々お墓参りをするときに不便になってしまうので、お墓の立地は十分気を付けて決めましょう。

要因⑤霊園内のお墓を建てる場所によって、費用は変わる

同じ霊園であっても、お墓を建てる場所によって費用は変わります。

例えば、丘の上など眺めがよく日当たりの良い場所と、建物の裏など日当たりのよくない場所では、丘の上の方が値段は高くなるでしょう。

要因⑥霊園の設備・環境によって、費用は変わる

霊園の設備や環境によって、費用は異なります。

新しい設備が整っていたり、従業員が多く清掃が行き届いていたりする霊園は、費用が高くなるでしょう。

ただ霊園は将来的にも長い付き合いになるため、霊園内がきれいに掃除されていたり、設備が新しかったりするほうが、安心ができますね。

希望エリアの樹木葬が見つかる!

ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの樹木葬が見つかります。
まずは希望の都道府県を選んでどんな樹木葬があるかチェックしてみましょう。

樹木葬を探す

樹木葬の費用を安く抑えるには”比較”が大切|その他ポイント2点

樹木葬の費用をできるだけ安く抑えたい!という方は、必ず複数の樹木葬・霊園に見学をし、見積もりをとることが大切です。

霊園の立地・施設の新しさ・人気度合いなどによって、樹木葬の費用は少しずつ異なります。

納得のいく価格で、納得のいく樹木葬に決めるためには、必ず複数の見積もりをとりましょう。

それ以外にも、個別納骨の樹木葬の場合には費用を安くするには以下のようなことをすると良いでしょう。

  • 納骨する人数を予め決めておく
  • 個別で納骨できる期間を短く設定する

納骨する人数を予め決めておく

家族単位で納骨するスペースを確保する場合、納骨できる人数が多ければ多いほど、費用は高くなる傾向にあります。

よって、予め納骨人数が、夫婦二人だけ・家族四人だけ、と決まっている場合は、その人数の樹木葬を選択すると良いでしょう。

個別で納骨できる期間を短く設定する

個別での納骨が可能な樹木葬は、個別で納骨している間は「年間管理費」が必要になります。

初期費用は変わりませんが、維持費用を安く抑えたい方は、個別で納骨する期間を短く設定すると良いでしょう。合葬にしたら年間管理費が必要な霊園は少ないといえます。

希望エリアの樹木葬を探す

都道府県を選択していただくと、希望エリアの樹木葬を探すことができます。

費用やアクセス・口コミなどの掲載もありますので、樹木葬選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

樹木葬を探す

樹木葬
を探す

北海道・東北

東海

北陸・甲信越

中国・四国

九州・沖縄


樹木葬を探す上でのポイント

  • アクセスや利便性
    自宅から墓地までのアクセスを頭の中でシュミレーションしてみましょう。
    歳を重ねることで負担が増える面もあるので、そのあたりも考慮しましょう。
  • 墓地の環境と設備
    お墓参りしたくなるような気に入った雰囲気か。また、参道や水場などはきれいに整えられているか。
    • 宗旨や宗派の有無
      どの宗旨や宗派でも受け入れてくれるかどうかも大切な要素です。
      寺院が運営する樹木葬の場合は、その宗派に則ります。
    • 永代供養の方法
      樹木葬は永代供養を前提としています。
      自分たちでお参りができなくなったあとに、どのように供養されるのかもきちんと確認してきましょう。

より詳しくは「樹木葬の基礎知識」の記事をご覧ください。

その他、東京・大阪で樹木葬をお探しの方は、以下の記事をご覧ください。

樹木葬と似た「費用が抑えられ」「維持管理が楽」な供養方法を紹介

樹木葬には特徴として、費用が安く抑えられるということや、永代供養が一般的であるため継承問題を考えなくてよいことが多い、ということがありましたね。今回はそれらと同じ特徴を持った他の供養方法「一般墓(永代供養墓)」「納骨堂」を紹介します。

一般墓(永代供養墓

心と墓標に刻まれているお墓

永代供養墓は、一見普通のお墓のように見えますが、一定期間がたったら個葬から合葬に代わるお墓のことを言います。
そのため、将来的にもしもお参りの人がいなくなっても、お墓の維持管理を心配する必要はありません。

ただ墓石が必要なため、樹木葬とくらべると費用はかさむ傾向にあります。

納骨堂

仏壇式の納骨堂

納骨堂は、骨壺の中に遺骨を納めて、収蔵施設に安置する埋葬方法のことを言います。
墓石が必要にならないため費用が安く済み、加えて、跡取りがいなくなった時の手間などもかかりません。

ペットが眠れる樹木葬も価格は同程度

樹木葬の場合は「ペットも一緒に納骨できる」としているところも多くみられます。
家族として一緒に暮らしてきたペットと、死んだ後も一緒に暮らしたいと思う人にとって、樹木葬は非常に魅力のある選択肢だといえるでしょう。

多くの樹木葬施設では、「ペットを入れられる区画も入れられない区画も(あるいは『入れる場合も、入れない場合も』)値段は変わらない」としています。ただ、一部の樹木葬施設では、ペットを入れられる区画はそうではない区画に比べて少し高めの価格に設定しています。

なお、「ペットも可」としている樹木葬施設は非常に多いのですが、「ペットだけを先に入れて、自分が死んだら自分もそこに入る」というやり方ができる施設はほとんどありません。
人間と一緒に入ることが前提となっています。そのため、ペットが息を引き取る→飼い主がペットを火葬しお骨にして、自宅で保管→飼い主が亡くなった時点で飼い主と一緒に祭祀継承者が納骨する というやり方をことになります。

遊ぶ犬の白黒写真

ペットと一緒に入れる樹木葬

樹木葬にペットと一緒に入ることは、法律では禁止されていません。

元々は仏教の考え方にある「畜生道」によって、亡くなった方とペットが一緒のお墓に入ることは、タブーとされていましたが、最近ではペットと一緒にお墓に入ることも増えてきています。

ペットと一緒に入れる樹木葬の数自体はあまり多くありませんが、ペットをとても愛していて一緒にお墓に入りたい、という方は検討をしてみてはいかがでしょうか。

ペットのみを埋葬する樹木葬

ペットのみを埋葬する樹木葬も存在します。

樹木葬に埋葬する場合は、火葬をして遺骨にしなければいけないなどといった決まりがありますが、それらを守れば人間と同じようにお墓に入れてあげることができます。

この記事のまとめ

いかがでしたか?
では最後にこの記事の要点をまとめます。

今回の記事で解ったこと

  • 樹木葬は、樹木を墓碑としたお墓のこと
  • 霊園タイプ(個別納骨)…50万~200万円
  • 霊園タイプ(合葬納骨)…5万~40万円
  • 里山タイプ(個別納骨)…40万~100万円
  • 里山タイプ(合葬納骨)…5万~40万円
  • 費用の内訳は「永代使用料」「周辺備品」「年間管理料」
  • 費用が変わる要因は「種類・タイプ」「納骨方法」「運営主体」「立地・アクセス」「霊園内のお墓の場所」「設備・環境」
  • 費用を安く抑えるには「比較」が大切

監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

近年、墓石の代わりに樹木をシンボルとする樹木葬墓地が人気です。
しかし、結論から言えば「立地」「納骨方法」「費用」「管理システム」「使用期間」等、条件の合う樹木葬墓地はなかなかないのが実情です。

樹木葬墓地は、墓地として造成された場所につくられるので、散骨とは違います。土に還るイメージがありますが、骨壺に納めた状態で納骨する樹木葬墓地もあります。また一度納めたらそのままではなく、数年後に取り出して別の場所に合葬するタイプもあります。

家族単位で使するタイプの場合、1区画で値段が決まっているものと、1人分でいくらと決まっているものがあります。
樹木葬といっても、さまざまなで、あと10年ぐらいは玉石混交が続くのではないかと予想されます。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。