山口県のお墓・霊園一覧(143件)

地域・駅・路線から霊園を探す

特徴・こだわりから霊園を探す

山口県の人気の霊園

電話相談:0120-907-802

山口県の一般墓の平均費用

一般墓:51万円(墓石代別)

上記は山口県で一般墓を建てるときに必要な永代使用料の平均価格です。
墓石型のお墓を建てるには永代使用料のほか墓石代が必要です。
なお、全優石がおこなった2018年アンケートによると全国の墓石平均価格は162.7万円です。

山口県の霊園一覧

この霊園を検討リストに入れる

公営
宇部市営 白石公園墓地 うべしえい しらいしこうえんぼち

no image
一般墓: 4.9 万円〜(墓石代別)

所在地
山口県宇部市善和大日203-22 地図を見る

アクセス
JR山陽本線「厚東」から徒歩102分 詳細を見る 全表示

公営
周南市営 馬神墓地 ぐんませいちれいえん

周南市営 馬神墓地

所在地
山口県周南市大字馬神1610―2番地 地図を見る

アクセス
JR山陽本線「福川」から徒歩107分 詳細を見る 全表示

公営
防府市営 岡山墓地 ほうふしえい おかやまぼち

防府市営 岡山墓地
一般墓: 2.4 万円〜(墓石代別)

所在地
山口県防府市大字西浦二六六番地 地図を見る

アクセス
JR山陰本線「防府」から徒歩56分 詳細を見る 全表示

公営
山口市営柊第三霊園 やまぐちしえいひいらぎだいさんれいえん

山口市営柊第三霊園

所在地
山口県山口市下小鯖38番地6 地図を見る

アクセス
JR山口線「山口」から徒歩74分 詳細を見る 全表示

公営
下松市営 茄子ヶ浴墓地 くだまつしえい なすがえきぼち

下松市営 茄子ヶ浴墓地

所在地
山口県下松市桐山字茄子ヶ浴91-3 地図を見る

アクセス
JR岩徳線「周防久保」から徒歩20分 詳細を見る 全表示

公営
山口市営岡山共葬墓地 やまぐちしえい おかやまきょうそうぼち

山口市営岡山共葬墓地
一般墓: 30.0 万円〜(墓石代別)

所在地
山口県山口市阿知須649番地48 地図を見る

アクセス
JR宇部線「阿知須」から徒歩15分 詳細を見る 全表示

公営
萩市営 平野墓地 はぎしえい ひらのぼち

萩市営 平野墓地

所在地
山口県萩市大字上田万2036番地2 地図を見る

アクセス
JR山陰本線「江崎」から徒歩22分 詳細を見る 全表示

公営
萩市営 三見西の浜墓地 はぎしえい にしのはまぼち

萩市営 三見西の浜墓地

所在地
山口県萩市三見3452番地 地図を見る

アクセス
JR山陽本線「三見」から徒歩35分 詳細を見る 全表示

公営
下関市営 下関中央霊園 しものせきしえいしものせきちゅうおうれいえん

no image

所在地
山口県下関市大字井田 地図を見る

アクセス
JR山陽本線「新下関」から徒歩73分 詳細を見る 全表示

公営
周南市営 大迫田共同墓地 しゅうなんしえい おおさこたぼち

no image

所在地
山口県周南市大字徳山119番地 地図を見る

アクセス
JR山陽本線「櫛ヶ浜」から徒歩27分 詳細を見る 全表示

山口県に近い都道府県から探す

霊園探しのお役立ち記事

山口県について

山口県の特徴と霊園について

総人口数が1,404,729人(平成27年国勢調査より)の山口県は中国地方に含まれており、本州最南西部に位置する県となっています。
本州から九州地方への窓口になるエリアで、海底下を通る関門トンネルは人道もあり、車・バイクなどで通ることも可能です。
距離にしても片道で約800mと地上に上がれば本州・九州エリアが丸見えの距離。 海の下を歩いて渡るといった観光スポットのひとつとしても人気です。
また1673年に創建された錦帯橋も有名で、錦川にかかる五連のアーチになる木橋は歴史を感じることができます。
そんな山口県の霊園状況としては、3,353箇所と全国的にみても少ない霊園数となっており、納骨堂も237箇所しかありません。
※出典:「平成28年度衛生行政報告例」(厚生労働省)
総人口数1,372,250人ながらも昭和60年の1,601,627人と比較すると人口減少は明らかで、平成7年を境に出生率を死亡率が上回り続けています。
平成27年時点で65歳以上は全県民の約23.7%と高齢者が極端に多いというわけではありませんが、そもそもの霊園数が少ないことは課題。 山口県内に先祖のお墓がある場合などはメンテナンス頻度の見直しや建て替えも視野にしておくと良いかもしれません。

山口県の主な石材店一覧

有限会社西田石材(〒759-0206 山口県宇部市大字東須恵1437-1)
石川石材工業株式会社(〒754-0896 山口県山口市江崎4213)

山口県の主な公営霊園一覧

監修者情報

終活・葬送ソーシャルワーカー 吉川美津子(監修者)

大手葬祭業者、大手仏壇・墓石販売業者勤務を経て、葬送コンサルタントとして独立。
起業コンサルティングや人材育成、取材・執筆などを行っており、ライフドットの記事監修を担当。
近年は葬送関連事業と並行しながら社会福祉士として、また介護職として福祉・介護の現場でも活動。「生き方」「逝き方」両輪の橋渡しを模索中。