永代供養墓ってアリ?ナシ?知っておきたい永代供養墓を選ぶポイント

スポンサーリンク

「お墓を建てるのはお金がかかる…」「お墓の管理が面倒だ…」と、お墓に対するハードルが高い人は多いでしょう。

そのような人にお勧めなのが「永代供養のお墓」です。
永代供養墓なら、後に残る世代が楽になると聞き、気になっている人もいるのではないでしょうか。
最近では、駅の看板やネット広告にも、「永代供養墓」という文字がかなり頻繁に見られます。

しかし永代供養とは実際にどんな供養方法で、お墓を建てるのとどのように違うのか疑問を持ちませんか?
「お墓を買うなら、普通のお墓より永代供養墓のほうが良いかも」と、漠然と思っている人もいるかもしれませんね。

この記事で紹介する「永代供養のお墓」に関すること

  • 「永代供養墓って、つまりはどんなお墓のこと?」
  • 「永代供養墓は普通のお墓と比べて、何がいいのだろうか?」
  • 「永代供養墓を選ぶことに、何か落とし穴はないのだろうか?」

この記事では、以上のような疑問を持つ人のために、永代供養の意味や種類、費用相場、メリットやデメリットについてお伝えします。

一般的なお墓と比較しながら解説するので、自分と家族にふさわしい供養の形を選べるようになりますよ。

永代供養墓の意味や種類、費用相場

永代供養の霊廟

この章では、永代供養墓の意味や種類、費用相場について紹介します。

永代供養墓の意味はいたってシンプルですが、さまざまな種類があります。
よって、一般的なお墓との違いを知らないと混乱してしまうかもしれません。

特徴について順を追って解説しますので、参考にしてください。

永代供養墓とは家族のかわりに霊園管理者が供養してくれるお墓

永代供養墓とは、家族のかわりに霊園管理者が供養してくれるお墓です。
この場合の供養とは、お墓掃除やお参りという意味です。

一般的なお墓の場合、草むしりなどのお墓掃除や、お盆、お彼岸といったタイミングでのお墓参りは、残された家族の役目とされています。

また、お墓を維持するためには、年間管理料(数万円程度)を年に1回お墓が建っている霊園や寺院に支払う必要があります。

一方、永代供養墓であれば、お墓掃除は霊園管理者が行ってくれますし、お盆、お彼岸などには合同供養祭が開催されます。また、年間管理料を支払う必要もありません。

つまり、永代供養墓は、継承者を立てる必要のないお墓だといえるでしょう。

意味について詳しく知りたい人は、「永代供養とは永遠に続くものではない!供養期間や埋葬法について解説」の記事も参考にしてください。

永代供養墓の種類は主に4つ

永代供養墓の種類は、主に次の4つです。

    • 個人墓つき永代供養墓
    • 初めから合祀となる永代供養墓
    • 永代供養タイプの樹木葬
    • 永代供養タイプの納骨堂

それぞれについて、詳しく紹介します。

個人墓つき永代供養墓

個人墓つき永代供養墓は、一般的なお墓の形をした個人墓を設けるタイプの永代供養墓です。

契約期間中は個人墓で供養を行い、契約期間が過ぎたら遺骨を霊園内の供養塔などへ合祀します。

合祀とは、一つのお墓に複数の遺骨を納骨することです。
その霊園内で永代供養を選んだ人たちと、同じ供養塔に入ることになります。

契約期間は霊園側の提案や契約者の希望によって決められますが、仏式で「弔い上げ」となる33回忌を契約期間のめどとすることが多いでしょう。

「弔い上げ」とは、「これ以降は回忌法要を行わない」と決めることです。

33回忌が終わっても、形式上は50回忌、100回忌がありますが、没後50年、100年となると故人を見知っている人がほとんどいなくなるため、33回忌で弔い上げとするのが一般的です。

初めから合祀となる永代供養墓

初めから合祀となる永代供養墓は、個人墓を設けず、すぐに供養塔などへ合祀を行うタイプです。

一般的に「永代供養墓」といわれるとき、かつてはこのタイプを指していました。
しかし、最近はさまざまな種類が出てきたことで、「永代供養墓」がすべてこのタイプを指すとはいえなくなっています。

永代供養タイプの樹木葬

永代供養タイプの樹木葬とは、樹木葬のなかでも、永代供養のスタイルをとるお墓のことです。

つまり、継承者の必要がなく、霊園が管理と供養を行ってくれる樹木葬であるといえます。樹木葬とは、墓石のかわりに樹木を墓標とするお墓のことです。

一人につき1本の樹木を植えるパターンと、1本の大樹のまわりに何体もの遺骨を納骨するパターンとがあります。

いずれのパターンにおいても、永代供養のスタイルが採られる可能性があります。とくに、1本の大樹のまわりに何体もの遺骨を納骨するパターンは、永代供養タイプであることが多いでしょう。

永代供養タイプの納骨堂

永代供養タイプの納骨堂とは、納骨堂のなかでも、永代供養のスタイルをとるお墓のことです。
継承者不要で、納骨堂側が合同供養祭などを行い、供養をしてくれます。

個人墓つき永代供養墓と同様に、33回忌をめどに納骨堂内の供養塔などへ合祀されるケースが多いでしょう。

永代供養墓の費用相場は種類によって大きく違う

電卓で計算する手

永代供養墓の費用相場は、種類によって大きく違います。
種類ごとに分けて説明します。

いずれも一人を納骨するときの相場で、夫婦で入りたい場合は追加料金が必要な場合が多いでしょう。

個人墓つき永代供養墓の費用相場(70万円~150万円)

個人墓つき永代供養墓の費用相場は、70万円から150万円です。

初めは個人で供養するため、初めから合祀するタイプよりもかなり価格が高いのが特徴です。

初めから合祀となる永代供養墓の費用相場(10万円~30万円)

初めから合祀となる永代供養墓の費用相場は、10万円から30万円です。まれに3万円から受け付けるという寺院や霊園があります。

永代供養タイプの樹木葬の費用相場(30万円~70万円)

永代供養タイプの樹木葬の費用相場は、30万円から70万円です。個別の区画を設けるほど値段が高くなる傾向にあります。

永代供養タイプの納骨堂の費用相場(50万円~100万円)

永代供養タイプの納骨堂の費用相場は、50万円から100万円です。
都心に近くアクセスが良いと、100万円程度になることがあるでしょう。

以上、永代供養墓の基本的な知識についてご案内しました。 どのようなお墓のことを指すのか、イメージできたのではないでしょうか。

さらに詳しく永代供養のお墓に関する費用が知りたい人は、下記の記事も参考にしてください。


次章以降は、永代供養墓を選ぶメリットやデメリットについてご紹介します。

永代供養墓のメリット

メリットを考える男性

永代供養のメリットは、次の4つです。

永代供養のお墓を選ぶメリット

  • 後の世代に金銭的な負担がかからない
  • 後の世代に肉体的な負担がかからない
  • 後の世代に精神的な負担がかからない
  • 一般的なお墓よりも価格が安い

それぞれを順を追って詳しく解説します。

後の世代に金銭的な負担がかからない

永代供養墓は、一般的なお墓と違って年間管理料が発生しません。
後の世代に金銭的な負担がかからないということになります。

生前に永代供養墓を購入し、料金を全て支払っておけば、残された人は何も支払わなくて済むのです。
「子どもに金銭面で迷惑をかけたくない」と願う人にはぴったりです。

後の世代に肉体的な負担がかからない

永代供養墓は、霊園側が管理と供養を行ってくれるため、後の世代に肉体的な負担がかかりません。

お盆前、暑いさなかでのお墓掃除は大変なもので、草むしり中に熱中症に襲われる人もいます。

また、大晦日などにお墓掃除に出かけると、寒空の下で水を使った作業をすることになり、体調を崩す恐れがあります。そんな心配が一切なくなるのです。

霊園側が供養を行ってくれるため、「遠くてなかなかお墓参りに行けない」という悩みも払しょくされます。

後の世代に精神的な負担がかからない

永代供養墓は継承者の必要がないため、後の世代に精神的な負担がかかりません。
一般的な継承墓を受け継いでいる人には、悩みが尽きないものです。

「田舎のお墓を自分は使わないから、処分したほうが良いのだろうか。しかし、処分にもお金がかかる……」
「自分の子どもは、田舎のお墓と自分の世代のお墓、どちらも管理しなければならなくなるのだろうか」

そんなお墓に関する悶々とした悩みが、永代供養墓であれば生まれません。

一般的なお墓よりも価格が安い

一般的な継承墓の費用相場は、250万円程度です。
一方で、永代供養墓は最も相場の高い個人墓つきのものでも150万円ほどに収まります。
一般的な継承墓に比べると、永代供養墓はかなりリーズナブルであるといえます。

次世代は使えないぶん、また最終的には合祀されるぶん、価格が抑えられているのです。

以上、永代供養墓のメリットは、次世代に負担がかからないことが最も大きいといえるでしょう。
次からは、永代供養墓のデメリットについてもご案内します。

永代供養墓のデメリット

デメリットを考える男性

永代供養墓のデメリットは、以下の3つです。

永代供養のお墓を選ぶデメリット

  • いったん合祀されると遺骨を取り出せない
  • 親族の説得が難しい場合がある
  • お墓参りの意味が変わり戸惑いが生まれる

それぞれ次の章から詳しく解説します。

合祀されると遺骨を取り出せない

永代供養墓は、いったん合祀されると遺骨を取り出せません。

永代供養墓は、初めに個人墓を設けたとしても、最終的には他の人の遺骨と一緒に合祀されることがほとんどです。多くは骨壺から遺骨をあけて供養塔へ納骨する方法をとるため、合祀されると、他の遺骨と混じってしまいます。

「新しくお墓を買ったから、そちらへ遺骨を移したい」と考えても、合祀後はそれが不可能です。

供養塔のなかで遺骨が混じってしまい、当人の遺骨と他の人の遺骨とを判別できなくなってしまうからです。

親族の説得が難しい場合がある

ほんの数十年前までは、「永代供養墓」というとそのまま供養塔を指し、「身寄りのいない、寂しい人が入るお墓」というイメージがありました。

そのイメージのままで永代供養墓を捉えている親族がいると、「どうしてそんなところに納骨するのか」と抵抗にあってしまう可能性があります。

永代供養墓のメリットを丁寧に説明する必要があり、周りの親族を説得するのに時間がかかるでしょう。

お墓参りの意味が変わり戸惑いが生まれる

とくに合祀された後は、お墓参りの意味が変わり、戸惑いが生まれることがあります。

個別のお墓ではなく、大きな供養塔に向かって手を合わせることになるので、「誰に向かって手を合わせているのか」と考える人もいることでしょう。

供養塔へのお墓参り方法は、お墓掃除をしないことを除けば、一般的なお墓参りと違いはありません。
お花や供物をお供えし、線香を手向けて合掌します。

しかし、個別墓に比べて、「確かに自分の愛する人へ花を手向け、供物をお供えした」という実感は、薄まるかもしれません。その感覚を十分にイメージしておく必要があります。

以上、永代供養墓のデメリットをお伝えしました。
これまでとは違うお墓の形を選ぶことで出てくる問題点を、きちんと解決してから購入を決めましょう。

まとめ

この記事では、永代供養墓の意味や種類、費用についてまとめました。

永代供養のお墓に関するメリット・デメリットについてもお伝えしたので、一般的なお墓がよいか、それとも永代供養墓を選ぶのがよいか、判断の基準になったなら幸いです。

お墓については一人で悩まずに、必ず配偶者や次世代と相談し、みんなが納得できる形を選びましょう。

自分の判断だけで永代供養のお墓に決めてしまうと、残された家族の心の支えを奪ってしまうことになるかもしれないのです。意外に「お墓を継ぎたいから、永代供養墓にはしないでくれる?」などと、子世代からお願いされてしまうかもしれませんよ。

まとまったお金がかかることだからこそ、家族で話し合って納得のいくお墓選びをしてください。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資料請求はこちら