愛媛県のお墓・霊園一覧(148件)

地域・駅・路線から霊園を探す

特徴・こだわりから霊園を探す

愛媛県の人気の霊園

電話相談:0120-907-802

愛媛県の一般墓の平均費用

一般墓:61万円(墓石代別)

上記は愛媛県で一般墓を建てるときに必要な永代使用料の平均価格です。
墓石型のお墓を建てるには永代使用料のほか墓石代が必要です。
なお、全優石がおこなった2018年アンケートによると全国の墓石平均価格は162.7万円です。

愛媛県の霊園一覧

この霊園を検討リストに入れる

公営
今治市 大谷墓園墓地 いまばりし おおたにぼちこうえん

今治市 大谷墓園墓地
一般墓: 80.0 万円〜(墓石代別)

所在地
愛媛県今治市山方町1丁目甲1253番 地図を見る

アクセス
・予讃線「今治」から徒歩20分 詳細を見る 全表示

公営
松山市営 太山寺墓地 まつやまし さいさんじぼち

松山市営 太山寺墓地

所在地
愛媛県松山市太山寺町175番地 地図を見る

アクセス
・予讃線「伊予和気」から徒歩22分 詳細を見る 全表示

公営
松山市営 鷺谷墓地 まつやましえい さぎだにぼち

松山市営 鷺谷墓地
一般墓: 48.0 万円〜(墓石代別)

所在地
愛媛県松山市祝谷東町442番 地図を見る

アクセス
・伊予鉄城南線「道後温泉」から徒歩9分 詳細を見る 全表示

公営
松山市営 千秋寺境外墓地 まつやましえい せんしゅうじけいがいぼち

no image

所在地
愛媛県松山市御幸1丁目396番 地図を見る

アクセス
・伊予鉄城北線「木屋町」から徒歩12分 詳細を見る 全表示

公営
東温市営 志津川墓園 とうおんしえい しづかわぼえん

東温市営 志津川墓園
一般墓: 50.0 万円〜(墓石代別)

所在地
愛媛県東温市志津川乙237-1 地図を見る

アクセス
・伊予鉄横河原線「横河原」から徒歩20分 詳細を見る 全表示

公営
松山市営 山越墓地 まつやましえい やまごえぼち

松山市営 山越墓地

所在地
愛媛県松山市山越3丁目乙495番 地図を見る

アクセス
・伊予鉄城北線「木屋町」から徒歩15分 詳細を見る 全表示

公営
松山市営 宝塔寺境外墓地 まつやましえい ほうとうじけいがいぼち

松山市営 宝塔寺境外墓地

所在地
愛媛県松山市朝日ヶ丘1丁目1434番 地図を見る

アクセス
・予讃線「松山」から徒歩20分 詳細を見る 全表示

公営
新居浜市第2平尾墓園 にいはまだいにひらおぼえん

新居浜市第2平尾墓園

所在地
愛媛県新居浜市観音原町乙106番地の2 地図を見る

アクセス
・予讃線「多喜浜」から徒歩32分 詳細を見る 全表示

公営
四国中央市営 宮ノ谷墓地 甲 しこくちゅうおうしえい みやのたにぼち こう

四国中央市営 宮ノ谷墓地 甲
一般墓: 29.0 万円〜(墓石代別)

所在地
愛媛県四国中央市川之江町字宮ノ谷3361番地 地図を見る

アクセス
・予讃線「川之江」から徒歩20分 詳細を見る 全表示

公営
松山市営 客谷墓地 まつやましえい きゃくたにぼち

松山市営 客谷墓地
一般墓: 48.0 万円〜(墓石代別)

所在地
愛媛県松山市南江戸6丁目1597番地2 地図を見る

アクセス
・予讃線「松山」から徒歩21分 詳細を見る 全表示

愛媛県に近い都道府県から探す

霊園探しのお役立ち記事

愛媛県について

愛媛県の特徴と霊園について

四国の北西部に位置する愛媛県は、ミカンの産地や生産量全国第1位のマダイなどが有名です。
また、海も近いことから愛媛県は気候もよく、日本最古といわれている温泉「道後温泉」がある松山市は、小説家として有名な夏目漱石のゆかりの地としても知られ、路面電車(坊っちゃん列車)が走るなど落ち着いた街並みも楽しめる観光地です。
霊園数12,532箇所・納骨堂39箇所と決して多くはない霊園数ですが、1,354,340人(平成30年6月1日)の人口のうち約21.4%が65歳以上と高齢者も少ない傾向があります。
※出典:「平成28年度衛生行政報告例」(厚生労働省)
愛媛県の約5,676平方キロメートルの面積のうち、半分以上が山地で占められているので海沿いに人口が寄っており、霊園探しの際は山地に近いしいエリアでの検討をすることで選択の幅が広がるかもしれません。

愛媛県の主な石材店一覧

株式会社青山(〒794-2104 愛媛県今治市吉海町仁江565)
株式会社石材振興会(〒790-0925 愛媛県松山市鷹子町372-1 ○鷹ノ子本社)

愛媛県の主な公営霊園一覧

監修者情報

終活・葬送ソーシャルワーカー 吉川美津子(監修者)

大手葬祭業者、大手仏壇・墓石販売業者勤務を経て、葬送コンサルタントとして独立。
起業コンサルティングや人材育成、取材・執筆などを行っており、ライフドットの記事監修を担当。
近年は葬送関連事業と並行しながら社会福祉士として、また介護職として福祉・介護の現場でも活動。「生き方」「逝き方」両輪の橋渡しを模索中。