墓じまいの費用に関する記事アイキャッチ

近年「墓じまい」という言葉は非常に注目されるようになってきています。
なぜなら「お墓の継承者がいない」「遠方に住んでいて満足にお墓参りができない」といった人が増えてきているからです。
しかし、皆さんは「墓じまい」にどれくらいの費用がかかるか、ご存知ですか?

この記事は「墓じまいの費用」について、以下のような疑問解消に役立ちます!

  • 墓じまいにはどれくらいの費用が必要なの?
  • 墓じまいにかかる費用の内訳を知りたい!
  • 墓じまい代行の費用相場っていくら?

この記事では、墓じまいの費用について、内訳や、費用が上下する条件、墓じまい代行の費用相場などについて紹介します。
最近お墓の維持・管理が負担になってきたかも…という方が、墓じまいの費用について理解を深め、更に次の “墓じまいを検討する” 段階に進むことができたら幸いです。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。

墓じまいの費用相場は50万円〜100万円程度

墓じまいの費用相場は50万円〜100万円程度だと思われます。50万円も差があるなんて、なかなか大きな開きですよね?

これは、費用の相場を算出するのがとても難しいからです。一件一件のお墓や、ご家族の置かれている状況によって、墓じまいにかかる費用は大きく増減してしまいます。

墓じまいとは、先祖代々が受け継いできたお墓を解体撤去し、その中に納骨されていた遺骨を新たな施設に移すことです。
ただ単に、お墓の解体工事だけかと思われている方が多くいるのですが、実はそうではありません。

墓じまいにかかる費用には、次のものが挙げられ、これらの状況によって費用は大きく変わってしまうのです。

墓じまいに必要な費用
墓じまいにかかる費用 元あるお墓の撤去に必要な費用 墓石の撤去代
魂抜きのお布施代
離檀料
新しい遺骨の納骨先に必要な費用 ※お墓のタイプによって異なる
魂入れのお布施代
その他手続きに必要な費用 改葬許可証
埋蔵証明書
受入証明書
  • 墓石の撤去代
    墓地による解体撤去工事の費用です。石材店に依頼します。
    墓石の大きさ、墓地の広さ、撤去工事の作業方法などによって費用が大きく変わります。
  • 魂抜きのお布施
    墓石を解体するには、まずはお寺様に拝んでいただいて、墓石に込められた魂を抜いてもらわなければなりません。
  • 新しい遺骨の納骨先
    遺骨の受け入れ先には、新しいお墓、納骨堂、樹木葬、永代供養などがあります。
    受け入れ先によって費用が変わってきます。
  • 離檀料
    墓じまいのためにお寺との檀家関係を解消するのであれば、離檀料を用意しなければなりません。
    離檀料も、寺院と檀家の関係性などによって変わってきます。

このように、一概に「費用はいくらだ」と言えないものばかりなので、墓じまいの費用や相場を安易に指し示すのは、逆にものすごく無責任な発言になってしまいます。

しかし、それぞれの項目でどのように費用がかかるのかは説明できます。
それらをひとつずつ細かく見ていきましょう。

現在のお墓の撤去に必要な費用は10~30万円ほど

石を砕く石材店

現在のお墓の撤去に必要となる費用は、

  • 墓石の撤去代
  • 魂抜きのお布施
  • 離檀料

の3方面への支払いが考えられます。
これらの費用を一つずつ、細かく丁寧にご説明いたします。

墓石の撤去代 1㎡あたり7~15万円くらい?

墓じまいの費用で、まず必要なのが墓石の撤去代です。撤去代の相場は1㎡あたり7万円〜15万円だと言われています。

たとえば、墓地の幅が2メートルで、奥行きも2メートルだとします。するとこの墓地の面積は4㎡で、相場を当てはめると、28万円〜60万円という単純計算ができます。
ここまでの開きがあるのは、石材店によって金額設定に差があるということです。

しかしこれはあくまでも目安です。墓石の撤去は石材店に依頼し、ひとつひとつの案件で見積もりをしてもらわなければなりません。

写真と寸法を見せて、概算を算出してもらうことは可能でしょうが、やはり現地を確認しないと分からないことがありますし、正確な金額は出ないでしょう。
墓石の撤去代は次の項目に分けられます。

石塔や石製品の解体撤去費用

石塔、霊標、灯籠、根石(巻石)、玉垣など、お墓はさまざまな石の部材の組み合わせでできています。まずはこれらの石塔や石製品を解体撤去します。

石は大変重いものなので熟練の職人でないと墓じまいはできません。さらに、両隣や後ろにお墓が隣接している場合は、それらを絶対に傷つけてはならないために作業は慎重を要します。

解体撤去の費用は、それぞれの石のボリュームによって値段が増減します。石塔ひとつとっても、仏石の横幅が8寸の小さいものもあれば1尺のように大きなものもあります。

もしも墓地の中に石塔が2つ、3つと複数ある場合は、それらの費用も加算されます。また根石も墓地の面積によっては短いものから長いものまであるので、こうした石のボリュームが費用に大きく影響します。

石塔や石製品の処分費

解体撤去した石塔や石製品は、産業廃棄物として処理されます。多くの石材店は自社で石材を処分できないため、産業廃棄物運搬収集許可を得た専門業者に委託します。

回収された石材はリサイクル業者に移して、採石などに再利用します。石材を処分するにはこうしていくつかの専門業者が入らなければならないために、各方面へのコストがかからざるを得ないのです。

コンクリート基礎の解体・残土の処分・整地化

石塔を解体し、根石を外してみると、墓地の中に敷き詰められた玉砂利や採石、あるいは土が出てきます。さらにそれらをも解体すると、墓地を頑丈に支えた鉄筋コンクリートの基礎が出てきます。

古いお墓では土の上に石塔を置くだけというのもよくあるのですが、最近のお墓ではほぼ100%の割合で、鉄筋コンクリートの施行がなされています。
コンクリートと、その中に組まれている鉄筋も解体しなければなりません。

さらにはこれらの作業の中で出てしまった残土は、それぞれ、土、石(玉砂利)、コンクリートガラ、鉄筋に分類して処分に出します。
当然墓地の面積が広い方が、残土の量も増えてしまいます。

重機回送費

墓じまいの工事をする場合にはさまざまな重機やトラックを用意しなければなりません。
墓地によっては、地面を傷つけたり汚したりしないためにきちんとした養生を求めてくることもあります。
そうした費用も作業の中では必要になってくるのです。

魂抜きのお布施 1万円〜5万円

魂抜きのお布施は1万円~5万円くらいが相場です。
この他にも、「お車代」を包むとより丁寧な対応でしょう。
墓石を解体撤去するためには、必ずお寺様に魂抜きをしてもらいます。

これは、墓石の中には仏様がおられますし、私たちのご先祖様を守ってくださっていると考えられているからです。
魂抜きは撤去工事の当日に行うこともありますし、工事日の数日前に行うこともあります。
寺院と石材店と相談して、日程を決めましょう。

魂抜きで上げられる読経の時間は、寺院によって異なりますが、おおむね20分から30分程度でしょう。
特別に用意しなければならないものはありませんが、これまでご先祖様を守ってきてくれたお墓への最後のお参りになります。

いつものお墓参りの時以上に、お墓はきれいに掃除してあげて、お花やお供え物を用意しましょう。
感謝の思いを込めて、魂抜きに立ち会いたいものです。

離壇料 10万円~20万円

離檀料とは、寺院と檀家関係を解消する時にお寺に支払うお布施のことです。
扱いとしてはお布施の一種なので、金額に決まりはありませんが、離檀する時には用意する慣例があり、相場は10万円から20万円くらいでしょう。

離檀料は、寺院への感謝の気持ち

法的にも支払う必要のないケースは多々ありますが、それでもこれまでご先祖様をお祀りいただいたお寺です。
感謝の気持ちを込めて離檀料を包むこと自体は問題ないと、筆者は思います。

中には、菩提寺に何も言わずに檀家関係を解消する人もいます。
しかし、これはこれでマナーに反しているのではないでしょうか。

なぜならば、お寺と檀家との関係も人間関係だからです。
お墓がお寺の境内になければ、菩提寺に伝えずに墓じまいして、勝手に檀家をやめることもできます。

しかしこれまでご先祖様の供養でお世話になっているわけですから、一定の配慮は必要でしょう。

トラブルに発展したら専門家に相談する

金額に関しては、本来はお金を包む側の任意の額であるべきです。
しかし、お寺側にとっても一軒の檀家がいなくなることは維持をしていく上でも死活問題というのが本音のところです。

雑誌やテレビやインターネットなどで法外な離檀料について報じられています。
ひどい時には何百万円もの金額を請求されたというニュースを、筆者も見たことがあります。

離檀料に決まりや相場がないとはいえ、これはあまりにもひどい話で、そのようなお寺はごく少数ではないでしょうか。

筆者が実際に住職や施主などに話を聞いたところをまとめると、5万から10万円、高くても20万円が相場だと思われます。
その上で、金額のことで揉めるのであれば、菩提寺としっかり話し合い、それでも折り合いがつかないようであれば弁護士などに相談しましょう。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。

改葬先に必要な費用は50万円〜300万円

計算機と壱万円札

改葬先、つまり新しい遺骨の納骨先によって費用は異なりますが、50万円前後が平均相場でしょう。

しかし、墓じまいののちに新たにお墓を建てたり、お墓の引っ越しをする場合は、さらに高額な費用が必要となり、数百万円の費用がかかります。

遺骨の行き先として考えられるのは、新しいお墓、お墓のお引越し、納骨堂、樹木葬、永代供養、手元供養などが考えられます。
これらをひとつずつ見ていきましょう。

新しいお墓を建てる 200万円~300万円

いまあるお墓を撤去して、新しいお墓を建て、その中に遺骨を納骨します。遠方に住み着いてしまい故郷のお墓にはお参りできないが、きちんとした墓石で先祖を祀りたいと考えた上で、お墓を新しくしたい人が、自分たちの住まいの近くにお墓を建てます。

新たにお墓を建てるとなると、墓地を取得し、墓石を建立しなければなりません。それらすべてを含む費用相場は200万円から300万円と言われています。

お墓のお引越し 100万円~200万円

いまあるお墓をそのままに、新たな墓地に引っ越しすることです。これにも、新しい墓地の永代使用料と、墓石の移設費用がかかります。

「こっちにあるお墓をあっちに持って行くだけ」と簡単に思う人もいるかもしれませんが、実際はそう簡単には行きません。なぜなら、いまの墓地の面積と新しい墓地の面積が同じであることは、ほとんどありえないからです。

墓石はそのまま使えたとしても、土台となる根石(巻石)や外柵は、墓地の寸法に合わせたものを据えなければなりません。
石塔は移設、外柵は新調、というのはよくあることです。

また、引っ越し先の墓地に高さやデザインの条件がある場合、その条件に合わせて石材を加工しなおさなければならないかもしれません。

納骨堂 50万円~100万円

納骨堂とは、屋内に設けられた納骨施設で、中には「納骨壇」と呼ばれる遺骨を安置する施設が並べられています。
納骨堂の費用も、さまざまですが、使用する施設が簡素なものは安く、しっかりしたものであればそれなりに高くなります。

遺骨を収蔵するだけの「ロッカー型」だと20万円〜50万円、手を合わす仏壇部分と納骨が一カ所でできる「仏壇型」や、ビル一棟を納骨堂とした「マンション型」だと50万円〜100万円前後が相場です。

樹木葬 50万円前後

樹木葬とは、石ではなく樹木を墓標としたお墓のことです。従来の石のお墓に抵抗感がある人や、エコ志向の強い人たちに選ばれています。

また、跡取りのいない人にも人気です。なぜなら石のお墓に比べて樹木葬は墓じまいの手間や費用がかからないからです。
石のお墓よりも安く済むことが人気の秘訣のようです。

樹木葬も、市街地の霊園や寺院で行われる「霊園型」だと30万円〜50万円、自然の里山を利用した「里山型」だと50万円〜100万円です。

墓じまいの手続きに必要な費用は3000円ほど

  1. 【墓石 クーリングオフ】アイキャッチ画像
  2. 墓じまいの手続きには以下の書類を準備する必要があります。
  • 改葬許可証
  • 埋蔵証明書
  • 受入証明書

それぞれの書類に必要な費用について解説します。

改葬許可証の発行は無料~500円ほど

改葬許可証とは、「すでに埋葬・収蔵されている遺骨を、他の墓地や納骨施設に移す場合」に必要な書類となります。

発行するには、現在のお墓がある市町村から「改葬許可申請書」を入手し、必要事項を記入します。同時に「現在遺骨が納められている事実」と「遺骨を受入られるという事実」を証明すると、発行してもらうことができます。

※通常「現在遺骨が納められている事実」は埋蔵証明書、「遺骨を受入られるという事実」は受入証明書を、提示することが多いです。

改葬許可証の発行にかかる費用は、各自治体によって異なりますが、無料~500円ほどでできます。発行までの流れ・発行にかかる費用は各自治体によって異なりますので、確認をするようにしましょう。

埋蔵証明書の発行は400円~1500円ほど

埋蔵証明書とは、「遺骨を確かに埋蔵していること」を証明するものです。現在のお墓の管理者に、発行を依頼します。

費用は400円~1500円ほどといわれています。また、自治体によっては「埋蔵証明書」の提出は必須ではなく、改葬許可申請書に、現在の管理者が記名押印をしたものを提出したらよいところもあります。

受入証明書の発行は400円~1500円ほど

受入証明書とは「遺骨の受け入れを承認したこと」を証明するための書類です。遺骨の移転先の管理者に発行を依頼します。

通常費用は400~1500円ほどといわれています

墓じまいする時の手続きの流れ

墓じまいをするためにはどのような流れを踏むのか。その全体像をまとめました。

      1. 石材店への連絡
      2. 離檀の準備
      3. 「改葬許可申請書」の入手
      4. 「受入証明書」の入手
      5. 御魂抜きの供養
      6. 埋葬証明書の入手
      7. 改葬先への納骨

順を追って説明していきます。

石材店への連絡

石材店に連絡して、解体撤去の見積もりをしてもらいましょう。指定石材店がなければ2~3社を相見積もりしてもよいでしょう。

離檀の準備

寺院墓地の墓じまいの場合、お寺の檀家をやめることを意味します(離檀)。
住職に事情を説明し、理解を得ましょう。

役所から『改葬許可申請書』を入手

遺骨を別の場所に移すことを「改葬」と呼びます。
墓じまいをする上で改葬は避けて通れないことですし、改葬するためには役所から許可を得なければなりません。

お墓のある自治体の役所に出向いて『改葬許可申請書』を入手しましょう。
市役所の専用窓口に出向くとすぐにもらえるでしょう。

また、ほとんどの自治体では書類はインターネットからダウンロードもできます。
『改葬許可申請書』には、申請者の情報、改葬しようとしている故人の情報などを記入します。

改葬先から『受入証明書』を入手

移転先のお寺や霊園から『受入証明書』を入手しましょう。
これは、自治体が改葬の許可を出すうえで、遺骨をきちんと受け入れる先があるかどうかの証明になるものです。

もしも新しい墓地を購入するのであれば、墓地の使用許可証でも構わないのでしょう。
具体的にどのような書式のものを用意すればいいのか、まずは役所に確認するのがいいと思われます。

魂抜き

墓石を解体する前には、寺院に魂抜きの供養をしてもらいます。
仏石の中には仏様やご先祖様の魂が込められていると考えられています。

いまの墓地から『埋葬証明書』を入手

いまの墓地の管理者から、たしかにその遺骨が埋葬されていたことを証明してもらうために『埋葬証明書』に署名と捺印をいただきます。
自治体によっては、『改葬許可証書』と一体になっているものもあります。

墓地の管理者とは、公営や民営の霊園であれば管理事務所、寺院墓地であればお寺の住職、村の共同墓地であれば自治会長などに問い合わせましょう。

  • 役所から『改葬許可証』を得る
    必要事項全て記入した改葬許可申請書や、受入証明書、埋葬証明書などの必要書類を持って役所に出向きます。
    書類に不備がなければすぐに『改葬許可証』がもらえ、これで改葬の許可が下りたことになります。

  • 改葬先に『改葬許可証』を提出して納骨する。
    墓じまいをして、遺骨を取り出し、新しい納骨先に納めましょう。
    その時に役所からもらった『改葬許可証』はその施設の管理者に預けましょう。

墓じまいを代行した時の費用相場

ガッツポーズをする男性

最近では、墓じまいの代行サービスをする所が増えています。特に多いのが行政書士による代行サービスです。
詳しい内容は、「墓じまいの手間は想像以上に大変!代行業者を有効活用しよう」の記事で触れていますので気になる人は確認してください。

改葬許可申請という官公庁に提出する書類の作成が伴うため、行政書士が力を発揮できるのですが、寺院との交渉や、解体撤去工事など、墓じまいに必要なあらゆる事柄の代行もまとめて請け負っています。

墓じまいの代行サービスにかかる費用は次のようになります。

  • 墓石解体撤去の費用 約20万円~30万円
  • 新しい納骨先の費用 約20万円~50万円
  • 行政書士への手数料 約5万円~15万円

墓じまい後をしても納骨先で供養はできる

墓じまいをしてお墓がなくなっても、供養はしっかりとできます。墓石を用いない納骨施設について、具体的にご説明します。

納骨堂

ロッカー式の納骨堂

納骨堂とは、寺院の本堂や建物の中に設けられた納骨施設です。
納骨壇と呼ばれるものが事前に用意されていて、好きな場所の好きな仕様のものを購入します。
納骨堂には、主に次の3つがあります。

  • ロッカー型
    ロッカー型の納骨壇に遺骨を納めます。ただ遺骨を納めるだけの空間なので、手を合わす場所は別に設けられています。

  • 仏壇型
    納骨と礼拝が一緒にできる形の納骨壇です。納骨壇の上段が仏壇(本尊や位牌やお供え物が置ける)、下段が納骨スペース)という形状が一般的です。

  • マンション型
    主に都心部で見られる新しい形の納骨堂です。ビル1棟がすべて納骨堂になっています。
    マンション型では、参拝スペースと納骨スペースが明確に分けられており、遺骨はバックヤードで保管されています。
    お参りの人が来たら、遺骨はコンピュータ制御で自動搬送される仕組みになっています。

樹木葬

樹木葬

樹木葬とは、樹木を墓標としたお墓のことで、主に「里山型」と「霊園型」に分けられます。

里山型

自然の里山全体を墓地とした樹木葬です。
利用者に区画を割り当て、土の中に遺骨を埋葬して、植樹をします。
里山型では、人工のカロートや石造物は用いないため、真の意味での樹木葬と呼べるでしょう。

ただし、里山型の樹木葬霊園は、都市部に作ることは大変困難なため、どうしても自宅から離れた場所へのお参りになってしまうでしょう。

霊園型

霊園型とは、市街地の寺院や霊園の中で行われる樹木葬です。
里山型が郊外の山林で行われるのと異なり、市街地の霊園にお参りにいけるのが最大の利点です。

境内に樹木葬霊園を作る寺院も増えてきましたし、公営霊園では都営小平霊園に樹木墓地と樹林墓地が設置され、メディアでも大きく取り上げられました。
霊園型の樹木葬も墓石のお墓と同じで、合祀型、個別型など、家族背景や予算に合わせてさまざまなスタイルがあります。

※樹木葬についての詳しい情報は「樹木葬は後悔が多い?意味やトラブル事例を知って理想のお墓選び」をご覧ください。

手元供養

手元供養とは、遺骨の一部を手元に置いて、故人を偲び供養する方法です。
骨壺やペンダントなど、遺骨を入れるタイプの「納骨型」と、ダイヤモンドや陶器など、遺骨そのものを加工してオブジェなどを作る「加工型」とがあります。

永代供養など合祀

納骨堂も、樹木葬も、手元供養も、遺骨を礼拝する人がいて成り立ちますが、最終的に手を合わす人がいなくなるのであれば、永代供養にします。

永代供養をすると家族にかわって、寺院が永代に渡って祖先や故人を供養してくれますし、遺骨はやがて合祀されます。
納骨堂や樹木葬などは、ゆくゆく永代供養になることを前提に契約を交わすところが多いでしょう。

更に墓じまいについて知りたい人は、下記記事を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?墓じまいに必要な費用を、ざっくりでもつかむことができましたでしょうか。

墓じまいに必要な費用は、一件一件のお墓の種類・立地、またご家族の置かれている状況によって異なります。そのため、自分の先祖のお墓・家族の状況に当てはめて、費用を概算することをおすすめします。その上で、墓じまいをするかしないか、ご家族で話し合っていただけたら、今よりも満足のいく供養ができるようになるでしょう。

最後にこの記事のポイントを箇条書きでおさらいします。

この記事のポイント

  • 墓じまいの費用相場は50万円〜100万円程度
  • この費用の中には、石材店の工事費、寺院による魂抜き、新しい受け入れ先の費用、離檀料なども含まれる
  • お墓の解体工事には、解体撤去費、処分費、重機の費用等が含まれて、1㎡あたり7万〜15万円が目安。
  • 魂抜きのお布施は1〜5万円が目安。
  • 新しい遺骨の受け入れ先には、墓石、納骨堂、樹木葬、永代供養などがある。
  • 離檀料は10〜20万円が目安。
  • 改葬するには自治体から改葬許可を受けなければならない
  • 行政書士による代行サービスもある。
  • 墓じまいをして墓石がなくなっても、納骨堂、樹木葬、手元供養、永代供養など、きちんと供養する方法がある。

監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

遠方にお墓があって墓守をしていくことが難しい、継ぐ人はいるけれど女子なのでこの先守っていくことができるか不安、等の理由で、墓じまいを希望する人が増えています。

墓じまいという言葉が数年前よりメディアで取り上げられるようになると、ますます墓じまい人気に拍車がかったような気がします。
しかし、墓じまいをしたために、親戚や寺院とトラブルになるケースもめずらしくありません。
また「案外費用がかかってしまった。墓じまいをする必要がなかった」と後悔してしまう人もいます。

一度たたんでしまったお墓を元に戻すことはできません。
「墓じまいをしなくてもいい方法はないか」という方法も考えてみましょう。
最近では「墓守代行」等のサービスもあります。まとめて数年分の管理費等を払うほうが、墓じまいよりも割安になるケースもあります。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。