墓じまいの手続きを解説!霊園・役所・寺院それぞれでやるべきこと

スポンサーリンク
墓じまいの手続きに関する記事のアイキャッチ

墓じまいをする人が増えています。
故郷から遠く離れた所に住む人や、あととりがいないためにお墓の継承ができない人たちが増えているからです。
墓じまいをするためには、実はさまざまな方面とのやりとりが必要です。

改葬(遺骨を他の場所に移すこと)するためには自治体に改葬許可申請の手続きをしなければなりませんし。寺院や霊園には墓地の返還手続きをしなければなりません。
さらには解体工事をする石材店を探さなければなりません。

ただお墓を解体して更地にするだけではないのです。
この記事では、墓じまいの際に必要な手続きについて詳しくご説明させていただきます。

墓じまいのためにやりとりしなければならない4つの窓口

墓じまいとは、先祖代々が受け継いできたお墓を処分することです。
「墓じまい」という言葉を聞くと単に墓石を片付ければいいように聞こえます。

しかし実際には墓石を物理的に処分するだけでなく、改葬許可申請という法的な手続きや親戚や寺院の同意を得るという対人的な対応もしなければなりません。
具体的に墓じまいをするためには次の4つの方面に掛け合って進めていきます。

  • 新しい遺骨の受け入れ先を決める
  • 役所に改葬許可をもらう
  • 寺院への連絡
  • 石材店への依頼

これらを順に見ていきましょう。

新しい遺骨の受け入れ先を決める

墓じまいをするということは、いまあるお墓を処分して、中にある遺骨を別の場所に移すことを意味します。
墓石と一緒に遺骨も処分するわけにはいきません。

ですから、まずは新しい遺骨の受け入れ先を決めなければなりません。
新しくお墓を建てるのか、あるいはお墓を引っ越すのか、お寺の納骨堂、樹木葬、永代供養、散骨など、さまざまな方法があります。

役所に改葬許可をもらう

遺骨を今ある場所から別の場所に移すことを「改葬」と呼びます。
『墓地、埋葬等に関する法律』の第5条にあるように、遺骨を別のお墓や納骨堂に移す時には市区町村長の許可がいります。

施主は、改葬許可申請を役所に出すことで改葬許可をもらえます。
この届け出自体はそんなに難しいものではありませんが、申請時には今の墓地や改葬先の管理者から書類やサインなどをもらって提出しなければなりません。

寺院への連絡

墓石を解体する前には寺院に魂抜きをしてもらいます。
もしも墓じまいをすることによって離檀しなければならないのであれば、あわせて寺院にその旨を伝えましょう。

石材店に依頼する

墓地での解体工事をしてもらう石材店を決めます。
複数の石材店に掛け合うことで少しでも費用を安く抑えられます。
ただし、霊園や寺院によっては石材店が決められていることもあります。

以上のように、墓じまいをするためには、

  1. 新しい遺骨の受け入れ先を決める
  2. 役所から改葬許可をもらう
  3. 寺院に魂抜きをしてもらう
  4. 墓石の解体工事を行う

では、それぞれで何をするべきか、どのような流れで進めていくべきなのか。
墓じまいの手続きと流れについて順番にご説明いたします。 

新しい遺骨の受け入れ先を決める

墓じまいしたあとの遺骨の行き先を決めないことには、墓じまいはできません。
まずは新しい遺骨の受け入れ先を決めましょう。
どのような方法があるのか、個別に詳しくご紹介します。

新しい墓地(お墓の引っ越し)

解体したお墓を処分するのではなく、住まいの近くの墓地に引っ越しをします。
故郷のお墓が遠方にあり、お墓参りに行きたくてもなかなかいけないという悩みを持っている人はたくさんいるのではないでしょうか?

いまの時代は、生まれ育った故郷を離れて、別の場所で暮らし、息を引き取るのも当たり前の時代です。
それでも自分の両親や先祖を大事にしたい、お墓参りをもっと気軽にしたいと考える人が、住まいの近くにお墓を引っ越します。

墓石の移設は簡単ではありません。
既存の墓石を解体し、墓地は整地にして返還しなければなりません。

そして新しい墓地に墓石を据えるのですが、今までの墓地と新しい墓地とでは間口や奥行きなどの寸法が異なることがほとんどで、それにあわせて土台や外柵を作り直さなければなりません。

石塔は既存のもので済んだとしても外柵は新調しなければならないというケースがほとんどなのです。

お墓の引っ越しで必要な費用は…

  • 新しい墓地の永代使用料
  • 既存のお墓の解体撤去費
  • お墓の運搬費
  • 新しい墓地での工事費ならびに石材の費用

などがかかってしまい、新しいお墓が1基建つくらいの費用(100~200万円)がかかる可能性があります。

納骨堂

納骨堂とは、寺院や霊園が経営する屋内型の納骨施設です。
主にお寺の本堂内や専用の建物の中に設置された「納骨壇」と呼ばれるものに遺骨を納め、礼拝します。
寺院の中にあるからこその安心感が人気の理由です。

また、屋内なので雨の日でもお参りができますし、野外のお墓に比べて汚れにくいため掃除などの手間もかかりません。

お参りの人がいなくなってしまったあとは寺院がそのまま永代供養として引き受けてくれますし、墓石の解体のような大がかりの工事も不要です。

檀家向けに納骨堂を設置しているお寺もあれば、宗教宗派を問わずに広く利用者を募集しているお寺もあるので事前に確認が必要です。

納骨堂は、その形状から主に次の3つに分けられます。

  • ロッカー型
    ロッカー状の扉のついた棚に遺骨を保管します。手を合わす場所は別に設けられています。
    一律で同じ形状のロッカーを使用しますので、費用は比較的安価です。
    納骨堂によっては、上段と下段で価格差をつけているところもあります。

  • 仏壇型
    1つの納骨壇の中に本尊が安置され、納骨スペースがあります。一カ所で礼拝と納骨ができます。
    上段に本尊や位牌を安置し、下段に納骨するという形状が一般的でしょう。
    お供え物、あるいはローソクや線香などの火の使用に条件を設けているところもあるので気をつけましょう。

  • マンション型
    都心部ではビル一棟が納骨堂という新しいタイプのものが登場しています。
    お参りの人は参拝ブースに行き、コンピュータ制御でバックヤードに保管された遺骨が自動搬送されてきます。

樹木葬

樹木葬とは、木に手を合わすタイプのお墓です。
石材の加工や設置を必要としないために費用を安く抑えられるのが特徴です。

また、岩山から石を切り出す必要がないために環境に優しいという側面もあります。
樹木葬には、自然の山そのものを墓地にした里山型と一般的な霊園の中に設けられた霊園型とがあります。

里山型

里山型とは、「墓地」として認められた自然の山全体を墓地としたタイプの樹木葬です。
原則として、カロートや石碑や石板などの構造物を用いないため、真の意味で自然回帰的な供養法だと言えます。

しかし、里山型は実際の山が必要ですから都心部に作ることは物理的に困難ですし、お参りがどうしても遠方になってしまうというデメリットがあります。

また、割り当てられた区画に埋葬をして植樹をしますが、自然の山の中の墓地なので、やがては草木や雑草が生えてしまい、墓地全体が荒れてしまうという面もあります。

霊園型

霊園型とは、一般的な霊園や寺院の中に作られた樹木葬墓地です。
里山型と違って市街地にも作ることができるため、気軽にお参りができるでしょう。

霊園型の樹木葬では、納骨はあくまでもカロート内部にし、13回忌や33回忌などを区切りに合祀するというスタイルが採られています。
一般的なお墓ほどではありませんが、カロートの上に石碑や石板を設置するところもあるでしょう。

樹木葬は公営霊園でも用いられ、都立小平霊園の樹木墓地や樹林墓地への申込者は例年多く、メディアなどの注目を集めています。

永代供養・合祀

永代供養とは、家族ができないかわりに寺院に供養を任せることです。
遺骨や位牌を預けて、永代に渡って供養をしてもらいます。

永代供養として預けた遺骨は、一定期間(13年や33年など)は個別に保管し、それを過ぎると合祀にする方法。
あるいは初めから合祀にする方法とがあります。

合祀とは他の人と同じ場所に遺骨を埋葬することです。
納骨堂や樹木葬なども永代供養が前提となっていて、お参りの人がいなくなると合祀をするという寺院がほとんどです。

手元供養

手元供養とは、自宅で遺骨の一部を礼拝することです。
遺骨の多くをお墓や納骨堂、樹木葬などに納骨しますが、故人様を身近に感じたい人はその一部を身近な場所に置いておきます。
手元供養の商品はたくさん出回っていますが、納骨型と加工型に分けられます。

  • 納骨型
    納骨型とは、骨壺やペンダントなど、その中に遺骨を納めるタイプの手元供養です。
    自宅に置いておく骨壺は、リビングや寝室に置いても調和がとれるオシャレなものが人気があります。
    また、遺骨が納められるネックレスやペンダントなど、肌身離さずつけていられるアクセサリータイプのものもあります。

  • 加工型
    加工型とは、遺骨を加工してオブジェやアクセサリーなどの手元供養品を作ることです。
    遺骨ダイヤモンドや遺骨を混ぜたうわぐすりによる陶器などがあります。

役所の改葬許可を受ける

遺骨を今の場所から別の場所に移すことを改装と呼びます。
墓じまいをする上で改葬は避けて通れないことですし、改葬するためには役所から許可を得なければなりません。
改葬許可の手続きは、次のような流れで行われます。

  1. 役所から『改装許可申請書』を役所からもらう
  2. 改葬先の霊園から『受入証明書』を入手する
  3. 移転元の霊園から『埋葬証明書』を入手する
  4. 役所に申請書と必要書類を提出して『改葬許可証』をもらう

それでは、ひとつずつ順を追ってご説明いたします。

改装許可申請書を役所からもらう。

まずはお墓のある自治体の役所に出向いて『改葬許可申請書』をもらいましょう。
市役所の窓口に出向くと入手できますし、市のホームページからダウンロードもできます。

『改葬許可申請書』には、申請者の情報、改葬しようとしている故人の情報、さらには墓地の管理者の情報などを記入します。

ここで言う「墓地の管理者」とは、公営霊園や民間霊園であれば管理事務所、寺院墓地であればお寺の住職、村の共同墓地であれば自治会長などや墓地管理組合などのことです。

受入証明書を入手する

改葬先のお寺や霊園から『受入証明書』(墓地の使用許可証など)を入手します。
受入証明書は、改葬許可を受ける際に必要な書類です。

お墓から取り出された遺骨が、きちんとした施設に納骨されることを墓地側が証明することで役所は改葬許可を出せるのです。

埋葬証明書を入手する

『埋葬証明書』は移転元の霊園で発行してもらえます。
その遺骨がたしかにそのお墓に埋葬されていたことを証明する書類です。
改葬許可を受けるためには、移転元の『埋葬証明書』と改葬先の『受入証明書』が必要となります。

申請書と必要書類を提出して改葬許可をもらう

必要事項全て記入した『改葬許可申請書』『受入証明書』『埋葬証明書』などの必要書類を持って役所に出向きます。
書類に不備がなければ『改葬許可証』をもらえ、役所から改葬の許可が下りたことを意味します。
納骨の際は、改葬先の霊園や寺院に『改葬許可証』を提出して納骨します。

寺院に閉眼供養や離檀の相談をする

墓じまいをするためには寺院に閉眼供養をしてもらわなければなりません。

また、遺骨を別の霊園や寺院に移すのであれば、「離檀」に当たる可能性があります。離檀とは檀家関係を解消することです。

石塔の処分にはとどまらずお寺との関係そのものを解消したいということですから、きちんとこちらの意向を寺院に伝えなければなりません。
境内にお墓がある場合、勝手に墓じまいはできません。

なぜなら、許可を得るためには住職に『埋葬証明書』の発行や、『改葬許可申請書』への署名捺印などをお願いしなければならないからです。

また、墓じまいの前には寺院に魂抜きをしてもらわなければなりませんし、墓石の解体工事には石材店の職人や重機がないと不可能です。
寺院に黙って遺骨を取り出すことは、法的にも、倫理的にも、物理的にも不可能に近いことなのです。

ですから、墓じまいをした上で遺骨を別のお寺や霊園に移すのであればその理由をきちんと寺院に伝えて理解してもらわなければなりません。

石材店に墓石の解体工事の依頼をする

墓石の解体工事については石材店に依頼します。
民営霊園や寺院墓地の場合は、石材店が指定されていることが多いのでまずは管理事務所に相談しましょう。

一方、公営霊園や地域の共同墓地の場合は石材店の指定が無いため、自分自身で石材店を探します。
2社か3社程度相見積もりを取ると比較的費用を安く抑えられるでしょう。

また、工事の前には必ず寺院による魂抜きを済ませておきましょう。
墓石には仏様やご先祖様の魂が込められているので必ず魂抜きをしてから墓石を解体しましょう。
遺骨の取り出しはお墓の状況によって、魂抜きの時、あるいは石材店の解体工事の時に行います。

墓じまいに必要となる書類と費用

墓じまいに必要となる書類は、改葬の書類と、墓地との契約や解約に関する書類です。
用意しなければならない書類は自治体や墓地霊園によって異なります詳しくは直接尋ねてみましょう。
書類の発行そのものに費用は発生しないでしょう。

改葬のための書類

墓じまいに必要となる書類は改葬のための書類です。
改装とはお骨を別の場所に移すことを指し、改葬するためには自治体から改葬許可を受けなければなりません。

役所から『改葬許可申請書』をもらい必要事項を記入します。またそれにお墓の管理事務所から『埋葬証明書』を、改葬先の管理者から『受入証明書』をもらい、これらを一緒に届け出します。
問題がなければ『改葬許可証』をもらい、改葬先の寺院や霊園に提出します。

墓地の契約や解約に関する書類

墓じまいした墓地は管理者に返還しなければなりません。
霊園所定の書類、例えば『返還届』などを事務所や住職に提出しましょう。
お寺を離檀する場合は『離檀届』を出さなければいけない場合もあります。

墓じまいの手続きは代行業者への依頼も可能

墓じまいの手続きを代行する業者が増えています。
特に多いのが行政書士です。

行政書士は、行政書士法に基づき、他人の依頼により官公署への提出書類の作成や届け出を代行できます。
墓じまいの場合、改葬の手続きを依頼することで施主の負担は大きく軽減されるでしょう。

ただし、寺院や霊園とのやり取り(魂抜き、離檀、墓地の返還手続き)などは自分自身でしなければなりません。
代行業者は行政書士以外にもあります。

石材店が行政手続きまで含んだ墓じまい代行を受け付けることもありますし、行政書士が、墓石解体や供養先の紹介まで受け付けることもあるようです。

墓じまいは事前に親族の合意を得ていることが大前提

墓じまいは必ず事前に親族に連絡をして同意を取りましょう。
なぜならお墓は、家族だけのものではなく、誰もがお墓参りする権利を持っているからです。

特に親族にとってお墓は墓守の必要こそないものの、亡くなった人と出会えるとても大切な場所です。
ある日お墓参りに行ってみるとお墓がない、というようなことが起きるとトラブルの元にもなりかねません。
事前に一言断っておく配慮があるとよいでしょう。

まとめ

これまでの重要ポイントをおさらい

いかがでしたか?
では最後にこの記事のポイントをまとめます。

この記事のポイント

  • 墓じまいのためには4つの窓口とやりとりしなければならない
    • 新しい遺骨の受け入れ先を決める
    • 役所に改葬許可をもらう
    • 寺院や霊園に墓じまいや墓地の返還の手続きをする
    • 石材店に解体工事に依頼をする
  • 新しい遺骨の受け入れ先として、霊園(墓石の建て替えや引っ越し)、納骨堂、樹木葬、永代供養、散骨など、さまざまな方法があります。
  • 遺骨を別の場所に移すためには役所から「改葬許可」を得なければならない
  • 墓じまいには、魂抜き、墓地の返還、離檀など、寺院に相談しなければならないことがある
  • 石材店に解体工事を依頼する時も、霊園に指定石材店があるか、事前に確認しておく
  • 墓じまい代行業者を利用することで手間が軽減される
  • 墓じまいは事前に親族の合意を得ていることが大事

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電話相談:0120-907-802 キャッシュバックキャンペーン