福井県のお墓・霊園一覧(30件)

地域・駅・路線から霊園を探す

特徴・こだわりから霊園を探す

福井県の人気の霊園

電話相談:0120-907-802

福井県の一般墓の平均費用

一般墓:37万円(墓石代別)

上記は福井県で一般墓を建てるときに必要な永代使用料の平均価格です。
墓石型のお墓を建てるには永代使用料のほか墓石代が必要です。
なお、全優石がおこなった2018年アンケートによると全国の墓石平均価格は162.7万円です。

福井県の霊園一覧

この霊園を検討リストに入れる

公営
鯖江市営 総山墓園 さばえしえい そうざんぼえん

鯖江市営 総山墓園
一般墓: 27.0 万円〜(墓石代別)

所在地
福井県鯖江市下新庄町84字4番 地図を見る

アクセス
JR北陸本線「鯖江」から徒歩49分 詳細を見る 全表示

公営
あわら市営墓地 あわらしえいぼち

あわら市営墓地

所在地
福井県あわら市春宮三丁目1504番地 地図を見る

アクセス
JR北陸本線「芦原温泉」から徒歩13分 詳細を見る 全表示

公営
代官山墓地公園 だいかんやまぼちこうえん

代官山墓地公園
一般墓: 17.2 万円〜(墓石代別)

所在地
福井県坂井市三国町池上87-42 地図を見る

アクセス
えちぜん鉄道三国芦原線「番田」から徒歩64分 詳細を見る 全表示

公営
福井市営 西墓地公園 ふくいしえい にしぼちこうえん

no image

所在地
福井県福井市小山谷町 地図を見る

アクセス
福井鉄道福武線「商工会議所前」から徒歩33分 詳細を見る 全表示

公営
福井市営 東山墓地公園 ふくいしえい ひがしやまぼちこうえん

no image

所在地
福井県福井市河水町 地図を見る

アクセス
JR九頭竜線「越前東郷」から徒歩75分 詳細を見る 全表示

公営
福井市営 兎越山墓地公園 ふくいしえい おさごえやまぼちこうえん

no image

所在地
福井県福井市山奥町 地図を見る

アクセス
福井鉄道福武線「商工会議所前」から徒歩35分 詳細を見る 全表示

公営
越前市営 鴨谷霊苑 えちぜんしえい かもだにれいえん

no image

所在地
福井県越前市白崎町・春日野町地内 地図を見る

アクセス
JR北陸本線「王子保」から徒歩36分 詳細を見る 全表示

公営
越前市営 佐山鹿ノ楽墓園 えちぜんし さやまかのらくぼえん

no image

所在地
福井県越前市粟田部町第105号12番の2 地図を見る

アクセス
JR北陸本線「鯖江」から徒歩97分 詳細を見る 全表示

公営
南越前町営 南条霊園 みなみえちぜんちょう なんじょうれいえん

no image

所在地
福井県南越前町西大道第33号4番地の1 地図を見る

アクセス
JR北陸本線「南条」から徒歩9分 詳細を見る 全表示

福井県に近い都道府県から探す

霊園探しのお役立ち記事

福井県について

福井県の特徴と霊園について

約4,190平方キロメートルの福井県は日本海に面する北陸地方にあり、大きくとれば中部地方に含まれます。
特別豪雪地帯にも含まれている福井市や勝山市は毎年冬になると雪が積もり、山地にあるゲレンデには毎年多くのスキーヤーが訪れます。
また恐竜化石の産地であることから福井県立恐竜博物館、夏には日本海で海水浴。日本海があるので海鮮類やソースカツ丼といったグルメ類も豊富で季節を問わずに楽しめるエリアです。
平成22年には80万人を超えていた人口数も年々減少しており、平成30年5月1日現在で総人口数は774,771人、そのうち65歳以上となる老年人口が30%を占めています。
霊園数も2,127箇所と少なく、納骨堂も73箇所しかありません。
※出典:「平成28年度衛生行政報告例」(厚生労働省)
古くからのお墓があるなら問題はないですが、もし移住して福井県に住まれているなどの場合は、霊園探しを始めておくと希望霊園の区画を確保できる可能性が高まるかもしれません。

福井県の主な石材店一覧

坂美石工所(〒915-0856 福井県越前市中平吹町1-5-4)

福井県の石材情報

福井市足羽山で採石される笏谷石は、青緑系の色味をもっており、1500年ほど前の石棺や石仏に使われていたという歴史ある石です。
現在は採掘がされておらず、福井県産の石材はあまりないとされている。

福井県の主な公営霊園一覧

監修者情報

終活・葬送ソーシャルワーカー 吉川美津子(監修者)

大手葬祭業者、大手仏壇・墓石販売業者勤務を経て、葬送コンサルタントとして独立。
起業コンサルティングや人材育成、取材・執筆などを行っており、ライフドットの記事監修を担当。
近年は葬送関連事業と並行しながら社会福祉士として、また介護職として福祉・介護の現場でも活動。「生き方」「逝き方」両輪の橋渡しを模索中。