改葬でお墓問題を解消!いま増えているお墓の引っ越し

スポンサーリンク

「改葬」という言葉を知っていますか?恐らくキーワードを入力して検索し、こちらのページにたどり着いた人が大半だと思いますので、詳しくは知らなくとも聞いたことがあるという人ばかりだと思います。

最近よく聞くようになったこの「改葬」について、このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

  • 「改葬って簡単にできるものなの?お寺との付き合いが大変そう…」
  • 「引っ越してお墓が遠くなってしまった!お墓の引っ越しってどうやってやるの?」
  • 「改葬って、また一からお墓を建てないといけない?金額はどのくらい?」

お墓を移動させる改葬については、このように不安に思うことや疑問を多く抱えることでしょう。この記事では、改葬の基本的な流れや相場などをまとめています。

どのような手続きが必要なのか、お金はどのくらい用意すべきなのかという情報が得られます。ぜひ参考にして、改葬をスムーズに進めてください。

改葬とは埋葬している遺骨をうつすこと

改葬とは、今あるお墓から埋葬している遺骨を取り出し、移動させることをいいます。

簡単に言うと、「お墓の引っ越し」を指します。 今、実家のお墓が遠いなどの事情から、改葬を選ぶ人が増えているといわれています。

ただ、お墓を移すとなると、費用面での負担はまぬがれません。 この章では、改葬するメリットとデメリットをお伝えします。

改葬するメリット

改葬するメリットは、以下の4点です。

自宅から近い場所に新しいお墓を設ければ、頻繁にお墓参りができる

お墓が身近になれば、自然とお墓参りの頻度がアップするでしょう。 お盆やお彼岸だけではなく、命日や家族にとって大事な日にお墓参りに行ければ、より故人を近く感じられます。

今のお墓を無縁墓にしなくて済む

遠すぎてお墓参りになかなか行けないと、草ばかりの荒れ地にしてしまうかもしれません。 改葬して頻繁にお墓へ通うようになれば、無縁になるのを防げます

今のお墓の管理者に年間管理費を支払ってゆく必要がなくなる

今のお墓に対して年間管理費を支払っている場合がほとんどでしょう。 改葬を行えば、めったに行かないお墓のために管理費を支払わなくてよくなります。

次の世代がお墓のことについて悩まなくてよくなる

遠いお墓をそのままにしておけば、いずれ代替わりをして、子世代がお墓について悩むことになるでしょう。 「親がなんとかしておいてくれればよかったのに」などと言われずに済みます。

改葬は、自分のライフスタイルにお墓のほうを引き寄せてくるための方法です。 お墓が近くにあれば、自分も次世代も安心でき、先祖も手厚く供養することができます。

改葬は、お墓を無縁にしてしまわないための、唯一の方法として注目されています。

改葬するデメリット

改葬には、デメリットもあります。主なデメリットは、以下の4点です。

撤去費用がかかる

お墓の撤去には、1㎡につき10万円から15万円ほどの費用がかかります。

新しいお墓を建てるための費用がかかる

一般的なお墓を買うなら、200万円ほどが相場です。 もっとも、納骨堂や永代供養といったリーズナブルな方法も最近では増えてきています。

菩提寺に離檀料(檀家をやめるための費用)を支払わなければならない可能性がある

菩提寺には、今までお世話になったお礼として20万円程度のお布施をするのが一般的です。 しかし、檀家を離れてほしくないお寺から、膨大な離檀料を請求される例も、まれにあります。

親族を説得するのが難しい場合がある

先祖代々のお墓を移すことに、抵抗を感じる親族もいるでしょう。 目上の存在である年配者を説得するのは、骨の折れることです。

改葬のデメリットは、主に金銭的なことと、周囲の人を説得させることが大変だということに尽きます。

とくに人間関係のトラブルに陥ると、後を引く問題になってしまいます。 できるだけ円満にことを運ぶことはできないものでしょうか。

次章では、改葬をスムーズに進める方法についてお伝えします。

霊園の芝風景

改葬をスムーズに進める方法

改葬をスムーズに進めるために一番大切なことは、「報告」ではなく「相談」を行うことです。

親族には、決まったことを「報告」するのではなく、「相談」から行います。 この章では、改葬の流れに従って、スムーズに進める方法をお伝えしていきます。

改葬前に確認すべき2つのポイント

改葬で気をつけておきたいポイントは、2点あります。

  • 親族との人間関係
  • 菩提寺との人間関係

それぞれみていきましょう。

親族との人間関係

改葬で最も気をつけたいのが、人間関係です。 とくに親族には事前に相談し、きちんと了解をとっておきましょう。

「お墓を引っ越しました」と事後報告をしたのでは、トラブルに発展してしまいます。 なぜなら、お墓参りをするのは、あなたばかりではないからです。

あなたの先祖は、親族の先祖でもあります。 お墓参りをする可能性のある人には、必ず許可をとっておく必要があるといえるでしょう。

菩提寺との人間関係

今あるお墓の管理者には、今までお世話になったことのお礼をていねいに述べましょう。

基本的に、墓地管理者には改葬を拒否する権利はありませんが、機嫌を損ねられてしまうとやっかいです。 改葬には、今の墓地管理者の了解が必ず必要になるためです。

その理由は、改葬手続きの流れの中で説明しましょう。

改葬の手続きから完了までの流れ

改葬の手続きから完了までの流れは、以下の通りです。

  1. 移転先のお墓を決める
  2. 移転先の墓地の管理者から、「受入証明書」をもらう
  3. 今の墓地の管理者から、「埋葬証明書」をもらう
  4. 市区町村役場に「受入証明書」「埋葬証明書」を提出し、「改葬許可証」をもらう
  5. 今の墓地の管理者に「改葬許可証」を提示し、墓地を解体する
  6. 移転先の墓地の管理者に「改葬許可証」を提出する
  7. 移転先の墓地が完成したら開眼供養を行い、納骨する

以上のように、改葬のためには行政手続きが必要となります。 手続きのためには、今の墓地の管理者から「埋葬許可証」をもらわなければなりません。

今の墓地管理者とトラブルが生じると、「埋葬許可証」をなかなか出してもらえなくなるということにもつながります。 こういった事態を避けるため、円滑なコミュニケーションが大事なのです。

次に、改葬でネックになるもう一つの側面、金銭面について解説していきましょう。

費用は供養法で異なる!相場は250万円程度

改葬の費用の相場は、250万円程度です。 「そんなにかかるの?」と驚かれる方もいることでしょう。 しかし、下記の費用項目を見れば、きっと納得することと思います。

改葬にかかる費用一覧

  • 今あるお墓を撤去する費用(30万円~80万円)
  • 今あるお墓の閉眼供養(3万円~5万円)
  • 新しいお墓を買う費用(200万円~250万円)
  • 新しいお墓の開眼供養(3万円~5万円)

閉眼供養はお墓から魂を抜く儀式、開眼供養はお墓に魂を込める儀式をいいます。 これらの儀式は、仏式以外では必要ないという考え方もあります。

また、菩提寺のある人は、このほかにお布施が必要ですが、 これについては後ほど、「檀家をやめる流れと費用について」の章で詳しく説明します。

お墓を引っ越すために、これだけのまとまった金額が必要となると、諦めようかと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、新しいお墓を買う費用を抑えられれば、改葬の費用はぐっと少なくなります。 200万円から250万円といった相場は、あくまで一般的なお墓を新しく買ったときの費用です。

次章では、改葬先としての一般墓以外の選択肢について紹介します。

改葬先として増えている一般墓以外の選択肢

個々では、改葬先として増えている、一般墓以外の選択肢について解説します。

永代供養墓、納骨堂、樹木葬などを選べば、費用は一般墓の半分から10分の1程度までに抑えることができます。

また、筆者おすすめの供養法を使えば、数万円で先祖の供養を叶えることもできます。

改葬先として、一般墓以外の埋葬法に注目する人は、だんだん増えてきているようです。

一般墓は高いという理由もありますし、 「これから先祖代々の墓を買っても、管理を任せられる次世代がいない」という理由もあります。

「高いお墓を買っても、結局は子孫を改葬で苦しめることになるのではないか」 そのことに気づいている人が多いのでしょう。

管理を一括で任せられる永代供養墓

一般墓のように、家族がお墓の管理をするのではなく、墓地管理者に管理を一括で任せられるお墓を、永代供養墓といいます。

永代供養墓を買えば、買った後に年間の管理料を支払う必要はありません。

つまり、お墓の後継者がいなくても、また子世代がお墓参りに来られなくても、墓地の管理者がずっとお墓を守ってくれるということです。

永代供養墓には、2つのタイプがあり、それぞれ相場が違います。

      • 契約期間中の数十年は個別のお墓の形で供養が行われ、後に他の人の遺骨と一緒に供養されるタイプ(100万円程度)
      • 初めから他の人の遺骨と一緒に供養されるタイプ(30万円程度)

契約期間中の数十年は個別のお墓の形で供養が行われ、後に他の人の遺骨と一緒に供養されるタイプは、

「個別墓つき永代供養墓」といった名称で販売されています。 契約期間は、33年とするところが多いでしょう。

亡くなってから33年目というのは、人が完全に仏となる節目であると考えられているためです。

一方、初めから他の人の遺骨と一緒に供養されるタイプは、 たんに「永代供養墓」や、「合祀墓」「合葬墓」といった名称で販売されています。

この場合、他の人の遺骨と混じってしまうため、あとから遺骨を取り出したいと思ってもできません。 注意したいポイントです。

さまざまな形式から選べる納骨堂

納骨堂といえば、「遺骨を一時保管する場所」というイメージが一般的でしたが、 最近では、一般墓よりも安く買える「終の棲家」として、納骨堂を選ぶ人も増えています。

納骨堂にはさまざまなタイプがあり、それぞれ相場が違います。 手頃なものから並べてみましょう。

      • ロッカー式納骨堂(50万円程度)
      • 仏壇式納骨堂(80万円程度)
      • 機械式納骨堂(100万円程度)
      • 墓石式納骨堂(120万円程度)

ロッカー式納骨堂とは、コインロッカーのように並んだロッカーの中に遺骨を納める昔ながらのものです。

仏壇式納骨堂とは、小型仏壇の中に遺骨を納めるもので、位牌なども同時に供養できるメリットがあります。

機械式納骨堂とは、お参りスペースに遺骨が自動搬送されてきたり、スクリーンに遺影を映し出したりすることのできる近代的な納骨堂です。

墓石式納骨堂は、「屋根のあるお墓」のようなもので、建物内に墓石がずらっと並び、墓石の下へ遺骨を納めます。

費用も安く新しいタイプの供養である樹木葬

新しいタイプの供養法として、樹木葬があります。

樹木葬とは墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓のことで、墓石がないぶん、費用が安くなります。 樹木葬の相場は、50万円ほどです。

自然の中に葬られるエコなイメージ、明るいイメージから、人気急上昇中です。

筆者おすすめの供養法

筆者がおすすめするのは、以下のような供養法です。

      • 菩提寺の合祀墓に合祀してもらう(10万円程度)
      • 散骨し、少しだけ遺骨を残して遺骨ペンダントなどで手元供養をする(10万円程度)
      • 大部分を散骨し、一部は本山に納骨する(10万円程度)
      • 送骨サービスを利用する(5万円程度)

※いずれも1体当たりの相場です

このように、あえて「新しくお墓を作らない」供養法をおすすめします。 一番手っ取り早く、かつ安心できるのが、菩提寺の合祀墓に合祀をしてもらうことです。

そうでなければ、散骨をして遺骨のカサを減らし、 一部はオブジェに込めたり遺骨ペンダントに入れたりして、自宅で供養を行います。

または、信仰している宗派の本山に納骨することも、信仰の厚かった故人には喜ばれます。 なお、遺骨をお寺にゆうパックで送る「送骨」サービスを使えば、全国の由緒あるお寺で供養してもらうことができます。

ここまで、改葬の費用についてお伝えしてきました。

相場の高さに驚いていた人も、さまざまな方法があることがわかって、安心したのではないでしょうか。 それでは最後に、檀家をやめる流れと費用についてお伝えします。

お寺の檀家になっている人は、ぜひ読み進めてください。

檀家をやめる流れと費用について

今、お寺の檀家になっている人に、檀家をやめる流れと費用について解説します。 檀家とは、お寺の会員のようなものです。

檀家になっているお寺のことを、菩提寺といいます。

檀家は、菩提寺にお布施をしたり、お墓の年間管理費を納めたりすることで、 葬儀や法事を行ってもらったり、墓地全体の手入れをしてもらったりすることができます。

檀家とは、一般的には寺院墓地にお墓を持っている人のことを指しますので、 改葬をするということは、今のお寺の檀家をやめるということにつながります。

円滑に檀家をやめるためのポイントや、そのための費用はどうなるのかということについてお伝えしましょう。

1.菩提寺に理由をきちんと説明する

「檀家をやめる」と切り出したとき、住職の機嫌を損ねてしまうと、 改葬を渋られたり、多額の離檀料を請求されたりします。

そうならないために、菩提寺には、「報告」ではなく「相談」しなければなりません。 そして、改葬の理由をきちんと説明しましょう。

例えば、菩提寺の住職に「来月、お墓を撤去することにしました」と「報告」することは、タブーです。

住職には、お墓を守る務めを果たしているという自負があります。 よって、事前に何の相談もなしに「お墓を撤去する」と言われては、あまりに一方的だと、ムッとしてしまいます。

「家が遠くてお墓参りに行けないので、改葬を検討しているのですが」と、「相談」の形で切り出しましょう。 すでに改葬先のお墓を決めていても、「相談」の体をとります。

そして、改葬の理由として最も有効なのが、「無縁墓にしたくないから」というものです。

無縁墓とは、お墓参りに誰も来ることがなくなってしまったお墓のことを指します。 今あるお墓が無縁墓となって一番困るのは、実は菩提寺のほうです。

無縁墓となっても、菩提寺の意思ではなかなかお墓を撤去できませんし、当然、年間の管理料も入ってきません。 無縁墓は、お寺の財政にとって非常に困った存在なのです。

「このままだと、無縁墓になってしまう」ことを話題に出せば、菩提寺はきっと耳を傾けてくれるでしょう。

2.改葬先の受入証明書を手に入れる

菩提寺の了解が得られたら、誰が葬られているかを示した埋葬証明書を書いてもらい、 並行して改葬先からも受入証明書を書いてもらいましょう。

そうすれば、あとは市区町村役場に行くだけで改葬手続きが済んでしまいますから、スムーズにことが運びます。 埋葬証明書も、受入証明書も、任意の形式で大丈夫です。

3.お墓の撤去費用と離檀料を支払う

埋葬証明書をもらったら、菩提寺から具体的なお墓の撤去費用を教えてもらいます。

または、石材店と直接やりとりをするように言われることでしょう。 その場合は、撤去費用は石材店に支払います。

菩提寺には、今までお世話になったお礼として、お布施を包みましょう。

お布施の金額は、20万円程度が相場です。 しかし、お寺から離檀料を請求され、それを承諾した場合には、請求された金額を支払います。

あまりに法外な離檀料を請求されたときには、弁護士に相談するのが有効です。

まとめ

この記事では、改葬の流れや手続きの内容についてお伝えしました。

改葬に必要なのは、何より周囲からの快諾であることがおわかりいただけたかと思います。 費用的なことでいえば、一般的なお墓を新しく買うならかなりの額にのぼりますが、工夫次第で節約できます。

遠くにお墓がある人は、無縁墓になる前に改葬を行うことが、今の世代の自分の務めと考えましょう。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索