墓じまいの服装に関する記事のアイキャッチ

この記事ではこのような疑問の解消!

  • 「墓じまいの服装は何が適切?」
  • 「ちゃんとした喪服でないといけないの?」
  • 「夏の暑い日・冬の寒い日・雨の日の服装は?」

墓じまいをするときには、一般的に寺院による閉眼供養を執り行います。これまでご先祖さまを守ってくれた大切な墓石の最後ですから、ご先祖さまに対して、また周囲の人たちに失礼のない服装で臨みたいものです。しかし、閉眼供養への参列はそう経験するものではありませんから、何を着ていけばいいのか分からないですよね。

この記事では墓じまいの服装について詳しく解説してまいります。墓じまいの服装についての疑問がきっと解消されるはずです。ぜひとも読み進めてみてください。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。

墓じまい・閉眼供養の服装は基本的に平服で問題ない

数珠を持って拝んでいる喪服姿の男性

墓じまいの服装とは、墓じまいをする際に行う法要「閉眼供養」に立ち会う際の服装を指します。

閉眼供養とは、墓石の中に込められた仏さまやご先祖さまの魂を抜くための儀式です。僧侶を招き、墓前で行うのが一般的です。「魂抜き」や「性根抜き」とも呼ばれています。

閉眼供養に立ち会うときは、平服で問題ありません。しかし閉眼供養は、墓前で行われる立派な法要のひとつです。そして、ご先祖さまという自分たちよりも目上の人たちに向けた行為です。

よって、半袖・半ズボンなどのラフすぎる格好はふさわしくありません。また、反対に、準喪服や略喪服を着用することで敬意を表すというのも不自然ではありません。

では喪服の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。また、準喪服や略喪服とはどのような服装なのでしょうか?くわしく解説してまいります。

正喪服・準喪服・略喪服の違いの確認

ひとことで喪服と言ってもさまざまな種類があり、自分の置かれた立場や参列する仏事の内容によって、着用すべきものが異なります。まずは、正喪服・準喪服・略喪服の違いについて確認しましょう。分かりやすいように下の表にまとめました。

男性 女性 着用する人や場面
正喪服 和装
モーニングコート
和装
ブラックフォーマル
通夜や葬法、三回忌くらいまでの法事で喪主・遺族が着用。
準喪服 ブラックスーツ ブラックフォーマル 通夜や葬儀や法事で喪主・遺族・親族・参列者らが着用。もっとも一般的な喪服。墓じまいも該当。
略喪服 黒、紺、グレーなどのダークスーツ 黒、紺、グレーなどのスーツ、ワンピース、アンサンブル 急に駆けつける通夜の参列や、「平服」でもよいとされたとき。墓じまいも該当。

閉眼供養で喪服を着る場合は、準喪服か略喪服

墓じまいの際に、ご先祖さまに敬意を表して喪服を着ても良いでしょう。ただし、多くの場合、閉眼供養に立ち会うのはごく近い身内だけですので、堅苦しくない略喪服を着用するのがおすすめです。

いろいろなインターネットサイトでは、「墓じまいの法要では喪服を着用すべき」と書いてあり、これはもちろん間違いではありません。ただ、実際に現場で働く筆者の経験では、平服で参加する人が多いです。喪服を着用されている人では、略喪服であるケースが多く、正装を着用しなかったからといって親族が寺院にとがめる場面を見たことがありません。その場に立ち会う寺院や親戚などと相談し、柔軟に判断すればよいでしょう。

むしろ、閉眼供養は野外で行われるので、体に負担の少ない服装を心がけるべきでしょう。

また、マナーとして平服か略喪服のどちらを着用するか迷った場合は、供養してくださる僧侶に相談してみましょう。

男性の服装

男性の喪服の種類

男性の準喪服は、ブラックスーツ、白のワイシャツ、黒のネクタイ、その他のベルトや革靴やかばんも黒で統一します。

イラストの「準礼装」「略礼装」を参考にしてください。

また、略喪服の場合は、黒や紺やグレーの地味な色のスーツを着用します。

女性の服装

女性の喪服解説イラスト

女性の準喪服は、ワンピース、アンサンブル、スーツなどのブラックフォーマルを着用します。アクセサリーは真珠のネックレスや結婚指輪程度にします。その他、ストッキングや靴やかばんも黒でまとめて、肌の露出を控えるものを選びましょう。

略喪服の場合は、黒や紺やグレーなどのワンピースなどを着用します。

子供の服装

子ども(男女)の喪服のイラスト

子供の服装は、学校の制服、リクルートスーツなどがあればそれを着用します。もしもなければ地味目な色の服でよいでしょう。

服装は墓じまいに立ち会う人で揃えましょう

もしも複数人が墓じまい(閉眼供養)に立ち会うのであれば、どのような服装で揃えるかを事前に話し合いしておくとよいでしょう。墓じまいに立ち会うのは気心の知れた人たちがほとんどです。自分だけが異なった服装にならないよう、あらかじめ話し合っておくと安心です。

また、参加者同士で何を着るのか迷った場合は、供養をしてくださる僧侶に相談するのおすすめです。

【Q&A】墓じまいの服装についてよくある質問

ハンガーラックに掛かっている数種類の服

墓じまいの服装についてよくある質問をQ&A方式でまとめましたので参考にしてみてください。墓じまいは、ごく近い身内しかないないこと、野外であることから、周囲への配慮よりも、体調管理やけが予防を最優先に考えましょう。

墓じまい・閉眼供養の当日が、夏の暑い日や冬の寒い日の場合、服装はどうしたらいい?

夏の暑さや冬の寒さは大きな負担となります。まず最優先すべきは自分自身の体調管理です。服装のマナーばかりに気を取られて体調を崩すようなことだけは絶対に避けましょう。

夏の暑い日の墓じまい・閉眼供養の服装

男性の場合、準喪服を着用するのであれば、上半身はワイシャツだけでも構いませんし、半袖のワイシャツでもよいでしょう。略喪服の場合も、シャツとスラックスのような服装でも構いません。色や柄などで、周囲に不快感を与えないかだけ気をつけておきたいところです。

女性の場合、準喪服のワンピースなどを着用すればよいでしょう。また、日差しが強く、多量の汗をかくこともあるので、無理をせずに略喪服にしても構いません。男性の場合と同じで、地味目の色であれば、シャツやブラウスなどでもとがめられることはないでしょう。

冬の寒い日の墓じまい・閉眼供養の服装

冬は寒さ対策をしなければなりません。男性女性ともに、準喪服や略喪服の上からコートやダウンジャケットなどを着用し、寒さから身を守りましょう。決して無理はしないことです。

雨の日はどんな服装で立ち会うべき?

雨の日だからといって特別に服装が変わるということはありません。準喪服や略喪服を着用した上で傘をさして対応します。なお、墓前にパラソルやタープテントを立てることで、ある程度雨を防ぎながら閉眼供養を執り行えます。

お墓が山奥の足場が悪いところにある。動きやすい服装で行ってもいい?

お墓が山奥にあったり足場が悪いところは歩きやすい服装でよいと思われます。服装にこだわりすぎることで墓地にたどり着くまでに足を痛めたりけがをすることを避けるためにもです。どうしても気になる人は、事情を説明した上で寺院に相談してみるとよいでしょう。

墓じまい・閉眼供養の服装は宗教ごとに異なる?

宗教による服装の違いはありません。通常の準喪服や略喪服を着用します。

墓じまいの服装について解説していただいたところで、次の章では服装以外の身だしなみを見ていきましょう。

服装以外の身だしなみで気をつけるポイント

喪服には、必ず手回り品や小物がつきものです。服装以外の身だしなみで気を付ける点をまとめました。

華美なアクセサリー等は避けパールで統一する

閉眼供養では華美なアクセサリーは避けましょう。どうしても身に着けたいのであればパール(真珠)で統一します。また、結婚指輪程度のアクセサリーであれば構いません。

身の回りの小物(鞄・靴等)も黒いものを選ぶ

かばんや靴などの身の回りの小物も黒いもので統一します。

墓じまいや閉眼供養の際には、服装以外にも準備しなければならないものがあります。次の章では服装以外の準物について解説いたします。

墓じまい・閉眼供養における服装以外の準備物

数珠と供花

墓じまいや閉眼供養の時に準備しておかなければならないものをまとめました。

  • お布施
  • 供花・供物
  • ろうそく・線香
  • 香典
  • 数珠
  • お布施

閉眼供養のために来てくださる寺院にお布施を渡します。金額の相場は3万円から10万円程度と言われていますが、まずは寺院に直接尋ねてみましょう。黄白、あるいは無地の不祝儀袋を用意します。表書きの上段に「御布施」や「閉眼供養御礼」などと、下段に施主名を書きます。

お車代やお膳料も包むとより丁寧でしょう。こちらは無地の袋で構いません。相場は5千円から1万円でしょう。

これらの袋は袱紗に包んで持参し、袱紗に乗せて袋を差し出すのがマナーです。

  • 供花
  • 供物

墓前に供えるお花やお供え物を用意します。お供え物には決まりはありません。お菓子や果物などがよく選ばれています。もしもあなたが参列者で、体裁を整えたお供えをしたいのであれば、品物に包装とのし紙をかけたものを用意します。表書きは「御供」と書きます。

  • ろうそく
  • 線香

墓前で灯すローソクや線香を用意します。

  • 香典

墓じまいでは香典が不要のケースがほとんどです。なぜなら、立ち会うのは家族だけで、親族や一般参列者がいることの方が少ないからです。ただし、もしも参列者として閉眼供養に立ち会うことがあれば、お香典を用意しておくと大変丁寧でしょう。

  • 数珠

仏教では、礼拝の時に必ず数珠を手にかけます。忘れないようにしましょう。

詳しくは「墓じまい お布施」の記事、「閉眼供養」の記事をご覧ください。

「お墓の撤去工事」「僧侶のいない墓じまい」の時の服装

お墓の撤去工事とは、閉眼供養後に行われる石材店による墓じまいの工事のことです。工事への立会いの際は、喪服の着用は不要です。

また、墓じまいをする際は、原則として事前に僧侶による閉眼供養を行うものです。しかし中にはさまざまな事情で、閉眼供養なしに墓じまいを行うケースもあります。この場合法要という儀礼がないために、喪服は着用しなくても構わないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
墓じまいの服装は、まず基本として準喪服を着用します。ただし、配慮すべき親族や参列者が立ち会うことが少なく、野外での法要であるため、くれぐれも無理のない服装を心がけましょう。夏の暑い日もあれば、冬の寒い日もあります。山の上や足元の悪い墓地もあることでしょう。体調管理やけが予防を最優先に考えて、これまでの感謝を込めた墓じまいや閉眼供養ができるとよいですね。

では最後に、この記事のポイントを箇条書きでまとめます。

  • 墓じまい・閉眼供養の服装は平服で問題ない。
  • 喪服を着る場合は、準喪服や略喪服を着用する。
  • 準喪服とは、一般的な喪服。男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマル。
  • 略喪服とは、スーツやシャツなどの平服。色や柄が地味なものを選ぶ。
  • 閉眼供養に立ち会うのはごく近い身内だけで野外で行われるため、無理のない服装が望ましい。
  • 子供の服装は、学校の制服、リクルートスーツなど。なければ地味目な色の服。
  • 夏の暑さや冬の寒さには万全の対策をとる。
  • 雨の日だからといって特別に服装が変わらない。傘やテントを使用する。
  • 山奥や足場が悪いところは歩きやすい服装でよい。
  • 服装に迷った場合は、供養をしてくださる僧侶に相談するのおすすめ。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。


監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

墓じまいの際、閉眼供養(浄土真宗では遷仏法要)を行うことが多いのですが、喪中というわけではないので、喪服で全身コーディネートする必要はありません。ただし華美で露出が多いデザインは避け、カジュアルすぎない落ち着いた服装を選びます。アクセサリーもパールやジェットでなければいけないというわけではありませんが、控えめが無難です。数珠は冠婚葬祭問わず、法要の際は持参します。

閉眼供養(遷仏法要)は、本堂で行う場合と、墓前で行う場合があります。法要を終えた後は、納骨室から遺骨を取り出します。あらかじめ石材店との打ち合わせもしておきましょう。