【墓じまいーお布施】アイキャッチ画像

お墓を自分の代で終わりにしてしまう「墓じまい」を希望する方は増えてきています。しかし、墓じまいにはどのぐらい費用がかかってくるのか悩む人も多いかもしれません。

墓じまいをする理由は人によってさまざまですが、経済的な理由で検討している場合は、お墓を撤去する費用やお布施など総合的にどのぐらいかかるか心配でしょう。

この記事ではこのような疑問を解消!

  • 墓じまいにはどのぐらい費用がかかるの?
  • 墓じまいの際にはお布施は絶対に必要なの?
  • お布施を渡す場合の金額の目安は?
  • 今までに墓じまいでどんなトラブルがあった?

また、菩提寺がある場合、檀家をやめる際に高い解約金を請求されたということも話題になっています。

そこで、この記事では「墓じまいの際にどのぐらいお布施を包む必要があるのか」「墓じまいをする場合の流れ」について詳しく解説していきます。

さらに、檀家をやめたときのトラブル事例についてもご紹介いたしますので、墓じまいで悩んでいる方には必見です。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。

お布施とは僧侶ではなくお寺へ捧げるもの

本来、お布施とは僧侶に対してではなく、菩提寺へ捧げる寄付という考え方があります。

菩提寺とは、先祖のお墓がお世話になっているお寺のことです。
日ごろから、先祖代々の霊の供養をしてもらっている大切なお寺へ寄付金を献上するといったほうがわかりやすいでしょうか。

僧侶へ「お布施の金額はいくらですか?」といった質問をすると、多くは「お気持ちで結構です」という回答が来ます。 これは、僧侶がお布施の金額を決めているわけではなく、お寺へ捧げてくれる寄付であるため「お気持ちで」といったあいまいな回答になるのです。

現代においては、僧侶に対するお礼という気持ちや状況に応じた金額ばかり気にする人が多いかもしれません。しかし、お布施を渡す際は本来の意味をよく理解したうえで包んだほうが気持ちよく渡すことができるのではないでしょうか。

墓じまいのときにお布施が必要なケース

墓じまいをするときは、お布施が必要なケースがあります。お布施が必要なケースとは、僧侶を呼んで読経をお願いするようなときです。

ここでは、墓じまいのときの閉眼供養や納骨先での開眼供養などの供養について見ていきましょう。   

お墓から魂を抜く閉眼供養に対するお布施

墓じまいをするお墓から先祖の魂を抜く閉眼供養を行う場合にはお布施が必要です。

閉眼供養を行うかどうかは、墓じまいをする人の気持ち次第といえるでしょう。寺院墓地や公営墓地、民営墓地でも閉眼供養を行うかは変わってきます。   

寺院墓地の墓じまいはお布施が必要になる

寺院墓地で墓じまいを行う場合は、お布施が必要です。寺院墓地の場合は、常日頃から先祖代々の霊を供養してもらっていたことになります。

そのため、墓じまいをする際も、菩提寺の僧侶へ閉眼供養を依頼するのが一般的です。
閉眼供養をしないで墓じまいをしようとするとトラブルのもとになりかねませんので注意しましょう。

なぜなら、閉眼供養をしていないお墓を石材店では解体しないというところが多いからです。寺院墓地の場合は、マナーとして閉眼供養をしてお布施もしっかりと包む必要があります。    

公営墓地や民営墓地の場合は閉眼供養するときにお布施が必要

公営墓地や民営墓地の場合は、僧侶へ閉眼供養を依頼する場合にお布施が必要です。
寺院墓地と異なり宗旨宗派の決まりごとではないため、閉眼供養をやらないという選択もできないことはありません。

しかし、寺院墓地でも記載したように、閉眼供養をして魂抜きしていないお墓を解体してくれる石材店がいないと難しい話になります。

閉眼供養していなくても解体してくれる業者を見つけられれば、閉眼供養は不要でお布施も不要です。しかし、現実的にはそのような石材店のほうが少ないため、閉眼供養およびお布施が必要になると考えておいたほうが良いでしょう。   

墓じまい後の遺骨を納骨する先で供養する場合

墓じまいのときだけでなく、取り出した遺骨を次に納骨する先で供養する場合もお布施が必要になります。納骨先で、僧侶を呼んで供養をする場合はお布施を包むことが必要です。   

新しいお墓で開眼供養を行う場合はお布施が必要

新しいお墓で開眼供養を行う場合は、お布施が必要になることが多いです。ただし、個人墓なのか、合葬なのか、散骨なのかなどで対応も異なってくるでしょう。   

個人墓の場合

両親や、親族のお墓を墓じまいして、自宅近くのお墓に納骨するような場合は、僧侶を呼んで開眼供養を行う人も多いためお布施が必要になります。
ただし、公営墓地や民営墓地の場合は開眼供養を行わなくても納骨は可能です。

合葬の場合

合葬の場合は、お布施は不要のケースが多いです。合葬とは、他の遺骨と合同で納骨される永代供養タイプのお墓になります。合同葬や合祀などといわれることもあるでしょう。

墓石や樹木葬などタイプはさまざまですが、多くは契約時に支払う金額に供養する費用が含まれているためお布施は不要です。

散骨の場合

散骨の場合もお布施は不要です。散骨とは、故人の遺骨を特殊な機械を用いてパウダー状に砕き海や山へ撒くという供養方法になります。

永代供養の一種にもなりますので、あらためて僧侶へ供養をしてもらうという人は少ない傾向です。もちろん、散骨する際に僧侶を手配して読経を依頼するなど行えば、お布施は必要になりますので注意しましょう。

墓じまいをするときや、墓じまいのあとなど、さまざまなケースでお布施が必要になることがあります。しかし、基本的には僧侶へ読経を依頼するようなことがある場合にお布施が必要になると覚えておくとわかりやすいでしょう。

墓じまいの際に包むお布施の4つの常識

墓じまいの際に包むお布施の常識は主に4つあります。お布施を包む際に迷ってしまいがちな内容について確認していきましょう。

  • お布施を包む袋は不祝儀袋を選ぶ
  • 表書きは「御布施」が一般的
  • 入れるお金は肖像画が表かつ上に
  • お布施を渡すタイミングは供養の前後

1.お布施を包む袋は不祝儀袋を選ぶ

お布施を包む袋は不祝儀袋を選びましょう。コンビニや100円ショップで販売されているようなもので問題ありません。   

2.表書きは「御布施」が一般的

不祝儀袋の表に記載する文字は「御布施」が一般的です。すでに御布施と印字されているものでも良いでしょうし、記載がなければ濃墨の筆ペンなどで記載しておくと無難でしょう。

3.お金は肖像画が表かつ上に入れる

不祝儀袋の中に入れるお金は肖像画が表かつ上にくるように入れます。また、お札は新札でも古いお札でもどちらでも問題ありません。

「法要なのだから新券ではだめなのでは?」と思った方もいるのではないでしょうか。しかし、新券がマナー違反なのは、お通夜や告別式など葬儀の際の香典です。

香典は、不幸に対してあらかじめ用意しておくものではないため新券はNGですが、墓じまいの法要は事前にわかっていることですのでマナー違反にはなりません。   

4.お布施を渡すタイミングは供養の前後

お布施を渡すタイミングは、供養を行う前後が無難でしょう。供養前と供養後の場合でどのような形で渡せばよいのか確認していきます。    

供養の前の場合

供養の前にお布施を渡す場合は、僧侶へあいさつするときが良いでしょう。法要当日に僧侶がお見えになったとき、「本日はどうぞよろしくお願いいたします」という言葉とともにお布施を渡すと自然に渡すことができます。    

供養のあとの場合

供養の後にお布施を渡す場合は、僧侶の説法が終わったあとが良いでしょう。「本日は、お心のこもったおつとめいただきありがとうございました」というあいさつとともに、「ささいではございますが、こちらはお礼です」と伝えて渡すのが無難です。

墓じまいの供養を依頼したときに渡すお布施の相場

墓じまいの供養の依頼を僧侶にした場合の相場は数万円です。ここでは、「閉眼供養」「開眼供養」「御車代」「御膳料」について見ていきましょう。

  • 開眼供養のお布施の相場
  • 閉眼供養のお布施の相場
  • お車代の相場
  • 御膳料の相場

閉眼供養の相場

閉眼供養の相場は、3万~10万円程度です。かなり開きがある金額ですが、地域やお寺によっても差があるというのが実際のところ。  

開眼供養の相場

開眼供養の相場も、3万~10万円程度です。墓じまいのあとに新しいお墓へ納骨が必要な際は開眼供養をする人もいるでしょう。その場合は、閉眼供養とは別にお布施が必要になります。  

御車代の相場

御車代の相場は、5,000~1万円程度です。僧侶が移動を必要としない菩提寺で行われた場合は必要ありません。お墓まで走路へ足を運んでもらったときに御布施とは別に御車代としてお渡しします。  

御膳料の相場

御膳料の相場は、5,000~1万円です。法要のあと、会食が設けられている場合に僧侶が参加しなかったとき、お渡しするのが御膳料です。

もし僧侶が会食へ参加するときは御膳料を渡す必要はありません。ただ、閉眼供養の際に会食を開くことは少ない傾向です。

法要内容 御布施の相場 注意点
閉眼供養の相場 3万~10万円 地域やお寺によって差がある
開眼供養の相場 3万~10万円 地域やお寺によって差がある
御車代の相場 5,000~1万円 僧侶が車で来たときに渡す
御膳料の相場 5,000~1万円 僧侶が会食を欠席するときに渡す

墓じまいで起こる離檀料トラブルと対応方法

墓じまいを行う際に離檀料を巡ってトラブルになることも少なくありません。対応方法がわからず法廷闘争になったというケースもあります。

離檀料とは、檀家をやめるときに菩提寺が檀家へ請求する解約金のようなものです。どのお寺にも必ずあるわけではありません。

檀家とはお寺を経済的に支えているサポーターといったほうがわかりやすいでしょう。
自分が墓じまいする際に同じようなトラブルに巻き込まれないためにも、トラブル例を頭に入れておきましょう。

  • 離檀料トラブルの例
  • 離檀料トラブルの対応方法

離檀料トラブルの例

実際に離檀料のトラブルの例をいくつか見ていきましょう。    

離檀料を80万円請求されたケース

東京都内在住のA氏(65歳)は、実家の長野県松本市にあるお墓参りの際、住職へお墓を移したいという相談をしたところ80万円を請求されたそうです。

A氏は自分も70歳が近くなり、親のお墓だけでなく自分の体力などにも心配があったのですが支払うかどうか途方に暮れています。    

離檀料100万円請求されたケース

B氏は、北陸にあるお寺に墓じまいを依頼した際、100万円の離檀料を請求されました。B氏は、あまりの暴利な請求に憤慨し弁護士を立てたそうです。

結果的に、交渉をした結果裁判にいたる前にお寺側が折れて和解となりました。その結果は10万円の離檀料です。   

離檀料トラブルの3つの防止策

離檀料トラブルの防止策は主に3つあります。

  • お墓の事情も理解する
  • 僧侶とじっくり話をする
  • 行政書士などの専門家へ依頼する

お墓の事情も理解する

お墓の事情もある程度理解する必要はあります。そもそも、お寺は檀家がお金を出し合って長年維持してきたというのが実情です。

つまり、檀家が減ってしまうと、お寺を支援してくれるサポーターが一人減るわけですから、お寺の経営状態も悪化するといえます。そういった事情で苦肉の策で離檀する人に僧侶が請求している可能性もあるのです。

だからといって、法外な金額を請求していいことにはなりません。ただ、お寺の事情も考えたうえで話を進めればトラブルに発展せず話し合いで解決する形も模索できるでしょう。   

僧侶とじっくり話をする

トラブルにならないためには、じっくりと僧侶と話をする時間を設けることも必要です。こちらの事情をしっかりと説明したり、相談したりすれば僧侶も親身になって話を聞いてくれることでしょう。

しかし、お墓参りのついでに自分の事情だけを僧侶へぶつけてしまっている檀家も少なくありません。「法的に問題ないから、すぐに離檀できて当然」というような今まで先祖がお世話になったという恩や礼もないような態度で話をすれば、無礼な印象を与えてしまう可能性があります。

真摯かつ、丁寧に説明することで折り合いがつけられるケースも増えるでしょう。  

行政書士などの専門家へ依頼する

行政書士など専門家へ依頼することも一つの方法です。代理人に交渉を依頼すれば、費用が5万~10万円程度かかる可能性があります。

しかし、何回も遠方まで足を運び、話がまとまらないのでは、その費用もばかになりません。また、感情的になってしまい交渉ができないような場合も、法律の専門家などへ依頼すると短期間で解決できる可能性が高まります。

墓じまいにともなう離檀料のトラブルは檀家とお寺双方の事情が理解されない状態で起こってしまうものです。お寺とトラブルになって先祖が悲しむことがないように、墓じまいをする際は丁重に僧侶と話を進めていきたいですね。
どうしても自分では難しい場合は、行政書士などの専門家へ依頼することも検討しましょう。

墓じまい8つの流れと全体の費用目安

墓じまいをする際の流れは主に8つです。内容によっても費用が掛かるものがありますので、あわせて確認していきましょう。  

1.墓じまいあとの納骨先選定

墓じまいを検討している場合は、まず納骨先を選定しておきましょう。  

2.現在の墓地の管理者へ連絡する

墓じまいをする場合、墓地の管理者へ連絡する必要があります。
特に寺院墓地の場合は、お寺との関係が崩れないよういきなり離檀という形ではなく、相談をして僧侶の意見を聞くことも大切です。

民営墓地や公営墓地の場合この手順は抜かしても問題ありません。  

3.新しい納骨先から「受入証明書」をもらう

新しい納骨先から、「受入証明書」をもらいましょう。

永代使用許可書」などをもらえる場合もあります。要は、遺骨の行き先をしっかり契約してあることが第三者へ証明できる書類が必要ということです。交付自体に費用は掛からないでしょう。  

4.現在の墓地の管理者から「埋葬証明書」をもらう

現在納骨されている墓地の管理者から「埋葬証明書」をもらいます。これは、間違いなく墓地に納骨されていたという証明書になるため必要です。

民営墓地や公営墓地の場合は、管理事務所へ連絡をすれば必要な書類を記載後スムーズに発行ができるでしょう。

しかし、寺院墓地の場合は、上述したように離檀がともなうことから、離檀料を払わないと「埋葬証明書」を出さないというケースもあるので注意が必要です。  

5.改装許可書を自治体でもらう

受入証明書」「埋葬証明書」がそろったら、現在納骨されている墓地の自治体へ改装許可申請を行います。書類に不備がなければ、改葬許可書の発行が完了です。  

6.閉眼供養をして遺骨取り出し

自治体から改装許可書がもらえたら、閉眼供養をして遺骨を取り出しましょう。閉眼供養の相場は3万~10万円程度です。  

7.墓石の解体・更地にして墓地を返還する

墓石を解体し更地にして墓地管理者へ返還します。一般的には石材店へ墓石の解体を依頼することが多い傾向です。墓石解体の相場は10万~30万円程度

地域や石材店によっても異なります。主に「石材の量」「墓石の工事のしやすさ」で金額は決まる傾向です。

例えば、広い敷地の墓地の場合はたくさんの石材の量を使っていることも多く、解体および石の処分が割り増しされます。また、解体する墓石の場所が狭くて重機が入れない場合も値段が高くなりがちです。  

8.移転地で遺骨を供養

お墓を更地にして返還できたら無事新しい納骨先で供養が行えます。

墓じまいの流れ 寺院墓地の場合の費用目安 公営・民営墓地の場合の費用目安
1 墓じまい後の納骨先選定
  • 合葬墓:10万~30万円程度
  • 散骨:5万~20万円程度
2 現在の墓地の管理者へ連絡する
3 新しい納骨先から「受入証明書」をもらう
4 現在の墓地の管理者から「埋葬証明書」をもらう
  • 離檀料:10万~30万円程度で解決していることが多い
5 改装許可書を自治体でもらう
6 閉眼供養をして遺骨取り出し
  • お布施:3万~10万円
7 墓石の解体・更地にして墓地を返還する
  • 10万~30万円程度
8 移転地で遺骨を供養
合計
  • 合葬墓
    33万~100万円程度
  • 散骨
    28万~90万円程度
  • 合葬墓
    23万~70万円程度
  • 散骨
    18万~60万円程度

※墓じまいで永代供養を選択した場合を想定しています

まとめ

墓じまいの流れやお布施について解説してきました。自分の場合はお布施が必要かどうかはもう迷う必要はありませんね。それ以外にも、お寺の経営事情や石材店が開眼供養しないと解体してくれないことが多いことなども理解することができたのではないでしょうか。もう一度、この記事のおさらいをしてみましょう。

    • お布施は本来お寺に捧げるもの
    • 墓じまいで閉眼供養を行う場合、お布施は必要
    • 納骨先で供養を行う場合もお布施は必要
法要内容 御布施の相場 注意点
閉眼供養の相場 3万~10万円 地域やお寺によって差がある
開眼供養の相場 3万~10万円 地域やお寺によって差がある
御車代の相場 5,000~1万円 僧侶が車で来たときに渡す
御膳料の相場 5,000~1万円 僧侶が会食を欠席するときに渡す
    • お布施を包む袋は不祝儀袋を選ぶ
    • 表書きは「御布施」が一般的
    • 入れるお金は肖像画が表かつ上に
    • お布施を渡すタイミングは供養の前後
    • 寺院墓地で墓じまいをする際は僧侶へ相談からはじめるのが無難
    • 離檀料でトラブルになるケースが増加傾向
    • トラブル防止策1.お墓の事情も理解する
    • トラブル防止策2.僧侶とじっくり話をする
    • トラブル防止策3.行政書士などの専門家へ依頼する
墓じまいの流れ 寺院墓地の場合の費用目安 公営・民営墓地の場合の費用目安
1 墓じまい後の納骨先選定
  • 合葬墓:10万~30万円程度
  • 散骨:5万~20万円程度
2 現在の墓地の管理者へ連絡する
3 新しい納骨先から「受入証明書」をもらう
4 現在の墓地の管理者から「埋葬証明書」をもらう
  • 離檀料:10万~30万円程度で解決していることが多い
5 改装許可書を自治体でもらう
6 閉眼供養をして遺骨取り出し
  • お布施:3万~10万円
7 墓石の解体・更地にして墓地を返還する
  • 10万~30万円程度
8 移転地で遺骨を供養
合計
  • 合葬墓
    33万~100万円程度
  • 散骨
    28万~90万円程度
  • 合葬墓
    23万~70万円程度
  • 散骨
    18万~60万円程度

墓じまいは、大切な先祖のお墓を整理する厳粛な儀式です。

法律的に自由にお墓のお引っ越しはできるものの、もし自分のお墓が寺院墓地の場合は丁寧に話を進めたほうが良いでしょう。

離檀料トラブルの話を聞くと、墓じまいをすることに尻込みしてしまうかもしれませんが、僧侶も人間です。事前に相談したり、事情を伝えたりすればどこかで折り合いをつけてくれることもあるでしょう。

御布施に関しても、決まった金額を渡せばよいという考えではなく、本来のお布施の意味を思い起こすことで、先祖やお寺への感謝の気持ちがわいてくるのではないでしょうか。


監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

お布施は「布を施す」とあるように、昔は高価だった布を渡したことがその語源となっています。

本来の意味は、他人に施しを与えることで、金品などを施す財施、教えを説く法施、心のやすらぎを与える無為施の三施のことをいい、お金を渡すお布施は財施のことをあらわしているにすぎません。

そうはいっても、現代では、お経に対しての対価、法要に対しての対価、という意味で捉える人が圧倒的に多いでしょう。お布施の額に決まりはありませんが、1回の法要で1万円~3万円程度が多く、四十九日法要、一周忌法要、三回忌法要等、特別な場合は3万円~5万円が多いようです。墓じまいの場合は、2~3倍くらいだと双方が納得しやすい額かもしれません。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。