お車代の金額や表書きについて解説

スポンサーリンク
祭壇前で読経する僧侶

お車代(御車代)とは?

通夜や葬儀の際に僧侶に出向いてもらったら、お礼として僧侶にお車代を渡します。
お車代は、僧侶の送迎をしない場合に用意します。
そのため、お寺で葬儀を行う場合や車を手配した場合には不要です。

また、神官に出向いてもらった時にも渡します。

なお、葬儀の場合には、結婚式のように、参列者にお車代を出すことはありません
結婚式の場合には、遠方から来られる参列者にはお車代は出しますが、通常、葬儀では喪家側が負担することはありません。
ただし、通夜・葬儀などは急な事なので、宿泊場所の手配などを喪家で行って、宿泊費を喪家側で持つケースなどもあります。

お車代の金額

お車代の金額は5,000~10,000円が一般的です。

ただし、菩提寺が遠方で遠くから来て貰う場合には、1万円で収まらないこともあります。
その場合には、少なくともタクシーの往復分くらいにはなるようにお車代を多く渡します。

お車代の封筒

無地の白い封筒を使い、水引、のしはありません。

お寺に不祝儀事があったわけではないので、封筒は無地の白い封筒を使います。

お車代の表書きの書き方

表書きは、お車代御車代として、毛筆か筆ペンで、普通の墨で書きます。
喪主の氏名は、御車代よりもやや小さめに、普通の墨で書きます。
僧侶に不幸があったわけではありませんので、薄墨では書きません。

お車代

最近は、あらかじめ表書きがプリントされた封筒も販売されています。

お車代を渡すタイミング

御車代は、お布施の袋とは分けて、葬儀が終わってからか、お通夜の前か後に渡します。

お布施・お車代・ご膳料の相場

ご膳料は、僧侶が葬儀や法要の会食を辞退された時に渡すもので、お車代と同じく5,000円~10,000円が相場です。

また、お布施の相場については、コチラのページを参考ください。

葬儀

お布施:30万~100万円(戒名料含む)
お車代:5,000円~10,000円
御膳料:5,000円~10,000円

四十九日

お布施:3万~5万円
お車代:5,000円~10,000円
御膳料:5,000円~10,000円

納骨式

お布施:5万~10万円
お車代:5,000円~10,000円
御膳料:5,000円~10,000円

一周忌

お布施:3万~5万円
お車代:5,000円~10,000円
御膳料:5,000円~10,000円

三回忌

お布施:3万~5万円
お車代:5,000円~10,000円
御膳料:5,000円~10,000円

お布施・お車代などの定額サービスもあります

お寺に法事、法要をお願いすると、お布施の他に、お車代お膳料心づけなどが必要になり、一般的には、合計50万円程度が相場と言われています。
ただ、これらの金額は寺院によって異なったり、また後々追加で費用が発生することもあります。
そして、これらが元でトラブルになることもしばしばあります。

そのような背景を受けて、最近では、お坊さん便やてらくるといったサービスが生まれています。

お坊さん便ではお車代などを含めたお布施料金は定額45,000円で利用することが可能です。
インターネットで簡単に手配予約ができるので、菩提寺がない方や、寺院の檀家となることに抵抗のある方は検討してみるとよいでしょう。

法事・法要なら定額のお坊さん便

お坊さん便リンク

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索