【墓じまい トラブル】本文

先祖代々から引き継がれてきたお墓を自分の代で片付けようとするとトラブルになるケースがあります。
しかし、事前準備をきちんとしておくだけで回避できるものもあります。

この記事では以下のような疑問を解消!

  • 「墓じまいのトラブルってどんなものがある?」
  • 「墓じまいをスムーズに進めるにはどうすればいい?」

自分以外にお墓に関わる人として、親族・寺院・石材店などがあります。
各々の立場による考えや主張もあるため、周囲からの合意や納得を得られないまま墓じまいを進めるとトラブルの原因になってしまいます。

さまざまな事情・背景があるなかで墓じまいを検討しているのに、思わぬところでトラブルになることもあり得るということです。

この記事では墓じまいで考えられるトラブルとその回避方法を詳しく解説しています。
トラブル回避のためのヒントになるようにお役立てください。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

墓じまいのトラブルのほとんどは、親族・寺院・石材店

危篤の知らせを受ける女性

ご先祖様のお墓が無縁にならないよう、よかれと思って墓じまいをするのですが、そのためにトラブルに巻き込まれてしまった事例はたくさんあります。

墓じまいのトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか。親族、寺院、石材店とのトラブルを、それぞれ事例を交えてご説明いたします。

親族とのトラブル

親族とのトラブルの根っこには、「お墓のことが大切だ」という想いがあります。
大切だからこそ、突然お墓がなくなったことに憤りを覚えるのですし、お墓を失うことで「バチが当たる」などと恐れてしまったりするのです。

たしかに、お墓の維持管理は祭祀承継者である施主の務めです。
しかし、お墓参りの権利は全ての人に等しくあるからこそ、苦言を呈される可能性があるのです。

もちろん、祭祀承継者ひとりが親族の想いを全て背負うのはとても大変なことで、なかば気の毒にも思います。

その中で、私たちはトラブルを防ぐためになにができるのか。
まずは、親族とのトラブルの具体的な事例を見ていきましょう。

親戚からの苦言を呈る

トラブル内容

祭祀承継者である自分にはあととりがないため、お寺とも相談して、元気なうちに墓じまいをして先祖や両親の遺骨を永代供養にした。すると叔父や叔母から、「お墓参りができない」と苦言を呈された。

原因

お墓をどのように維持管理するかは祭祀承継者の権限なので法的には咎められません。
しかし、法律で割り切れる問題ではないことは言うまでもありません。
お墓が家のつながりを象徴している限り、祭祀承継者はその役目として亡き人やご先祖様の供養だけでなく、周りの人たちのお参りの環境を整えてあげなければなりません。
なぜなら、お墓をどのように管理するかは祭祀承継者の権限ですが、お墓参りの権利は誰にでもあるからです。
この事例の場合は、事前に叔父や叔母に相談しておけばよかったのかもしれません。
あなたにとって親を大切に思うのと同じで、叔父や叔母にとっても兄弟(あなたの親)は大切な存在なのです。

本家の墓を受け継ぐことの負担

トラブル内容

数代続くお墓の墓守りが精神的にも金銭的にも厳しい。しかし、墓じまいしたいことを親戚に相談してみると激しく怒られた。

原因

旧民法では、家督を継ぐのは長男と決まっていました。
例えばあなたが長男の子だとします。そしてそのお墓の中に入るあなたの父も長男で、祖父も長男だとします。
するとあなたの兄弟、あなたの父の兄弟、あなたの祖父の兄弟にとって、その家の墓には血を分けた古いご先祖様がいることにあります。これがいわゆる「ルーツ」です。

本家のお墓は代が下れば下るほど、兄弟が多ければ多いほど、影響を及ぼす範囲が大きくなります。つまり、分ける子孫の数も多いことを意味します。
本家のお墓を承継してしまったら、なおのことお墓の維持管理には慎重にならなければいけません。

いまは長男のあなたが祭祀承継者ですが、物理的、金銭的に墓守りが困難であるならば、まずは他の人に譲る相談をしてみましょう。
それでも引き受け手がいない時にはじめて墓じまいを検討してはどうでしょうか。

寺院とのトラブル

墓じまいで寺院との間でトラブルになるのは、主に「魂抜き」や「離檀」を巡ってのことです。もちろん、すべての寺院との間でトラブルが起きるわけではなく、むしろ理解のある寺院の方が多いでしょう。

トラブルの原因は、寺院側だけにあるのではなく、むしろお互いの意志疎通がとれていない事の方が多いでしょう。

魂抜きをしなかった

トラブル事例

寺院に魂抜きをしてもらわずに墓じまい工事をしてしまった。あとからそれを知った菩提寺や親戚たちから非難された。

原因

墓石の解体撤去前には、寺院に魂抜きの法要をしてもらいます。これを「閉眼法要」や「性根抜き」などと言いますが、このことを知らない人が意外に多くいます。
墓石の中にはその宗派の御本尊(礼拝の対象となる仏様)がいると考えられていますし、長年にわたって、たくさんの家族や親戚が、亡き人やご先祖様の供養を祈ってきたわけで、いわば「念」が込められています。

魂とはそもそも目に見えないものなので、魂抜きが必要とないと考える人にとっては寺院を呼ぶ必要はありません。
しかし仏事の常識として墓じまいの時には魂抜きをしますし、それゆえ菩提寺や寺院は非難してきたのでしょう。
ただし菩提寺は、施主の無知を責めるくらいであるならば、むしろそのようなことを宗教者として教えられなかったとして、その責任の一端を背負ってほしいものです。

寺院に何も伝えずに撤去工事をした

トラブル事例

石材店との契約も済み、工事当日にお寺に出向いたら、住職に工事を拒絶された。石材店は境内に入れてもらえず、「こちらは何も聞いていない」と言われた。先に相談しておけばよかった。

原因

寺院の境内にあるお墓を撤去するのであれば必ず事前に住職に相談しましょう。
この事例には3つの大きな問題が潜んでいます。

  1. 職人や工事用重機が寺院の境内(いわば人の土地)を出入りするその許可を当日まで取っていなかった
  2. 魂抜きをすることなく墓じまい工事に臨もうとした
  3. 改葬許可申請のための申し出を改葬元の墓地管理者である住職に相談していなかった

(1)は、まずなによりも境内でそれだけの大掛かりな工事をするのであれば、事前に住職やその家族に相談しておくのが一般常識です。
(2)に関しては、前の章段でも触れた通り、墓じまいの前には魂抜きをすることが仏事の慣例になっています。
(3)は、法律に触れかねません。墓じまいをして遺骨を移す時には、改葬元の墓地管理者(この場合は住職)の署名と捺印が必要です。今回の件では改葬許可手続きを怠ったわけです。

以上3つの理由から、住職は墓じまい工事を拒絶したのです。

墓じまいで離檀料を請求された

トラブル事例

田舎の菩提寺の境内にある墓石を墓じまいして、都会のお寺に永代供養をしてもらおうと思う。事前にその相談を住職にしに行ったら離檀料を請求された。不当だ。

原因

離檀とは、檀家をやめることを意味します。
このケースでは、他のお寺に永代供養をお願いすることで離檀になってしまうのです。
離檀の時に包むべきとされる離檀料は法的には不要だと言われています。
寺檀関係(菩提寺と檀家の関係)を結ぶ時に契約書を交わし、離檀についての取り決めが記載されていれば話は別ですが、檀家になるのに契約書など交わしません。
となると、離檀料はお布施の一環として捉えられます。

これまでの先祖供養への感謝の気持ちを込めて包むべきものなのでしょうが、それを寺院側から請求するというのは不当に思えても仕方ないでしょう。
それでも話がこじれて、墓じまいが思うように進まないのであれば弁護士に相談するほかないでしょう。

お寺が勝手に墓じまいしていた

トラブル事例

海外赴任が続き、数年ぶりに帰国してご先祖様のお墓参りに行くと墓地全体が妙にきれいになっている。そしてわが家のお墓のあるべきところにお墓がない。
お寺に訊ねると数年前に無縁墓を整理したとのこと。しかもそのためにかかった費用を請求してきた。連絡がつかなかったからとはいえ、あまりにも不当だ。

原因

現代では、日本中、世界中を飛び回って生活をしている人もいるでしょう。
その反面、寺院や行政は無縁墓の処理について頭を悩ませています。
法律では数年間管理費が滞納され、所有者に連絡がつかない墓石は、官報にその旨を掲載して、立て看板を1年間設置して、何の連絡もなければ無縁墓として撤去してもよいとされています。
たしかに、さまざまな事情でお墓参りが行けないまま無縁墓とみなされてしまったことには同情します。

しかし一方では、墓地管理者側も利用者全体に気持ちよく墓地を利用してもらうための維持管理をしなければなりません。
無縁墓の撤去にはそれなりの覚悟を持って臨んでいます。官報や立て看板の費用、墓石工事の費用などを考えると、1基当たり30万円近くのかかるのを「身銭」を切って墓地の整理をしている、ということは知っておきましょう。

石材店とのトラブル

墓じまいをするためには石材店に墓石の解体撤去工事を依頼しなければなりません。石材店との間に起こるトラブルにはどんなものがあるのでしょうか。

指定石材店

トラブル事例

知り合いの石材店に工事を依頼しようとしたが、お寺が決まった業者を紹介してきた。しかも費用も高く、相見積もりをしたいと伝えても「うちの境内ではこの石材店以外の出入りは認めていない」と受け付けてもらえなかった。

原因

石材店は施主が希望するところにしたいものですが、墓石業界の場合はそれができないことがあります。
民間霊園や寺院墓地の場合、指定石材店制度がごく当たり前のように取られていて、施主は自由に業者の選択ができません。
相見積もりが取れないため費用も言い値になってしまうのが現状です。
指定石材店制度を敷く理由は主に3つあります。

  • 墓地の造成段階で、石材店が出資している
  • 他の業者の施工によって境内が荒らされることを懸念する寺院側の希望
  • 石材店側からの営業によるもの(マージンの可能性あり)

墓地使用契約書に指定石材店の条項が記載されている場合は、その条件を飲むしかありません。
また、契約書のない寺院墓地でも住職の意に反することで、改葬許可証が取得できない可能性もあります。

墓石工事の費用が相場よりも高い

トラブル事例

石材店に50万円で墓じまい工事をしてもらった。あとから別の石材店にその工事内容を話すと「うちなら30万円だよ」と言われた。後悔している。

原因

墓じまいの費用は定価がありません。仕入れがなく、石材の運搬や処分費などを含めた職人の手間賃がほとんどだからです。定価がないためにそもそも相場があってないようなものです。それなりの相場があるとしても石材店によって価格の設定に差があります。
消費者としてできることは、可能な限り複数の石材店から見積もりを取って比較検討することです。
業者同士を競合させることで見積もり価格の抑制につながるでしょう。
ただし、石材店が指定されている場合、相見積もりはできません。

中途半端な状態で工事が終わった

トラブル事例

墓石や石材を撤去したあと、きれいに整地化するはずだったのに、コンクリートのガラが残っていてとても汚かった。

原因

墓じまい工事で気を付けなければならないのは、区画をきちんと更地にして墓地の管理者に返さなければならない点です。
墓石を撤去したその下には基礎コンクリートが打たれており、鉄筋やモルタルなど全てを細かい部分まで撤去して土の状態にしなければなりません。
作業のクオリティは石材店によって異なります。

墓じまいのトラブルを回避するための3つのポイント

ポイントを示す女性

さて、ここまで墓じまいの時に起こるトラブルの一例を取り上げてきましたが、トラブルを回避するために私たちにはいったい何ができるのでしょうか。

親族、寺院、石材店向けにそれぞれにまとめてみました。
ポイントはやはり、いかに相手と普段からコミュニケーションをとっておくかという極めてシンプルなことです。

親族には事前に自分の想いを伝える

大事な親族に対しては、工事に着手する前にこちらの想いや理由を伝えておきましょう。
大事なのは、「事前に」そして「心を込めて」話すことです。

お墓をどのように祀るべきか、その最終決定権は祭祀承継者つまり墓守をしている人に権限にするかがあります。

しかしお墓参りをする権利、亡き人やご先祖様を供養する権利はどんな人にもあるため、墓じまいすることで、誰もが持っているお墓参りの権利を剥奪してしまうということは念頭に入れておきましょう。

周囲の親戚たちのの心情を逆なでしないように、まずは墓じまいをしなければならない理由や背景について知ってもらうのが賢明です。

実際に墓守をする上でどんな困難がつきまとっているのか、どんな不安と向き合わなければならないのかを理解してもらう努力をしましょう。

そして新しい納骨先としてどんな場所や方法を考えているかも含めて、こちらの想いを事前に伝えておけば大体の場合トラブルまでには発展しないでしょう。

そもそも祭祀承継者はあなたです。
それは、墓守をして霊園に年間管理料を支払い、法要の際にお寺にお布施を支払い、墓じまいにかかる費用を負担するのもあなたなわけです。
そんな当人が事情を話せば周囲の理解度もぐっと変わることでしょう。

寺院の住職にも事前に理由を話す

寺院に対しても親族同様、まずこちらがどういう想いや理由があって墓じまいを考えているのかきちんと伝えましょう。住まいが遠方になった。あととりがいない。
こうした事情で墓じまいをする人は非常に多いので、寺院側も残念にこそ思うものの驚きはしないでしょう。

ただし、お寺と檀家の関係は、世代を超えるほどの長い年月をかけてでき上がった人間関係に基づいているところがとても多く、お寺に対して何の説明もなく墓じまいを切り出すとトラブルになりかねません。これまでの感謝を伝えた上で誠意を込めて事情を話しましょう。
これは、離檀料についても同じです。
離檀料はいわゆるお布施で本来は「気持ち」のものです。
お寺が望むほどの金額を包めないのであれば、不本位かもしれませんがそのことも伝えてみるべきでしょう。

石材店には複数の業者を比較検討し、毅然な態度で臨む

石材店とのトラブル回避は、複数業者の相見積もりをすることです。
そして、毅然な態度で臨みましょう。

比較検討することで、見積もり価格を抑制できるのと信頼できそうな石材店を選べます。
石材店が指定されている場合も、契約書を交わしている場合と、そうでない場合とでこちら側ができることが変わってきます。

契約書を交わしており、その中に指定業者についての条項がある場合は仕方ありません。
しかし、契約書を交わしていない墓地であれば業者の指定は不当だと言えますが、とはいえ、ほとんどの利用者は泣き寝入りをし、その業者に依頼することが大半です。

もしもその石材店が提示する費用が高い、あるいは仕事が粗雑だった場合、石材店に対してだけではなく、お寺にもクレームを出しましょう。
石材としては仕事を紹介してくれる寺院の顔に泥を塗るようなことは避けたいため、ある程度の抑止力になるでしょう。

墓じまいは決して悪いことではない

墓じまいは、決して悪いことではありません。
うしろめたさや罪悪感を持つ人は実に多く、その心情は理解できます。
しかし、維持が困難な墓石をそのまま放置して無縁墓にすることの方が、はるかにうしろめたいのではないでしょうか。

亡くなった人やご先祖様の供養はもちろん大切なことですが、それもこの世を生きている人が元気でいられることが大前提です。
ライフスタイルにあわせた供養をするための前向きな墓じまい。

そう考えると、墓じまいをきちんとしておこうと考えることは、ご先祖様を大切にすることにつながっていると言えるのかもしれません。

墓じまい後も供養を続けることはできる

墓じまいをしたあとも、私たちは亡き人やご先祖様を供養できます。
供養とは、あくまでも手を合わすこと、想いを馳せることであり、お墓の形ではありません。

墓石でなくとも納骨堂、樹木葬、永代供養など、遺骨を預けてそこに手を合わせにいくことはできるのです。
さらに自宅に小さな仏壇を構えてもいいでしょうし、手元供養と呼ばれる方法もあります。

お墓は家族やご先祖様とのつながりが感じられるとても大切な場所なので、そんなお墓を処分してしまうことには一抹の寂しさと後ろめたさがつきまといます。

しかし、ご先祖様は、子孫が自分たちのことを思い出してくれる。そのことだけで満足してくださることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
墓じまいのトラブルの多くは、人間関係に帰結します。

普段からのコミュニケーションがどれだけとれているかで、相手のこちらへの理解度は大きく変わります。

もしもそれができないにしても、こちらの一方的な考えやペースで墓じまいを進めるのではなく、相手への説明や相談をきちんとしていくことで、トラブルは大きく軽減されるでしょう。

では最後にこの記事のポイントをまとめます。

  • 墓じまいのトラブルのほとんどは親族、寺院、石材店に対してのもの
  • 親族に対しては、自分自身が祭祀承継者であることを前提にして、周囲の気持ちを逆なでしないように、こちらの想いや事情を話して理解してもらうべき。
  • 寺院に対しても、普段からのコミュニケーションや事前の相談があれば、トラブルは回避できる。
  • 石材店に対しては、契約前に複数の業者を比較検討することで、見積もり価格を抑制し、よい石材店を身極まる。
  • 指定石材店制度がある場合は、契約書の有無を確認。ない場合はそれに従う必要はない。しかし、契約書がなくても泣き寝入りしなければならないことが多いため、菩提寺を通じて石材店を監視することで抑止力となる。なにかあれば、直接石材店にだけではなく、寺院に苦言を呈し、あるいはクレームを出す。
  • 墓じまいは悪いことではなく、ご先祖様を大切にしていることにつながっている。
  • お墓以外にも、納骨堂、樹木葬、永代供養など、供養の方法はたくさんある。

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国8,700件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?