墓じまいした遺骨の扱い方 取り出し方、運び方、改葬先を徹底解説

【墓じまい 遺骨】アイキャッチ画像

墓じまいをする人が増えています。
お墓の中の遺骨を移すことで供養の負担を軽くするためですが、では、遺骨はどのように取り出せばいいのでしょうか。また、墓じまいをしたあとに遺骨はどこで供養すればいいのでしょうか。

この記事では、遺骨の取り出し方、新しい供養の場所への運び方、さらにさまざまな改葬先について詳しくまとめました。
いまあるお墓の維持が大変な人、遺骨の扱いが分からなくて困っている人はぜひとも読み進めていただいて、参考にしていただければ幸いです。

お得にお墓を建てたい方

「霊園や石材の相場が分からない」このようにお墓選びをする方から相談をよく受けます。
悩んでいるうちに、お気に入りの区画が埋まってしまう方もいます。

そこでおすすめなのが、まず2、3霊園の資料請求をしてプロに相談することです。
霊園によっては複数の霊園・石材店を知っているため、あなたにピッタリのお墓の提案がもらえます。
ライフドットではスマホでも3分程度で無料で資料請求が可能。
納得するお墓を探したい方は、まず資料請求してみましょう。

あなたの条件に合う墓地・霊園を検索

墓じまい前に確認すべき3つのポイント

墓じまいを行うにあたり、まずは3つのポイントについて自分たちの想いや状況を確認をしておきましょう。

お墓はご先祖様が眠る大切な場所ですから、一度墓じまいをしてしまうと取り返しがつきません。
墓じまいを行うことによって誰もが納得できるかどうか慎重に事を進めましょう。

  1. 親戚・身内からの合意
  2. 遺骨をどのようにして供養するべきか
  3. 墓じまい/改葬にかかる費用

親戚・身内からの合意

お墓には家族だけではなく、親戚の人たちもお参りに来ます。
もしも親戚の人がいつものようにお墓参りに来てお墓がなかったとすれば、びっくりするだけではなく憤る人もいるでしょう。
お墓を守るのは家族の大切な務めです。

お墓をどこに建てようと、あるいはいつ墓じまいをしようと、墓守をする人の自由ですし、その人の責任のもとに行えば良いでしょう。
しかし気をつけなければならないのは、お墓の管理は家の人の務めだとしても、お墓参りの権利は誰にでもあるということです。
ですから最初の独断で墓じまいをしてしまうと身内や親戚から苦言を呈されることがあるでしょう。

トラブルを回避する上でも、大切な親戚には事前に相談、あるいは合意を取り、お墓に関わる全員が納得できる形で進めましょう。

遺骨をどのようにして供養するべきか

遺骨をどのようにして供養すべきかも考えます。
墓じまいをするとお墓の中の遺骨をどこか別の場所に移さなければなりません。これを「改葬」と呼びます。

主な改葬先として次に挙げるようなものが選ばれています。

  • 新しいお墓
  • 納骨堂
  • 樹木葬
  • 永代供養
  • 散骨
  • 手元供養

それぞれの特徴は後半で詳しく述べたいと思います。

墓じまい/改葬にかかる費用

墓じまいにもそれなりの費用がかかります。
どれくらいの費用がかかるのか事前に調べておき、計画を立てておいた方がよいでしょう。
墓じまいは、ただ墓石を解体撤去すればいいというものではありません。

解体の際にはお寺様に閉眼供養をしてもらわなければなりませんし、改葬先のお寺や霊園と契約をしてお金を払わなければなりませんし、もちろん石材店への支払いも伴います。
それぞれの方面に事前に問い合わせをして何にいくらくらいの費用がかかるのか、おおよその合計でどれくらいのお金を準備しておかなければならないのか確認しておくと安心です。   

墓じまいに必要な4つの手順

墓じまいは、ただ墓石を無くしてしまえばいいというものではありません。
役所やお寺、石材店、新しいお寺や霊園とやり取りをしなければなりません。

墓じまいのためにしなければならない4つの手順を、順番にわかりやすく解説いたします。

  1. 1.改葬先を決める
  2. 2.改葬元の寺院や霊園に墓じまいの相談をする
  3. 3.改葬元の役所に改葬許可を申請する
  4. 4.石材店に工事の依頼をする

1.改葬先を決める

まずは、墓じまいをしたあとに遺骨をどこに納めるかを決めておきます。
別に墓地を設けて立て直すのか、納骨堂や樹木葬にするのか、永代供養という形にして遺骨をお寺に預けるのかなど事前に改葬先を決めておきましょう。

2.改葬元の寺院や霊園に墓じまいの相談をする

墓じまいの方針が決まると菩提寺に相談しましょう。
墓石を解体する場合、お寺による閉眼法要をしてもらわなければなりません。
墓石の中には仏様やご先祖様の魂が宿っていますし、これまで手を合わせてきた家族の想いが込められています。

お寺にきちんと拝んでもらい、これまでご先祖様を祀ってきてくれた墓石に対して礼を尽くした上で解体処分しなければなりません。
また、墓じまいをすることでお寺の檀家をやめなければならないこともあるので必ずその旨も菩提寺に伝えましょう。

特にお墓がお寺の境内にある時は、改葬許可申請のための納骨証明を住職にもらわなければなりません。
ですから墓じまいや離檀に対して住職に合意してもらわなければならないのです。

3.改葬元の役所に改葬許可を申請する

遺骨を別の場所に移すためには、改装元の役所から改葬許可を得なければなりません。
許可を得るためには次の書類を用意しなければなりません。

改葬許可 必要書類

  • 改葬許可申請書(各自治体の書式に従う)
  • 納骨証明書(改葬元の墓地や霊園の管理者からもらう)
  • 受入証明書(改葬先の墓地や霊園の管理者からもらう)
  • その他自治体が指示するもの

これらの書類を全て揃えるには、とても1日では終わりません。
直接足を運ぶ前に、まずはそれぞれの窓口に電話をして経緯を説明しておきましょう。

また役所に対してもどんな書類が必要なのか、事前に電話やインターネットで確認しておきましょう。

4.石材店に工事の依頼をする 

墓じまいの作業は石材店でなければできません。
墓じまいの工事にどれくらい費用がかかるのか石材店に相談しましょう。

費用の内訳は、次のように分けられます。

  • 石碑や巻石などの石材の解体費用
  • 盛り土や残土の除去費用
  • 鉄筋コンクリートなどの基礎部分の解体費用
  • これらの運搬処分費用

解体した石材の運搬や処分は、行政の認可を受けた専門処理業者でしか行えず、石材、金属、コンクリートガラ、土などをすべて分別しなければなりません。
このような手間暇を考えると、それなりの費用がかかってくることが理解できるでしょう。

ですから依頼先を一社に絞るのではなく、複数の石材店と相見積もりを取りましょう。
ただし民営霊園や寺院墓地など、石材店が指定されている場合はその業者に依頼するしかありません。

墓じまいの時の遺骨の取り出し方と運び方

実際に遺骨はどのように取り出すのでしょうか。お墓の中でどのようにお骨が納められているか知らない人もたくさんいるほどですから、ほとんどの人は遺骨の取り出し方を知りません。
この章では遺骨の取り出し方や改葬先への遺骨の運び方などを説明します。

墓じまいでは閉眼供養が必要になる

墓じまいの工事に取り掛かる前には必ずお寺を招いて閉眼法要を執り行います。
お寺には読経をしてもらい、集まった家族は焼香をして墓石を供養します。

服装は平服でも構いませんし、法事の時に着用する黒の略礼服でも良いでしょう。
お花やお供え物を飾り、線香やローソクを灯して準備をします。

石材店に遺骨を取り出してもらう

遺骨は石材店に取り出してもらいましょう。
家族の手で取り出せないことはありませんが、重い石を動かさなければならないために大変危険です。
出張費がかかりますが(1万円程度)、石材店に依頼しておく方が安心です。

カロートは地域によって形状が異なる

遺骨が収まる場所のことをカロートと呼びます。
カロートの構造は地域によって異なります。
九州や沖縄方面では人が入れるほどの大きな納骨室を作り内部が棚状になっています。

関東地方では墓石の地中部分にカロートを作り、コンクリートで骨壷を並べられるよう棚を設けています。
関西地方のカロートはとてもシンプルで、側面を御影石で囲み、底面が土になっています。
カロートの形状によって遺骨の取り出し方が異なります。

骨壺のまま納めるか、遺骨が土に還っているか

納骨の際に骨壺のまま納めているか、壷から遺骨を取り出して土に還しているかによって、遺骨の取り出し方が大きく異なります。
特に関西地方でこのケースが多く見られます。

骨壺から出して土の上や中に埋葬している場合は、土も混ざった状態で遺骨を取り上げるようになってしまうでしょう。
その場合、取り出した遺骨や土はさらしの袋や新しい骨壺に納めます。

取り出した遺骨を移すときの注意点

取り出した遺骨を改葬先まで運ぶには、どのような方法があるのでしょうか。注意点と合わせてご紹介します。

改葬先に指示を仰ぐ

まずは改葬先に注意点などを確認しておきましょう。
納骨堂や合祀などにする場合、寺院や霊園によって方法が異なるからです。

通常は、骨壺の中に遺骨を納めて運べば問題ありません。
しかし、遺骨が土に混じっている、土葬のお墓で白骨化した遺骨の一部が残っているなどの特殊なケースも起こりえます。
現在の遺骨の状況も踏まえて、改葬先に相談しましょう。

骨壺に納めて、きちんと梱包する

遺骨は骨壺に納めて、移動中に割れたりしないようにきちんと梱包しましょう。

遺骨が汚れている場合、新しい骨壺に移し替える

もしも遺骨が汚れている場合は、外側をきれいに拭いたり、新しい骨壺に移し替えるなどの対応をすればよいでしょう。

骨壺にたまった水は事前に捨てておく

長年カロートの中に骨壺を入れておくと中に水がたまっていることがよくあります。
その場合、水だけ先に捨てて、可能であれば風通しのいい場所に置いて遺骨を乾燥させましょう。

土葬のお墓から出てきた白骨化した遺骨

30年から40年前くらいまでは、一部の地域では土葬が行われていました。
もしも墓じまいした場所から土葬の遺骨が出てきた場合は必ず改葬先に相談しましょう。
場合によっては事前に火葬をするなど、なんらかの対応をしなければならないかもしれません。

遺骨を改葬先まで運ぶ際の注意点

改葬先へは、遺骨をどのように運べばいいのでしょうか。
考えられる方法は、自動車、公共交通機関の利用、そして宅配便です。
それぞれの方法の注意点をまとめました。  

自動車で運ぶ

最も安全なのが自動車で運ぶ方法です。
骨壺をきちんと梱包して移動中に割れることが内容に充分に気をつけましょう。

バス、電車、飛行機などの公共交通機関

自動車を持っていない人は、公共交通機関を利用します。
遺骨の持ち込みそのものは問題ありませんが、他の乗客の目に触れて不快感を与えてしまう恐れがあります。
まずは骨壺が破損しないようにきちんと梱包する、その上で他の人の目に触れないように風呂敷で覆う、あるいはバッグなどに入れる配慮が求められます。

遺骨の送骨はゆうパックのみ可能

宅配業者に遺骨を運んでもらうことを「送骨」と呼びます。
現在、遺骨の宅配を受け付けているのはゆうパックのみです。

運搬中に骨壺が割れないように頑丈に梱包し、埋火葬許可証を同封します。
また、お寺側が送骨を受け付けてくれるか必ず事前に確認しておきましょう。

NPO法人の利用

NPO法人によっては送骨のフォローから納骨供養までを一括してサポートしてくれます。
たとえば、NPO法人終の棲家なき遺骨を救う会では、送骨に必要な送り状、クッション材、段ボールなど一式を準備してくれます。
こうしたサポート団体を利用すると安心でしょう。

墓じまいで取り出した遺骨の6つの移動先

墓じまいをして、取り出した遺骨は、新たな場所で納骨供養されます。
主に次の6つが、改葬先のとして選ばれています。
それぞれの特徴と注意点をまとめました。

遺骨の6つの移動先

  1. 新しいお墓
  2. 永代供養墓
  3. 樹木葬
  4. 納骨堂
  5. 散骨
  6. 手元供養

新しいお墓

新たに墓地を購入して、お墓を建て、その中に遺骨を納骨します。
故郷のお墓を処分して、いま現在の住まいの近くに新たなお墓を設ける人が多いようです。
新たな墓地に新たなお墓を建てる方法(墓石の新設)と、改葬元のお墓の石塔だけを引っ越す方法(墓石の移設)もあります。

費用は墓石の新設の方が高くつく傾向にありますが、移設もそれなりの費用がかかります。
ただし、これまでご先祖様が大切にしてきた墓石を引き続き使用するという意味では付加価値が高く、手厚い供養ができるでしょう。

永代供養墓

永代供養とは、お寺に遺骨を預けて供養を任せることです。
自分たちではお墓参りやお墓の維持ができない人たちが永代供養を選んでいます。

遺骨は合祀、あるいは一定期間個別に供養されてそののちに合祀の2つの方法があります。
前者の方が費用を安く抑えられますが、一度合祀してしまうと二度と遺骨を返してもらえなくなるので慎重に判断しましょう。

樹木葬

樹木葬とは、手を合わす対象を墓石ではなく樹木にしたお墓のことです。
里山型と霊園型とがありますが、里山型は地方の山間部でなければ実現できないことから多くの樹木葬は霊園型のものです。

墓地は通常のお墓と同じように区画ごとに販売されますが、納骨をした上に草木や草花を植えます。
また、シンボルツリーの周囲に複数のカロートを設けた個別納骨、共同礼拝のような形態も増えています。

納骨堂

納骨堂とは、納骨施設を備えた建物のことです。主に寺院が経営しています。
個別の納骨施設のことを「納骨壇」と呼び、これにはロッカー型や仏壇型などがあります。
その他、屋内に墓石を設置する墓石型、位牌を並べて供養する位牌型などもあります。

大都市ではビル一棟が納骨堂の自動搬送型も普及しています。
遺骨が礼拝ブースまで自動搬送されることからこのような名称がつけられ、「ビル型」「マンション型」などとも呼ばれています。

散骨

散骨とは山や川や海など自然に向けて粉末状にした遺骨をまく供養の方法です。遺骨をあとに残さないとう新しいスタイルには賛否両論ありますが、にわかに注目を集めています。

散骨を取り扱う業者の多くは海洋散骨を行っています。
近隣の人たちへの迷惑が最もかかりにくいのがその理由でしょう。
散骨は法整備が明確に行われていないために合法違法の線引きが曖昧です。実施の際には十分に注意しましょう。

手元供養

手元供養とは、遺骨を自分の身の回りに置いて故人を偲ぶ方法です。
室内の一角に置いておくおしゃれな骨壺や、肌身につけていられるペンダントなどさまざまなアイテムが登場しています。
あくまで遺骨はなんらかの形で納骨して、その一部を手元供養にするという考え方のもと行われています。

遺骨の移動先で悩むよりも供養の気持ちを大事にする

可能であれば、誰だって先祖が受け継いできたお墓を守りたいと考えるものです。
しかし、社会がそのようなことを許さないようになっているというのが現状でしょう。

お墓がある土地に縛られて、その土地に生まれてその土地で亡くならければならないとすると、多くの人の口から不平が飛び出すでしょう。
いまは自由に好きな場所に住める、好きな仕事に就ける時代です。
だからこそ、仮に遠く離れていても家族や先祖とのつながりは大切にしたいですし、身近に感じていたいと思うものです。

お墓という形にこだわるのではなく、身近に死者を感じられる新しい方法を取り入れることは、決して悪いことではありません。
また、さまざまな事情でどうしても永代供養にしなければならないとしても、それはいたしかたのないことです。
人はいつか亡くなり、弔う人もいつかは亡くなります。

お墓を放置したまま亡くなっていくよりは、きちんと墓じまいをして遺骨をしかるべきお寺に預け、そして自分自身の最期に向き合う方がはるかに誠実な態度でしょう。

墓じまいと永代供養。寂しい思いをするかもしれませんが、残された人の最低限の責務を果たすことも大切ではないでしょうか。

知らない間に墓じまいされた遺骨の探し方

知らない間に墓じまいをされて、遺骨の行き先が分からなくなってしまった場合、その行き先をどのように知ればいいのでしょうか。

一番の方法は、墓守、つまり祭祀継承者に尋ねることです。というより、これより他に方法はありません。
改葬の手続きの上で、改葬元(霊園や寺院)は改葬先まで知る必要がありませんし、知っていたとしても勝手な判断で他の人に(たとえ親戚だとしても)教えるわけにはいきません。

また、改葬許可を出した役所も第三者に改葬先を教えることはありません。
あくまでも家族親族間で解決しなければならない問題ですし、祭祀継承者の判断で行ったのであれば法律的な問題もありません。
どうしても解決しない場合には弁護士などの専門家に相談しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
では最後にこの記事のポイントを箇条書きでまとめます。

    • 墓じまいを行う前には、親族の合意を得て、遺骨の改葬先を決め、墓じまいにかかる費用を予め調べておく
    • 墓じまいの手順は
      1. 改葬先を決める
      2. 改葬元の寺院や霊園に相談する
      3. 改葬元の役所に改葬許可を申請する
      4. 石材店に工事の依頼をする
      の順に行う。
    • 遺骨を取り出す時は、必ず寺院に閉眼供養をしてもらい、石材店に手伝ってもらう
    • カロート(遺骨が納まる場所)の形状は地域によって異なり、遺骨が骨壺から出されて土に還っていることもある
    • 取り出した遺骨の扱いは、必ず改葬先の寺院や霊園に確認しておく
    • 運ぶ際にはきちんと梱包し、骨壺や遺骨が破損しないようにする
    • 改葬先まで運ぶ方法に、自動車、公共交通機関、ゆうパックなどがある
    • ゆうパックでの送骨は、お寺が受け付けてくれるか必ず確認しておく
    • 改葬先には、新しいお墓、永代供養、樹木葬、納骨堂、散骨、手元供養などがある
    • 形よりも供養の気持ちを重視すべき。永代供養や墓じまいは決して悪いことではない
    • 知らない間に墓じまいをされてしまった、遺骨の行き先は祭祀承継者に聞くしかない

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国7,000件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電話相談:0120-907-802 墓じまい相談

地域から霊園検索

人気の霊園・墓地