不要になった墓石の撤去はどうするの?費用と方法を丁寧に解説

スポンサーリンク
積み上げられたさまざまな石

これまでご先祖様を祀ってきた墓石を撤去する人が増えています。
その背景には、故郷と別の場所に住んでいたり、あととりがいないなど、さまざまな社会的な事情があります。

また、墓石の撤去は、墓じまいだけなく、改葬、つまりはお墓のお引っ越しの時にも伴う作業です。
ご先祖様に影響が内容ないように撤去したいと思うでしょうし、普段しないことなので、費用や方法についても分からないことだらけだと思います。

この記事では、墓石の撤去の方法を分かりやすく解説いたします。みなさまの墓石の撤去の参考になれば幸いです。

墓石の撤去(墓じまい)には申告・許可が必要

不要になったお墓を撤去する人が急増しています。
核家族化や供養の多様化など、従来のお墓での供養が困難になっているからです。

墓じまいは、ただ墓石を撤去すればいいわけではなく、役所や霊園や寺院に、それぞれ個別の手続きをして許可を得なければなりません。
墓石の撤去のために何をしなければならないのかをまとめました。

役所から改葬許可を得る

遺骨を今ある場所から別の場所に移すことを「改葬」と呼びます。
改葬をするためには、お墓が建てられている市区町村の役所から、改葬許可を得なければなりません。
改葬許可を得るためには、一般的に次に挙げる書類の準備が必要です。

  • 改葬許可申請書
    自治体によって所定のフォーマットがあるので問い合わせましょう。
    多くに自治体ではネット上からダウンロードで取得できまするでしょう。
    必要事項を記入して提出しますが、墓地や霊園の管理者の署名と捺印も必要になります。

  • 埋火葬許可証(納骨証明書)
    火葬場から発行された埋火葬許可証は、埋葬時に墓地の管理者に預けておくものなので、問い合わせてみましょう。
    もしも埋火葬許可証が見当たらない場合は、納骨していることを証明する書類を作成してもらいましょう。

  • 受入証明書(永代使用許可証)
    移転先の墓地や霊園や寺院から発行された受入証明書を用意しましょう。

  • 申請者の印鑑
    自治体によってはこればかりではないため、詳しくは各自治体の窓口に問い合わせてみましょう。

霊園への返還手続き

墓地を返還する手続きを霊園に対して行います。
よく勘違いしている人が多いのですが、私たちはあくまでも与えられた墓地の永代使用の「権利」を取得しているのであって、墓地そのものの所有権は管理者にあります(市区町村長や、寺院の住職など)。

墓地が不要になったからといって、他人への転売や譲渡はできないので気をつけましょう。
返還手続きはそう難しくなく、霊園が用意する書類に必要事項を記入して提出します。
自治体によっては、永代使用料のうちのいくらかが返金されるでしょう。

寺院による閉眼供養

墓石の中には、仏様やご先祖様の魂が込められていると考えられています。
そんな墓石を勝手に解体して撤去するわけにはいきません。

寺院に来て頂いてきちんと閉眼供養の儀式を執り行います。これを「お性根抜き」とも呼びます。
寺院による供養をきちんと行ってから、石材店に工事に入ってもらいましょう。

石材店による解体撤去工事

実際の墓地での工事は石材店に依頼します。
墓石の解体撤去工事は次のような流れで行われます。

  • 石塔や構造物(霊標や玉垣など)を解体撤去する
  • 根石(巻石)を撤去し、中の残土も処分する
  • 土地を整地化する
  • 解体した石材を運び出し、専門の処分業者に引き渡す

お墓の中にある遺骨の取り出しは、閉眼供養の時に行うのが一般的です。
ただし、お墓の構造によっては墓石を解体しなければ取り出せないケースもあるので、その場合は石材店に協力してもらいましょう。

墓石撤去にかかる費用はサイズでも異なる

墓石の解体撤去の費用には、石材店に支払うものと、寺院に支払うものがあります。
解体撤去の費用はお墓の大きさによっても異なりますし、離檀や閉眼供養の費用も寺院によって異なります。
それぞれを詳しく見ていきましょう。

撤去工事の費用相場

墓石の撤去工事の費用相場は、墓地の面積1㎡あたり、10万円〜15万円ではないでしょうか。
これはインターネット上に公開されている情報や、石材店で働く筆者の経験からの推定です。
実際の費用は現地で見積もりしてもらわなければなりません。

お墓は、ひとつひとつの置かれている状況が全く異なるためです。
見積もりをする上で、石材店がどのようなポイントをチェックするのかをお教えいたします。

主に次の3つの要素で決まります。

  • 石塔の大きさと数
    解体撤去する石塔の大きさと数で費用が変わります。
    墓石業界では、墓石の大きさを竿石の横幅で測ります。
    小さいもので6寸(約18cm)や7寸(約21cm)、一般的なもので8寸(24cm)や9寸(27cm)、大きなもので1尺(30cm)以上のものがあります。

    たかだか竿石10cm前後の差だけでそんなに変わってしまうものかと思われるかもしれませんが、竿石の幅によって、石塔全体の幅や高さも決まってきます。
    墓石のボリュームが異なることで使用する重機や作業の工程も決まり、見積もり金額にも反映されます。

    また、一つの墓地の中に石塔が複数建てられていることもあります。
    墓石の数が増えることで見積もり価格も上昇します。

  • 墓地の面積と体積
    墓地の面積は間口(幅)と奥行きで測れます。
    そしてもう1つ大切なのが体積です。

    「体積」と聞いてもいまいちピンと来ない人が多いと思いますが、面積に根石(巻石)の高さを掛け合わすことで体積が出ます。
    つまり、墓地の根石の縦、横、高さを測るのですね。
    なぜ体積で費用を出すのかというと、その中の残土も処分しなければならないからです。

    筆者の経験でも、高さが60cmや80cmほどの高い盛り土もあり、こうした場合、残土の量、解体する石の量、職人の手間がかさんでしまい、費用も高くなるでしょう。

  • 工事のしやすさ(山の傾斜など)
    工事の時に、トラックがお墓の真横まで入れれば、作業はとても楽です。
    クレーンを延ばせばそのままトラックに乗せられるので、職人の手間は大きく軽減できます。

    ところが、トラックが止められる場所から墓地まで距離がある場合や、墓地が山の傾斜で足の踏み場がないなど、色々なケースがあります。
    石材店によって値付けの金額に差が出るでしょう。

離檀料

離檀料とは、寺院を離れて檀家としてのつながりを解消する時に用意する費用のことです。
法的には支払わなくてもよいとされている離檀料の線引きは、実に曖昧です。

檀家になる時に契約書を交わし、その書面の中に離檀料に関しての記載があれば別ですが、ほとんどの場合は契約書など交わしていないからです。
その上で、慣例的に行われていることなので、用意するかしないか、いくらくらいの金額を包みかは施主の判断によるでしょう。

ちなみに、お墓や遺骨が寺院の中になければ、離壇料を支払わなくても離檀できます。
たとえば市営墓地や、民営墓地などで墓じまいをしてしても、黙っていれば菩提寺にも気づかれませんよね。
実際にこのような形で墓じまいをし、菩提寺のもとを離れていく人はたくさんいますが、筆者はあまりおすすめはしません。

というのも、これまでずっとご先祖様を供養してくれていたお寺ですから、最低限の敬意を払うべきでしょう。
どうしても離壇しなければならないのであれば、まずは事情をきちんと伝えましょう。
離壇料は、これまでの先祖供養に対して感謝する意味合いで包むべきものです。

テレビや雑誌などの過剰な報道で、何百万円を請求されたという話もありますが、すべてがそうではありません。
3万円から10万円、高くても20万円くらいではないでしょうか。
もしもどうしても支払いができないほどの法外な金額を請求されたならば、弁護士などに相談してみましょう。

閉眼供養のお布施

墓石を解体撤去する時には必ず閉眼法要を執り行ってもらいましょう。
これまでずっとご先祖様の遺骨を守ってくださったお墓です。

ただ処分するのではなく、寺院の読経を通じて、感謝の想いをこめて墓じまいをしたいものです。
閉眼供養のお布施の相場は3万円から5万円くらいです。
寺院に、お車代やお膳料を用意しても丁寧でしょう。

墓石の撤去後の遺骨の扱い

墓石を撤去するということは、当然お墓の中にある遺骨をどこか別の場所に移すことが前提となります。
新しい遺骨の移すにはどのような方法があるのでしょうか?

墓を引っ越し(移転)する場合

まずは、いまあるお墓を撤去して、別の墓地や霊園に移転するケースです。
この場合、遺骨は新しいお墓の中に埋葬します。
厳密にいうと、お墓の「カロート」の中に納めます。

カロートの形状は地域によって異なり、地上、土中とさまざまです。
引っ越し先の慣習に従うのがよいでしょうし、詳しくは石材店に相談しましょう。
さて、「お墓の引っ越し」と言いましても、細かく見ていくと次の3つの方法があります。

  • いまのお墓を解体処分して、新たにお墓を建て直す
  • いまのお墓の中で使える部材を利用して、一部を新たに新調する
  • いまのお墓をそのまま新しい墓地に移設する

樹木葬

新しいお墓を樹木葬にする人が増えています。
樹木葬とは、草花や植木を礼拝の対象としたお墓です。
霊園や寺院などで徐々に普及しています。

もともとは岩手県の寺院から始まった樹木葬ですが、いまでは霊園型の樹木葬が日本全国で見られますし、公営霊園として都営小平霊園が樹木葬を開設したのには大きな注目が集まっています。
樹木葬における遺骨の取り扱い方を、タイプ別に見ていきましょう。

  • 里山型では土中に埋葬する
    里山型とは、山全体を墓地とした樹木葬です。
    造成して区画整理するのではなく、自然の山林の中で埋葬します。
    カロートや墓石のような構造物は用いず、穴を掘って、その中に遺骨を埋葬します。

  • 霊園型ではカロートの中に埋蔵する
    霊園型には、(A)個別のカロートに個別の樹木、(B)個別のカロートに共有の樹木、(C)共有のカロートに共有の樹木の3パターンに分けられます。

 

カロート(納骨室)

樹木(礼拝の対象)

特 色

(A)

個別

個別

個別の墓地で、納骨と礼拝ができる

(B)

個別

共有

納骨は個別にできるが、礼拝は共有のシンボルツリーを対象とする

(C)

共有

共有

他の人と同じ場所に納骨し、共有のシンボルツリーに礼拝する。樹木葬版の集合墓

(A)個別のカロートに個別の樹木
樹木葬版の個別墓です。
その墓地内には自分たちの先祖だけを埋葬し、自分たちのお墓を建てます。


(B)個別のカロートに共有の樹木
納骨は個別にしますが、礼拝は共有のシンボルツリーを用いるために、費用を安く抑えられます。
カロートには簡単な石碑や石板を設けるために、若干の費用がかかります。

(C)共有のカロートに共有の樹木
遺骨は共有のカロートに他の人の遺骨とともに納めるので、いわゆる「合葬」に当たります。
また、手を合わす場所も共有のシンボルツリーなので、樹木葬版の集合墓と言えます。

納骨堂

納骨堂とは、遺骨を収蔵する施設を持つ建物のことです。
室内でお参りができるということで、こちらも人気を集めています。
多くは、寺院の境内、あるいは本堂の周辺に「納骨壇」と呼ばれるものを設置して、割り当てられた場所で納骨し、礼拝します。

納骨する際、遺骨は骨壺に納まったまま安置します。
納骨堂にもさまざまな種類があります。

  • ロッカー型
    ロッカー型は、ただ遺骨を納めるだけの納骨壇です。
    礼拝は共有の礼拝スペースにて行います。

  • 仏壇型
    遺骨の収蔵と礼拝が1つの場所でできるタイプです。
    納骨壇の1列すべてを1つの家族で利用できます。
    上段は本尊やお供え物などを置いて手があわせられるようになっており、下段が納骨スペースです。

  • マンション型
    大都市圏では、マンション型の納骨堂も注目されています。
    遺骨はバックヤードに並べて保管されています。

    土地不足をテクノロジーで解消した新しいタイプの納骨堂で、ICカードとタッチパネルで完全コンピュータ制御のシステムを採用しています。
    お参りの人は参拝ブースでカードをかざすと、バックヤードから遺骨が自動搬送されきます。

永代供養

永代供養とは、あととりがいなくなるなどの理由で、死者や先祖の供養を寺院に任せることです。
位牌は寺院に預け、遺骨は寺院が用意する集合墓などに合葬、つまり他の人と同じ場所に埋葬します。

お墓でも樹木葬でも納骨堂でも、お参りに来る人がいる間はいいのですが、いずれあととりや身寄りがいなくなると永代供養にしなければなりません。

そうした意味でも、永代供養は最終的な死者供養の受け皿と言えるでしょう。
遺骨の預かり方は次のいずれかです。

  • 一定期間は個別に供養して、そのあとに合葬する
    寺院が定める一定期間は個別に納骨して供養します。
    納骨方法は、樹木葬、納骨堂、集合墓の内部などさまざまです。
    一定期間が過ぎたり、お参りの人がいなくなると合葬にします。

  • はじめから合葬にする
    お参りする人がいなければはじめから合葬にします。
    他の人と同じ場所に遺骨を埋葬します。

散骨

散骨とは、川や山や海に遺灰(遺骨をパウダー状に細かく砕いたもの)を撒く葬法です。
近隣住民とのトラブルを避ける面でも、海への散骨(海洋散骨)が主流で、散骨業者の多くは海洋散骨を事業としています。
遺骨を大自然に還したい人や、あとに何も残したくないと考える人が散骨を選びます。

費用も安く抑えられ、船を一隻チャーターしたとしても30万円程度で済むでしょう。
ただし、遺された人が故人を偲ぶ場所が亡くなること抵抗感を抱く人も多くおり、散骨に踏み切る人は未だ1%にも達していないと言われています。

撤去後の残った墓石の処理

撤去した墓石は、石材店に引き取ってもらいましょう。
専門の回収業者に廃棄物として出して処分してもらいます。

引き取られた墓石は砕石などにリサイクルされます。
中には、魂の入っていた竿石を処分することに抵抗がある人もいます。
竿石だけ、無縁塚(無縁となった墓石をまとめて供養する場所)に預けることもできるので、石材店に相談してみましょう。

無縁墓は霊園側が撤去できるの撤去するケースは手続きに注意

お参りの人が来なくなって放置されたお墓のことを「無縁墓」と呼ばれます。
管理料が支払われず、お墓が無縁になってしまうと、一定条件を満たすことで霊園側撤去処分できます。
墓地や霊園の管理者からすれば、墓石の放置は頭を悩ます問題です。

墓域内の管理の面で、近隣の墓地利用者に迷惑がかかりますし、なによりもお墓の中の遺骨の取り扱いに困ります。
また、身内や親戚の人が、お墓参りに行ったけれどお墓がない、なんて事態にも陥りかねません。充分に気をつけましょう。
無縁墓の撤去処分は次のような流れで行われます。

  • 所有者や継承者を探す
  • 官報(国が発行する公的な新聞)に報告する
  • 墓地に立て札と張り紙をする。期間は1年間
  • 1年経っても権利者からな連絡がなければ改葬許可を申請できる
  • 改葬許可を得て、墓石を撤去する

まとめ

いかがでしたでしょうか。
では最後に、この記事のポイントを箇条書きでまとめます。

この記事のまとめ

  • 墓石の撤去のためには次の4つのことをしなければならない
    • 役所から改葬の許可を得る
    • 霊園に墓地の返還手続きをする
    • 寺院に閉眼供養をしてもらう
    • 石材店に改訂撤去工事を依頼する
  • 解体撤去工事の費用の目安は、墓地面積1㎡あたり10~15万円
  • 墓地の状況は一件一件異なるために、現地に同行して見積もりしてもらわなければならない
  • 石塔の大きさや量、墓地面積、工事のしやすさ等によって費用が変わってくる
  • 離檀料の相場は3〜10万円か。法的には支払う義務はないことが多い
  • 閉眼供養のお布施の相場は3〜5万円
  • 墓石の撤去後の遺骨の行方として、新しいお墓への移設、樹木葬、永代供養、散骨などがある
  • 永代供養の場合は、一定期間は個別納骨と、はじめから合葬の2つの方法がある
  • 撤去後の墓石は、専門の回収業者によってリサイクルされる
  • 無縁墓になってしまうと、霊園側が撤去処分できてしまうので気をつけなければならない

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら