黄の仏花が供えられているお墓

埋葬許可証とは、お墓へ納骨するときに納骨先に提出する書類です。その書類がないと、お墓への納骨をすることができません。

しかし、埋葬許可証はどのタイミングでどこから発行してもらえるのでしょうか。

埋葬許可証に関するこのような疑問の解消に役立ちます!

  • 埋葬許可証はどこで発行してもらえる?
  • 埋葬許可証が必要になるタイミングはいつ?
  • その他に死亡後に必要な書類の手続きは何がある?

埋葬許可証という文字からは、どのような書類なのかは想像がつくでしょう。

しかし、どこで書類がもらえるのか、いつまでに書類をもらわなければならないのかなど調べてもわかりづらいことが多いです。

この記事は、「埋葬許可証」に関する基本的な情報をまとめています。葬儀後の多忙な時期に、何をしたらいいのかがわかりますよ。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

埋葬許可証のまとめ

  • 納骨する際に必要な書類
  • 火葬許可証に火葬済みの認印を受けたもの
  • 認印は火葬場で押される

埋葬許可証とは?

埋葬許可証とは火葬許可証に火葬場からの認印が押されたものです。

認印が押されたものがそのまま埋葬許可証になります。

埋葬許可証のみほん

分骨を希望する場合は分骨の証明書を交付してもらう

分骨を希望する場合は、火葬場から通常の埋葬許可証のほかに分骨証明書を交付してもらいます。

埋葬許可証のコピーでは、分骨が認められない場合もあります。

分骨とは?分骨の手続きや方法を解説!

【注目】いまお墓を建てられる霊園をチェック!
安心の公営霊園を探す 
費用が安い霊園を探す 
アクセスのよい霊園を探す

埋葬許可証はいつ必要?

埋葬許可証は故人の遺骨を墓地や霊園に納める際に必要となります。

新しい仏のためにお墓を建てる場合、火葬してから納骨するまでに1年以上かかることもあります。
埋葬許可証は重要な書類ですので、紛失しないようにきちんと管理しましょう。
失くさないように、火葬場の係員が骨壷を納める桐箱の中に埋葬許可証を一緒に入れてくれることもあります。
包みを開いて確認しましょう。

納骨式にも必要

納骨する墓地では、管理者に埋葬許可証を提出し、墓地の使用許可証を提示します。
納骨式当日は、埋葬許可証のほか、墓地の使用許可証と印鑑を忘れずに持参します。

お墓探しをお急ぎなら

ライフドットでは、お電話にて無料相談を受け付けております。

  • お墓探しを行う手順がわからない。
  • お墓選びで注意するべきポイントがわからない。

出来る限り早く決めたいけど、どうやって探したらいいのか不安をお持ちではないでしょうか。

お電話に対応させていただくのは、霊園・墓地について詳しい担当ばかりです。
まずはお気軽に、お墓についてご相談ください。

埋葬許可証を紛失したときの手続き

もし、埋葬許可証を紛失してしまった場合には、発行を受けた自治体に問い合わせましょう。

死体埋葬許可証は5年間の保存を義務付けられています。
もし、死体埋葬許可証をなくしてしまった場合、再発行は認められていません。
ただし、自治体によっては複雑な手順をふめば再発行をしてくれる可能性もあります。

まだお墓が見つかっていないなら…

お墓を探しているなら、「霊園・墓地検索」ページから探してみてください。

このページからは、地域だけではなくお墓の種類でも検索ができます。家族の望みをかなえられるいいお墓を見つけましょう。


監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

埋葬とは、墓地埋葬等に関する法律では「死体を土中に葬ること」と定義されているため、ただしくは埋葬といえば土葬を意味します。それに対して遺骨をお墓に納骨することを、墓埋法でいうと埋蔵という言葉で表現されています。正確にいうと、この証明書は「死体(胎)埋火葬許可証」で、そこに火葬済印が押されることで、「確かに火葬しました」ということが証明されるわけです。

墓地管理者(寺院や自治体など)は、「埋葬許可証」が必要なのではなく、この「火葬しました」という印の入った証明書が必要というわけです。これは墓地開発をする際に、焼骨を埋蔵することを規約に入れて墓地として許可を得ているためです。 このように、厳密にいうと意味は違いますが、納骨する際に「埋葬許可証(火葬済印付)」に相当する書類が必要であることに違いはありません。火葬が終わると、紛失を防ぐため、骨壺に納められることが多いようです。

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国8,700件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。