お墓を建てるよりも比較的安く納骨がおこなえるため、近年、利用者が増えている納骨堂。

納骨堂といってもさまざまな種類があり、ロッカータイプなのか、可動タイプなのかによっても金額が異なってきます。

納骨堂の費用について、このような疑問を解消!

  • 「納骨堂の利用にはどれくらいの費用が必要かわからない」
  • 「最近、機械式の納骨堂の話も聞くけど、他にどんなタイプがあるのか知りたい」
  • 「納骨堂の利用と一般墓の利用ではどちらが良いのか判断できない」

納骨堂が話題になりはじめたのもここ数年、まだまだ納骨堂に対して費用面を中心に不安を抱かれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、納骨堂の費用相場やタイプ別の費用の違いを解説していきます。また納骨堂と一般墓、どちらがおススメかも解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

納骨堂とは故人の遺骨を安置しておく建物

仏壇式の納骨堂

納骨堂とは、故人の遺骨を納めるための収蔵スペースを備えた建物のことです。

お墓を建てる場合には、まずは墓地を確保し、それから墓石を建立しなければなりません。墓地を墓石をセットで販売しているケースもありますが、どんなにそれが安いものだとしても100万近くはかかってしまうでしょう。

それに比べて、納骨堂は安価であるために、費用の負担は大きく軽減されます。

ではさっそく、納骨堂の費用について相場や費用の内訳といった細かい部分を見ていきましょう。

納骨堂の費用は50万円~150万円

墓石とお金

納骨堂は、墓石を必要としないお墓であるため、比較的費用は安く抑えられます。

納骨堂の費用はその形態によってさまざまですが、一般的には50万円~150万円程度だと言われています。

1人用だと30万円~50万円、家族用だと80万円~100万円、さらには仏壇タイプや機械・可動タイプなど、より充実したタイプのものであればさらに費用が掛かるものもあります。ちなみに、お墓を建てようとすると、平均で200万円近くすると言われています。

希望エリアの納骨堂が見つかる!

ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの納骨堂が見つかります。
まずは希望の都道府県を選んでどんな納骨堂があるかチェックしてみましょう。

納骨堂を探す

※あなたのお住まいの地域に周辺にある、納骨堂を調べることができます。

納骨堂の費用は6つに内訳される

費用を抑えることのできる納骨堂ですが、その費用には何が含まれているのでしょうか。

地域や運営している墓地や霊園、また納骨堂の種類やタイプなどによって、その費用はさまざまです。実際には、何にどれくらいのお金がかかっているのか、その内訳について見ていきましょう。

内訳①:納骨堂使用料

お墓の永代使用料とよく似たもので、納骨堂を使用するのに必要な費用です。費用は納骨堂のある立地条件によって変わります。東京都心などになるとかなりの高額になることもあります。

利用する一定期間によっても価格は変わります。期間は17回忌や33回忌など納骨堂によってそれぞれに決まりがあります。

内訳②:永代供養料

永代供養をしてもらうための費用です。永代供養というのは、主にお墓参りができない人に代わって、お寺や霊園などが永代にわたり供養してくれることをいいます。しかし実際には、本当に永代にわたって供養するわけではなく、だいたい33回忌をめどに、契約の期間としています。

そして一定の期間が経過すると、遺骨は他の遺骨ともども合祀され永代供養墓に納骨されることになります。いずれ永代供養墓になっても、お寺や霊園は引き続き供養は継続して行ってくれますので、無縁仏などの心配はいりません。

内訳③:開眼法要料

開眼供養というのは、そもそも仏像を建てるとき、最後に仏像の目を入れて完成とし、その際には大々的にイベントを行っていました。目を入れることで、その仏像には魂が宿ると考えられていたのです。

現在は仏像の他に、仏壇を購入した時や、お墓を購入した時などには、開眼供養を行って魂入れを行います。仏壇もお墓も購入しただけでは、空っぽの状態で役割を果たしません。必ず開眼供養を行ってもらいます。

納骨堂では基本的には、お墓を建てたりはしませんので、開眼供養を行うことはほとんどありません。しかし納骨堂の仏壇式タイプなどの場合に、新しい仏壇に対して開眼供養を行います。この場合に開眼供養の費用が納骨堂の費用として含まれることがあります。

内訳④:戒名(法名)料

戒名は人が亡くなると、お寺の住職がつけてくれる名前のことです。仏教の教えによってつけられるもので、位牌などに記されます。供養をしてもらうためには必要なものです。浄土真宗は戒名ではなく法名といいます。

戒名(法名)をつけてもらうと、それ相応のお礼をしなければいけませんが、納骨堂の費用の中にはこれも含まれていることがあります。

内訳⑤:管理費

管理費はいわゆる納骨堂を維持するための費用のようなもので、たいていの場合は契約の際に年間の費用を支払います。

通常、納骨堂の管理費は15,000円程度が相場となっています。ただ東京の都心部や、最新のシステムを導入した納骨堂などでは、比較的高めに設定されている場合もあります。

また場所によっては先払いすることで割引をしてくれたりするところもあります。その他には納骨堂の費用として支払う際に、まとめて徴収されることもあります。

管理費が発生するタイミングは、納骨堂によって違います。納骨堂を契約した時から発生する場合や、納骨後から発生する場合、また事前に一括払いする場合や、そもそも発生しない場合もあります。

内訳⑥:納骨式など、その他もろもろの料金

納骨式に必要な費用が含まれる場合もあります。また遺骨を引き取るための費用や、法要をする際の部屋使用料、お供え物などの用意、参列者用の会食費などがその内訳となっています。

納骨堂の費用が上下する要因は[タイプ][管理者][立地]

位牌型の納骨堂

納骨堂の費用が上下する要因は主に以下の3つです。

  • 納骨堂のタイプ…ロッカー式・可動式・仏壇式などの違い
  • 納骨堂の管理者…公営・民間・寺院の違い
  • 納骨堂の立地…駅周辺・首都圏・地方などの違い

それぞれについて詳しく紹介していきます。

納骨堂の「タイプ」によって費用は変動する

納骨堂には主に5つのタイプがあり、それぞれ費用相場は異なります。タイプによっては100万円近く費用相場に差があることもあります。

ロッカー式の納骨堂

ロッカー型
(相場:約20万円)

鍵をかけられるロッカーの中に骨壺を納める。

仏壇タイプの納骨堂

仏壇型
(相場:約30万円)

屋内に並んだ墓石の下部に骨壺を納める。

自動搬送式の納骨堂

可動型
(相場:50~100万円)

骨壺はお参りスペースに自動搬送されてくる。

墓石タイプの納骨堂

墓石型
(相場:約100万円)

屋内に並んだ墓石の下部に骨壺を納める。

位牌タイプの納骨堂

位牌型
(相場:5~10万円)

お参りは位牌に向かって行う。

最近話題の可動式の納骨堂は、最新技術を使用しているために比較的高く値段が設定されています。また位牌型の納骨堂はスペースを取らないため安価に設定されています。

納骨堂の5つのタイプに関する詳しい内容は、この記事の後半で紹介していますので、そちらをご覧ください。

納骨堂の「管理者」によって費用は変動する

墓地の管理者は主に3つに分かれており、管理者の違いによって値段の傾向があります。傾向は以下の通りです。

  •  公営墓地…値段は比較的低い傾向に。ただ中心部は高騰する。
  •  民間墓地…値段は公営と同じ傾向に。地価に比例する。
  •  寺院墓地…値段は比較的高い傾向に。

公営墓地

地方自治体が管理運営する墓地です。応募に関しては、宗教は問いませんが地域でしばりがある場合があります。費用は比較的安価ではあります。ただ高騰しているところもあります。都心部、あるいは市街地の中心部であればあるほど高くなるでしょう。

民間墓地

民営墓地は、開発業者や石材店などが管理運営する墓地です。原則的に営利目的の民間企業は墓地の運営ができないために、どこかのお寺などの宗教法人と組んで墓地運営をしているところがほとんどです。 費用は地価に比例していると言えるでしょう。

寺院墓地

寺院墓地は、檀家向けの墓地と、一般に売り出す墓地とがあります。また一般向けの墓地も、宗旨を問わないケースと、そのお寺の檀信徒になることを義務づけられるケースとがあり、その場合は年間行事などお寺との関わりが増えることになります。墓地の費用はさまざまで、寺院の意向が反映されますが、比較的高い傾向にあるでしょう。理由は掃除や寺院運営のためです。

※納骨堂の場合、寺院墓地であっても檀家になることは少ないです。ただ年間にかかってくる費用については必ず寺院の管理者に事前に確認をするようにしましょう。

納骨堂の「立地」によって費用は変動する

納骨堂の費用は、地域や立地によって異なります。というのも、納骨堂の費用は地価に比例するためです。

当然、首都圏で駅周辺といった交通の便が良い納骨堂は、費用は高くなります。また立地に加えて設備の新しさや最新技術の有無によっても費用は変動してくるでしょう。

納骨後に支払う費用

費用

納骨堂に納骨する際には、契約金や納骨式などの費用は必要ですが、基本的には、納骨後に支払う費用というのはありません。 

ただ納骨堂によっては、管理費の支払いをしなければいけないところもあります。管理費の相場は年間で約1万円程度です。ちなみに管理費を支払い続けていれば、その間遺骨は合祀されず、個別での供養は可能となります。

改葬を行う際の閉眼供養 

改装を行うには、今まで遺骨が入っていたお墓から新しいお墓へ引っ越しを行います。その際に、勝手に遺骨を取り出してはいけません。

お墓には魂が入っていますので、遺骨を取り出す際には、魂を抜くための閉眼供養を行う必要があります。

閉眼供養には僧侶の読経を行ってもらいます。閉眼供養は僧侶にお礼としてお布施を渡します。費用の相場は3万円から5万円程度となっています。

「納骨堂」と「一般的なお墓」との違い5点

芝生が綺麗に手入れされた霊園

納骨堂は、もともとは納骨するにもお墓が建てられていない場合などに、寺院がお骨をひとまず預かっておくためのスペースとして造られました。しかし、いつしかそれが人々のニーズの変化に伴い、そのまま納骨スペースとして認識されるようになったのです。

そのため、骨壺を置くためのロッカーや棚などが並べてあるだけの、簡易なスペースとして納骨堂は広く知られています。

しかし最近は、人々の納骨堂における認識もずいぶんと変化してきました。自分らしいお墓を求める多様化した人たちのニーズに応えるべく、さまざまなお墓のカタチが登場してきました。そして納骨堂も目まぐるしい変化を遂げたのでした。

一般的なお墓というのは、いわゆる昔から日本で継承されてきたお墓の形状です。つまり墓地や霊園に区画を購入して、そこに墓石を建てる形式のお墓のことをいいます。

納骨堂はそういった、墓地と呼ばれるスペースは必要がなく、室内などに設けられたいくつもの遺骨を収蔵する、いわゆるマンションのようなイメージの建物のことをいいます。

ただ納骨をする際の納骨法要については一般的なお墓と同様、問題なく行うことはできます。

<納骨堂と一般的なお墓の違い>

  1. 納骨堂は初期費用が抑えられる
  2. 維持・管理の手間がかからない
  3. 安置期間(遺骨を扱う期間)が違う
  4. 遺骨をおさめる場所が違う
  5. お参りの仕方とお参りが可能な時間帯が違う

1点目:納骨堂は初期費用が抑えられる

基本的に納骨堂は、墓地を購入する必要はありません。また墓石を購入する必要もありません。そのため、一般的なお墓よりも初期費用がずいぶんと安く抑えられることが特徴のひとつです。

2点目:維持・管理の手間がかからない

一般のお墓を維持するためには、墓地やお墓を常に管理し、メンテナンスを行う必要があります。ただお墓参りをしていればいいというわけではないのです。

それに比べて納骨堂は、墓地としての割り当てられた区画があるわけでもなく、清掃する墓石など維持するお墓もありませんので、当然ながら管理をする必要がないのです。

納骨堂は、もとは永代供養を望む人々のニーズに対応していたということもあって、永代供養墓として利用する人が多いことでも知られています。永代供養墓として利用する場合には、お墓の維持や管理は、やはり必要がありません。

ただし、これらを管理するために必要な管理料の支払いはしないといけません。またお墓を使用するための永代使用料、永大供養をしている場合には永代供養料などの料金の支払いを行います。

ただ寺院が管理している納骨堂を利用する場合には、場所によっては檀家になる必要があるのは一般的なお墓と同じです。その際にかかる維持や管理の費用についてはお布施という形で渡すようにします。

3点目:安置期間(遺骨を扱う期間)が違う

一般的なお墓では、納骨したらそのまま半永久的に、お墓の中へ遺骨が納められています。

一方で、納骨堂は契約期間が過ぎれば納骨スペースから取り出され、他の人の遺骨と一緒に供養されるケースがほとんどです。

契約期間は納骨堂によって違いますが、33年を目安とすることが多いでしょう。 これは、仏教の考え方では「人が仏になるのに33年かかる」とされていることから来ています。

また、33年経った後、お墓の継承者に代わって寺院や霊園の管理者が供養をしてくれることを永代供養と呼びます。

4点目:遺骨をおさめる場所が違う

一般のお墓は、遺骨をお墓の下の「カロート」と呼ばれるスペースに納めます。

一方で、納骨堂では、ロッカーに納められたり、仏壇形式になっている納骨堂の仏壇下部に納められたりなどさまざまです。

また、一般的なお墓のカロートは地下部分に接しているため湿気がこもりやすく、長期間保存をするうちに遺骨が濡れてしまうという難点があります。

反対に、室温管理のされている納骨堂なら、遺骨が濡れることがなく安心して預けることができます。

5点目:お参りの仕方とお参りが可能な時間帯が違う

一般墓の場合、お参りには線香・ろうそく・ライターを持参し、お線香をあげてお参りします。

一方、納骨堂の多くでは、ろうそく型のライトをつけてお参りします。 屋内のため、お線香をあげることが禁止されている場合が少なくないのです。

ただし、参拝室があれば一般のお墓と同じようにお墓参りができます。

また、納骨堂は各館の定める時間帯でないと、お参りすることができません。時間外では鍵がかかってしまいます。 一方で、屋外にある一般的なお墓なら、いつでもお参りができる場合が多いです。

しかしいつでもお参りできるからとはいえ、照明が整備されていないお墓へ夜に出向くときは、ご近所への配慮と足元に危険がないよう気をつけましょう。

※「納骨堂」と「一般墓」の違いについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

納骨堂のメリット

メリットを考える男性

費用面での納骨堂のメリットは分かっていただけたと思いますが、それ以外のメリットも確認をしておきましょう。メリットは以下の4点です。

  • 堂内だから、落ち着いてお参りができる。
  • 交通の便が良いことが多い。
  • お寺や霊園の建物の中に遺骨が守られているという安心感。
  • ゆくゆくは永代供養までお願いすることができる。

納骨堂のデメリット

デメリットを考える男性

メリットだけでなく、デメリットも確認をするべきでしょう。納骨堂のデメリットは以下の4点です。

  • 遺骨を土に還すのが合祀(他の方と同じ場所への納骨)になる。
  • ローソクや線香を遺骨の前で供えることができない。
  • スペースが狭いために十分なお供えなどができない。
  • 地震などで建物が崩壊した時の対応が心配。

納骨堂には6つのタイプがある

納骨堂にもさまざまなタイプがありますが、代表的な6つのタイプをご説明します。

  • 仏壇タイプの納骨堂
  • ロッカータイプの納骨堂
  • 機械タイプの納骨堂
  • 位牌を置くタイプの納骨堂
  • 合葬タイプの納骨堂
  • 墓石タイプの納骨堂

それぞれの特徴について、詳しく紹介します。

仏壇タイプの納骨堂

仏壇タイプの納骨堂

仏壇タイプの納骨堂は、上段に仏壇、下段に納骨スペースを設けた納骨堂のことです。

仏壇と言っても、ご自宅用の仏壇とは若干異なりますが、扉を開けると中央にその宗派のご本尊が祀られており、宮殿(くうでん)や灯篭などでお飾りされています。

下段の扉を開きますと棚状になっていて、骨壺を安置します。複数の骨壺を安置することができるので、家族代々のお墓として利用できます。

そのため、費用は高めで、100万円前後が相場かと思われます。

メリット

納骨堂としてはスペースが広いのでお参りがしやすく、家族複数の遺骨を納めることができる。

デメリット

費用が比較的高めである。

ロッカータイプの納骨堂

ロッカー式の納骨堂

ロッカータイプの納骨堂は、遺骨を納めるための棚状の納骨堂です。言葉は悪いのですが、コインロッカーのようなもので構成されています。

仏壇タイプの納骨堂のような、個別の礼拝の対象がなく、共有の礼拝仏(仏像など)が部屋の中央に安置されていることが多いようです。ロッカーだけなので、費用は比較的安めです。20万円前後でしょう。

メリット

費用が比較的安い。

デメリット

個別の礼拝施設がない。

ロッカータイプの納骨堂については以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

機械・可動タイプの納骨堂

自動搬送式の納骨堂

機械・可動タイプの納骨堂とは、ICカードなどを用いて共有の参拝ブースに故人の遺骨が運ばれてくるというものです。普段、遺骨はバックヤードに保管されていて、膨大な遺骨の中からハイテクノロジーの運搬機が短時間で参拝ブースまで運んでくれます。

このような納骨堂は都心部に多く、土地が不足しているために高層建物の納骨堂にしたために現れたものです。

心情的に受け受けない人もいるみたいですが、都心部に多いということは交通の便がいいという面もあり、人気があります。

市街地にあること、設備投資をしていることを考えると、費用は高めでしょう。50万円から100万円近くするものもあります。

メリット

市街地にお参りに行けることができる

デメリット

費用が高めである。

位牌を置くタイプの納骨堂

位牌タイプの納骨堂

位牌を置くタイプの納骨堂では、位牌を並べて礼拝供養します。寺院は位牌と遺骨を預かります。

並べ方はさまざまですが、本堂の内陣(ないじん:本尊が安置される場所)や余間(よま:内陣の左右に配置される空間)に位牌を並べることもあれば、別棟に位牌堂を造って、そこに並べて供養する寺院もあります。

この場合、位牌と遺骨は別の場所に安置されることが多く、遺骨は一カ所にまとめて保管するか、あるいは合祀(ごうし)にします。
費用はそれほどかからず、10万円程度でしょう。

メリット

遺骨を安置するスペースを取らないために、比較的費用が安く済む

デメリット

遺骨の管理方法が分からない(寺院に確認しましょう)。
統一位牌(寸法や形を指定したもの)をよういしなければならないかもしれない。

合葬・合祀タイプの納骨堂

合葬墓・合祀墓

「合葬」「合祀(ごうし)」とは、複数の人の遺骨を同じ場所で埋葬することです。

遺骨を土中に埋葬しなければならないために、屋外の合祀塔などで供養されることが多いようです。個別供養や、個別納骨に比べると費用ははるかに安いでしょう。

ただし、個別に埋葬できないことや、礼拝も共有の場所になることに違和感を持つ人もいるでしょう。

メリット

費用を安く抑えることができる。

デメリット

他の人と同じ場所への埋葬やお参りに違和感を持つことも。

墓石タイプの納骨堂

墓石タイプの納骨堂

施設内に墓石を建てているタイプの納骨堂も、最近とても注目されています。納骨堂でも、ただ骨壺や位牌を並べるだけでなく、実際に墓石を建てることで、お墓参りをより実感したいという人々のニーズによって造られました。

室内に墓石が整然と並んでいるのは圧巻ですが、通常の屋外の墓地とは違って、室内にあるため、少し窮屈に感じてしまうのは否めません。

メリット

納骨堂に墓石を建てることで得られるメリットは、やはり通常のようにお墓参りの気分を味わうことができるというところにあります。納骨堂では禁止されることの多い、墓前に線香やお花などのお供えをすることもできます。

また室内にあるため、雨などの天候に左右されることなく、いつでもお参りすることができるということも大きなメリットといえます。

デメリット

納骨堂なので、墓石といっても通常のものとは違ってどうしても規模は小さくなります。また管理者が準備した墓石を利用することになりますので、自由に自分の望む墓石を選ぶことはできません。

しかし一応ちゃんとした墓石を建てるということになるわけですから、価格も納骨堂にしてはかなり高くなる場合もあります。

納骨堂がある施設のご紹介

ここでは、タイプ別に納骨堂のある施設をご紹介いたします。

関東エリアの納骨堂

タイプ 納骨堂 住所 価格 宗教 特徴
仏壇タイプの納骨堂 実相寺青山霊廟 港区青山2-12-9 24万円~ 在来仏教に限る 外苑前駅から徒歩2分の好立地。
家族タイプ、仏壇タイプ、ロッカータイプなどさまざまなプランから選べます。
ロッカータイプの納骨堂 柿の木坂御廟 目黒区平町1-4-16 15万円~ 不問 ガラスの扉という珍しい納骨堂。
都内の納骨堂の中では安く利用することができます。
機械・可動式の納骨堂 経堂 ゆいの御廟 世田谷区宮坂2-24-5 80万円~ 不問 閑静な住宅街の中にある納骨堂。エントランスや参拝ブースなど、
建物全体が上品できれいな造りになっているために
心を落ち着けてお参りすることができます。
合葬・合祀タイプの納骨堂 ついのすみかの永代供養墓(南春寺) 新宿区弁天町103 3万円~ 不問 NPO法人終の棲家なき遺骨を救う会と真宗大谷派南春寺が共同運営する合祀墓。
低予算と、お寺の管理という安心感からさまざまなメディアにも取り上げられています。

東京都の納骨堂については以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

関西エリアの納骨堂

タイプ 納骨堂 住所 価格 宗教 特徴
仏壇タイプの納骨堂 海泉寺 大阪府大阪市浪速区恵美酒西1-6-15
ロッカータイプの納骨堂 本性寺 大阪府守口市佐太中町5-3-10 25万円~ 永代供養が充実した日蓮宗の寺院が運営する納骨堂。
納骨堂以外でもクリスタル墓などもあり、
年内に複数の法要も執り行い、しっかり供養してもらえます。
機械・可動式の納骨堂 常光円満寺 大阪府吹田市元町28-13 68万円~ 不問 大阪発のカード式納骨堂。
ICカードをかざすことで遺骨が参拝ブースまで運ばれます。
また、仏壇タイプやロッカータイプの納骨堂も完備。
合葬・合祀タイプの納骨堂 泰聖寺 大阪府大阪市天王寺区下寺町2-4-10 3万円~ 不問 泰聖寺では供養の方法によってさまざまな永代供養を受け付けて下さいます。
一番安いものでは3万円から。
地下鉄谷町線の「夕陽が丘駅」より徒歩5分。
駐車場も完備で好立地です。

特徴的な納骨堂も登場

日本全国さまざまな納骨堂がありますが、中には珍しいものもあります。

光輝く納骨堂

名古屋市の万松寺が運営する納骨堂「水晶殿」は光輝く納骨堂として有名です。水晶に囲まれた幻想的な空間で、心を落ち着けて故人様と向き合うことができるでしょう。

所在地は大須商店街の中にあり、アクセスは抜群。費用も合祀タイプが8万円からと、決して高くない価格設定が魅力です。

万松寺納骨堂(水晶殿)

仏舎利塔内に設けられた納骨堂

所在地が大阪府柏原市の納骨堂「天空の塔」は、仏舎利塔の中に納骨堂があります。

仏舎利塔とは仏舎利(ぶっしゃり=釈迦の遺骨)を安置するための仏塔で、この中に納骨堂があるのは大変珍しいです。

壁には四神やさまざまな動物の壁画が描かれ、その壮大さに圧倒されます。
合葬タイプは5万5千円からとリーズナブルです。

納骨堂の利用に向いている人

事実婚 相続

それぞれに事情や思いなどがあって、納骨堂を選ばれています。しかしやっぱりお墓を建てるべきだったなど、あとあと後悔することのないように、購入する前にもう一度よく考えてみる必要があります。

以下に、納骨堂の利用するのが向いている人と向いていない人をまとめてみました。自分がどれに当てはまるのか、検討してみてください。

跡取りやお墓を見てくれる人がいない人。

納骨堂では、お参りの人が来られなくなったら寺院や納骨堂管理者によって、永代に渡って供養してくださいます。

現在はすでに家族がいないとか、跡取りに負担をかけたくないなどの理由のある人は、納骨堂を利用すれば安心です。

時期がくればいずれ自分の遺骨は合祀され、延々に供養をしてもらえるからです。墓石のように無縁仏となる心配はありません。

お墓を建ててもすぐにどこかに引っ越さなければならない人。

墓地に墓石を建てていると、お墓を簡単に引っ越しすることはできません。墓じまいをするには、場所や宗派などにもよりますが、多額の費用がかかりますし、手続きも煩雑になります。

しかし納骨堂なら、墓石を建てたわけではないので、骨壺ひとつで引っ越しすることができます。

また骨壺をいちいち持ち出さなくても、納骨堂の管理者によって管理、または供養をしてくれるわけですから、心配はいりません。

費用を安く抑えたい人。

墓地や墓石を購入するとなると、かなりの費用が必要となります。最近は死生観に対する意識の変化に伴い、多様化した埋葬方法が次々と登場してきました。人々は自分や家族の死について自由に選択するようになってきたのです。

そのため、習慣やしきたりにはとらわれず、自分が納得できるものであれば、どんな形式のものでも満足できるようになりました。

納骨堂は墓石を建てることに比べると、かなり安く費用を抑えることができます。

納骨堂を選ぶのに向いていない人

後悔している老夫婦

納骨堂を選ぶのに向いていない人は、以下に挙げるような人たちです。

先祖の名前を刻んできちんと子孫が供養していくべきだと考えている人

自分たちのご先祖様を個別に供養したいと考えている人には、納骨堂は向いていません。納骨堂は基本的に自分一人が入るようになっています。あるいは夫婦、家族4人分程度が限度です。

代々お墓を継承していきたい人は、従来のお墓を建てる形式が向いているといえます。

遺骨をきちんと土に還してあげたい人

納骨堂は骨壺に遺骨を入れて、個々のスペースなどに安置しておくものですから、土に遺骨を還したいと希望する人には向いていません。

遺骨を土に還す方法は、墓石のカロートの造りが直接土に触れるようになっている場合のものや、あるいは樹木葬の形式がおすすめです。またお墓という形状はありませんが、山などに散骨という方法もあります。

家族が納骨堂を望んでいない人

自分はどうしても納骨堂に入りたいと思っていても、自分以外の家族に反対する人がいる場合も、納骨堂は向いていません。

もしどうしても納骨堂がいいと考えているのなら、ちゃんと話し合いを行い、説得をしてからにしましょう。あとで揉める原因を残さないよう配慮が必要です。

個別に埋葬供養したい人

他の人たちと一緒にではなく、自分たちのご先祖様を個別に供養したい人はお墓を建立します。

先祖の名前を刻んで、きちんと子孫が供養したい人

先祖は自分たちのルーツですから、子や孫がきちんと供養するべきだと考える人はお墓がおすすめです。

自分だけのオリジナルデザインを望んでいる人

納骨堂は基本的には、自分だけのオリジナルなデザインのものは造ってくれませんので、そういう方には、納骨堂は不向きです。

最近はデザイン墓石というものが注目されており、石材店でもいろんなパターンのものを取り扱っていますし、霊園でも認めているところが増えています。可能な限りその人の要望にも応えてくれますので、一度相談してみるといいでしょう。

遺骨をきちんと土に還してあげたい人

遺骨を土に還して、その上に個別の石碑を据えて礼拝するのがむかしからの日本の供養の方法でした。
可能であれば、お墓を建ててあげましょう。

まとめ

一般的なお墓を建てるよりも、納骨堂は費用をかなりおさえられます。そして、納骨堂と言ってもさまざまな方法があります。
まずはタイプ別にどのような供養がなされるのか。そして費用がどれくらいかかるのかなど、インターネットや電話などを通じてリサーチするのがよいでしょう。

納骨堂について、より詳しく知りたい!と思った人は下記記事を参考にしてください。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。