墓地使用料に関する記事のアイキャッチ

新しくお墓を建てたい、または改装・引越しを検討するとき、まず気になるのが墓地の使用料ではないでしょうか?
どのような墓地・霊園であっても、基本的には使用料を支払わなければなりません。

この記事ではこのような疑問を解消!

  • 「墓地の使用料ってどれぐらいかかるの?」
  • 「使用料って一回だけの払い?」

実際、私自身、お墓はお参りにいくところであって、使用料が発生していること自体を知りませんでした。
自分たちに負担をかけないためにと両親が墓地使用料の支払いを続けてくれていたようです。

先祖代々と引き継がれてきたお墓、またはこれから新しいお墓を検討するにあたって、自分の子供たちへの負担軽減も考慮して使用料のことをシッカリ知っておく必要があります。

実は墓地使用料は基本的に土地代ですが、明確には永代使用料と年間管理費の2つの使用料があります。
もちろん使用料のほかに墓石代も必要です。

  • 永代供養料
  • 年間管理料
  • 墓石代

ここでは墓地使用料に注目して、2つの使用料の違いと相場、各々の内訳まで詳しく解説していきます。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

永代使用料と管理料の違いとは

墓地に対しての支払いには、大きく「永代使用料」と「管理料」があります。
これらの違いについて詳しく解説いたします。

初回契約時に支払う「永代使用料」

永代使用料とは、墓地を取得するときに寺院や霊園に対して支払う費用のことです。
永代使用料の支払いが済むと墓地の使用許可証が発行され、晴れてその墓地を使用できます。

区画の土地代という位置づけで高額

永代使用料とは分かりやすくいうと区画の土地代です。
費用は地価や面積に比例するために一概に相場を語ることはできないのですが、安い墓地でも数十万円の費用がかかります。

全国的な相場では60万円から80万円と言われています。

土地を買うのではなく使用権を買う

「永代使用料」という少しややこしい名前には意味があります。
これは墓地の使用者は割り当てられた「土地」を買うのではなく、「土地を永代に渡って使用する権利」を買うためです。

あくまで墓地の所有者は管理人(公営霊園であれば自治体の首長、寺院墓地であれば住職)です。

ですから墓地が不要になったからといって、施主はその墓地を勝手に他人に貸したり、売ったり、譲ったりしてはいけません。
あくまでも墓地の所有者は霊園や寺院ですから不要となった区画は返還しなければなりません。

墓地を使用している間は毎年支払う「年間管理料」

墓地を取得したあとは年に1度、年間管理料を支払わなければなりません。
管理料の設定は墓地によってさまざまですが、年間で5,000円が相場でしょう。

筆者の経験では年間1,000円というところもありましたがこれは安すぎます。自治会の共同墓地だったからこそ有りえる金額だと思います。

高い所では年間12,000円。これは1か月あたりの管理料が1,000円という計算なのでしょう。
これより高い年間管理料はあまり見かけません。

霊園全体の管理が目的で徴収される

墓地利用者から徴収した管理料は、霊園全体の管理のために使われます。
墓地を運営するだけでもさまざまな費用がかかります。
最もイメージしやすいのは墓域内の清掃です。

区画内はそれぞれの利用者がきれいに清掃しなければなりません。
しかしそれ以外の利用者が共有する箇所(通路、緑地、水場、ゴミ捨て場、休憩所)の管理や清掃は霊園側が行い、管理料はここに充てられます。

墓地取得時に一括で支払う霊園もある

管理料の支払いは毎年1回というところが圧倒的に多いのですが、一部では墓地の取得時に一括の支払いを求めるところもあります。
前納期間は霊園に異なります。10年、20年、30年、50年分などと定めています。

また、管理料を前払いすることで永代管理を保障する霊園もあります(永代管理料)。
前払いの良い点は、いちいち毎年の支払いをしなくて済む点にありますが、その分、管理者との接点が少なくなります。

寺院墓地のような人と人とのつながりの良さがある墓地には不向きかもしれません。

また、視点を霊園側に向けると定期的な管理費の徴収がないために楽なのですが、固定収入がない分霊園の財政がひっ迫して満足いく管理ができないという側面もあります。

まとまった費用が必要となる永代使用料の相場は60万円から80万円

永代使用料の全国平均は60万円から80万円だと言われています。
ただし、墓地の費用は墓地の面積によって大きく異なるため、同じ80万円でも広さはさまざまです。
墓地の費用は、面積×平米単価(1㎡あたりの価格)で決まります。

1㎡あたり800,000円の平米単価で1㎡の墓地を買った場合と、1㎡あたり100,000円の平米単価で8㎡の墓地を買った場合とでは、支払う金額は同じでも墓地は広くなります。
平米単価は地価に比例するため、都心部に行くほど高く、地方部に行くほど安くなる傾向にあります。

墓地の使用料は土地の価格に比例する

墓地の使用料金は地価に比例します。
東京の墓地の使用料が全国的にも最も高いと言われていますが、具体的にどれくらい費用が異なるのか。
東京を中心に各地域の公営霊園の相場を見ていきましょう。

東京都心部の1㎡あたりの価格は250万円以上

東京都心部にある公営霊園に、青山霊園や谷中霊園があります。
平成30年度の募集要項では、1区画当たりの使用料が安くても268万円でした(高い所は900万円以上)。

1㎡あたりの単価が、青山霊園が2,758,000円、谷中霊園が1,787,000円なのを見るだけ見ても、この高さが驚異的でであることが分かります。

東京郊外の1㎡あたりの価格は150万円以上

同じ東京でも郊外に行くと、東京都心部に比べると墓地の使用料はぐんと安くなります。
しかし、全国的に見るとやはり高額な地域です。

平成30年度の募集要項では、多摩霊園の1㎡あたりの単価が900,000円。墓地の永代使用料は162万円〜円です。

静岡県静岡市の1㎡あたりの価格は20万~30万円

静岡市の公営霊園には沼上霊園と愛宕霊園があります。
平成30年度の募集要項では、静岡市は平米単価が一定ではないようですが、おおむね、200,000円から300,000円の間のようです。

こうしてみると、墓地の費用が地下に比例していることが分かるかと思います。

永代使用料の支払い方法

墓地を取得するときの永代使用料の支払いは、どのように行われるのでしょうか。

一括と分割が選べるケースもある

永代使用料の支払いは、墓地取得時に一括で支払うのが原則です。
都営霊園の場合は、墓地の当選者に納入通知書が郵送され、金融機関に支払います。
支払いが完了したら、墓地の使用許可証が送られてきて墓地の使用権を正式に取得します。

また、どうしても一括での支払いができない場合は分割納入もできます。
都営霊園の場合は、500,000円以上の区画に限り、4回まで分割して支払うことができます。

ただし、納入期限に遅れてしまい滞納した場合は使用許可が取り消されるので充分に気をつけましょう。

分割支払いを対応してくれるかどうか、あるいは分割の回数や金額の条件などは霊園によって異なるので、必ず事前に直接確認することをおすすめします。

永代使用料に消費税はかからない

墓地の取得のための永代使用料に消費税はかかりません。また、管理料にも消費税はかかりません。
一方、石材店に支払う墓石の建立工事には消費税がかかります。

継続支払いが必要となる年間管理料の相場は5,000円~12,000円

墓地の利用者は、霊園に毎年管理料を納めなければなりません。
この管理料は通路や緑地など、利用者が共有する部分の管理に用いられます。
年間管理用の相場は、5,000円から12,000円が相場です。

公営霊園など、さらに安い所では5,000円を下回るところもあるでしょう。
都営霊園の場合は、墓地の面積で管理用を定めており、1㎡あたり660円と決められています。

たとえば1.7㎡の墓地では、年間管理料は1,320円となります。
公営霊園よりは民営霊園や寺院墓地の方が高いでしょうが、それでも10,000円前後でしょう。

支払い方法

管理料の支払い方法は、公営霊園や民営霊園では銀行の指定口座から自動引き落とし、あるいは霊園の口座への振り込みが一般的です。
寺院墓地の場合は、お墓参りの時に直接手渡すのでよいでしょう。

管理料はお布施とは異なり、一般的な支払いと考えて差し支えありません。
お布施袋などの用意は不要で、無地の封筒に入れればよいでしょう。

遅延や滞納が続いた場合

管理料の遅延や滞納が続いた場合は、墓地の使用許可が取り消される可能性もあるので充分に気をつけましょう。

管理料の未払いが3年~5年が経つと、管理者側は撤去の対象とみなすでしょう(都営霊園の場合は「管理料を5年納めない時は、知事は使用許可の取り消しなどの処分を行うことができる」と規定しています)。

管理者が利用者に連絡してもつながらず、それでも未払いや滞納が続いた場合は、管理者は撤去の手続きを取ります。
法律では官報に掲載し、立札を1年掲げて、それでも遺族や親族から申し出がなければ解体撤去に踏みきれるとしています。

管理料不要のお墓

管理料不要のお墓に、永代供養や手元供養があります。
永代供養とは、家族にかわって寺院に供養を委託することです。
毎年の管理料は不要ですが、永代供養料は支払わなければなりません。

また、手元供養とは寺院や霊園を用いずに、自分自身で供養する方法なので、管理料は不要です。

使用料はお墓・霊園を選ぶための重要な要素

墓地や霊園を選ぶのに永代使用料はとても重要な要素です。

お墓を建てるための費用は200万円から300万円かかると言われていますが、そのうちの3分の1から半分は永代使用料にあてられるからです。
無理のない予算計画をしてから墓地や霊園を選びましょう。

お墓を建てる手続きの流れ

お墓を建てる手続きはそう難しくはありません。

1.墓地の検討

まずは墓地を探します。資料請求や、インターネットから情報収集しましょう。
しかし、最後は自分で足を運んで現地の空気を吸うことをおすすめします。
現地に立って感じる”直感”のようなものを大切にしましょう。

2.墓地の取得

気に入った墓地を見つけたらまずは管理者を訪ねて、その墓地が空いているのか?すぐに取得ができるのか?を確認しましょう。
空きがあればすぐにその区画を押えてくれるでしょう。

公営霊園など人気が高く空きがない場合は、再貸付墓地(以前に誰かが使用していて整地化した墓地)として売り出されるまで待たなければなりません。
もしもひとつの区画に複数の申し込みがある場合は抽選を行って使用者を決めます。

3.永代使用料の支払い

当選者は永代使用料を支払えばすぐに墓地の使用許可が下りるでしょう。
寺院墓地では住職にお金を渡しましょう。

民営霊園の場合は現金払いか口座への振込です。
公営霊園の場合は納入通知書が自宅に送られてくるので所定の方法で金融機関を通し支払いをします。

4.使用許可証の発行

支払いが済むと墓地の使用許可証が手渡され、これで希望の区画はあなたのものとなります。

5.石材店と工事の打ち合わせ~工事

墓地が決まれば、あとは石材店と打合せして希望のお墓を作ってもらいましょう。
公営霊園の場合は石材店が指定されていないため、いくつかの石材店を巡ってみてもよいでしょう。

まとめ

解約や延滞について触れておく(詳細は別記事で解説)

いかがでしたか。では最後にこの記事のポイントを箇条書きにしてまとめます。

この記事のポイント

  • 永代使用料とは墓地を使用する時に支払う費用のこと。
  • 墓地の永代使用料の支払いは、墓地を買うのではなく「墓地を永代にわたって使用する権利」を買う。
  • 年間管理料とは墓地の利用者が毎年霊園に支払う費用。霊園全体の管理のために徴収される。毎年の支払いではなく一括支払いの霊園もある。
  • 墓地の永代使用料の相場は80万円。
  • 墓地の永代使用料は1平方メートルあたりの単価と土地の面積によって決まる。
  • 1平方メートルあたりの単価は地価に比例する。都心部に行くほど高く地方に行くほど安い傾向にある。
  • 年間管理料の相場は5000円から1万2000円。
  • 支払い方法は口座の自動引き落としあるいは霊園の指定口座への振込。寺院墓地の場合は直接住職に手渡す。
  • 管理料の遅延や滞納が続くと墓地の使用許可が取り消される可能性もある
  • 管理料不要の墓として永代供養や手元供養などの方法がある。

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国8,700件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。