お墓の平均費用は200万円!安くて3万円からあるお墓の種類と相場を解説

スポンサーリンク

お墓って、一体いくらぐらいかかるのか。「そんなの、買ったことがないからわかるわけない!」という人が大半ですよね。 実際は価格がピンキリなのがお墓です。200万円のお墓もあれば、3万円のお墓もあります。

お墓の費用に関するこのような疑問を解消!

  • 父親が急逝した!でも、田舎から出てきて家庭をイチから作った父だから、「先祖代々の墓」は使えない。新しくお墓を買ったらいくらかかる?
  • 母親が余命宣告を受けた……。父親と一緒に、お墓をいくらで作るか悩んでいる
  • 定年を過ぎたし、終活を始めようと思っている。まずはお墓について、いくらかかるか知りたい
  • 夫と同じお墓に入るのは嫌。自分で買えて、残される家族に迷惑をかけないお墓が欲しい

この記事は、以上のような悩みを持つ人たちに、お墓の平均額を示します。しかし、平均はあくまで「平均」。値段がピンキリなお墓の種類と相場を、徹底的に解説します。さまざまなお墓の費用と、自分の求めるお墓の形がわかりますよ。

お墓の平均費用は約200万円で、他に年間管理料がかかる

お墓の平均費用は、約200万円といわれています。

200万円をかけてお墓を買っても、それが代々継承される継承墓タイプのお墓だった場合には、年ごとに管理料を支払わなければなりません。年間管理料の相場は、1万円から10万円程度です。由緒正しい寺など、有名なお寺であればあるほど、年間管理料が高い傾向にあります。

しかし、世の中これほどまでに高価なお墓ばかりではありません。とくに最近では、お墓を継承できる人がいない、介護や療養にお金を費やしてお墓を買う余裕がない、そもそもお墓はいらないなどさまざまな事情や考え方からくるニーズを踏まえたお墓が多くなっています。

継承墓を含め、さまざまなお墓の種類とその特徴、費用についてご紹介しましょう。

3万円のお墓もある!さまざまなお墓の形と費用相場

実は、最も一般的な代々受け継ぐタイプの継承墓が、一番高価なお墓といえます。

次に価格が抑えめなのが個別にお墓を設ける永代供養墓で、これは一定期間だけ個別の墓を作り、期間が過ぎたら他の遺骨と一緒に合祀墓へ埋葬されるシステムです。個別にお墓を作らない永代供養墓なら、もっと割安です。

他に、墓石を建立せず樹木を墓標とするため墓石代がかからない樹木葬、お寺に骨壺を送る送骨などがあります。送骨は、3万円でサービスを行うところもあります。

それぞれの特徴と費用について、順に紹介していきます。

代々受け続く継承墓の費用相場は約200万円から250万円

親から子、子から孫へ受け継がれ、家族みんなが入ることができる継承墓の費用相場は、200万円から250万円です。これに、年間管理料がかかります。継承墓の特徴は、一度買えば代々で使えることです。

ただ、代々で使えることはオトクかもしれませんが、困った面もあります。継承者がいなくなれば、お墓参りに来る人も年間管理料を支払う人もいなくなるためです。全国的に、年間管理料の滞納により無縁墓となったお墓が増え、問題になっています。

継承墓を買うことは、家を継ぐ人が明確になっていれば問題ありませんが子どもがいない、いても遠方に住んでいるなどの場合は、他のタイプのお墓を検討することも考えなければなりません。

個別にお墓を設ける永代供養墓の費用相場は70万円から150万円

一定期間、個別のお墓の形でお参りができ、そのあとは他の遺骨と合葬される永代供養墓の費用相場は、70万円から80万円です。

ただ、これは1人のみを埋葬する場合で、夫婦2人でお墓に入りたいなら、追加料金として数10万円を支払うことになります。契約時に一定期間の管理料まで支払ってしまうので、年ごとに管理料を支払う必要がありません。

都心に行けば行くほど、個別にお墓を設ける永代供養墓は価格が高くなる傾向にあります。都心からアクセスがかなり良い場合には、150万円程度になることもあるでしょう。

個別にお墓を設ける期間は、33回忌をめどに設定しているところが多い傾向にあります。

個別にお墓を設ける永代供養墓の特徴は、次の2つです。

  • 一定期間は個別にお参りできる
  • 合葬された後は墓地の管理者が供養するため、継承者がいなくても無縁にならない

個別にお参りができ、継承者がいなくても安心な、いいとこ取りのお墓といえるでしょう。

個別にお墓を設けない永代供養墓の費用相場は10万円から30万円

個別にお墓を設けず、はじめから他の人と合葬となる永代供養墓の費用相場は、10万円から30万円です。10万円から30万円というのは1人当たりの料金であることが多いですが、夫婦で一緒に入るのであれば、少しだけ割引になる永代供養墓もあります。

個別にお墓を設けない永代供養墓の特徴は、次の2つです。

  • 墓地の管理者がまとめて供養するため無縁にならず、継承者が不要
  • 一度埋葬したら、遺骨を個別に取り出すことはできない

個別にお墓を設けない永代供養墓は、格安で継承者も必要ありませんが、埋葬した後で「個別のお墓に入れ直したい」と思っても、それはかないませんので、注意が必要です。

樹木葬の費用相場は30万円から70万円

墓石ではなく樹木を墓標とする樹木葬の費用相場は、30万円から70万円です。費用にかなり開きがありますが、これは樹木葬にさまざまなタイプがあるためです。

樹木葬のタイプを、安い順に並べてみましょう。

  • 墓地が整備されておらず、各々が埋葬場所を決め、好きな木を植える。銘板などはない
  • 整備された墓地に一本の大樹があり、その周りに多くの遺骨を埋葬する。連名用の大きな銘板がある
  • 整備された墓地に個別の区画があり、そこへ自分だけの好きな木を植えられる。個別の銘板がある

以上のように、通常のお墓の形に近くなるほど、樹木葬の価格は高くなります。

樹木葬の特徴は、自然に還ることを実感できることです。墓地の継承は、できるタイプとできないタイプがあります。

お寺に骨壺を送る送骨の相場は3万円から5万円

全国各地の受け入れ寺院に遺骨をゆうパックで発送し、永代供養をしてもらえるのが送骨です。送骨の相場は3万円から5万円程度です。

骨の特徴は、お寺でしっかり供養してもらえること、手軽であることです。お墓を買う必要性を感じないという、一部の現代人のニーズに合わせた、新しいシステムといえるでしょう。

ここまで、さまざまなお墓の特徴と相場をみてきました。

自分のスタイルと予算に合ったお墓は、見つかったでしょうか。

次に、お墓を購入するにあたっての流れとポイントを具体的に紹介します。

お墓を購入するまでの流れとポイント

お墓を購入するまでの流れとポイントを、それぞれみていきましょう。

お墓を購入するまでの流れ

お墓を購入するまでの流れは、次のようになります。

  • どのようなお墓を買いたいか検討し、候補を決めてパンフレットを取り寄せる
  • お墓の候補が絞れたら、現地へ見学に出かける
  • お墓が決定したら契約に出かけ、墓石の種類、彫刻する文字、完成予定日などについて打ち合わせる
  • 完成

お墓を購入するためのポイント

お墓の候補を絞り、自分に合ったお墓をスムーズに決めるためには、以下をポイントにしましょう。

  • まずはお墓参りのしやすさを重視し、アクセスの良さを第一条件に絞り込む
  • アクセス重視で絞り込んだエリア内で、継承墓・永代供養墓・樹木葬など好みのスタイルを検索
  • 寺院墓地は檀家になる必要があるかどうかを確認し、檀家になる木がなければ避ける
  • 見学時は見晴らし、バリアフリー、トイレや売店など設備の充実度をチェックする
  • 最後の決め手は管理者の対応。感じの良いところを選ぶ

立地、お墓のタイプ、設備、対応、全てにおいて合格点を与えられるところを絞り出し、最終的には家族と話し合って決めましょう。

実際にお墓を使うのは、お墓参りをする家族だからです。

まとめ

以上、お墓の種類とそれぞれの費用相場、そしてお墓選びの流れとポイントについてご紹介しました。

費用が高いといわれるお墓ですが、決して高いお墓ばかりではなく、さまざまな選択肢があることをお分かりいただけたかと思います。家族のライフスタイル、自分自身の考え方によって、どのようなお墓がふさわしいかはまさに十人十色といったところです。

今は、幸いにして、いろいろなお墓のタイプを選べる時代といえます。家族制度が生きていた昭和の頃には、お墓といえば継承墓のことだったためです。

以前は「誰も遺骨を引き取ってくれる人がいないから仕方なく埋葬する」というマイナスなイメージのあった合祀墓は、今や「継承者がいなくても、管理者がずっと供養してくれる」プラスの意味のお墓に生まれ変わりました。

樹木葬も、1990年代に初めて生まれたお墓です。

自由にお墓を選べる時代になったことにありがたみを感じつつ、それぞれのお墓の特徴をしっかり捉え、最適なお墓選びを実現させましょう。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら

都道府県を選択