お墓の建立する流れを知ろう!希望に叶うお墓を建てるには?

スポンサーリンク
洋型墓石が並ぶ霊園


これからお墓を建立したい、建てなければと考えている人には、いろいろな不安があることと思われます。
不安なのは、きっとお金の面や墓地の選び方についてだけではないでしょう。

建立の流れやしきたり、すべきこと、タブーなことなど、お墓にまつわるさまざまなことが気になるのではないでしょうか。

この記事ではこのような疑問や不安を解消!

  • 「お墓を建立するとき、知らないうちにタブーをおかしたら、親族から何か言われそうで不安」
  • 「お墓を建立したら、お披露目をやらなければならない?親族をみんな呼ぶのかな?」

この記事では、以上のような疑問や不安を持つ人のために、お墓を建てるときの流れや時期、注意点について解説します。

次世代としての立派な姿を親族に見せ、安心してもらうことができますよ。

お墓を建立するために知っておくべきこと

まずは、お墓を建立するために知っておくべき、お墓を建てる目的や時期について解説します。
目的や時期を誤ると、せっかくのお墓が家族や親族にとって喜ばしくないものになってしまうので、注意が必要です。 

お墓を建てる目的

お墓を建てる目的といえば、誰もが「亡くなった人の遺骨を納骨するため」と答えるのではないでしょうか。
もちろん、第一の目的は遺骨の納骨です。しかし、あと3つ、大事な意味があります。 

  • 故人の「第二の家」とするため
  • 残された人の心のよりどころとするため
  • 代々の遺骨の行き先を確保するため

それぞれ解説します。 

故人の「第二の家」とするため

お墓は「終の棲家」と称されるとおり、亡くなった人の第二の家であるという考え方があります。
遺骨はお墓を移されない限り、何十年、何百年とそこへとどまりますので、生きているときよりも長い時間を過ごす可能性が高いものです。

そう考える人が多いため、お墓は家と同じように、閑静で陽当たりよく、緑の多い土地により人気が集まります。

残された人の心のよりどころとするため

お墓は、お墓参りをすることによって、残された人が心のよりどころにすることができます。
よってお墓は、入る人のためのものであることはもちろんですが、残された人のためのものでもあるといえます。

景観の好みだけではなく、残される家族の自宅からのアクセスの良さにこだわってお墓を選ぶ人がいるのも、そのためです。

代々の遺骨の行き先を確保するため

継承者を必要とする一般的なお墓は高価なものですが、そのぶん、代々の遺骨の行き先を確保できるというメリットがあります。
一方で、継承してくれる人がいない、あるいはお墓が遠くて継承が不可能なのに、一般的なお墓を買ってしまうと、残される人が苦労します。
このため、最近では、継承者の必要がない永代供養墓に人気が集まっています。

より詳しく「お墓を建てる意味」を知りたい人は、「お墓を建てるには?完成までの流れや費用、期間を解説」の記事も参考にしてください。

お墓を建てる時期

 お墓を建てる時期に決まりはありませんが、ふさわしいとされている時期はあります。

  • 多くの人が納骨する四十九まで
  • 一周忌まで
  • 生前に建立する

それぞれ説明します。

多くの人が納骨する四十九日法要まで

亡くなった日から数えて四十九日に納骨する人が多いため、お墓は四十九日までにあると理想的とされています。
なぜ四十九日に納骨するかといえば、四十九日は死者が霊魂から仏になる日と考えられているためです。
四十九日法要を営むと同時に納骨まで済ませることが、一般的なしきたりとなっています。

一周忌まで

お墓は遅くても一周忌までに建立するべきという考え方があります。
四十九日までにお墓があるのは理想的ですが、亡くなってから建立するような場合はなかなか間に合いません。
その場合は一周忌法要までに間に合わせ、法要後に納骨する人が多いでしょう。 

生前に建立する

お墓は生前にも建立することができ、決して不謹慎なことではありません。
中国では生前にお墓を建てれば健康で長生きできるという「寿陵(じゅりょう)」の考え方があります。

生前建立であれば、本人の好みをお墓に反映することができますし、亡くなってから遺族が慌てることもありません。 

お墓を建てる目的は決して遺骨の埋蔵だけではないこと、お墓を建てるにも時期があることをお分かりいただけたと思います。

一周忌よりもお墓の建立が遅れてしまうと、「早く納骨しなければ、故人が行き場所に迷ってしまう」などと心配する親族もいます。
遺骨を手放すのが寂しいといった事情がなければ、お墓は早めに建てるのがいいでしょう。

次章では、お墓を建立する時の流れを具体的にご案内します。

お墓を建立するときの流れ

 お墓を建立するときの流れは、次の4ステップです。

  1. 墓地を決める
  2. 墓石とデザインを決める
  3. 契約し納期を確認する
  4. 開眼供養を行う

それぞれ詳しくご案内します。

1.墓地を決める

立地条件や価格、設備の充実などを吟味し、家族みんなが納得できる墓地を選びます。
対応宗派や継承の有無も忘れずに確認しなければなりません。
また、必ず見学を行い、イメージ通りの墓地か、係の対応は良いかについても確認しましょう。 

墓地・霊園を決めるには、立地と費用が重要ですよね。費用についてより詳しく知りたい人は、下記記事を参考にしてください。

2.墓石とデザインを決める

墓地を決めたら、墓石のデザインの詳細を決定します。
墓地によっては、墓石の種類やデザインがすでに決められていることもあります
その場合は、墓石に彫刻する文字などについて打ち合わせを行います。

詳細な打ち合わせは石材店と行うことになりますが、墓地によって指定石材店があるため、霊園に確認しましょう。
指定石材店がない場合、また、指定石材店が複数ある場合は、複数社から見積もりを取り、検討するのがおすすめです。

3.契約し納期を確認する

墓石とデザインが決まれば見積もりをもらい、見積額に納得するようなら契約し、納期を確認します。
法要に間に合わせたいなど希望の納期があれば忘れずに伝えましょう。

4.開眼供養を行う

納品が滞りなく済んだら、供養を行います。
開眼供養とは「魂入れ」などとも称され、お墓をただのモノからお参りの対象とするための儀式です。
すでに遺骨があれば、納骨と同じタイミングで行うことが多いものです。
菩提寺に依頼を行いましょう。菩提寺がない場合は、霊園に相談して僧侶を紹介してもらいます。


以上、お墓の建立の流れをご案内しました。
気になるのは、やはり開眼供養の行い方ではないでしょうか。
お墓を建てるというと、「じゃあ、開眼供養はいつ?」と聞いてくる親族もいるかと思われます。

次章では、開眼供養を滞りなく行うための準備と実行の仕方について解説します。

開眼供養の準備と実行

開眼供養は、きちんと準備しなければ、親族とトラブルになる恐れもあるため、慎重に計画しましょう。
準備と当日の流れに分けて解説します。

開眼供養の準備

開眼供養の準備は、開眼供養をどのタイミングで行うかによって変わってきます。 

  • 法要・納骨と合わせて行う場合
  • 納骨とあわせて行う場合
  • まだ遺骨がない段階で行う場合

それぞれ説明し、お布施の準備や服装、お供え物については、あとでまとめてご案内します。

法要・納骨とあわせて行う場合

四十九日法要や一周忌法要とあわせて開眼供養を行う場合は、必ずその日までお墓を完成してもらえるよう、納期を念押ししておきましょう。

法要の1ヶ月前までには親族に出欠確認を兼ねたお知らせ状を出す必要があるため、
それまでに、菩提寺など法要を行ってくれる僧侶と、日時について打ち合わせをしておきます。

法要は、四十九日目や一年目の命日ピッタリに行う必要はなく、前倒しの土日に行ってもよいものとされます。
ただし仏事については、前倒しはよくても、
先延ばしは「先祖を後回しにした」ことになり、よくないとされているため気をつけましょう。

日時や場所が決定したら、法要会館などと会食や引き出物について打ち合わせします。
親族への出欠確認は、法要の一週間前までに済ませ、会食や引き出物の数を調整しましょう。

納骨とあわせて行う場合

法要を行わず、納骨とあわせて開眼供養を行う場合には、大がかりな準備をする必要はありません。
家族だけで行うこともありますし、親族みんなで行って、会食や引き出物を伴うこともあります。
考え方は人それぞれです。

故人の兄弟姉妹など、血縁の濃い親族には、どのようにすべきかあらかじめ相談しておきましょう。
みんなの意見を総合して、どのような規模にするか決めます。

まだ遺骨がない段階で行う場合

生前に建てたお墓の開眼供養を、お披露目の意味で行う場合があります。
多くの人が最初の納骨とともに開眼供養を行いますが、
まだ遺骨がなくても、お墓への道案内をしておきたいと思ったら、親族を呼んで開眼供養をしましょう。

お寺と相談して開眼供養の日を決めたら親族を誘い、来られる人だけでも来てもらいましょう。
人数を確認し、会食や引き出物の準備をします。

お布施の準備

開眼供養のお布施の相場は、およそ1万円から3万円程度です。
お墓を建てることは慶事なので、紅白の結び切りの水引が掛けられた袋を用意します。
袋の右肩に「開眼供養」と書き、中央に「御布施」と表書きしましょう。

四十九日、一周忌などの年忌法要と同時に開眼供養を行う場合は、お布施を分けます。

法要は弔事なので、白黒、または黄白の水引が掛けられた袋を用意し、中央に「御布施」と表書きしましょう。
年忌法要のお布施の相場は3万円ほどですが、
四十九日など亡くなってから日にちが経っていない場合は少し多めにする人もいます。

服装

四十九日、一周忌法要と同時に開眼供養を行う場合は、喪服を着用します。
三回忌以降や、法要を伴わない開眼供養は、喪服でなくとも問題ありません。
喪服を着ない場合は、グレーや紺など地味な色の平服を着用しましょう。

ただし、数珠は必ず持参します。
ドレスコードは親族に必ず伝えておきます。

お供え物

開眼供養では、新しいお墓にお花や果物などをお供えしたうえで、僧侶にお経をあげてもらいます。
2,000円から3,000円程度の仏花1対と、季節の果物や故人が好きだったお菓子などを用意しておきましょう。
普段のお墓参りより、お花も供物も少し豪華にするのがポイントです。

開眼供養当日の流れ

開眼供養当日の流れは、以下の通りです。

  1. 墓地に集合
  2. 開眼供養を行う
  3. 会食後、解散

それぞれ説明します。

1.墓地に集合

開眼供養や納骨のみを行う場合は、墓地に直接集合します。
法要を伴う場合は、法要後、墓地に移動します。

2.開眼供養を行う

お墓に供花、供物をささげた後、僧侶がお経を唱えます。
家族、親族らは僧侶の後ろで数珠を持って待機し、焼香の合図があったら血縁の近い人からお線香を立てましょう。
納骨がある場合は、開眼供養後に納骨します。 

3.会食後、解散

会食会場へ移動し、会食を行います。
2時間程度で会食を終え、引き出物を配布して解散です。 
以上のように、開眼供養当日の流れはいたってシンプルです。
葬儀の喪主を切り抜けた人なら、スムーズに実行できるでしょう。

まとめ

この記事では、お墓の建立について、その目的や時期、建立の流れをお伝えしました。

各所で注意点やしきたり、タブーについてご案内したので、年配の親族にも失礼のないよう、お墓の建立が行えるのではないでしょうか。
お墓を整えての法要や開眼供養は、自分が次世代として立派にやっていけることの証明となります。

滞りなく終わらせて、故人にも親族にも安心してもらいましょう。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加