お墓の永代使用料についてわかる!お墓に必要な管理費、納骨の費用などを解説

スポンサーリンク
通帳を見て考える女性

お墓を建てるのに必要なお金

お墓を建てるには、

  • 永代使用料
  • 墓石建立費(石材費・石材加工費・工事費・付属品とその設置費用など)
  • 年間管理料
  • 開眼法要・納骨法要の費用

が必要となります。
お墓を建てるのにかかる費用は、海外に比べて割高と言われています。
幅はありますが、仮に民営墓地にごく一般的なお墓を建てるとしたら、相場は200万~300万円で、上記の費用をを合計すると全国平均250万円程度かかると言われています。

ただし、墓地によって永代使用料はさまざまで、墓地の場所や広さ、墓石の種類などにより価格には大きな開きがあります。
お墓を建てる場合には、供養にかかる費用を総合して予算を建てるようにしましょう。

永代使用料とは

永代使用料はお墓を建てる土地を代々使用する権利を得るために支払う料金で、寺院や霊園の管理事務所など、墓地の所有者に支払うお金です。

「お墓を買う」と言いますが、実際に土地の所有権を持つわけではありません。
その区画を永久的に使う権利である永代使用権を得ることをわかりやすい表現として「買う」と一般的には言っています。

なお、永代使用と永代供養(=ずっと供養する)は、意味が異なりますので、混同しないようにしましょう。
永代使用料は支払えば、使用規定を守っておけば、永代にわたって無期限にその墓地を使用することができます。
ただし、墓地として使うために契約するので、それ以外の目的で使うことはできず、転貸、転売することは禁止されています。

永代使用料は、墓地購入時に最初にまとめて支払います。
金額は、寺院の格式や区画の広さなどにによって異なります。

永代使用権は、子どもや孫などの承継者に受け継ぐことができ、受け継ぐ際には新たな使用料はかかりません。
また、お墓は祭祀財産なので、相続税はかかりません。
ただし、いったん契約すると、数年後にお墓が不要になり、契約を解除して、墓地を手放した(墓じまい)としても、すでに支払った永代使用料は返還されません。

永代使用料は場所と広さによって大きく異なる

永代使用料は墓地によって異なります。
永代使用料は都心ほど高く、郊外に行くほど安くなり、中心部にあって交通の便の良いところや広い区画は高くなります。
一方、郊外にある墓地、狭い区画は手ごろな値段になります。
このあたりは、一般の土地の場合と同じです。

相場は一概には言えませんが、郊外や地方の墓地なら数十万円のところが多く、東京23区内ならかなり狭い区画でも100万円以上することもあります。

地域別の永代使用料のイメージ

東京23区 価格:133.8万円 区画面積:0.79㎡
東京郊外 価格:57万円 区画面積:0.96㎡
神奈川県 価格:63.5万円 区画面積:0.8㎡
埼玉県 価格:31万円 区画面積:1.46㎡
千葉県 価格:27万円 区画面積:0.86㎡

また、お墓の区画の広さや、民営か公営かでも異なります。
公営墓地は、寺院墓地や民営墓地に比べて割安です。
しかし、東京都立青山霊園は、都心の一等地にあり、一番狭い区画でも平成26年度では420万円を超えています。
この点に関しては土地代が影響しているといえます。

町田いずみ浄苑フォレストパーク(東京都町田市)の例

f:id:barkaz6212:20160619164022p:plain

墓石建立費

墓地の永代使用料を土地代と考えると、墓石建立費は建物代と言えます。

墓石建立費の内訳は、

  •  墓石本体の石材費
  •  石材の加工費用
  •  墓地の整備工事費
  •  外柵・カロート(納骨棺)などの設置費用
  •  墓石や付属品の設置費用…花立て、水鉢、香炉、塔婆立など

などで、石材店に支払います。

全体費用の大きな部分を占めるのが、墓石本体の石材費です。
広い区画なら、それに見合う大きな墓石が必要になります。
また、高級な石材を選べば、当然価格は高くなります。
さらにどんな加工を施すのかによっても、加工代が変わります。

石材店の中には、墓地の募集業務を委託されているところもあります。
このような場合、石材店によっては、墓石建立費一式として、墓地の永代使用料と墓石建立費をひとまとめにして〇万円というようなセットでの価格設定をしているところもあります。
住宅でいうと、土地付きの建売住宅のようなものです。

墓石建立費用の目安

墓石建立の費用の目安としては、次の通りです。

  • 和型墓石:60万円~180万円(平均価格90万円)、外柵約100万円
  • 洋型墓石:50万円~180万円(平均価格90万円)
  • デザイン墓:100万円~200万円

また、だいたいの区画面積で見ると、次のような価格水準です。

  • 0.8㎡:100万円~170万円
  • 1.0㎡:110万円~210万円
  • 1.2㎡:120万円~290万円
  • 1.5㎡:140万円~360万円

一般社団法人の全国優良石材店の会(全優石)が行ったアンケートから見ると、お墓建立費用の全国平均額164.6万円です。

墓石タイプ別では、

  • デザイン墓平均単価=176.4 万円
  • 和型墓平均単価=171.1万円
  • 洋型墓平均単価=156.5 万円

でした。

地域別にみてみると、高い順に

  • 四国=198.5万円
  • 九州=194.9万円
  • 関東=173.4万円
  • 東北=168.7万円
  • 近畿=160.2万円
  • 中国=147.8万円
  • 中部=144.5万円
  • 北海道=143.6万円
  • 北陸=142.9 万円

でした。最も高い四国と最も安い北陸では 55.6 万円の開きがあります。

まずは見積もりをだしてもらおう

まずは、複数の石材店に見積もりを出してもらい、内容や費用を比較検討しましょう。
金額だけでなく、内容も比較検討することが重要です。
特に、見積書に墓石工事一式とひとまとめにした書き方をしているところもあります。こういった場合には、一式の中に何が含まれているか、あとから追加される項目がないか、担当者にしっかり確認しておきましょう。

石材店によっては、永代使用量と墓石建立費が一括の場合もあります。
墓石建立費は、石の材料費に加工賃、墓地の外柵、カロート(納骨棺)などの工事費、それに花立など付属品とその設備費というのが普通です。
ところが、後になって、これは含まれていないなど、あとから追加して支払う項目があるかもしれません。

必ず、明細を確認するとともに、できれば複数の石材店に見積もりを出してもらい、比較検討するとよいでしょう。
お墓は、日常的な買い物ではないだけに、相場わかりにくいものです。
比較検討して、納得できるまで説明を受けるようにしましょう。

また、見積書の内容を見て、各項目ごとに金額のチェックとともに、念のため自分で合計金額を計算しておきましょう。
その時に、納期と支払い条件を石材店と打ち合わせて、確認しておきましょう。

もし、墓石の費用をすぐに用意できない場合には建墓ローンを検討しましょう。

墓石の費用をすぐに用意できない場合

お墓を建てるとなると、墓地の永代使用料に加えて、墓石建立の費用も同時に必要となり、金銭的な負担は決して少なくありません。
東京近郊でお墓を新しく建てようとすると、墓地使用料や墓石、管理料などをあわせると平均200万~300万円が必要になると言われています。

お墓という商品の性質上、現金払いがほとんどですが、一般の人にとって、200万円~300万円を一括払いすることは容易ではありません。
すぐにこれらの費用を用意できない場合には、どうすればよいでしょうか?

そんな場合には、多くの石材店で建墓ローンといった分割払いのプランが用意されています。
また、最近は、民営墓地の中には、クレジット会社や生命保険会社と提携して、建墓ローンを扱っているところも増えています。
金利や支払回数の設定は、それぞれのローンで異なります。

全優石の建墓ローン

全国優良石材店(全優石)では、建墓ローンを取り扱っています。
墓石購入金額の15%を頭金として、残額を6回から120回までの分割払いにできます。
利用者の都合に合わせて無理のない支払い計画にすることができます。
全優石ではほかにも、独自の保証システムを提供しています。
お墓を購入する際には、そのようなサービスもチェックしておくとよいでしょう。

建墓ローンの契約者が契約中に死亡した場合

ローンを利用してお墓を建てるとなると、支払い期間中に契約者が亡くなった場合にどうなるかが気になるところです。
この場合には、ローンは、墓地・墓石を相続した祭祀承継者が引き継ぐことになります。
また、ローンの中には、契約者が死亡した場合に支払い義務がなくなるという保障がついたローンもあります。

ローン支払い期間中に契約者が死亡した場合、承継者が支払いを引き継ぐタイプと、支払い義務がなくなるものがありますので利用の際は、金利や支払い回数なども合わせて、よく確認しましょう。

イオンライフの墓石販売サービス

イオングループで葬儀サービスを手掛けるイオンライフは墓石の販売を行っています。墓石の価格は、基礎工事、石積み工事、免震工事、文字彫刻、10年保証などがセットで、税別58万円からというわかりやすい価格に設定されています。
和型や洋型、石材などを好みに合わせて組み合わせることができ、和型で6種類、石材は16種類から選ぶことができます。
これらの組み合わせによって価格は変わります。
完成図をCGで確認できるサービスも提供されています。

実際の施工・保証は墓石のインターネット通販を手掛けるお墓まごころ価格.comに委託しています。

イオンライフでは、葬儀の生前相談も手掛けており、葬儀サービスで築いた顧客網や、流通大手のブランド力も活用しています。

そして、生前相談といった既存サービスと一体で提供することで顧客のニーズに応えようとしています。
葬儀や墓石の業界は消費者が関わることが少なく、関連費用がわかりづらい場合があります。
高齢化が進むなかで安心して利用できる商品やサービスが増えることが求められています。

年間管理料

契約後は、毎年一定の額の管理料を支払う必要があります。

墓地全体の維持・管理に必要なお金で、墓地を購入したら既定の管理料を寺院や霊園の管理者に支払います。
この管理料で、墓地の通路や休憩所などの共有スペースの維持管理が行われて、水道料金などもここからまかなわれます。

寺院墓地では、管理料ではなく、護寺会費(寺院の維持管理費)やお布施という名目の場合もあります。
護持会費とは、檀家が支払う会費のようなもので、寺院墓地特有の費用です。

支払いは1年分をまとめて支払うのが一般的です。
墓地によっては数年分をまとめて支払うように定めているところもあります。
注意したいのは、滞納しないことです。
管理料の支払いを怠ると、墓地の永代使用権が取り消される場合もあるので、規定内容を確認しておきましょう。
名義人(承継者)が代わった際などには、引き落とし口座の確認などを忘れずに行いましょう。

年間管理料の相場

公営墓地なら年間で千~数千円です。
民営墓地なら年間で1~2万円です。

墓地の年間管理費の目安(標準的な広さ約2㎡の場合)

都営霊園(多磨霊園など)

年間管理費…1,220円~3,660円程度
(平成26年度募集の場合)

民営霊園

年間管理費…約2,000円~10,000円

寺院墓地

護持会費…菩提寺の格式によって異なるが約10,000円~20,000円

開眼法要・納骨法要の費用

お墓の建立費だけでなく、開眼法要や納骨法要の費用も必要になります。

その他の費用

寺院墓地では、檀家になるための費用が必要になる場合もあります。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資料請求はこちら