墓石の価格相場がすぐわかる!費用の正しい見方を解説!

スポンサーリンク

お墓を買うとき、何を決め手にするかわかりますか?墓石の価格相場がわからなければ、安いか高いか、判断のしようがないですよね。でも、墓石の価格相場など、なかなか知る機会はありません。

  • 「霊園側から見積もりを提示されたけれど、墓石の価格が妥当なのか正直判断がつかない」
  • 「終活を始めて、どんな墓石にしようかと調べ始めたら価格がピンキリでびっくり。価格に相場があれば知りたい」
  • 「母親が何百万もするお墓を契約してきた!高すぎるのか、そうでもないのか、せめて基準が知りたい」

この記事では、以上のような悩みを抱える人のために、墓石の価格相場を分かりやすく解説します。墓石の価格を決める「産地」「石の量」「デザイン」の3つのポイントについて知れば、妥当な金額かどうかを正しく判断することができますよ。自分らしい、好みのお墓を選ぶためにも、しっかり価格相場を身につけましょう。

なお、墓石選びからお墓をたてるための流れについても、あわせてご紹介します。

墓石の価格相場は100万円から150万円程度

墓石にかかる費用の相場は、100万円から150万円程度が相場といわれています。

もっとも、100万円から150万円という金額は、墓石だけに関わる費用です。お墓をたてるには、墓地を取得しなければなりません。墓地を取得する費用を「永代使用料」といいます。永代使用料の相場は、50万円から100万円程度と、都市部になるにつれて高くなる傾向があります。

合計で200万円相当の買い物となってしまうお墓のことですから、墓石選びは慎重になりたいものです。

しかし、墓石はどうして値段に差があるのかがわかりにくいのが特徴です。50万円の墓石もあれば、500万円の墓石もあります。見た目がほとんど変わらないのに、何十万円もの開きがある墓石があります。

墓石を検討するときには、一体何を基準に見たらよいのかわからないという人が大半なのもうなずけます。

次の項目では、墓石の値段が変わる3つの要素についてお知らせしましょう。

墓石 価格相場 デザイン

墓石は「産地」「石の量」「デザイン」によって値段が変わる

墓石の値段が変わる要素は、大きく分けて3つです。それは、「産地」「石の量」「デザイン」です。

順を追って、何が違うとどれほど値段が変わるのかを解説していきます。

国産墓石と外国産墓石では値段がかなり違う

まず、墓石の値段が変わる第一の要素、「産地」についてご説明します。

墓石の産地は、日本と外国に2分され、国産墓石のほうが外国産墓石よりも価格が高い傾向にあります。同じデザイン、同じ大きさのお墓であっても、国産と外国産の墓石ではだいぶ開きがあります。

インド産の安価な墓石は50万円、日本一のブランド墓石「庵治石(あじいし)」であれば500万円という事態が起こるのも珍しくありません。

また、国産墓石にはランクがあり、同じブランドであっても等級分けされていて、高ランクのものほど価格が高い傾向があります。

国産墓石でも等級を下げれば、かなり価格が抑えられます。

先ほどの例でいえば、庵治石の最高ランクが500万円でも、他のブランドの等級の低い国産墓石なら150万円程度になるケースもあるのです。

使う石の量に値段は比例する

産地と同様、墓石の値段の決め手になるのが「石の量」です。

単純に、使う石の量が多ければ、値段は高くなります。大きな墓地では、多くの墓石を使ってお墓を作らなければならないため、墓石の費用は高くなる傾向にあります。

また、 伝統的な和型墓石のほうが、モダンな洋型墓石に対して価格が高い傾向にあります。

これは、和型墓石のほうが洋型墓石よりも彫刻などの飾りが多いためという理由もありますが、単純に、使う石の量が多いからという要因も大きいです。フラットな洋型墓石に対し、高さのある和型墓石は、比較的多くの石を使うのです。

デザインにこだわれば、そのぶん墓石価格も変わる

最後に墓石の値段の決め手となるのが「デザイン」です。

同じ産地、大きさのお墓でも、デザインが違えば値段が変わります。量産されるスタンダードな墓石のデザインを選べば100万円だけれど、細かな彫刻飾りのあるデザインなら130万円、モダンでユニークな新商品を選べば150万円というのは、起こりえるケースです。

また、オリジナルデザインの墓石にしたいと願うなら、石材店と相談する必要があります。

デザイン墓石は、相場を考えるよりも、「このデザインにいくらまでなら出せるか」と、自分なりの予算を決なければなりません。

以上、墓石の値段を決める3要素について、具体的な値段を絡めてお伝えしました。

お墓のパンフレットや見積もりにおいては、この「産地」「石の量」「デザイン」を比較して、価格検討するようにしましょう。

これをふまえ、いよいよ墓石を選ぶときのポイントを紹介していきます。

墓石 価格相場 値段

墓石を選ぶポイントは「複数見積」「感覚」「信用性」の3つ

墓石を選ぶときのポイントは、「複数見積」「感覚」「信用性」の3つです。それぞれみていきましょう。

まずは複数見積についてです。これは、とくに国産墓石を検討する際に有効です。

国産墓石には「庵治石」「本小松」などたくさんのブランドがあります。同じ石を使っているのにかなり安価な見積もりがあった場合には、飛びつきたくなりますが、我慢しましょう。 ブランド性が保たれない劣悪な国産墓石を使っている可能性があります。

次に、自分の感覚、インスピレーションを大事にするというのも、とても大事な要素の1つです。

それは、こと墓石に関していえば、「国産で高価だから良いものだ」「外国産で安いから劣悪だ」と判断するのは間違いだからです。価格の高い国産墓石のほうが、外国産に比べて見た目がよいとか、耐久性に優れているといった特性はありません。

国産墓石のブランド性は、たんにその実績と希少性によります。安価であっても、高価であっても、品質や見栄えに大きな違いはないのです。

国産墓石のステイタスを大事にしたいという考えがとくにないなら、自分の好みに従って決めるのが一番正しいといえるでしょう。

なお、墓石そのものの価格と同じくらい気をつけるべきものが、石材店の信用性です。

高価な墓石であれ、安価な墓石であれ、傷ついたり壊れたりする可能性はあります。墓石が損傷したとき、石材店が誠実な対応をしてくれなかったり、すでに倒産していたりしたときには、泣き寝入りしなければならないかもしれません。石材店の信頼性には、十分気をつけたいものです。

墓石選びからお墓をたてるまでの流れ

墓石を選んだら、それからお墓を立てるまでにはいくつかの流れが存在します。

  1. 見積もり内容の検討
  2. 本契約
  3. 彫刻文字の確認
  4. 工事終了・引き渡し
  5. 開眼供養

墓石を選ぶまでも大変ですが、もうひと踏ん張り必要です。

まず、見積もり内容を検討します。

墓石はすでに選んであるので、もし予算をオーバーする、もっと節約したいといった事情があればデザインをシンプルにしたり、付属品をつけないことにしたりなどして調整します。納得のいく内容になったら、本契約を結びましょう。

次に、墓石に掘る彫刻文字の確認があります。

表面には「先祖代々墓」「●●家墓」あるいは好きな言葉などを記し、側面や裏面には建立者や建立日についての情報を記します。 彫刻文字を間違えてしまっては大変ですから、きちんと確認しましょう。

お墓が完成したら引き渡しとなり、業者立ち会いのもと希望通りの仕上がりになっているかを確認します。問題なければ、僧侶による開眼供養などを行います。

まとめ

以上、墓石の価格相場と墓石を選ぶポイント、墓石選びからの流れについてお伝えしました。

お墓はそれぞれ、大きさもデザインも石の銘柄も違うものです。

平均的な相場観はありますが、あくまで相場であり、振り回されることのないようにするのが一番です。最近では、インド産のピンクやグレーといった明るい色味のものが、安価ながら人気があります。

また、東北のほうでは黒光りする御影石が好まれ、西に行くほど斑紋がかったグレーの石が好まれるという特徴もあります。

しかし、黒ければ黒いほど耐久性に優れているとか、斑紋が多いほど値段が高いといった事実はありません。

なお、東日本は洋型墓石が好まれ、西日本ではまだまだ伝統的な和型墓石が優勢です。東日本の人が洋型墓石を選ぶのは、たんに洋型のほうが安いからというわけではなく、近代的なものを好むか、伝統を大事にするかを選んだ結果でしょう。

このように、個人的な好みや、霊園に置かれたときのイメージの良さで墓石を決める人は多いと思われます。 世の中の傾向があるなかでも、自分のインスピレーションを大事にしましょう。

素直に「ここを終の棲家にしたい」と思える墓石を選ぶのが重要です。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら