いま人気の納骨堂と永代供養の違いと特徴を解説

スポンサーリンク
個別タイプの納骨堂

新しい供養の方法として、納骨堂や永代供養が人気です。
しかし、多くの人が勘違いしているのですが、「納骨堂=永代供養」ではありません。

納骨堂は、ゆくゆくは永代供養の要素をはらんでくるのですが、あくまでも納骨する施設のことを指しているのであり、供養の方法のことではないのです。

このように、供養について普段不慣れなために、その定義を曖昧に飲み込んで、ごちゃまぜに考えてしまう人がたくさんいます。
この記事では、それらひとつひとつを分かりやすくひも解きながらご説明していきます。

永代供養の意味

永代供養とは、死者や先祖の供養を、家族に代わって寺院に任せることです。
あとが途絶えてしまう家や、身寄りのない人たちに選ばれる方法です。

かつては、子孫が先祖を供養するという大前提があった

日本人は、先祖を大切にするという死生観を持つ民族です。
これは仏教の考え方というよりは、仏教が日本にやって来るよりもはるか前からのものだと思われます。

山口県下関市にある土井ヶ浜遺跡は弥生人の人骨が出た場所として有名です。

この土井ヶ浜遺跡の面白いところは、渡来人の末裔だと言われている彼らが、死者をすべて北西に向けて埋葬していたということです。

自分たちの故郷である大陸を偲んでいたのではないかと言われているのです(諸説あります)。

仏教の発祥はインドですが、仏教は基本的に”出家主義”です。
これは、”先祖祭祀”とは相反する考え方です。

家とのつながりを絶ち、仏道に入り、悟りの境地に向かったのはなによりも仏教の開祖のゴータマ・シッダールダ(釈迦)です。

真逆に、中国などの東アジアは儒教の影響が強く、こちらは先祖のつながりを絶つどころか、何よりも先祖や親子の関係を第一に考えてきました。もちろん日本もこの影響を強く受けています。

日本は仏教国だと言われますが、厳密には儒教と仏教と神道と、その他もろもろの習俗が混ざり合った宗教観や死生観ができあがった、とてもユニークな国です。

日本社会の中では…
永代供養ではなく子が親を供養する、その繰り返しが先祖関係につながっていき社会を支える。
…こうした考え方が大前提としてあったのです。

永代供養は昔からあった

永代供養と聞くと、ここ最近のもののようにも思われますが、実は昔から行われていました。
ただし、今と違うのは、永代供養を任せる先が、かつてはあくまでも菩提寺だったという点です。

あとが続かなくなった家の先祖供養をその家の菩提寺が受け入れるというのは、とても自然な流れです。

遺骨や位牌も菩提寺が預かり、墓地への埋葬や本堂への安置など、お寺が続く限り責任を持って檀家の祖霊を供養をしたのです。

現代の永代供養は寺院探しから始まる

現代の永代供養が昔と違うのは、そもそも檀家と菩提寺というつながりがない点です。
ですから、まずは永代供養してくれる寺院探しからしなければなりません。

また逆に、寺離れや檀家離れが深刻な寺院側も、宗旨宗派を問わず、広く永代供養の利用者を募るようになりました。
檀家制度が崩壊し、新たな供養の形が登場していると言っても過言ではないでしょう。

地方から都会に出て長い年月が経つ人は、先祖を供養してきた故郷の寺院と疎遠になっています。

また、自分たちの子もこの先どうなるか分からない、違う土地で生活するかもしれないし、結婚しないかもしれない。
こうした社会状況では、先祖関係をつなぐという従来の供養の方法は難しくなってきているのです。

「永代」とは、お寺が続くまでのこと

「永代」とは、永久の意味ではありません。
あくまでも、「お寺が続くまで」の意味だと思えばいいでしょう。

筆者は、「永代って、いつまでのこと?」と、すごく疑問に感じました。
そして、永代供養を受け入れている寺院や業者に電話で尋ねました。
どの場合も回答は実に曖昧でした。

寺院側も、永代の定義なんて考えたことがないのですね。

筆者「永代とはいつまでのことですか?」
某寺「いつまでもずっと、という意味ですよ」
筆者「もしも貴院が廃寺などになったらどうなるのですか?」
某寺「このお寺は江戸時代から400年も続く由緒あるお寺ですから、そんなことはありません!」

…と、半ば不服気味に答えられてしまったことありました。
しかし、現実問題、廃寺の問題は深刻です。
『寺院消滅』という本が世間をにぎわせたほどです。

この本では、7万7000ある寺院の内、すでに2万程度が空き寺だと書かれています。
さらに2040年までにはさらに1万カ寺が空き寺になるだろうと。
永代供養を託すべき寺院の先行きも、なんとも不透明な時代なのです。

菩提寺が廃寺になった時は、近隣の寺院が兼務する

万が一、永代供養を任せているお寺が廃寺になってしまった場合は、近隣の同じ宗派のお寺が兼務するので安心です。
なぜなら、寺院側の主張であり、そこに安心感を得られるかどうかはこちら側の問題です。

しかし、どこかで諦めが肝要だというのが、筆者の考えです。

そもそも家族の関係が続かないために、供養を寺院に任すのですから、その寺院だっていつかは途絶えてしまうということは、充分に起こり得ることでしょう。

仏教の教えの中に「諸行無常」という言葉があるほどですから、どんなに長く続く仏教寺院ですら、「常」はないわけです。
未来永劫のことは分からない。

だからこそ、33年という区切りが大切になるのではないでしょうか。
三十三回忌は弔い上げですが、世代が交代する周期でもあるのです。

一定期間供養したあとは合葬にする

永代供養の方法はいくつかあります。
最も多いのは、一定期間は個別に供養して、33回忌を経て合葬にするというものです。
これは弔いの本質を見事に突いています。

というのも世代が交代するのが大体33年周期だからです。
弔う側も亡くなっていくことで、死者の弔いはゆっくり終わっていくのです。

親の弔いは子がしますが、その子が亡くなることで、いよいよ親の供養は完成されていくという考え方です。

最近の永代供養でも、13回忌や33回忌を一定期間として、それを過ぎると合葬にするところがほとんどです。

納骨堂とは遺骨を収蔵する施設のこと

納骨堂とは、遺骨を収蔵するための建物や施設のことです。

「堂」という言葉が用いられているために、室内でお参りできるお墓や納骨壇の総称ですが、統一された線引きがないために、永代供養墓や合祀墓を指して納骨堂と呼んでしまうこともあります。

納骨堂とは、永代供養の施設ではなく、あくまでも堂内でお参りできる施設のことです。

お墓と納骨堂のちがい

納骨堂の特徴は、継承する従来型のお墓と比較することで、分かりやすく捉えられます。
お墓が野外で遺骨を埋蔵する施設であるのに対し、納骨堂は屋内で遺骨を収蔵する施設です。
納骨堂の中には”納骨壇”が並び、この納骨壇にはさまざまな種類があります。

納骨堂の種類

棚型

棚型の納骨堂は、ひな壇に位牌や遺骨を並べるタイプのものです。
個別の施設を用意する必要がないので一般的に言う納骨壇を用いた施設ではないかもしれませんが、寺院側は省スペースで遺骨を預かるために、最も安価な方法かもしれません。

ロッカー型

納骨堂の中にロッカー型の納骨壇が並びます。
ロッカーの中に遺骨を収蔵し、堂内に共有の礼拝スペースが設けられています。
一列を二段や三段に区切り、価格設定は上段ほど高く、下段ほど安くなります。

仏壇型

ロッカー型をさらに進化させたものです。
上段が仏壇のスペースで、下段が遺骨の収蔵スペースになっています。
扉を開けると手を合わすための須弥壇が置かれ、中にはご本尊(その宗派が礼拝する仏様)が安置されています。

ご本尊の前にはお供えができるスペースもあり、個別にお参りできます。
一列まとめて購入することになるので、納骨壇の中では最も高価でしょう。

自動搬送型(マンション型)

遺骨がコンピュータ制御で運ばれてくるタイプです。

都心部など、土地不足が深刻な地域で見られるようになり、ビルの中のバックヤードに遺骨が安置されているために「マンション型」とも呼ばれます。
共有の参拝ブースにICチップをかざすだけで、その家の遺骨が運ばれてくる仕組みになっています。

供養の仕組み

納骨堂は、あくまでも永代供養の施設ではなく、堂内の参拝施設です。
お参りの人が続く限り、供養は続きます。

とはいえ、跡取りがいなくなり、永代供養が必要となった場合には、寺院に相談しましょう。
納骨壇の中の遺骨を取り出して、合葬にしてもらえるでしょう。

納骨堂の大きなメリットに挙げられるのは、永代供養にする時に墓じまいのような手間や費用が不要なことです。

納骨堂の費用相場

納骨堂の相場は、利用する施設の種類によって異なります。

棚型 10万円~20万円

ひな壇に位牌や遺骨を並べる場合、施設に費用が不要です。
寺院による供養料として、10万円から20万円くらいが相場でしょう。

ロッカー型 20万円~50万円

一列のロッカーに3~5段の収納が設けられるために、割安です。
ただし内部は遺骨を納めるためのスペースがあるだけで、礼拝は堂内の共有の礼拝スペースで行います。
上段ほど高く、下段ほど安く設定されています。

仏壇型 50万円~150万円

仏壇型は、上段の礼拝スペースと、下段の収蔵スペースに分けられます。
上段の扉を開くと、中にはご本尊が祀られ、三具足(花、香、灯)が並びます。

ただし、実際に生の花を生けたり、火を使うわけにはいきません。
花は「常花」と呼ばれる仏具、線香やローソクは電池式のものを用います。
また、遺骨の収蔵も、1人用、2人用、家族用などいろいろな大きさがあります。

自動搬送型(マンション型)100万円前後

マンション型はまだ都心でしか見られませんが、その高級感や落ち着いた空間作りが人気です。

納骨堂が人気になっている理由

昨今の社会背景が納骨堂の人気の理由です。
核家族化、高齢化、墓離れ、生涯未婚率の増加などがそれにあたりますが、具体的にご説明します。

納骨堂が人気の理由

  • お墓を建てても守る人がいない
    これまで、亡くなった人の供養はお墓を建てることが主流でした。
    それには、子や孫があとをみてくれるという前提があったからです。

    ところが、今の時代はお墓を建ててもあとをみてくれる人がいないというケースがとても多いのです。
    生涯独身の人、身寄りのいない人、子や孫はいるが遠くに暮らしている人など。
    こうした人たちが、もっと手軽にお参りできる場として納骨堂を選んでいます。
  • お墓よりも費用が安い
    お墓ではなくて納骨堂が人気のもう1つの大きな理由は、予算です。

    お墓を建てるためには墓地代と墓石代の両方がいるのですが、納骨堂ではどんなに高価なものでも100万円前後です。
    費用を安く抑えたい人にはとても魅力的な供養の方法です。
  • お墓の引っ越しの時の手間がかからない
    納骨堂だと、遺骨の引っ越しの時に費用や手間がかかりません。
    いろいろな土地に移り住むのが当たり前の時代です。

    お墓を建ててしまうと、遺骨を引っ越すだけでなく、お墓の引っ越しや処分も伴います。
    納骨堂の方がはるかに負担が軽減されます。
  • お墓の掃除が不要
    お墓の掃除は大変な労力を要します。
    草抜きや石塔磨きなど、年を重ねるごとにこうした作業が辛く困難になります。
    納骨堂であれば、参拝場所が建物の中なので、こうした心配がありません。

納骨堂を選ぶときに見たほうがいいポイント

納骨堂を経営する寺院や霊園はたくさんあり、それぞれによって条件が異なります。
以下のポイントに気を付けて、納骨堂を探しましょう。

納骨堂を探す際に気をつけるポイント

  • 宗旨宗派
    自分たちが信仰する宗旨や宗派でも納骨堂を利用できるか事前に確認しておきましょう。
    あるいは、その寺院の檀家や信徒にならなければならないなどの条件がないか、契約前に確認しておきましょう。
  • 納骨できる遺骨の数
    納骨壇はスペースに限りがありますし、預ける骨壺の大きさによっても数は変わります。
    将来のことを見据えて、どれくらいの数の納骨が必要か、それに見合うだけの大きさかなど、確認しましょう。
  • 納骨期間
    13回忌や33回忌を経て合葬にする。お参りの人がいる間は永代に渡って使用できるなど、条件はそれぞれ異なります。
  • お参りの方法
    手を合わす場所がどういうところのなのか。お供えは満足できるか。

    仏壇型であれば個別に手を合わす場所がありますが、棚型やロッカー型では共有の参拝スペースへのお参りになります。
    自分たちが満足できるお参りになるかどうか、慎重に検討しましょう。
  • 費用
    納骨壇の種類によって費用が変わります。無理のない形で納骨壇を探しましょう。
  • アクセス、立地
    公共交通機関を利用して行きやすいか、駐車場は完備しているかなど、いざ、自分たちがお参りする時のことをシミュレーションしてみましょう。

納骨堂以外にある永代供養のお墓

納骨堂は、あくまでも屋内に設けられた納骨施設であり、永代供養そのものを指すわけではありません。
ただし、納骨堂を利用する人の多くは、ゆくゆくは永代供養を考えている人が多いでしょう。
納骨堂以外のさまざまな供養の方法についてまとめました。

共同墓地

共同墓地とは、ひとつの石塔で複数の人の遺骨を納めるお墓です。「集合墓」「合葬墓」「総墓」とも呼ばれます。
個別に供養したい人には不向きです。

しかし、他の人と同じ場所への納骨で構わないという人は、はじめから共同墓地に埋葬します。
また、はじめこそは個別ですが、一定期間を過ぎることで共同墓地に合葬するケースもたくさんあります。

夫婦墓

夫婦墓とは、子や孫の代まで継がせずに、夫婦だけが入る前提で作られるお墓のことです。
夫婦だけが入るお墓ですから、省スペースで済みます。

また、子や孫が継ぎませんから、永代供養が前提となっています。
遺骨は合葬され、石塔は墓じまいされるのですが、中には寺院の施設として永代に渡って石塔を保存しておくところもあります。

樹木葬

樹木葬は、石塔ではなく樹木を墓標としたお墓です。
区画内に遺骨を納め、苗木や草花を植樹します。

省スペースで、石材が不要であるため、安く、楽に埋葬ができます。
その上、環境にも優しく、エコ志向であることから、近年注目を浴びている供養の方法です。

永代供養のお墓を選ぶメリット・デメリット

永代供養のお墓を選ぶことのメリットとデメリットについてまとめました。

メリットについて

  • あとを見る人がいなくても安心できる
    永代供養では、寺院が責任を持って供養してくれるので、安心です。
  • 費用を安く抑えられる
    お墓を建てたり、仏壇を買ったりするよりは、安い費用で抑えられます。
  • 個別にお参りもできる
    「永代供養=合葬」と思われる人も多くいますが、一定期間は個別のお参りもできます。

デメリットについて

  • 供養に対しての満足度が低い
    個別に手厚く供養できないので、満足感において心残りを感じる人が多いようです。
  • 周囲から苦言を呈される
    まだなじみの薄い供養の方法ですし、自分たちの手で先祖を供養するべきだと考える人がいる場合、意見の相違が生じることもあるでしょう。
  • 遺骨を取り出せない
    もしも合葬をしてしまったら、遺骨は取り出せないでしょう。

    自分たちが本当にどのような供養をしたいのか。ゆくゆくは引っ越しの可能性もあるかもしれない。
    こうしたリスクもじっくり考えましょう。

まとめ

いかがでしたか?
納骨堂と永代供養について綴らせて頂きました。
最後に、この記事をまとめです。

強調したいポイント

  • 納骨堂とは、永代供養の施設ではなく、あくまでも堂内でお参りできる施設のことを指す
  • 永代供養とは、死者や先祖の供養を、家族に代わって寺院に任せること
  • 永代供養そのものは昔からあった
  • 永代供養はお寺探しから始まる
  • 現代の永代供養はお寺探しから始まる
  • 永代とは、寺院が続くまで、の意味
  • 弔いは、三十三回忌ひとつの区切りがつく
  • 納骨堂は主に4つに分けられる
    • 棚型 10万円~20万円
    • ロッカー型 20万円~50万円
    • 仏壇型 50万円~150万円
    • 自動搬送型(マンション型) 100万円前後
  • 納骨堂が人気の背景には核家族化、高齢化、墓離れ、生涯未婚率の増加などがある
  • 納骨堂を選ぶ時は、宗旨宗派、納骨の数、供養の方法、費用、アクセスなどを慎重に考える
  • メリットは、比較的安く、寺院に供養を任せられること
  • デメリットは、まわりから苦言を呈される、遺骨が戻ってこないこともあること

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら