樹木葬を選んで後悔しないために!デメリットをしっかり把握しよう

スポンサーリンク
樹木葬の霊園

自然あふれる霊園に眠ることができる方法として、樹木葬にあこがれを感じている人が増えているようです。
とくに女性にとっては、四季折々の花に囲まれて眠れるのは幸せなことですよね。

しかし、その一方で、こんな不安が頭をよぎっていませんか。

この記事ではこのような疑問を解消!

  • 「簡単に樹木葬を選んでいいものだろうか。何か落とし穴がないかな……」
  • 「樹木葬を選んで後悔したケースがあれば、知っておきたい」
  • 「樹木葬のデメリットを先に知ることができれば、対策できるのに」

この記事では、以上のような疑問や不安を抱えている人のために、樹木葬の注意点やデメリット、後悔するケースについて重点的にご紹介します。
ネガティブな面を先に知っておけば、先回りしての対策が可能です。

樹木葬とは墓石ではなく樹木を墓標とするお墓

樹木葬の納骨

樹木葬とは、「先祖代々之墓」などと刻まれた墓石ではなく、樹木を墓標としたお墓のことを指します。
樹木葬の注意点について知る前に、まずは種類をざっと確認しておきましょう。
樹木葬の種類は、大きく次の3つに分かれます。

  • 個人墓
  • 集合墓
  • 合祀墓

それぞれ詳しく説明します。

個人墓としての樹木葬

個人墓としての樹木葬は、一つの区画を独占し、好みの樹木を自分だけの墓標として植えるタイプです。
墓石ではなく樹木が墓標である以外は、一般的なお墓と変わりません。
単身用のタイプもあれば、夫婦で入れるタイプ、家族4人などで入れるタイプもあります。

集合墓としての樹木葬

集合墓としての樹木葬は、シンボルツリーである大樹の周りに、たくさんの遺骨を納骨するタイプです。
墓地の一角などに作られたプレートに名前を刻むため、どこに誰の遺骨が眠っているかがわかるようになっています。
単身用、夫婦用がほとんどですが、まれに家族4人用のタイプもあります。

合祀墓としての樹木葬

合祀墓としての樹木葬は、樹木の周りに大きな合祀墓を1つ作り、その中にたくさんの遺骨を納骨するタイプです。
骨壺から遺骨を取り出して合祀するため、他の人の遺骨と混じってしまうことが多いでしょう。

その性格上、一体ごとに納骨料金を支払うことになりますが、
夫婦で納骨することがあらかじめ決まっている場合などは、割引をしてくれるケースもあります。

以上のように樹木葬には3タイプあり、見た目も形式もだいぶ違いますから、あらかじめ希望のイメージを固めておきましょう。

樹木葬の種類を踏まえたところで、次章では、樹木葬と一般墓の違いについて解説します。

樹木葬と一般墓との違い

樹木葬と一般墓との違いは、主に以下の3つです。

  • 基本的に宗教フリー
  • 永代供養墓の形態が一般的
  • 費用が安い

順に解説します。

基本的に宗教フリー

樹木葬は、種類にかかわらず、基本的に宗教フリーです。
どんな宗派の人でも関係なく、樹木葬を利用することができます。

ただ、寺院が直接管理運営している墓地内の樹木葬エリアには要注意です。
一般的なお墓と同様に、樹木葬でも檀家にならなければならない可能性があるためです。

永代供養墓の形態が一般的

樹木葬は、一度料金を支払ったら年間管理料の必要がなく、またお墓掃除やお墓参りも不要な永代供養墓がほとんどです。
よって子どものいない人、子どもはいてもお墓を継いではもらえないと考える人に人気です。

ただ、全ての樹木葬が永代供養であるとは限らず、承継者を必要とするケースもあるので、注意が必要です。

費用が安い

樹木葬は、一般的なお墓よりも割安なのが特徴です。
個人でお墓を構える場合でも、墓石を建てるのではなく樹木を植えるので、そのぶん費用が安くなります。
タイプ別に費用の目安を用意しましたので、参考にしてください。

お墓のタイプ

費用相場

【比較参考】一般的な承継墓

200万円~250万円

樹木葬の個人墓

50万円~70万円

樹木葬の集合墓

30万円~50万円

樹木葬の合祀墓

10万円~30万円

宗教フリーで承継者いらず、費用が安いとあれば、従来のお墓の形に違和感を覚えている人にはメリットしか感じられませんよね。
でも、やはりメリットばかりではありえません。
次章では、樹木葬のデメリットと、その対策についてお伝えします。

樹木葬のデメリットとその対策

樹木葬のデメリットは、以下の通りです。

  • 遺骨を後で取り出せない
  • 樹木が枯れると悲しい
  • アクセス良好とはいかないケースが多い

対策と合わせて解説します。

遺骨を後で取り出せない

樹木葬では、自然に還るという考え方のもと、遺骨を直じかに、もしくは布袋に包んで土中に還すケースが大半なので
遺骨を後で完全に取り出せないというデメリットがあります。

遺族が「みんなで眠れるお墓が見つかったから」と遺骨を迎えに来たとしても、土の中で分解が進んでいると、埋葬した場所の土を持ち帰るしか方法がありません。
また、合祀型では他の人の遺骨と混じってしまうため、個別に遺骨を取り出せません。

対策方法としては、子世代とよくコミュニケーションをとり、一度埋葬したら二度とは取り出せないことをきちんと理解してもらうことが挙げられます。

樹木が枯れると悲しい

墓標となった樹木が枯れてしまうと、「故人に申し訳ない」と、悲しい気持ちになります。
故人が生前に選んだ樹木であればなおさらです。

樹木が枯れてしまわないよう、管理体制の整った樹木葬霊園を選ぶことが肝心です。
見学の際には、樹木の手入れが十分にされているかをきちんと確かめましょう。

アクセス良好とはいかないケースが多い

樹木葬の霊園は、自然あふれる環境に立地しているため、アクセス良好とはいかないケースが多いのが特徴です。
都心から遠く離れないと、なかなか希望の霊園が見つからないと悩むこともあるでしょう。

とくに、里山の中にあるような、かなり自然派の樹木葬にあこがれている場合はアクセスが不便になりがちです。
実際に霊園へ足を運び、利便性を確認することが大事です。

以上が主なデメリットと対策ですが、
細かく見ていけば、後悔につながりそうなケースや子世代とトラブルになりそうな状況は他にもたくさん考えられます。

次章で、具体的なケースとその対処法について解説します。

樹木葬が後悔につながるケースと対処法

後悔している老夫婦

樹木葬が後悔につながるケースを具体的に紹介しながら、対処法についてもお伝えしていきます。
誰でも陥る可能性のあるトラブルばかりですから、ぜひ参考にしてください。

永代供養といわれ契約したら生前は管理費がかかった

ある樹木葬霊園で「永代供養です」といわれれば、
永代供養について少し知っている人なら「じゃあ、一度料金を支払ったら、あとはお金を払わなくてもいい」と思いがちです。

しかし、実際には、埋葬予定となる人が生きている間は年間管理費がかかる樹木葬霊園があります。
一般的な霊園よりも、樹木葬霊園のほうがその傾向が強いでしょう。
なぜなら、樹木葬霊園は、一般的な霊園よりも自然が豊富で、手入れしなければならないところが多いためです。

「永代供養です」と言われた場合は、どんな意味なのか確認し、かかる費用の全体を示した見積もりをもらいましょう。

アクセスが悪すぎて子世代にかえって迷惑をかけた

「残される子どもたちにお墓のことで迷惑をかけたくない」と考えて永代供養の樹木葬を選んだのに、
お墓参りをするにはアクセスが悪すぎて、子世代にかえって迷惑となってしまったケースです。
とくに樹木葬霊園は、人里離れた山中に作られることもあるため、気をつけなければなりません。

「子世代は車が運転できるから、駅から多少遠くてもよい」と思っているかもしれませんが、
いずれ子どもたちも年老いて、運転が困難になります。

公共機関、送迎バス、タクシーなど自家用車以外でのアクセス方法も考えておきましょう。
自家用車以外でのお墓参りが困難な場合は、子世代とも話し合い、
あまりいい顔をされないようなら再検討しましょう。

墓石がないと違和感があると子どもに訴えられた

樹木葬はまだまだ新しい形式なので、「墓石がないと、手を合わせていても先祖を供養している気がしない」と思う人もいます。
いったん違和感を覚えてしまうと、その感覚を修正するのは困難です。
手を合わせるかいがないと思えば、当然ながらお墓から足が遠のいてしまうでしょう。

子世代には、事前に樹木葬のパンフレットを見せたり、近場の樹木葬霊園に一緒に見学へ出かけたりしましょう。
そして反応をみます。

どうしても子世代の違和感が消えないようなら、樹木葬は諦めるべきかもしれません。
お墓はそこに眠る人だけのためのものではなく、お参りする人のためのものでもあるからです。

永代供養と思い込んでいたが実際は檀家にされた

永代供養と聞けば、「檀家にならなくても済む」と思いがちですが、実際には檀家同様の扱いを受けたというケースがあります。
この場合、「檀家になってほしい」と、はっきりとは言われないのがやっかいです。

「樹木葬を申し込む人は、この寺院の『墓友クラブ』の会員になってほしい」
「年忌法要の案内を送るため、紙代だけでも負担してほしい」

などといわれると、実際には年間管理費のような形で費用を払い続けなければならなくなります。
寺院の修繕などが必要になったときは、負担金をお願いする内容のお知らせが届くようになるかもしれません。

なにか継続的に費用を支払わなければならないような案内を受けたときには、
どんな内容なのか、いつでもやめられるものなのかをきちんと確認しましょう。

自然に還れると思っていたのに骨壺のままの埋葬形態だった

樹木葬の多くは土中に遺骨を還す形態をとりますが、骨壺のまま埋葬する方針をとっている霊園もあります。
自然に還れることに魅力を感じて樹木葬にしたのに、骨壺のまま埋葬されたのでは、希望はかないませんよね。

都市部からアクセスが良く、公園風にきちんと整備されている樹木葬霊園を選んだ人は、とくに要注意です。
「樹木葬だから自然に還れる」と早合点せず、埋葬方法をしっかりと確認しましょう。

以上、さまざまなケースを取り上げましたが、その対処法には共通点があります。
それは、霊園の管理者や寺院、そして子世代としっかりコミュニケーションをとることり、
「樹木葬だから、永代供養だから、檀家にならなくて済むだろう」といった先入観をいったん取り去ることです。

霊園の一つ一つに方針があります。パンフレットをじっくり読んで、不明点はよく確認することが重要です。

まとめ

以上のように、樹木葬にはメリットもありますが、注意すべき点もたくさんあります。
後悔するケースを前もって知っておけば、対策を練るのは簡単です。

トラブルに陥らないよう、そして子世代に迷惑をかけないよう、事前の下調べは念入りに行いましょう。
そうすれば、心から安心して樹木葬を検討することができます。

ライフドットでは、樹木葬に関する記事をたくさん用意しています。気になる記事を読んでいただき、後悔のないお墓選びのお役に立てると嬉しいです。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら