【樹木葬とは】アイキャッチ

樹木葬とは樹木を墓標として手を合わせる新しいタイプのお墓です。
従来の墓石タイプのお墓では子や孫があとを継ぐことが前提で、人によっては維持管理の負担が大きくのしかかります。

さらに、昨今では生涯未婚率の高さからお墓の承継者がいない世帯や、子の世代に負担をかけたくないと考える方も増えてきました。

管理負担を減らせるお墓として、さらには自然志向というクリーンなイメージも相まって、樹木葬が注目を浴びています。

この記事では樹木葬が今までのお墓とどのように違うのか、またメリット・デメリットまで詳しく解説いたします。

樹木葬にすることで供養がどのように変わるのかを知っていただければ幸いです。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

樹木を墓標とする樹木葬には3つのタイプがある

樹木葬とは、樹木に手を合わせる新しいタイプのお墓です。
ひとくちに樹木葬と言っても、細かく見るとさまざまなタイプがあり、合祀型、集合型、個別型に分けられます。

それぞれの特徴は手を合わす「礼拝」と、遺骨を納める「埋葬」を、他の人と共有する形で行うか、あるいは自分たちの家だけで個別に行うかで、下の表のようにまとめられます。

合祀型タイプ 集合型タイプ 個別型タイプ
礼拝の対象 共有 共有 個別
埋葬の場所 共有 個別 個別

タイプ別に、それぞれの特徴を見ていきましょう。

合祀型タイプ

合祀型とは、亡くなった人の遺骨を個別に供養することなく、すぐに共同埋葬するタイプです。
埋葬は他の人と同じ場所に行われ、シンボルツリーに対して手を合わせます。

「永代供養墓」の樹木葬バージョンと思えばよいでしょう。
一度合祀してしまうと、あとは家族が供養の責任を負う必要がないので、あととりのいない世帯などが選びます。

ただし、亡き人をいきなり合祀にしてしまうことで「供養を簡略化している」と、周囲から苦言を呈されることもあるかもしれません。

集合型タイプ

集合型とは、シンボルツリーの周りに個別のカロートを設け、その中に埋葬するタイプです。
他の人と同じ場所に埋葬されたくないという声は多く、個別に埋葬できるよう、複数のカロートが並べられています。

ただし、カロート1区画に入る骨壺の数はせいぜい2〜4つ程度で、1代限りのお墓であることが前提で作られているため、子や孫が受け継ぐお墓としては不向きでしょう。

集合型タイプでは、一定期間を過ぎると、あるいはお参りの人がいなくなると、カロートの中の遺骨は合祀されます。

個別型タイプ

個別型とは、個別の墓地を取得して、埋葬と植樹するタイプの樹木葬です。
自分たちだけの個別のお墓を望む人たちに選ばれています。

植木に用いられるのは、サツキやサザンカなどの低木です。
桜などの高木はシンボルツリーには適していますが、個別型の墓標として用いると両隣の墓地にも迷惑がかかる可能性があります。

個別型タイプでもお参りの人が途絶えてしまうと、墓じまいをして遺骨は永代供養として合祀されます。

そのため埋葬はカロートの中に行われ、将来的に遺骨を合祀に移すことを前提に考えられています。
なお、自然の里山で行う樹木葬を「里山型」と呼びますが、こちらも基本的には個別型タイプです。

ただし里山型ではカロートや銘板などの構造物を用いないため、遺骨は土の中に埋葬されます。
お参りの人がいなくなると、その区画の中でそのまま永代供養として時間をかけて大自然に還っていくのです。

樹木葬が増えている理由

樹木葬が増えている理由には、現代の時代背景が密接に関わっています。
どのような理由が挙げられるのか、まとめました。

【樹木葬 シンボルツリー】アイキャッチ画像

お墓の承継者がいない世帯が増えている

基本的に一代限りのお墓として利用されている樹木葬。
お墓の承継者がいない人たちに選ばれています。

従来のお墓は代々受け継がれていくものでしたが、次の世代がお墓を受け継ぐことができない状況があちこちで見られます。

たとえば、理由のひとつに未婚率の増加があります。
結婚をしないと子どもがいないため、その家は将来的には絶えてしまい、お墓の維持は困難になります。

また少子化も、お墓の承継という点から考えると深刻な問題です。
昔はひとりの女性が多くの子どもを産んでいました。1925年の合計特殊出生率は5.11%、1947年は4.54%。

つまり、ひとつの世帯に4〜5人の子どもがいれば、1人くらいは男の子、つまりお墓の承継者がいたものです。

しかし2017年の1人当たりの平均出生率は1.43%。
もしも家の中に女の子しかいなければ、その時点でお墓の承継者がいなくなります。

もちろん、お墓の承継者は男性でなくても構いませんが、社会通念上、男性(特に長男)がお墓を継ぐ考え方は根強く残っており、女性が率先してお墓を承継するのはやはり少数でしょう。

単身者が増えている上に、結婚して子どもがいても承継者がいない、という世帯が増えているのです。

環境問題や自然志向への関心の高まり

現代の樹木葬の人気は、戦後のお墓ブームの反動が大きくあります。
特に昭和40年初頭、日本は空前のお墓建立ブームに沸きました。

戦後満足にされていなかった死者供養を丁寧にしなければならないという機運が、高度経済成長による市民の生活レベルの向上によって高まっていったのです。

日本中のあちこちで山を削ってでき上がった大規模霊園を見かけるようになりましたし、大量の墓石用の石材が国内外の山から切り出されては乱獲されました。

こうした光景は環境破壊として人々の目に映り、自然志向への関心の高まりと相まって、自然の中で眠りにつける樹木葬が注目を集めだしたものだと思われます。

費用をあまりかけたくないという経済的な理由

樹木葬は、墓石のお墓に比べるとはるかに格安です。
墓地を取得して永代使用料を支払わなければならないのは樹木葬も墓石も同じですが、墓標として用いるのに、植木の植樹と、石塔の建立とでは、手間や費用に雲泥の差があります。

石はとても重く、硬いものなので、切り出し、運搬、加工、据え付けなどにたくさんの職人の手が必要となります。

それに比べて樹木葬では苗木を購入してきて、穴を掘って、植えるだけです。
さらに、集合型や合祀型では墓地の取得や植樹もしなくていいので、さらに安く費用を抑えられます。

また墓石がないので、当然いざという時の墓じまいの費用も安く済みます。
「あとが続かないから、そこまで費用をかけなくてもいい」
「子ども世代に費用の負担をさせたくない」

このように考える人が樹木葬を選びます。

希望エリアの樹木葬が見つかる!

ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの樹木葬が見つかります。
まずは希望の都道府県を選んでどんな樹木葬があるかチェックしてみましょう。

樹木葬を探す

樹木葬によるトラブル事例

まだまだ新しいお墓の樹木葬。慣れないお墓のスタイルにトラブルを引き起こす可能性もあります。
樹木葬をしようかなと考えている人は次に挙げるポイントを参考に、慎重に検討しましょう。

従来の墓石に比べて樹木は物足りない

供養の方法が多様化したとはいえ、現代でもお墓のスタンダードは墓石です。
日本では亡き人やご先祖様と自分たちをつなぐものとして墓石が用いられてきたので、樹木のお墓に物足りなさを感じる人もいるでしょう。

墓石の最大の特徴は耐久性と堅牢性、つまり長くそこにい続けられる永続性にありますが、季節が巡って枯れることもある樹木には、永続性を託しづらいかもしれません。

手入れがしづらい

お墓の掃除で一番大変なのは草抜き、とはよく聞かれる声です。
樹木葬の場合、墓標である樹木と、雑草の見境がつかなくなる可能性があります。

墓石だと、石塔はタオルやスポンジで拭き掃除をし、足下の草を抜けば良いのですが、樹木葬では墓標も雑草も同じ植物です。少しお参りの期間が空いてしまうと、墓域内が一気に荒れてしまう可能性もあります。

また、墓石は拭き掃除をすることで達成感が得られますが、樹木葬はそうした分かりやすい達成感を感じづらいかもしれません。

お供えがしづらい

樹木葬では火事の危険性があるため、火気厳禁としている寺院や霊園が多くあります。つまり、線香やローソクが使用できないのです。

さらには、お墓参りと言えばお花のお供えですが、そもそも墓標が樹木ですから、こうしたお供え物ができません。

線香やローソクやお花などをあげずに手を合わせるだけだと、なんだか物足りないという声もあります。

代々受け継ぐお墓としては不向き

代々受け継ぐお墓として樹木葬を選ぶ場合には注意が必要です。

霊園型の場合、埋葬はカロートに中にしますが、スペース的に小さく作られていて、どれだけの遺骨を納められるかは不明瞭です。これは樹木葬の多くが一代限りのお墓として考えられているからです。

また、里山型は地方や郊外にあることが多く、お墓参りに行くのも大変です。

樹木葬なのに石碑を用いることもある

樹木葬と聞くと、大自然の中に自分の遺骨を還していくいわゆる「里山型」を連想しがちですが、こうした樹木葬は実施が難しく、きわめて少数派です。

昨今日本中で見られる樹木葬は「霊園型」と呼ばれるもので、石でできたカロートや小さな石碑や石板と併用する形で樹木が用いられています。

まだまだ普及し始めたばかりのお墓ですから、イメージしていたものと異なることもあり得るでしょう。

周囲に理解を得られないこともある

家族や親族など、お墓に対して保守的な考えを持っている周囲の人から反対されることもあるかもしれません。

墓石の方がお墓らしい、樹木葬だからこそ手入れが大変だ、周囲に恥ずかしいなど、さまざまな理由があるでしょう。

もちろん、どのような形のお墓にするかは最終的には墓守である承継者が決めますが、周囲の人たちの理解を得ておくのが望ましいでしょう。

樹木葬とお墓(墓石タイプ)との違い

墓石と樹木葬にはどのような違いがあるのでしょうか?
墓石との比較、という観点から樹木葬の特徴を浮かび上がらせてみましょう。

墓石は重厚感があり、樹木は華やか

当たり前すぎることですが、墓石は石で、樹木葬は樹木や草花です。
墓石の方が重厚感があり、風雪に耐えます。ただし地味で、少し薄気味悪く感じる人も入ることでしょう。

樹木や草花は枯れることもありますし、嵐が吹けばなぎ倒されますかもしれませんが、きれいに咲いているとその場を華やかにします。

墓石は建立や解体に費用がかかる

大変重くて硬い石材を扱うにはどうしても相対的に高い費用がかかります。
お墓を建立する時も、墓じまいで解体する時も、他のお墓のタイプと比べて断然高いのが墓石です。

樹木葬では、墓石の建立の代わりに植樹、墓じまいも樹木の抜根だけで済むので、費用を安く抑えられます。

墓石は代々受け継ぐ 樹木葬は1代限り

墓石は代々受け継ぐお墓に向いています。
親子や先祖のつながりがいつまでも続いてほしいと祈るわけですから、いつまでもそこにいる墓石は、永続性を表現してくれるという点で、最も適したものと言えるかもしれません。

一方、樹木葬はいざという時の墓じまいでもそこまで手間や費用をしないため、1代限りのお墓に適しています。

樹木葬のメリット・デメリット

樹木葬にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
それぞれのポイントをまとめました。

メリットとデメリットを考える男性

樹木葬の3つのメリット

樹木葬のメリットは、ズバリ次の3つでしょう。

おすすめ・メリットのポイント

  • 費用を抑えられる
  • 後継者不要でも利用できる
  • 自然に還せる/還れる

これまでのお墓とは、真逆のスタイルが樹木葬です。
お金をかけず、あととりも要らないお墓。

先祖や親子という家関係よりも、自分自身の個性を大切にする世の中にマッチしたお墓こそが樹木葬なのかもしれません。

樹木葬の3つのデメリット

樹木葬にもデメリットがありますが、その3つを挙げます。

注意・デメリットのポイント

  • 樹木が墓標であることの物足りなり
  • 手入れやお供えのしづらさ
  • 遺骨が取り出せなくなる

やはり、新しいお墓のスタイルということで、従来のお墓とのズレに違和感を感じる人が多くいるでしょう。
お墓参りと言えば、墓石を拭き、ローソクや線香やお花をお供えし、そして手を合わす。

こうしたお墓参りの一連の流れが、樹木葬ではできなくなるのです。
「お参りに来た感じがしない」という声もよく聞かれます。

樹木葬が向いている人の特徴

次のような人が樹木葬が向いています。

  • 後継者がいない人
  • お墓にお金をかけたくない人
  • 自然のなかで眠りたい人

こうした特徴を考えた時に、流行しているから、費用が安いから、というような安直な理由だけで樹木葬を選ぶのは控えましょう。

まずは自分の家族を振り返り、元気なうちから、あるいは誰かが亡くなったあとも、家族としてつながっていられるにはどのようなお墓がいいのか、きちんと考えましょう。

「個別のお墓が欲しい」「親のお墓は自分がきちんと管理する」などの明確な想いがある場合は、急いで樹木葬を選ばずに、墓石や他のお墓タイプも比較しながら考えていきましょう。

希望エリアの樹木葬が見つかる!

ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの樹木葬が見つかります。
まずは希望の都道府県を選んでどんな樹木葬があるかチェックしてみましょう。

樹木葬を探す

樹木葬の価格相場は50万円前後

樹木葬の価格相場は50万円前後でしょう。安いもので5万円、高いもので100万円くらいの樹木葬もあります。

具体的に言うならば、樹木葬は里山型と霊園型に分けられ、さらに霊園型は合祀型タイプ、集合型タイプ、個別型タイプに分けられるため、それぞれの価格相場があります。

里山型:50万円~100万円

里山型は、自然の里山の中で行われる樹木葬です。カロートや石碑などは用いませんが、個別に墓地を取得するためにそれなりの費用がかかります。

霊園型 合祀型タイプ:5万円~15万円

合祀型では、あなただけの個別のカロートや植樹などを必要としないため、費用を安く抑えられます。

霊園型 集合型タイプ:20万円~50万円

集合型は、個別のカロートを購入し、その上に石碑や石板を設けます。

霊園型 個別型タイプ:50万円~100万円

個別型は墓地と植樹がセットになっています。やはり個別に墓地を取得しなければならないため、他の樹木葬に比べ永代使用料が上積みされ、高めになります。

※樹木葬の費用についてより詳しく知りたい方は樹木葬の費用は安価?人気の理由と思わぬ落とし穴をわかりやすく解説の記事をご覧ください。

樹木葬も墓地・霊園と同じ流れで探せる

樹木葬の霊園探しは、一般的なお墓の霊園探しと基本的には同じです。
どのような流れで進めればいいのかを簡単にまとめました。

ステップ①:インターネットで樹木葬に対応した墓地・霊園を探す

まずはインターネットで検索して、どこにどんな樹木葬霊園があるかを調べましょう。
ネットで分かる範囲の情報を収集して、気になる霊園をいくつかピックアップします。

↓ ↓ ↓

ステップ②:資料請求や現地見学を行う

ネット検索で目星のついた霊園には資料を請求し、現地まで足を運びましょう。
実際にどのような雰囲気の中で樹木葬が行われるのか確認します。
また、その霊園では実際にどんな形で樹木葬が行われ、供養されるのかも含め、霊園スタッフやお寺の住職に聞いてみるのもいいでしょう。

↓ ↓ ↓

ステップ③:契約/使用料の支払い/使用許可書の受け取り

気に入った霊園があれば契約へと進みましょう。使用料を支払い、使用許可書を受け取ります(後日になることも)。

↓ ↓ ↓

ステップ④:日時を決めて納骨や植樹

日時をあわせて納骨や植樹を行います。寺院にも来てもらい拝んでもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか? では最後にこの記事をポイントを箇条書きでまとめます。

  • 樹木葬とは樹木を墓標として手を合わせる新しいタイプのお墓
  • ひとくちに樹木葬と言っても、合祀型、集合型、個別型に分けられる
  • お墓の承継者がいない、自然志向、安い費用などが、樹木葬が増えている理由
  • 樹木葬によるトラブルには次のことが考えられる
    • 従来の墓石に比べて樹木は物足りない
    • 手入れがしづらい
    • お供えがしづらい
    • 代々受け継ぐお墓としては不向き
    • 樹木葬なのに石碑を用いることもある
    • 周囲に理解を得られないこともある
  • 樹木葬のメリットはつぎの3点
    • 費用を抑えられる
    • 後継者不要でも利用できる
    • 自然に還せる/還れる
  • 樹木葬のデメリットはつぎの3点
    • 樹木が墓標であることの物足りなり
    • 手入れやお供えのしづらさ
    • 遺骨が取り出せなくなる
  • 樹木葬には次のような人が向いている
    • 後継者がいない人
    • お墓にお金をかけたくない人
    • 自然のなかで眠りたい人
  • 樹木葬の価格相場は50万円前後。安い集合型では5万円くらいからあり、高い個別型で100万円近くする

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国8,700件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?