【樹木葬 霊園】アイキャッチ画像

樹木葬という言葉を聞いて、
「自然あふれる霊園の中で眠れるのでは」と、気になっている人は多いでしょう。

最近では、小平霊園の樹林墓地など、公営霊園にも樹木葬が取り入れられるようになりました。
そして寺院墓地と呼ばれるお寺の敷地内の墓地にも、樹木葬のスペースを設けるケースが見受けられます。

でも樹木葬が気になりつつも、樹木葬の霊園と、一般的な霊園とでは、何がどう違うのか、
いまいちよくわかりませんよね。

この記事ではこのような疑問を解消!

  • 「樹木葬の霊園の特徴とは?」
  • 「樹木葬にも種類があるのだろうか?」
  • 「樹木葬の霊園のメリットやデメリットはなんだろう?」

この記事では、以上のような疑問を持つ人のために、樹木葬の霊園についてとことん解説します。

樹木葬の霊園を選ぶときのポイントもご紹介するので、
自分と家族が本当に納得できる樹木葬の霊園を選べるようになりますよ。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

樹木葬の霊園とは樹木を目印とするお墓が並ぶ霊園

樹木葬の霊園

樹木葬の霊園とは、樹木を目印とするお墓が並んでいる霊園を指します。

「●●家之墓」などと刻まれる墓石の代わりに、樹木を植えてお参りのためのシンボルツリーとするのです。一人につき1本の樹木を植えたり、大樹の周りに複数の遺骨を埋蔵したりします。

樹木葬の霊園には2つの種類がありますので、この章では、それぞれの特徴をお伝えします。

樹木葬の霊園には公園型と里山型がある

樹木葬の霊園には、公園型と里山型があります。

公園型

公園型の樹木葬霊園は、きちんと区画整理され、お参りのための道はコンクリートや石畳で整備されています。とくに外国庭苑のように整備され、華やかな風情が魅力の公園型は「ガーデニング型」とも呼ばれます。

里山型

里山型の樹木葬霊園は、里山や森の自然環境そのものを活かしているため、道や区画はあまり整備されていません。

それぞれ、見た目も違えば、設備やアクセスにも違いがあります。
詳しく説明しましょう。

公園型の特徴

公園型の樹木葬の霊園には、以下のような特徴があります。

公園型 樹木葬霊園の特徴

  • お参りしやすい
  • 設備が充実しているところが多い
  • アクセスが良い
  • 遺骨を直接土に還す方法と骨壺のまま埋蔵する方法がある
  • 多少の墓石を使う場合がある
お参りしやすい

霊園内はコンクリートや石畳で整備されているため、お参りがしやすいです。
バリアフリーの霊園もあります。

設備が充実しているところが多い

霊園内にはトイレや休憩所があります。
また、お花やお線香を販売している売店がある場合も多いでしょう。

アクセスが良い

駅からのアクセスが良いため、公共機関でもお参りに出向けます。

遺骨を直接土に還す方法と骨壺のまま埋蔵する方法がある

遺骨を骨壺から取り出し、土の中へ直接埋蔵する方法をとる霊園と、
骨壺のまま埋蔵する方法をとる霊園の2パターンがあります。

多少の墓石を使う場合がある

樹木のほかに、墓石で作られた墓誌や灯籠などを建てる場合があります。
墓誌とは、眠っている人の戒名や俗名、没年月日を刻んだ石版です。

里山型の特徴

里山型の樹木葬の霊園には、以下のような特徴があります。

里山型 樹木葬霊園の特徴

  • コンクリートなどによる整備を極力避け、自然がそのまま生かされている
  • トイレなどの設備がない場合もある
  • 駅から離れた場所にあることが多い
  • 遺骨を直接埋蔵する
コンクリートなどによる整備を極力避け、自然がそのまま生かされている

道の整備や区画の整理はあまりなされず、自然がそのまま生かされています。
里山型の樹木葬霊園は、自然環境保全を目的としていることが多いためです。

トイレなどの設備がない場合もある

とくに自然環境保全の意味合いが強い霊園には、
トイレや休憩所といった設備がない場合もあります。
売店もないため、お墓参りに必要なものは全て持参することになります。

駅から離れた場所にあることが多い

里山型は自然にあふれた環境にあるため、
駅からのアクセスの良さは、あまり期待できません。自家用車やタクシーを利用することになります。

遺骨を直接埋蔵する

自然に還ることを目的とする意味合いが強いため、遺骨は骨壺から取り出され、直接土の中へ埋蔵されます。


樹木葬の霊園について、公園型と里山型の2タイプを紹介しました。
「では、樹木葬専門の霊園と、一般的な霊園の中に樹木葬エリアがあるのとでは、どう違うのだろう」と疑問を持った人もいるのではないでしょうか。

次章で詳しく説明します。

樹木葬専用の霊園と一般的な霊園との違い

樹木葬専用の霊園と、樹木葬エリアを含んだ一般的な霊園との違いは、以下の通りです。

一般的な霊園との違い

  • 樹木葬専用の霊園は緑がいっぱい
  • 樹木葬専用の霊園は宗教不問がほとんど
  • 樹木葬専用の霊園は基本的に永代供養

それぞれ説明します。

樹木葬専用の霊園は緑がいっぱいあることが多い

樹木葬専用の霊園は、一般的な霊園に比べると、緑の量が多い傾向があります。
樹木葬は墓石の代わりに樹木を使うため、自然と緑あふれる環境になるのです。
より自然を感じられる環境で眠りたいという人は、樹木葬専用の霊園を検討するのがおすすめです。

樹木葬専用の霊園は宗教不問がほとんど

樹木葬は、基本的に宗教不問で、
どんな宗教の人でも受け入れが可能な場合がほとんどです。

これは、樹木葬専用の霊園が比較的新しい形態であることに由来します。
最近では「お墓を継承してくれる人がいないから、お寺の檀家にはなりたくない」という人が増えてきているため、時代のニーズを踏まえ、宗教不問であることが多いのです。

しかし、寺院墓地内の樹木葬においては、まれに宗教に制限のあるところがあります。
「樹木葬エリアであっても、他のエリアと同じように檀家になってもらう」
とする寺院墓地もありますから、注意が必要です。

一方、一般的な霊園は寺院の敷地内にあることも多いため、
樹木葬エリアであっても檀家にならなければならない場合があります。

樹木葬専用の霊園は基本的に永代供養

樹木葬専用の霊園は基本的に永代供養型が多いのが特徴です。
永代供養型とは、家族などの代わりに霊園の管理者が清掃や供養を行ってくれるお墓を指します。

これも宗教不問が多いのと同じで、樹木葬専用の霊園が最近生まれた新しいタイプだからです。
「お墓の継承者がいない」という時代のニーズに合わせて、永代供養型になっています。

一般的な霊園の樹木葬エリアも、永代供養とする傾向はありますが、
他のエリアと同じように年間の管理費がかかるケースもあります。

以上のように、樹木葬専用の霊園には、
緑豊か」「宗教不問」「永代供養」という3つの特徴があります。

一般的な霊園より魅力的と感じる人も多いでしょう。
しかし、樹木葬専用の霊園にせよ、一般的な霊園の樹木葬エリアにせよいわゆる樹木葬の霊園には、メリットもあればデメリットもあります。

次章で説明しましょう。

樹木葬の霊園のメリット3つ

お墓を生前に購入することは縁起が良い。家族と相談の上、生前墓を検討してみましょう。

樹木葬の霊園のメリットは、以下の3つです。

樹木葬霊園のメリット

  • 自然に還れる
  • 墓石にかかる費用が比較的安価である
  • お墓参りが楽しい

それぞれ説明します。

自然に還れる

樹木葬の一番のメリットが、自然に還れることです。
緑あふれる環境の中で、四季折々の自然を感じながら眠ることができます。

ナチュラル志向の人には、これ以上ない環境といっていいでしょう。
ただ、遺骨を土の中へ還すのではなく、骨壺のまま埋蔵するタイプもありますから、
自然回帰にこだわる人は注意が必要です。

墓石にかかる費用が比較的安価である

樹木葬は、墓石の代わりに樹木を使うため、墓地にかかる費用のうち、墓石にかかる費用が比較的安価です。墓地にかかる費用には、永代使用料、墓石代、施工代があり、このうち墓石代と施工代が安く上がります。

故人名などを彫刻した石のプレートを目印として埋め込む霊園もありますが、墓石を建てるよりは安く収まります。永代使用料は、墓地を半永久的に使うための使用料であり、一般的な墓地とあまり違いがありません。

お墓参りが楽しい

樹木葬は緑に囲まれたお墓なので、明るい印象があり、お墓参りが楽しくなります。
墓石ばかりの霊園だと、昼でも薄暗く、お墓参りに行くと何とも暗い気持ちになりがちという人もいることでしょう。

樹木葬であれば、「あそこに花が咲いている」「虫や蝶が飛んでいる」と、生命の息吹を感じながらお参りができます。自然に還れるうえに、一般的なお墓よりも安く済むのですから、樹木葬は本当に魅力的だと感じた方は多いのではないでしょうか。

次に紹介するデメリットも参照したうえで、自分に合ったお墓かどうかを見極めましょう。

樹木葬の霊園のデメリット3つ

お墓について考える家族

樹木葬の霊園のデメリットは、以下の3つです。

樹木葬霊園のデメリット

  • 埋蔵した遺骨を取り出すことができないケースが多い
  • 永代供養でも生前は維持管理費がかかることが多い
  • 里山タイプはお墓参りが不便な場所が多い

それぞれ説明します。

埋蔵した遺骨を取り出すことができないケースが多い

遺骨を土中に直接埋蔵するタイプが多いので、後で遺骨を取り出したいと思っても、それは不可能です。

「他にお墓を見つけたので、遺骨を取り出して移動したい」という希望が、かなわない場合が多いでしょう。どうしても遺骨を移動したい場合は、遺骨を埋蔵した周辺の土ごと移動することになります。

永代供養でも生前は維持管理費がかかることが多い

維持費がかからない永代供養を選んだ場合でも、生前は維持管理費がかかる場合が多いので要注意です。
契約してから亡くなるまでの間も、樹木の管理、敷地内の整備をするための維持費がかかるためです。

里山タイプはお墓参りが不便な場所が多い

里山タイプはとくに、お墓参りが不便な立地が多いことがネックになります。
家族にきちんと相談し、了解を得ておかないと、自分の死後かなりの負担をかけてしまいかねません。

樹木葬のデメリットのなかで、とくに心にひっかかるものがあれば、デメリットを解消できるような霊園を探してみましょう。
例えば、後で遺骨を取り出したければ、あえて骨壺で埋蔵する樹木葬を選ぶという方法があります。

次章では、埋蔵法を確認することも含め、樹木葬の霊園を探すときのポイントをご紹介します。

樹木葬の霊園を探すときの7つのポイント

ポイントを示す女性

樹木葬の霊園を探すときには、次の7つに気をつけましょう。

  1. エリアを確認する
  2. タイプを確認する
  3. 希望の埋蔵方法かを確認する
  4. 永代供養か継承型かを確認する
  5. 宗教不問かどうかを確認する
  6. 見学時はアクセスや設備をとくに確認する
  7. 家族の意見を聞く

それぞれ詳しく説明します。

エリアを確認する

まずは、自分や配偶者、そして子世代がお墓参りに行きやすいエリアに限定して霊園を探しましょう。

自分の家からだけではなく、子世代の家から近いかどうかも検討材料にするのがポイントです。
自分が眠る場所というだけではなく、お墓参りをする人にとっても大事な場所ということを意識するのが大事です。

タイプを確認する

里山型か、公園型かを確認します。
ホームページなどで外観を確認するのがポイントです。とくに公園型の中でも、華やかさが魅力のガーデニング霊園を検討している人は、外観をよくチェックしましょう。

希望の埋蔵方法かを確認する

埋蔵方法は2タイプあるので、自分の希望の埋蔵方法かどうかを確認しましょう。
遺骨を直接土の中へ埋蔵するタイプか、骨壺のまま埋蔵するタイプかは、ホームページなどの情報からはわからないかもしれません。
不明な場合は霊園へ直接問い合わせます。

永代供養か継承型かを確認する

一括支払い後は維持費がかからず、霊園の管理者が管理を行ってくれる永代供養なのか、
一般的なお墓のように維持費がかかる継承型なのかを確認します。

また、「永代供養型」と書いてあっても、生前は維持費がかかる場合もあるため、確認が必要です。「会員費」というかたちで、供養イベントのお知らせなどを発行するための通信費を負担する場合もあります。

宗教不問かどうかを確認する

宗教不問なのか、それとも檀家にならなければならないのかを確認します。
とくに寺院墓地の一エリアにあるような樹木葬霊園は要注意です。

見学時はアクセスや設備をとくに確認する

目星をつけた霊園は必ず見学に行き、アクセスや設備について入念にチェックしましょう。「駅徒歩5分」とあっても、急な坂道だったり、実際にはかなりの時間がかかったりしかねません。

また、トイレや休憩所、売店などの設備はイメージ通りかも確認しましょう。
トイレがあっても、清掃が行き届いていないなど清潔感に欠けているのは嫌ですよね。

家族の意見を聞く

気に入った霊園が見つかったら、すぐに契約してしまうのではなく、家族の意見を聞きましょう。
お墓に入る人だけではなく、お墓参りをする人にもまた、納得した霊園を選ぶ権利があるはずです。
親世代も子世代もみんなが気に入る霊園を探し出しましょう。

まとめ

この記事では、樹木葬の霊園の特徴やメリット・デメリット、
樹木葬の霊園選択のポイントなどをお伝えしました。

樹木葬の霊園は、自然に還れること、緑あふれる環境なのでお墓参りが楽しいことなどが魅力です。
基本的に宗教不問の永代供養型であることが多いため、お墓の承継者がいないと悩む人にも嬉しいですね。一方で、一度埋蔵した遺骨を取り出せないことが多いといった注意点があります。

樹木葬の霊園を選ぶ際には、埋蔵方法や契約内容、そしてアクセスや設備などをとくに確認して、自分のみならず、家族みんなが納得できるお墓選びを心がけましょう。

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国8,700件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。