お彼岸は亡くなった人々を偲ぶ日!意味や目的を分かりやすく解説

スポンサーリンク

年に2回あるお彼岸は、お盆と並ぶ、大きな仏教行事です。
みなさんはどのように過ごされていますか?

お彼岸には、仏壇をきれいにし、お墓参りをし、お寺に参拝します。
どうしてお彼岸にしなければならないのでしょうか?
その意味や目的、さらにはお花やお供え物などについても分かりやすく解説します。

お彼岸とは?意味を解説

お彼岸とは、春分と秋分の日を中心とした、前後3日、合計7日間の期間を指します。
春分と秋分では、太陽は真東から昇り、真西に沈みます。

昼と夜の時間が均等になる日で、この日を境に冬は春へ、夏は秋へと移ろいます。
そして日本人は、この春と秋の7日間を死者や先祖供養の日として大切にしてきました。

此岸と彼岸~こちら岸とあちら岸~

元来仏教では、煩悩に満ちあふれるこの世界を「此岸」(しがん:こちら岸の意味)と呼び、それに対してあの世、つまり悟りの境地である涅槃(ねはん)の世界を「彼岸」(ひがん:あちら岸の意味)と呼びました。

「彼岸」の語源は、サンスクリット語(古代インド・アーリア語に属する言語)で「パーラミタ」という言葉から来ているそうです。

「パーラム」(彼岸)と「イタ」(至る)の2つの意味を繋ぎ合わせてできた言葉で、これを仏教用語では「波羅蜜(はらみつ)」と呼びます。

波羅蜜 彼岸にたどり着くための修行

波羅蜜とはそこから、彼岸にたどり着くための、つまりは迷いや煩悩を断ち切り悟りの境地に至るための修行のことをさすようになります。

京都に六波羅蜜寺というお寺がありますが、六波羅蜜とは、彼岸にたどり着くための6つの修行のことです。

彼岸の7日間のうち、中日は祖先を偲び、それ以外の6日はこの六波羅蜜を1日ひとつずつ修めるものとされています。
彼岸は、そもそも仏教者たちの修行の期間だったのです。

彼岸という言葉の中に流れる川が意味するもの

さて、彼岸という字は「彼方(あちら)の岸」と書きます。
この言葉の中には大前提として川が流れています。

川はとても象徴的な場所で、煩悩と悟りを分けるだけでなく、生と死を分け、俗世と来世を分けます。

こうして、彼岸は仏教者にとっての修業の期間であるだけでなく、死者を偲ぶ日、来世を偲ぶ日としても捉えられるようになったのです。

西の彼方にある極楽浄土を想う人々

彼岸は、太陽が真西に沈む日ですが、これに浄土信仰があわさって、いまの彼岸の形があります。
浄土信仰とは、阿弥陀如来が作ったとされる極楽浄土への往生を願い、信仰することです。

そして、正確に「正しい西はどの方角だ!」という論争にでもなったのでしょう。
古代の中国の人たちは、彼岸の日に太陽が沈む日こそが、浄土のある方角だとしたのです。

お彼岸といわれる時期

お彼岸とは、春分と秋分を中心として(中日)、前後3日、合計7日間を指します。
春分を中心とした彼岸を「春のお彼岸」、秋分を中心とした彼岸を「秋のお彼岸」と呼びます。

春のお彼岸

春のお彼岸は春分を中日とした前後3日、合計7日間を指します。
春分とは、太陽が春分点を通過した瞬間、すなわち太陽黄経が0度となったときです。

暦の上では、その瞬間が属する日を春分とします。
このため、日本では年によって1日ずれ、3月20日か21日が春分になります。
春分は季節が冬から春に切り替わる日です。

イランの暦ではこの日が元日ですし、日本以外の多くの地域(アジアからアフリカやヨーロッパまで)がこの日を春の開始日として、休日にしています。

日本も例外でなく、春の彼岸の到来は長い冬の終わりを意味し、土から草花や虫が顔を出し、その穏やかな雰囲気の中でお墓参りをされる人もたくさんいるのではないでしょうか。

筆者の個人的な話ですが、千昌夫さんの「北国の春」を聞くたびに涙が出てしまいます(笑)

春の到来を喜ぶ北国の人々の想いがあふれていて、その喜びをご先祖様とともに分かち合うのだろうと想像すると、お墓参りがより素晴らしいことに思えるのです。

供花を入れた手桶

秋のお彼岸

秋のお彼岸は秋分を中日とした前後3日、合計7日間を指します。
秋分とは、太陽が秋分点を通過した瞬間、太陽黄経が180度になったときです。
暦の上ではその瞬間が属する日のことを秋分とします。

日本では9月23日になることが多いのですが、まれに9月22日が秋分の年もあります。
春分と違って、秋分は夏が終わり秋の到来を告げる日です。

また、日本人にとってこの時期はまさに稲刈りの最盛期。
田んぼのあぜ道に咲く赤い彼岸花が、まさに秋のお彼岸のシンボルですよね。
稲穂の収穫をご先祖様に報告し、感謝する農村の姿が目に浮かびます。

お彼岸にすることと目的

お彼岸は、お盆と並ぶ、1年の中でも大きな仏事の季節です。
多くの人はお墓参りにでかけますが、その他にどんなことが行われるのでしょうか。

彼岸法要

日本全国の仏教寺院で彼岸法要が行われます。
彼岸とは、修行者が六波羅蜜を修める期間であり、日本に入って来てからは死者や祖先を偲ぶ期間でもあります。
寺院に出向いて、仏様に礼拝し、ご先祖様を供養しましょう。

また、永代供養塔などを持つ寺院や霊園では、この日に合同法要を執り行うところも多くあるようです。

墓石の前で合掌する手

大師会

真言宗の寺院では、3月21日に大師会(だいしえ)が行われます。 これは、真言宗の開祖である弘法大師空海の入定(息を引き取り永遠の瞑想に入ること)した日であり、大師を讃える法要が行われます。

お大師様を信仰する人はいまでも日本全国にたくさんいるので、こうした人たちが近くの寺院に出向き、法要に参列してします。

お墓参り

1年の中でお墓参りに行く期間と言えば、お盆とお彼岸です。
特に春のお彼岸は季節が暖かくなり、また秋のお彼岸は季節が涼しくなり、お墓参りには最適な季節です。

季節の移ろいをご先祖様とともに感じるのもよいのではないでしょうか。

またお墓参りに行く時期については「お墓参りへ行く時期・頻度に決まりはない!お盆やお彼岸の意味を紹介」でも解説しています。

お彼岸では西に向かって拝む?その理由は

お彼岸に西に向かって拝むのは、浄土信仰によります。
極楽浄土は、阿弥陀如来が作られた西の彼方にある仏国土、天国のようなところです。

古代の中国では、彼岸の日に真西に沈む太陽の方角こそ、極楽浄土がある方角だと信じました。
こうして、彼岸と、浄土信仰と、先祖崇拝が結びつき、いまの彼岸ができあがりました。

西の彼方に極楽浄土がある

仏教では西に彼方に阿弥陀如来が作った極楽浄土があるとされています。
日本に浄土信仰が広まったのは平安時代。

この世を憂う人々は、彼岸、つまりあちらの世界にあるとされている極楽浄土に想いを馳せたのです。

日想観

日想観(にっそうかん)とは、浄土教で行われる瞑想法です。
現在でも浄土宗や浄土真宗で大切にされているお経に『観無量寿経』というものがあります。
お坊さんや熱心な檀家や門徒には「観経」と呼ばれています。

その中では、極楽浄土を観想する(見る)修行法が16ほど書かれているのですが、そのうちのひとつが日想観です。

西に沈む夕日の方を向いて、気持ちを落ち着けて、まっすぐに太陽を見つめます。
やがて太陽が沈み、あたりはゆっくりと夕闇に覆われるのですが、それでも目の中に、そして心の中に太陽を見続けるよう観想するのだそうです。

目を開いても、閉じても、目の前に太陽が浮かんでいることが大切なのだそうです。

現在「念仏」と言えば称名念仏(しょうみょうねんぶつ)、つまりひたすら「南無阿弥陀仏」を唱えることですが、浄土信仰を日本中に広め、後世の法然(浄土宗の開祖)や親鸞(浄土真宗の開祖)に多大な影響を与えた源信は、観想念仏(かんそうねんぶつ)の必要性を説いていました。

つまり、瞑想と念仏の、両方を大切に考えたのです。

大阪・四天王寺の日想観

大阪の四天王寺は聖徳太子創建の由緒ある寺院です。
長らく浄土信仰の聖地として、たくさんの人々の信仰を集めています。

四天王寺の西門は極楽浄土の入口であるという信仰が古くからあり、いまでも、春分と秋分の夕刻から日想観を執り行います。
当日はたくさんの参拝客であふれ返り、出店や縁日が並びます。

日が傾いたころから極楽門の真下で法要が始まります。
導師と一緒にその場に集まった数多くの参拝者も一緒に聖徳太子和讃や念仏(南無阿弥陀仏)を唱えます。
そして、法要が終わると、太陽が真西に沈むのを見届けます。

夕日は、極楽門からまっすぐ続く参道の向こうの石鳥居の中を沈み、たいへんきれいで、ありがたい光景が広がります。
参拝者からは「すごいなー」「きれいだなー」「ありがたいなー」と感嘆の声が洩れるほどです。

大阪の春と秋の彼岸の風物詩と言えるでしょう。

お彼岸にふさわしいお供えもの

お彼岸にふさわしいお供えものといえば、おはぎやぼたもちです
季節の花にちなんで、春はぼたもち(牡丹の花)、秋はおはぎ(萩の花)を供えます。

その他、地域によっては彼岸団子を供えるところもあるようです。
これにも彼岸の入りに供える「入り団子」と、明けに供える「明け団子」があります。
お供えものに特別な決まりはありません。

故人様が好きだったもの。あるいはあとで家族や親戚たちで分け合って口にできるものを供えてあげましょう。

お供え物については、「お供え物に想いを込めて 故人様や家族が喜ぶ方法をお教えします!」でも詳しく解説しているので参考にしてみてください。

お彼岸のお墓参りで行うこと

お彼岸だからといって、お墓参りで特別なことをする必要はありません。
いつもと同じようにお参りしてくだされば、ご先祖様も喜びます。
きれいにお墓を掃除して、お花やお線香や好物を供えてあげて、心を込めて手を合わせましょう。

秋分の日はお墓参りの日

秋分の日はお墓参りの日。
みなさんあまりご存じでしたか?

これは2013年の8月15日に、一般財団法人日本記念日協会が認定したもので、以降毎年秋分の日はお墓参りの日なのです。

まだあまり浸透していませんが、お寺や石材業界がどんどん推進してくれることを期待します。
さて、なぜ秋分の日だけなのでしょうか?

これは、『国民の祝日に関する法律』の中の、それぞれの祝日の定義によります。
春分の日はこのように定義されています。

「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」
一方、秋分の日はこう定義されています。

「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」
この条文に倣う形で、秋分の日がお墓参りの日になったのです。

国も認める祖先祭祀や死者供養。
みなさんも、お彼岸には、まずお墓参りをしてから、休暇を楽しみましょう。

お彼岸にお供えするおすすめの花の種類

お彼岸だからといってお供えするお花に決まりはありません。
菊を中心とした仏花をお供えして差し上げましょう。

また、秋の彼岸に咲く花と言えば彼岸花です。
深紅の花が咲き誇る光景を見ると、秋の到来を感じるものです。

彼岸花

しかし、この彼岸花は有毒の花です。
また、それにちなんで、彼岸花を摘むべきでないといういわれは、日本全国で確認できます。
彼岸花はお供えどころか、触らないようにしましょう。

お彼岸に食べる「おはぎ」「ぼたもち」の違い

お彼岸のお供え物と言えば、何を差し置いてもおはぎとぼたもちです。
この2つの違いをご存知の方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか?

春の彼岸は、春の花である牡丹にちなんで、ぼたもちと呼びます。秋の彼岸は、秋の花である萩にちなんで、おはぎと呼びます。
そして、この2つが決定的に違うのは、下記の点です。

  • ぼたもち→こしあん
  • おはぎ →粒あん

あんこの原材料は小豆です。そして小豆の種まき期は春で、収穫期が秋です。
赤い色の小豆は、健康食品だけでなく、縁起物ともされた大変高価な食材でした。
古代中国から赤色を魔除けや長寿を願う色とされてきたのが理由です。

よってお彼岸という、死者や祖先を偲ぶ特別な日に、あんことお米でつくられたお餅を供えたのです。

小豆もお米も、収穫期は秋です。
新鮮な小豆は皮ごと食べられるために、秋は粒あんのおはぎにしています。

そして、秋に収穫した小豆を冬越しにすると皮が固くなります。
こうして、皮を剥いてこしあんにしたのが、春のお彼岸で食べられるぼたもちとなったわけです。

何となくお供えする物にも、こうした言われや意味があるのです。
そこには、この世に生きる人たちの、仏や祖先や死者への心を込めた祈りが込められています。

まとめ

季節が交錯し、死者と生者が出会う季節こそがお彼岸です。
みなさんも、お墓参りやお寺参りをして、亡くなった人々を偲んでみませんか?

この記事で解ったこと

  • 彼岸とは、春分と秋分の日を中心とした前後3日、合計7日間のこと
  • 彼岸とは、涅槃や悟りの境地にある「あちら側」の世界のこと
  • 彼岸は修行の期間なだけでなく、祖先や死者を偲ぶ日
  • 太陽が真東から真西に沈むため、西方極楽浄土信仰と結びついた
  • 春はぼたもち、秋はおはぎを供える
  • 秋分の日は「お墓参りの日」に認定されている

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら