大掃除などの機会に自宅を整理すると、たくさんのアルバム写真が出てくることがありませんか。場所を取るうえに少し色あせていて、このまま保存しておくわけにもいかないけれど、処分するのはどこか気にかかる…。

そのような懐かしい写真をきれいに保存してシェアできるサービスを提供しているのが、今回紹介する節目写真館です。

写真や動画をデジタル化して劣化を防ぎ、場所を取らずに保存できる、節目写真館のデジタル化サービスとはどのようなものでしょうか。

節目写真館とは

節目写真館トップ

2010年に東京で創業した株式会社フォトバンクは、その2年後に節目写真館の自社サイトを運営開始しました。

節目写真館のサービスでは、さまざまな種類の写真をプロが一枚一枚丁寧にスキャンし、デジタル化しています。デジタル化した写真は無料のオリジナル写真管理Webサービス「Fushimeフォト」を利用することで、スマートフォンやパソコン上で気軽に見ることもできます。

大阪とくベトナム・ホーチミンにもスキャンセンターを展開していて、専門技術を取得したスタッフが最新のテクノロジーを駆使し、一枚一枚丁寧にスキャンしています。

節目写真館が誕生した背景

写真アルバム

株式会社フォトバンクの代表取締役を務める大江知行氏は、「2010年に実家の両親から“大量のアルバムをどうにかしてほしい”」と相談を受けたことが、節目写真館誕生のきっかけになったと語っています。

ご両親からの相談を受けた大江氏は、当時発売されたばかりのiPadのように、写真をすっきり見やすく整理できたら…と考えていたそうですが、当時のスキャンサービスは非常に高額でした。さらに大量のアルバムを店頭まで運び込む労力も問題点でした。

そこで「コストを抑え、集荷を楽にして誰でも気軽に申し込みできるサービスにすることで、多くの方に喜んでもらえるに違いない」と考え、お客様のアルバム整理事業に着手したそうです。

サービスの提供開始後、さまざまなお客様と関わるなかで、「お客様一人ひとりの心にある幸福感や豊かさをみずから認識いただけるきっかけを提供している」と気づいた大江氏は、「節目写真館」の立ち上げを決意したと言います。

サービス内容と利用料金

デジタル化できる商品

節目写真館では、主に下記4種類のデジタル化に対応しています。

  • アルバム
  • バラ写真
  • フィルム
  • ビデオ

アルバム・写真・フィルムは、自宅にある写真をまるごと1枚のDVDにまとめて納品しています。

サービスを利用することで、パソコンやスマートフォンで写真を見られる「Fushimeフォト」も無料で受け取り可能です。

「納期」と「画質」によってプランを選ぶ

節目写真館の料金体系は「納期」「画質」の2点を軸に作られています。

納期に合わせた3つのプラン

納期を基準に考えた場合、最もお値打ちな「節目プラン」、約2カ月で仕上がる「お急ぎプラン」、そして最短期間で受け取れる「特急プラン」の3つから選べます(2021年3月現在、特急プランは受付停止中)。

節目プランはベトナムスキャンセンターで作業が行われるため、仕上がりまで5カ月(内見積もり3カ月、作業2カ月)かかります。大阪スキャンセンターで作業が行われるお急ぎプランは約2カ月(内見積もり2週間、作業1.5か月)で手元に届きます。

プラン名 仕上がりまでの期間 備考
節目プラン 5カ月 ベトナムスキャンセンター
ご利用料金1万1,000円(税込)以上から申込み可能
お急ぎプラン 2カ月 大阪スキャンセンター
特急プラン 4日 受付停止中

仕上がりまでの期間が長いほうが費用を抑えられるため、コストを抑えたい人はスケジュールに余裕をもってオーダーするのがおすすめです。

画質に合わせた2つのコース

300dpiの画像 600dpiの画像
標準画質(300dpi)を拡大した時 高画質(600dpi)を拡大した時

フィルムは標準画質1,200dpi、高画質2,400dpi

節目写真館では、アルバムやポケットアルバム、バラ写真、フィルムを標準画質高画質、2種類の画質からコースを選択可能です。

標準画質のスタンダードプランでは節目スタンプやFushimeフォト、高画質のプレミアムプランではさらにおまかせ色補正やフォルダ分け、インデックスデータのオプションをつけられます。

コース名 画質(アルバム/ポケットアルバム/バラ写真) 画質(フィルム)
スタンダード 標準画質:300dpi 標準画質:1,200dpi
プレミアム 高画質:600dpi 高画質:2,400dpi

商品別料金目安

写真、フィルムデータ、ビデオのデジタル化、それぞれにかかる料金の目安は以下の通りです。

■現像されている写真のデジタル化

データ元 プラン名(仕上がり期間) 計算単位 スタンダード300dpi スタンダードプラス
300dpi
プレミアム600dpi
アルバム 節目プラン
(5カ月)
1冊200枚まで 2,780円 3,280円 6,580円
お急ぎプラン
(2カ月)
1冊200枚まで 3,280円 4,380円 8,780円
ポケットアルバム 節目プラン
(5カ月)
1冊200枚まで 2,780円 3,280円
お急ぎプラン
(2カ月)
1冊200枚まで 3,280円 4,380円
バラ写真 節目プラン
(5カ月)
200枚1セット 2,180円 3,280円
お急ぎプラン
(2カ月)
200枚1セット 2,780円 4,380円

※料金は税込価格です。

■フィルムデータのデジタル化

プラン名 種類 計算単位 スタンダード1200dpi プレミアム2400dpi
節目プラン
(5カ月)
35mmスリーブ・APS 1本 220円 330円
35mmハーフ 1本 530円 800円
ブローニー 1コマ 140円 270円
大判 1コマ 280円 550円
ポケット 1本 660円 1,320円
お急ぎプラン
(5カ月)
35mmスリーブ・APS 1本 320円 640円
35mmハーフ 1本 660円 1,320円
ブローニー 1コマ 220円 440円
大判 1コマ 550円 1,100円
ポケット 1本 1,100円 2,200円

※料金は税込価格です。

■ビデオのデジタル化

プラン名 種類
お急ぎプラン
(最短2カ月)
VHS・ベータ・mini-DV・hi8 1本(1~4本)2,780円
1本(5~9本)2,280円
1本(10本以上)1,680円
8mmフィルム 10分につき2,580円

※料金は税込価格です。

詳細な費用については、お見積りを取ることをおすすめします。

また、いずれのプランも基本料金1,000円と送料、注文内容によってはオプション料金が必要です。

もっと具体的な金額が知りたい人は、「かんたん料金シミュレーター」のページで確認してください。※外部ページへ遷移します

これまでありそうでなかった写真のスキャンサービスを提供している節目写真館は、気になる存在ですね。ここからは、株式会社フォトバンクの担当者に行ったインタビューを紹介します。

インタビュー

編集部ロゴLife.編集部

節目写真館のサービスが誕生した背景をHPで拝見しました。そのなかで、「コスト」と「集荷」を課題に掲げていましたが、貴社のサービスでどのように解決されたのでしょうか。

担当者:海外のベトナムに自社のスキャン工場を設立し、人件費などにかかるコストを抑えています。

また、店頭受付を中心とした競合が多いなか、弊社は宅配のみのオンラインサービスにして集荷の課題を解決しました。

編集部ロゴLife.編集部

HPを見ると、オンラインで申し込めるサービスにも、さまざまなタイプがあるようですね。そのなかにはビデオをDVDに変換するサービスもありますが、どのようなものでもDVDにダビングできるのでしょうか。ダビングできないものがありましたら、教えてください。

担当者:ホームビデオなど、著作権がないものでしたらダビング可能です。テープが切れていたり、カビていたりしても、補修すれば大体のものはダビングできるのでご安心ください。

編集部ロゴLife.編集部

心強いサービスですね。デジタル化を希望するお客様には、どのような方が多いのでしょうか。お客様からいただいた声やアイデアがあればお聞きしたいです。

担当者:自分の子どもや親の写真の整理を目的とした、50~60代の方がお客様の中心ですが、80歳以上の方にもご利用いただいています。

お子さんが成人式を迎える機会に写真を整理したいという方や、同窓会の余興に写真のデータを配りたいという方、また自分史づくりをしたいという方までさまざまです。

編集部ロゴLife.編集部

使用目的はお客様によって違ってくるのですね。これから利用を考えている人向けに、サービスの注意点や考えておいたほうが良いことについて教えてください。

担当者:紙のアルバムや写真は何年後かに見返すことができても、変色してしまったり、震災や災害に遭われて紛失してしまったりすることがあります。

そういったリスクがあることを知っていても、なんとなく「私はたぶん大丈夫、現状で問題ない」と考えて、整理できていない方が多いようです。しかし、万が一のことが起きてからでは遅いので、早めにデジタル化することをおすすめします。

編集部ロゴLife.編集部

大切な思い出はきれいな状態で保存しておきたいですもんね。話は変わりますが、節目写真館の今後の展望や計画はございますか。

担当者これからは昔の写真をスキャンするだけではなく、その写真を見返す機会を作ったり、思い出を振り返ったりするようなサービスの展開を考えています。既存のサービスとしては、無料・無制限でスマホやパソコンに昔の写真をアップロードできる「Fushimeフォト」がございます。

今後はデジタルデータ化したアルバムや紙写真でフォトインテリアとオンラインアルバムを作る「Fushime IoT」も積極的に展開していきたいですね。

編集部ロゴLife.編集部

今後のサービスの拡大が楽しみですね。最後にライフドットのユーザーへのメッセージをお願いします。

担当者:終活では生前整理が大きなテーマになると思いますが、思い出の品は取捨選択がとても大変です。そのなかでも写真は比較的整理しやすく、デジタル化することですべての写真を後世に託せます。

「自分が亡くなった後、家族が困らないように」という目的もひとつありますが、デジタル化した写真を家族で見返すと昔話に花が咲き、素敵な時間を過ごせるはずです。

ぜひ一度、写真のデジタル化をご検討ください。

編集部ロゴLife.編集部

サービスが拡充することでユーザーが増えていきそうですね。素敵なお話をありがとうございます!

節目写真館 運営会社概要

サービス名 節目写真館
運営会社名 株式会社フォトバンク
本社所在地 東京都台東区台東1-13-6 サンエイビル401
事業内容 写真関連インターネットサービス
公式サイト https://fushime.com/

編集後記

インタビュー前は、「生前整理のために写真のデジタル化をする方が多いのだろうな」と考えていたのですが、さまざまな用途で利用するお客様がいると知って驚きました。とくに、自然災害での家の被害を想定したうえでのデジタル化には気づきが得られました。コストを極力抑えているので、何十年分ものアルバムを一気に整理したいという人にはおすすめです!

ライフエンディングジャーナルは、「Life.(ライフドット)」が企画・発信する特別インタビュー企画です。ライフエンディング業界のイマを取り上げ直接取材し、業界全体をライフドットからも盛り上げて行きます。業界に関わるサービスや商品、そして第一線で活躍する人々にフォーカスし、ライフエンディング業界に対する想いやこれからの展望をお届けいたします。