【墓じまいとは】アイキャッチ

墓じまいとは今あるお墓を片付けて、区画を墓地管理者に返還することをいいます。

近年では、多様な働き方や核家族化が進んで地元を離れて暮らしている方や、高齢になったことで満足いくお墓の維持管理ができなくなってきている方も増えてきました。

また、そもそも負担になるから「お墓はいらない」と考える方もいるでしょう。
このような時代背景もあり、いま墓じまいを検討される方が増えてきている傾向があります。

昔から永く守られてきたお墓を閉じてしまうことに抵抗を感じることもあるかもしれません。
しかし、墓じまいをしたからといって先祖供養がなくなるというわけではありません。

墓じまいで取り出された遺骨を新しいお墓や永代供養墓などに移転することで、今後も供養していくことはできます。

ここでは墓じまいの概要や今後検討していくうえで知っておくべき注意点などを解説します。
ぜひ、今後の墓じまい検討にお役立てください。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。

墓じまいとは今のお墓を片付けて遺骨を移転すること

墓じまいとは、いまある墓石を解体処分して、区画を墓地の管理者に返還することです。
さらに墓じまいをしたならば、お墓の中にある遺骨を別の場所に移さなければなりません(これを「改葬」と呼びます)。

墓じまいと改葬はワンセットだと覚えておきましょう。

【注意】墓じまい前には必ず親族で話し合いする

墓じまいをするにあたり、予め親族と話し合いをしておきましょう。
なぜならば、お墓の維持は墓守(お墓を守る人、法律では「祭祀承継者」と呼ばれる)によって行われますが、お墓参りの権利そのものは誰にでも等しくあるからです。

親族の人がお墓参りに来てみたらある日お墓がなくなっていたとなると、苦言を呈されたり、トラブルにも発展しかねません。

もちろん、墓じまいをするかしないかは墓守が決めることですが、周囲の人の理解を得るのが望ましいでしょう。

墓じまい後も供養を続けることはできる

墓じまいしたからと言って、中の遺骨も一緒に処分するのではなく、別の場所できちんと供養できます。
墓じまいをするということは、ご先祖様をないがしろにするわけではありません。

いまあるお墓の形では満足なお参りや供養ができないため、新たに別の場所に遺骨を移すのです。
私たちは「お墓」と聞くと墓石を連想しますが、遺骨が埋葬され、手を合わす場所があればどんな場所でもお墓になります。

最近では木や花に向かって手を合わす「樹木葬」や、建物の中に設けられた納骨壇にお参りする「納骨堂」なども広く選ばれるようになり、これらも広い意味では「お墓」なのです。

墓じまいのあとの改葬先に、どのような選択肢があるのか、次章で詳しく解説いたします。

墓じまい後の主な遺骨の改葬先

墓じまいとあわせて、遺骨は別の場所に改葬されなければなりません。
墓じまいとは墓石を解体処分することですが、中にある遺骨も一緒に処分できるのかというと、そういうわけにはいきません。

法律では、遺骨は「墓地」と認められた場所にしか埋葬できませんし、何よりも私たちの大切なご先祖様の遺骨です。

しかるべき場所に埋葬して、丁寧に供養することが望まれます。
墓じまいをしたあとの遺骨の改葬先にはさまざまな選択肢があります。ひとつずつ解説していきます。

新しい墓地/霊園への引越し

墓じまいしたあとも墓石に手を合わせたい人は、新たな墓地や霊園にお墓を設けます。
遠方にあるお墓へのお参りが困難な人が、住まいの近くに墓地を構えるケースが多いようです。

新しい墓地には、新たな墓石を建立するか、故郷のお墓を解体して移設する方法とがあります。

永代供養墓

永代供養とは、自分たちではできなくなった先祖供養をお寺に任せることです。
遺骨や位牌をお寺に預けて、遺骨は永代供養墓に埋葬されます。

永代供養墓は「合祀墓」「合葬墓」「集合墓」「共同墓」などとも呼ばれ、他の人の遺骨と同じ場所に埋葬されます。

遺骨を預けてすぐに合祀されるのか、あるいは十三回忌や三十三回忌などの期限を設けて個別供養をし、その後合祀にするかはお寺との相談になります。

いずれにせよ、跡取りがいない、墓守がいないなど、近い将来お参りしてくれる人がいないことが分かっている人たちが永代供養を選びます。

樹木葬

樹木葬

樹木葬とは、樹木や草花を礼拝の対象とした新しいタイプのお墓です。
墓石を用いないため、建立に費用がかかりません。

また、環境面でも自然に優しいことから、ここ最近大きな注目を集め、公営霊園でも樹木葬が導入されています。
樹木葬には「里山型」と「霊園型」があります。

里山型

里山型の樹木葬

里山型は、自然の里山を墓地とした樹木葬で、カロートや石碑等の構造物を用いません。
真の意味で自然に還る埋葬方法ですが、必然的に地方や郊外に限られ、お参りまでの距離が遠いなどのデメリットもあります。

霊園型

樹木葬霊園

霊園型は霊園や寺院の中に樹木葬専用区画を設けたもので、遺骨はカロートの中に納められ、礼拝の対象として墓石ではなく樹木が用います。

希望エリアの樹木葬が見つかる!

ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの樹木葬が見つかります。
まずは希望の都道府県を選んでどんな樹木葬があるかチェックしてみましょう。

樹木葬を探す

※樹木葬についての詳細は「樹木葬は後悔が多い?意味やトラブル事例を知って理想のお墓選び」をご覧ください。

納骨堂

納骨堂とは納骨施設を設けた建物のことです。
主に納骨壇と呼ばれるものが設置され、その中に遺骨を納めて礼拝します。

屋内にあるため、天候に左右されることなくお参りができ、お墓掃除のような労力も要しません。
バリアフリーも完備され、さらには寺院の境内に設置されていることによる安心感が人気を集めています。

納骨堂にもさまざまなタイプがあります。

仏壇型

仏壇タイプの納骨堂

仏壇型とは、仏壇のような形状をした納骨壇です。
上段が仏壇、下段が納骨スペースに分かれていて、仏壇の中にはご本尊や位牌を祀られるようになっています。
1列を1つの家族で使用するため、複数の遺骨を納められ、代々に渡って使用できます。

ロッカー型

ロッカー式の納骨堂

ロッカー型とは、ロッカーのような形状の納骨壇です。
コインロッカーを思い出してもらえれば分かりやすいでしょう。

1列を2〜6区画に分割し、中には遺骨を納め、1区画のスペースは施設によって異なります。
スペースに限りがあるため、中には遺骨しか納められないことが多く、共有の礼拝スペースを設けている納骨堂もあります。

自動搬送型

自動搬送式の納骨堂

自動搬送型とは、ビル一棟を納骨堂としたタイプです。「ビル型」や「マンション型」と呼ばれています。
参拝場所と納骨場所を別々にし、お参りの時には遺骨が自動搬送されてきます。館内はモダンで落ち着いた空間が作られ、入館や遺骨の搬送など、完全機械制御で行われるのが特徴です。

希望エリアの納骨堂が見つかる!

ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの納骨堂が見つかります。
まずは希望の都道府県を選んでどんな納骨堂があるかチェックしてみましょう。

納骨堂を探す

※納骨堂についての詳細は【総おさらい】納骨堂の基本情報~費用や種類をわかりやすく紹介~をご覧ください。

手元供養

手元供養とは、遺骨を手元に置いて供養の対象とすることです。
遺骨を骨壺やペンダントなどに入れて、いつでもそばに故人様を感じていたい人たちに選ばれています。

ただし、遺骨を全て手元供養とするという方法はあまりとられず、遺骨の一部を分骨して手元供養にします。

墓じまいをするメリット

お墓の無縁化は社会問題なっています。
むしろ、子孫が責任もって墓じまいをすることは、ご先祖様を大切にし、子孫としての役割を果たしていると考えられるでしょう。

お墓を維持したくてもどうしてもできない人が行う墓じまいには、次のようなメリットが挙げられます。

メリット1:お墓の維持・管理負担がなくなる

墓じまいをすることで、お墓の維持や管理の負担がなくなります。
遠方にお墓がある場合、なかなかお墓参りに行けません。

お墓の掃除も満足にできず、雑草が生えて周りのお墓に迷惑がおよぶこともあります。
墓じまいをすることで、そうした負担が軽減され、不安もなくなるでしょう。

メリット2:お墓の継承者の負担軽減

もしも自分にあととりがいない、いたとしてもお墓へのお参りが期待できない場合は、墓じまいすることで将来の不安が解消されます。

もしお墓がそのまま放置されてしまったら、ゆくゆくは子や孫が墓じまいをしなければなりません。
承継者の負担軽減の意味でも、いまのうちから墓じまいを考えてもよいのかもしれません。

メリット3:墓地管理費の支払いがなくなる

お墓を所有していると、必ず毎年の墓地管理費を支払わなければなりません。
墓じまいをすることで管理費の負担がなくなります。

墓じまいをするデメリット

墓じまいをすることでどのようなデメリットが起こりうるのでしょうか。
事前にデメリットを知っておくことでトラブル防止につながるでしょう。

デメリット1:自身の供養感が薄くなる

お墓は家族や先祖とのつながりのシンボルです。
お墓がなくなってしまうことで自分自身で先祖を供養することの主体性が薄くなる可能性があります。

たとえば永代供養にした場合、「供養はお寺に任せておけばいいのだ」と考えることは一面では安心感につながりますが、ややもすればご先祖様に向き合う機会が減ることにもなりかねません。

デメリット2:寺院とのトラブル

寺院の境内にお墓がある場合、墓じまいが離檀、つまり檀家関係を解消することにつながることもあります。

お寺側からすれば、檀家を一軒失うことは寺院経営の上で大きな痛手で、正当な理由がなければトラブルに発展することもしばしばです。
まずは必ずこちらの事情や想いを菩提寺に伝えて、理解や合意を得る努力が必要でしょう。

デメリット3:親族とのトラブル

お墓へは家族だけでなく親族もお参りをします。親族には墓守の義務はありませんが、お墓参りをする権利はあります。

お墓参りに行ってみたらある日お墓が解体処分されてなくなっていたとするならば、苦言を呈したり、場合によってはトラブルにも発展するでしょう。

お参りに来ている可能性のある親族には事前に相談をしておくべきでしょう。

墓じまいに必要な費用相場は約100万円

墓じまいは墓石の解体と遺骨の改葬をセットで考えなければなりません。
それぞれの内訳から、細かく費用を算出して約100万円というひとつの金額が出ました。

もちろんお墓や供養は、それぞれの家によって状況や考えが全く異なります。
たとえば、離檀料が不要なケースもあります。

改葬の手続きは行政書士などに依頼できますが、自分自身の手で行う人もいるでしょう。
墓地が広すぎて余計に費用がかかる人もいるかもしれません。

ここにまとめたものを参考に、自分たちであればどれに該当し、どれくらいの費用がかかるだろうかと考えるきっかけになれば幸いです。

  • 墓石の撤去費用:約30万円(区画の整備費用含む)
  • 書類手続き代行費用:約5万円
  • 遺骨の移転費用:約80万円
  • 閉眼供養のお布施:約3万円
  • 檀家の離檀料:約15万円

※墓じまい価格の詳細は「墓じまいにかかる費用を解説!解体工事から役所の手続きまで」
https://www.lifedot.jp/ohaka-jimai-price/ で解説

墓じまいは取り組みだしてから完了までに1カ月〜2ヶ月ほどかかる

墓じまいにはどれくらいの期間が必要なのでしょうか。
改葬先や石材店が決まっていて、手続きに必要な書類に不備などなければ、1ヶ月から2ヶ月程度で完了するでしょう。

ただし、あくまでも個別の事情もあることなので、長い期間をかけて墓じまいを行う人がいるのも事実です。
墓じまいのためには次のことを同時進行で行わなければなりません。

改葬先の墓地や納骨堂などを決める

改葬先を決める期間に平均はありません。すぐに決める人もいれば何年もかけて納得のいく墓地やお寺を探す人もいるからです。

改葬許可申請 2週間から1ヶ月

改葬元の役所に改葬許可を申請し、許可をもらわなければなりません。
そのためには改葬元の墓地に「納骨証明書」を、改葬先の墓地から「受入証明書」を発行してもらわなければなりません。
スムーズに行けば、2週間程度で許可が下りるでしょう。

石材店の契約から工事まで 2週間から1ヶ月

石材店との契約がすめば、2週間から1ヶ月以内には墓じまいの工事をしてもらえるでしょう。
ただし、石材店の選定のために相見積もりをとるのであれば、そこで多少の時間がかかるでしょう。

墓じまいする時の手続きの流れ

墓じまいをする全体的な流れを説明してください。

STEP1:遺骨の新しい移転先を決める

まずは遺骨の新しい移転先、つまりは改葬先を決めましょう。
新しい墓地、納骨堂、樹木葬、永代供養などのさまざまな方法の中から自分たちにとって一番よいものを選択しましょう。

↓ ↓ ↓

STEP2:墓地管理者に墓じまいの意思を伝える

墓地管理者とは、公営霊園や民営霊園では管理事務所、寺院墓地であれば住職にあたります。
墓地はきれいに更地にして返還しなければならないので、その手続きや手順について確認しておきましょう。
また、寺院墓地の場合は離檀の問題も生じるかもしれないため、こちらの意志や想いをきちんと伝えましょう。

↓ ↓ ↓

STEP3:改装許可証を行政に発行してもらう

改葬元の役所に改葬許可証を発行してもらいます。
そのためには、役所が指定する書類を完成させ、改葬元から「納骨証明書」を、改葬先から「受入証明書」を入手しなければなりません。

↓ ↓ ↓

STEP4:寺院による閉眼供養

墓石の中には仏様の魂が込められていると考えられているので、お墓を解体する際には必ず寺院に閉眼供養をしてもらいましょう。
これまでご先祖様を供養してくれた墓石に敬意を込めるだけでなく、閉眼供養をしなければ、石材店も工事に取りかからないでしょう。

↓ ↓ ↓

STEP5:今あるお墓を石材店に片付けてもらう

墓地での解体撤去工事を石材店に依頼します。
いまある墓石を片付けて、墓地をきれいに整地化してもらいます。

※手続きの流れの詳細は「墓じまいの手続きを解説!霊園・役所・寺院それぞれでやるべきこと」
 https://www.lifedot.jp/ohaka-jimai-steps/ で解説

墓じまいが増えている3つの理由

近年、墓じまいをする人が急増しています。

大手石材店では墓じまいの相談が急増しており、去年(2017年)はおよそ100件で、前年の相談件数の1.5倍に上ったというデータもあります。

では、どのような理由が考えられるのでしょうか。
戦後日本社会のライフスタイルの変化、さらには宗教観の変化などが大きく影響しています。

理由1:故郷のお墓と住まいの距離が離れ、満足にお墓参りができない

ひと昔前までは、生まれた土地で生涯を過ごして亡くなるということが当たり前でした。
そうした社会では、死者はその土地の先祖や氏神として祀られ、代々受け継がれていくお墓が家族のつながりの中心としての役割を果たしました。

しかし昨今は、進学や就職や転勤など、生まれ故郷を離れて暮すことが当たり前となり、遠方にあるお墓へのお参りが困難な人が増えています。

こうした人たちが、故郷のお墓を墓じまいして、自分たちの住まいの近くに新たなお墓(あるいは、納骨堂や樹木葬)を構えます。

理由2:少子化や未婚率の増加によるお墓の継承者不在

未婚率の増加によりあととりがいない世帯が増えています。
このような世帯ではお墓の維持や承継が困難になり、墓じまいをせざるを得ません。

また、仮に子どもがいたとしても少子化が原因でお墓の承継が困難な状況に陥ることもあります。
2017年の平均出生率は1.43%ですが、1人ないし2人の子供がともに女の子である場合、家やお墓が承継される可能性は急激に減少してしまうのです。

理由3:核家族化などお墓との関わり方への変化

戦後の経済発展と交通の発達により、人々は自由に住まいを行き来するようになりました。
親子が別々の街に暮らすことは当たり前で、核家族が標準的な家族形態になっています。

そのたえ先祖供養の方法を祖父母や親から教わることが少なくなり、先祖代々のお墓をみんなで守る慣習がうすくなってきました。

お墓を維持することよりも納骨堂や永代供養など、「安く」「楽に」家族や先祖を供養しようとする風潮が広まっている点も否めないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
墓じまいについての理解は深められたでしょうか?

では最後にこの記事のポイントを箇条書きでまとめます。

  • 墓じまいとは、いまある墓石を解体処分して、区画の墓地の管理者に返還すること
  • 墓じまいをしたならば、お墓の中にある遺骨を別の場所に移さなければならず(改葬)、墓じまいと改葬はワンセットで考えなければならない
  • 墓じまいをする前には親族と話し合いをしておかないとトラブルの原因になる
  • 墓じまいのあとの供養の方法には、新しいお墓、永代供養、樹木葬、納骨堂などの方法がある
  • 墓じまいのメリットは、維持管理の負担の軽減、承継者(次世代)への負担の軽減、管理費の支払いが亡くなるなどが挙げられる
  • 墓じまいのデメリットには、供養感が薄くなる、寺院や親族とのトラブルが挙げられる
  • 墓じまいと改葬にかかる費用相場は約100万円。ただし個別の状況や考え方によって費用は大きく変わる
  • 墓じまいにかかる期間はスムーズに行って1ヶ月から2ヶ月程度
  • 墓じまいの流れは次のように進む
    • 遺骨の新しい移転先を決める
    • 墓地管理者に墓じまいの意思を伝える
    • 改葬許可証の発行
    • 閉眼供養
    • 石材店による解体撤去工事
  • 墓じまいが増えている理由には、核家族化や少子高齢化など、戦後日本社会のライフスタイルの変化、さらには宗教観の変化が挙げられる。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。