増えている!?墓じまいと改葬の流れ

スポンサーリンク

近年の少子化や核家族化の流れにより、「墓じまい」をする人が増えてきました。お墓の承継者がいないという理由や、実家の墓は遠方にあり、管理していくのが難しいという理由からです。

承継者がいないなど、お墓の管理者がいなくなる「無縁墓」が増えているのも深刻な問題となっています。

この記事では、「墓じまい」や「改装」の手順について解説していきますので、先祖のお墓を無縁墓にしないよう、最後まで読んで参考にしてください。

親の実家の墓を墓じまいする

ポイント:親の墓が遠方だったら、今後のために近くに墓を移し、そこに親の遺骨を埋葬する方法がある。

親の実家の墓をしまいにする人が増えている

父親あるいは母親が亡くなったとき、父親が承継者であったら、実家の墓に遺骨を埋葬するのがならわしでしょう。しかし、実家の墓は遠方で今後、自分たちや子どもたちが管理していくのは難しい。また、親族も少なく自分たちで判断してもかまわない状況にある……。

そうしたとき、実家の墓を墓じまいし、自分たちが住む近くに墓を移す( 改葬 )ことを考える人も少なくありません。

お墓を移す方法

お墓を移す改葬の手順については後ほど詳しく説明しますが、ここでは概略について説明します。
改葬の方法として一般的なのが、墓石を解体して、遺骨を新しい墓に移す方法です。 

このほかに、遺骨を移す方法としては、お墓に納められた骨壺のうち一部を移す方法や骨壺から遺骨の一部を取り出して移す方法もあります。

遺骨だけを移すのではなく、墓石も移動させる方法もあります。なじみのある実家の墓石をそのまま使うので、違和感がないというメリットがあります。さらに、墓石代が軽減できるというのもたすかります。

ただし、墓石代は無料といっても、墓石の運送料、 解体・設置料が高額になることもあります。さらに、墓地によっては墓石の持ち込みを認めないところもあるので、あらかじめ確認をとってから業者に依頼しましょう。

遺骨を移す方法

遺骨だけを移動する方法

遺骨だけを移動する方法

墓石も移動する方法

墓石も移動する方法

お墓を移す手順と流れ

ポイント:墓を移動する「改葬(かいそう)」は、書類上の手続きと、宗教上のしきたりにのっとった供養が必要。

お墓を別の場所に移すことを「改葬」という

承継するお墓が遠くにあって十分な供養ができないので近くに新墓所を購入した場合や、一人っ子同士の結婚でお墓を1つにまとめたい場合など、現在のお墓を閉じ(墓じまい)別の場所に移すことを「改葬」といいます。

改葬は、役所などに出向く「①書類上の手続き」と、供養などを行ってもらう「②お寺とのつき合い」の2つの流れに沿って進めていきます。

改葬許可証をもらうまでの流れ

骨を別の墓所に埋葬するためには、現墓地のある市区町村から改葬許可証を発行してもらい、新墓地に提出しなければなりません。流れを概略的に説明します。

まず、新墓地を購入し、そこで確かにお骨を受け入れますという「墓地利用許可書」⒜と「受け入れ証明書」⒝を受け取ります。

つぎに現墓地のある市区町村役場から改葬許可を受けますが、この際、書類⒜、⒝のほかに、確かにこの地に埋葬されているという「埋葬証明書」⒟が必要になります。埋葬証明書⒟には、お寺の住職など墓地の管理者から署名・捺印をもらう必要があります。

現墓地の市区町村役場には、書類⒜⒝⒟を添えて「改葬許可申請書」⒞を提出し、改葬許可証をもらいます。この改葬許可証を新墓地に提出し、遺骨を埋葬します。書類上の手続きは以上で完了ですが、お墓を閉じ、新たに開く場合には、それぞれ閉眼供養(へいがんくよう)と開眼供養(かいげんくよう)が必要で、仏教の場合は、僧侶に読経(どきょう)してもらいます。

改葬の流れ

現墓地のある市区町村からの改葬許可証が必要提出書類の種類は各市区町村で異なる

手順 書類 供養など
①新墓地を購入する 新墓地より、「墓地利用許可書」⒜、「受け入れ証明書」⒝などを発行してもらう
②現墓地のある役所で必要な書類をもらう 「改葬許可申請書」⒞、「埋葬証明書」⒟、など
※ホームページよりダウンロードできる市区町村が多い
③現墓地の承諾を得る ご住職などから、書類⒟に署名、捺印してもらう 現墓地の親戚関係者への説明
④現墓地の役所から改葬許可証をもらう 必要事項を記入した書類⒞に、⒜・⒝・⒟をつけて申請し、許可印を押してもらう
(書類⒞の完成)
⑤遺骨を引き取る 閉眼供養を行う。墓石の移転・処分を墓石店に依頼
⑥新墓地に納骨する 書類⒞を新墓地に提出する 開眼供養を行う

お寺、親戚などへの説明を十分に行う

お墓の改葬を行う場合、煩雑な書類手続きは、業者へ代行を頼むこともできます。当事者としていちばん心をくだかなければならないのは、お寺や現地縁者への説得、説明でしょう。

お寺では檀家が減ることをこころよく思わないでしょうし、親類や知人は、「ふるさとを見捨てるのか」、「お墓参りに行くのに不便になるではないか」と感情的な不快感を覚えることが多いからです。そういった反応は、もっともなことですから、関係者にはもれなくていねいに事情を説明して、理解してもらう姿勢を貫く覚悟が必要です。

実務は石材店に依頼する

お墓を移す場合、墓石をどうするかという問題があります。先祖代々の墓石を新墓地に移すのであれば、墓地購入時にそれを考慮して土地区画などを決めます。墓石は置いていくのであれば、処分しなければなりません。旧墓地は更地(さらち)にして返すのがマナーです。

いずれにしろ、墓石の問題、遺骨の取り出し、移動、埋葬などの実務は、石材店に依頼することになります。

遺骨の情報はお寺に尋ねる

先祖代々の墓ともなると、いったい何体の遺骨が埋葬されているのか即座にはわからないことがあります。改葬申請は、遺骨1体1体に必要ですから、お寺の過去帳で調べてもらう必要があるでしょう。遺骨の数は、新墓地を購入する際にも必要な情報ですから、購入前に相談に行けば、あらかじめ改葬をお寺に切り出すよい機会にもなります。

お寺に相談せず一方的にことを進め、最後の最後になって改葬を告げたところ、法外な離壇料を要求され戸惑う例も少なくないようです。お墓の閉眼供養(へいがんくよう)もお願いするのですから、穏便にことが進むようにしたいものです。

現地の親戚に相談し、お寺への切り出し方などをアドバイスしてもらうのも一案でしょう。

改葬のポイント

ポイント①:現墓地関係者への説得はていねいに根気よく

先祖代々の墓を移す場合には、お寺のご住職、地域の親類知人などに了解を得る。感情的によく思われないことが多いので、ていねいに根気よく説得する心構えが必要。

現墓地関係者への説得

ポイント②:申請は遺骨一体ずつ行う

申請書には、改葬する遺骨一体一体の情報を書き込まなければならない(名前、本籍、死亡年月日、納骨日など)。ご住職など、墓地の管理者に問い合わせが必要となる場合も多い。

改葬許可申請書の記入

ポイント③:現墓地は更地にもどす

仏事では、お墓を解体する前には、御み魂たまを抜く閉眼供養を行う。墓石は、新墓地へ移動する、あるいは処分する、どちらの場合も石材店へ相談する。跡地は更地にして返却するが、これも石材店に相談するとよい。

閉眼供養して更地に戻す

ポイント④:新墓地には遺骨がすべて納まるように

遺骨は骨壺に入れ移動する。新墓地には、すべての遺骨がおさまる広さのカロートが必要。

カロートに納骨


■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資料請求はこちら