記事監修
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

生活スタイルに合わせて都市圏に集中する人や社会問題にもなっている少子高齢化。そんな様々な社会現象が、お墓事情にも大きく影響しています。

なかなかお墓参りに行けない人や、お墓の面倒を見る人がいないという人お悩みをもつ方々が行う「墓じまい」。いま全国的に増えている墓じまいについてご紹介します。

この記事ではこのような問題解決に役立ちます!

  • 「墓じまいって何をするの?どんなメリットがあるの?」
  • 「墓じまいにかかる費用を知りたい」
  • 「墓じまいをするときの流れや、注意すべきことって何?」

墓じまいは、お墓の管理や維持にお悩みの方にとって一つの解決方法となります。しかし、墓じまいをしたらお終い、という訳ではありません。墓じまいをした後、先祖代々のご遺骨を供養し直すことを検討する必要があるのです。

墓じまいした後の再供養先として人気の高まっている「納骨堂」や「永代供養墓」についても詳しくご紹介いたします。ここ最近、雑誌や電車広告などでよく見かけるようになったこれらのお墓は、墓じまい後の改葬先として多くの人々に選ばれています。

この記事では、墓じまいについての基礎知識と、墓じまいした後に考えなければいけないことについて総合的に解説いたします。

これからのお墓の継承や管理に不安を感じている方にとって、少しでもお役立ていただけますと幸いです。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。

墓じまいとは

砂利が敷き詰められている墓地の区画

墓じまいとは、お墓を解体し、撤去処分することです。

お墓を継いでくれる子供や親族が今後いなくなるかもしれないという不安を抱えているご家庭が、「お墓の維持、管理ができなくなるくらいなら…」と墓じまいに踏み切ることが多くなりました。

墓じまいでは墓石の撤去を行いますが、お墓の埋葬されていたご先祖様のご遺骨をそのまま処分する訳にはいきません。掘り起こされたご遺骨を、新しい場所で供養し直すことも併せて検討する必要があります。このように、遺骨の埋蔵場所を移すことを「改葬(かいそう)」と言います。

墓じまいと、改葬(遺骨の引っ越し)は、セットで考えてください。

墓じまいの費用相場

お金と電卓

まずは、墓じまいの費用相場について説明します。
墓じまいの費用は、今お持ちの墓地の区画の広さによって算出されることが多いです。

墓じまいの費用相場は1㎡あたり10~15万円

墓じまいの費用相場は、墓地面積1㎡あたり、10~15万円くらいと言われています。平米あたりの価格は石材店や墓じまい業者によって異なります。

墓地面積は、墓地の間口(幅)×奥行で算出することができます。たとえば、幅が2mで奥行きが2mの場合は4㎡となります。仮に墓じまい費用の見積もりが㎡あたり10万円だった場合には、4㎡だとおよそ40万円くらいの費用が掛かる計算となります。

墓じまい費用の内訳

それでは次に、墓じまいの費用について詳しい内訳を解説しましょう。

  1. 石材の解体・撤去費用
  2. 石材や残土などの処分費用
  3. 墓地を更地に整える費用
  4. 重機作業や人件費
  • 1. 石材の解体・撤去費用

    墓地にある墓石の解体工事に伴う費用です。墓地の広さや石塔の数や大きさによって金額が増減します。
  • 2. 石材や残土などの処分費用

    撤去した石材や、それに伴う残土やコンクリートは専門業者に処分してもらわなければなりません。近年では、残念なことに墓石の不法投棄が社会問題になっています。墓石は産業廃棄物に分類されるため、本来は行政の許認可を受けた専門業者に委託して適正に処分しなければなりません。
  • 3. 墓地の更地化

    石材を撤去したあとの墓地は、きちん更地に整えてから墓地の管理者(寺院や霊園管理事務所)へ返還しなければなりません。
  • 4. 重機作業や人件費

    重い石材を解体し運搬するには専用の重機が必要になります。重機が入らないような立地の悪い墓地の場合は、人力で作業しなければなりません。
      • ※墓じまいの費用についてより詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

墓じまい費用が高くつく主な原因は「墓地の立地」と「作業量」

㎡あたりの墓じまいの費用相場は、目安に過ぎません。なぜならば、墓地の状況によって墓石撤去作業の難易度や作業量が変わるため、それが墓じまい費用にも影響するからです。墓じまいを行う石材店や業者に、現地を下見してもらってからでないと正式な見積もり金額は出ません。

例えば、下記のような場合には墓じまい費用が相場より高くなりやすいです。

  • 重機がはいれない細い道や、急な斜面やに墓地があり、人力で作業しなければいけない場合
  • 墓地内にお墓(石塔)が複数ある場合
  • 撤去する墓石に使用されている石材のボリュームが一般的なお墓と比べて多い場合

こうしたさまざまな要素が墓じまい費用に反映されていきます。
どこまで対応できるか、どのくらいの費用感になるかは、業者によってばらつきがあります。墓じまいを検討する際には必ず複数の業者に見積りをとることをおすすめします。

墓じまいをする人の特徴

3体並んだお地蔵さん

昨今、墓じまいをする人が増えています。その背景には、日本全体の社会問題も影響しているのです。

将来的に、お墓の維持が困難になる家庭がやむを得ず墓じまいに踏み切っています。具体的にどのような人たちがお墓の維持ができなくなってしまうのかをまとめました。

  • 子世帯がお墓がある故郷から離れて暮らしていて、帰る予定がない場合
  • 遠方にお墓があり、お墓参りや掃除がむずかしい場合
  • 子や孫がおらず、今後墓守をする人がいなくなってしまうご家庭
  • 寺院墓地の檀家付き合いなど、宗教的制約から解放されたい方

上記に挙げたような人にとっては、墓じまいはお墓の悩みを解決するひとつの手段になります。実際に家のお墓を墓じまいすべきか悩んでいる人は、参考にしてください。

また、墓じまいをすべきかお悩みの方は、ライフドットの「墓じまい・お墓の引っ越し相談窓口」でお電話・WEBのお好きなほうでお気軽でお気軽にご質問いただけます。墓じまいの見積もり依頼や、遺骨の引っ越し先のご相談も承っております。

墓じまいをするときの流れ

では次に、実際に墓じまいをする時の流れについて解説いたします。墓じまいをするためには複数の窓口に連絡をしなければなりません。

  1. 1. 遺骨の引っ越し先を決める
  2. 2. 墓じまいしたい旨を墓地管理者に伝える
  3. 3. 役所から改葬許可証を入手する
  4. 4. 石材店を決める
  5. 5. 閉眼供養をしてもらう
  6. 6. 墓じまいの工事に立ち会う
  7. 7. 改葬許可証を持って、遺骨を引っ越し先に埋蔵する

次に、一つひとつの手順について注意点など詳しくご説明いたします。

1. 遺骨の引っ越し先を決める

墓じまいでは、墓地にある墓石を解体撤去だけでなく、その中にある遺骨の引っ越し先を検討する必要があります。納骨堂なのか、永代供養墓なのか、きちんと遺骨の引っ越し先を決めておきましょう。

2.墓じまいしたい旨を墓地管理者に伝える

これまでお世話になった墓地に、きちんと墓じまいをしたい理由や意図を伝えて理解してもらいましょう。寺院墓地などでは、相談せず唐突に墓じまいすることを伝えたためにお寺と揉めた、などという話をよく聞きます。

早めに相談することで、遺骨の引っ越し先についてもアドバイスがもらえるかもしれません。

3. 役所から改葬許可証を入手する

遺骨を動かす際には、いまのお墓がある自治体から「改葬許可証」をもらわなければなりません。
まずは役所に出向いて、改葬許可の申請方法を確認しましょう。

墓地の管理人の署名と捺印や、遺骨の引っ越し先から「受入証明書」を入手するなど、いくつかの書類の準備が必要となります。

4. 石材店を決める

墓じまいを行う施行業者を決めます。

寺院墓地や民間霊園の場合は石材店が指定されていることが多いようです。
どの石材店でも構わないということであれば、費用を比較するため2~3社で相見積もりすることをおすすめします。

5. 閉眼供養をしてもらう

墓石には、仏様やご先祖様の魂が宿っていると考えられています。撤去工事を行う前に閉眼供養を行うことで、墓石から魂を抜き、ただの石へと戻します。閉眼供養は、お性根抜き、御魂抜きなどとも呼ばれています。

墓石を解体撤去するには、必ず寺院に閉眼供養(へいげんくよう)をしてもらいましょう。読経していただくお坊さんにはお布施を納めます。

6. 墓じまいの工事に立ち会う

施工業者に工事に入ってもらいます。工事の際は、可能な限り立ち会うのがいいでしょう。

大切なご先祖様の遺骨です。丁寧に扱われているか、自分の目で確かめるのをおすすめします。

7. 改葬許可証を持って、遺骨を引っ越し先に埋蔵する

既存のお墓の撤去が済むと、遺骨の新しい引っ越し先に遺骨を納めましょう。納骨の際には、改葬許可証を忘れずに持参しましょう。

墓じまいをするときに注意すべきポイント6点

ポイントを示す女性

墓じまいとは、先祖代々守ってきたお墓を手放すことです。慎重に検討を進めなければトラブルの元になるので気をつけましょう。

  • 1. 親戚へ事前説明し、理解を得る

    お墓を守るのは家族の役目ですが、お墓参りする権利は誰にだってあります。お参りに行った親戚のお墓がなくなっていたことに驚いて、トラブルに発展します。親戚などには事前に連絡をし、墓じまいをする理由や想いを伝えておきましょう。
  • 2. 墓地管理者への連絡

    墓じまいにあたっては、墓地ごとにルールや決まりがあります。必ず墓地の管理者に確認しましょう。

    寺院墓地であれば住職に確認をとります。自治体の共同墓地であれば自治会長や墓地委員会です。公営霊園や民営霊園の場合は管理事務所に訊ねましょう。
  • 3. 寺院墓地の場合は離檀の相談が必要

    今あるお墓が寺院墓地の場合、寺院へは必ず連絡をしなければなりません。墓じまいは「離檀」、つまりその寺院の檀家をやめることにも直結します。

    離檀料がかかることなどからさまざまなマスコミがネガティブに取り上げていますが、何よりもこれまで先祖の供養をしていただいた寺院です。まずはきちんとした連絡や相談をするのが賢明でしょう。
  • 4. 依頼する石材店との綿密な打合せ

    現地に入ってもらう石材店との打ち合わせも大切です。遺骨の取り扱い、工事の段取り、管理者への連絡など、こちらの希望をきちんと伝えましょう。

    工事当日の施主の立ち合いはどちらでも構いませんが、もしも立ち合わないのであれば、なおさら業者との打合せを綿密に詰めておきましょう。

5. 骨壺を取り出す時の注意点

骨壺は、墓石の「カロート」と呼ばれる納骨室に埋蔵されています。

長年開けられていなかったカロートの中には水が溜まっていることがあります。骨壺の中にも水が染みてしまっていた場合は骨壺の中の水を捨て、外気でご遺骨を自然乾燥させるとよいでしょう。

6. 古い遺骨の取り扱い方法

墓じまいをした時、ご先祖様の遺骨がお墓の中から出てくることがあります。古い時代の遺骨については、しっかりと火葬された焼骨かどうかを確認する必要があります。

昭和初期頃まで、日本では一般的に土葬が行われていました。以降の時代においても、戦後の混乱や、昔の火葬場の火力不足などによって完全に火葬きしれていなかったケースもあります。土葬の時の土が骨に残っているとバクテリアが付着していることもありますので、専門の業者に洗骨(せんこつ)してもらってから埋葬し直しましょう。

また、役所などの自治体に申請をすることで、遺骨の再火葬を行うこともできます。

墓じまいをした後の遺骨の供養方法

仏壇式の納骨堂

墓じまいをしたあと、遺骨はどこかに必ず移さなければなりません。
供養の多様化により、さまざまな方法があります

    • 納骨堂で供養する

      納骨堂とは、ご遺骨を安置するための室内施設です。
      ただ遺骨を安置するだけのロッカー型や、礼拝ができる須弥壇型などがあります。
    • 納骨堂については、下記記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。
    • 希望エリアの納骨堂が見つかる!

      ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの納骨堂が見つかります。
      まずは希望の都道府県を選んでどんな納骨堂があるかチェックしてみましょう。

      納骨堂を探す
    • 永代供養墓で供養する

      永代供養墓とは、他人の遺骨と一緒に埋蔵する集合墓です。永代供養墓は合葬墓(がっそうぼ)とも呼ばれるお墓のことです。
    • 合祀(合葬)するため、埋葬後はお墓の管理や手間が一切かかりません。
    • 希望エリアの永代供養墓が見つかる!

      ライフドットなら、希望条件で絞り込むことであなたにぴったりの永代供養墓が見つかります。
      まずは希望の都道府県を選んでどんな永代供養墓があるかチェックしてみましょう。

      永代供養墓を探す
    • 永代供養墓については、「永代供養のお墓はなぜ注目される!?供養法や人メリット・デメリットを解説」の記事で詳しく紹介しています。
    • 手元供養する

      手元供養とは、遺骨のすべてまたは一部を自宅で保管することです。
    • 小型のオシャレな骨壺や、身につけておくことができる遺骨収容型のペンダントなど、最近はさまざまな手元供養商品が販売されています。普段のファッションの邪魔にならないものが増えていますので、探してみましょう。
    • 手元供養については、「手元供養の種類や流れを紹介!故人を近くに感じられる供養法」の記事もぜひご覧ください。
    • 散骨する

      散骨とは、山や川や海に遺骨を撒くことです。主に海洋散骨が主流でしょう。散骨するには散骨業者に依頼をしましょう。散骨する際には必ず遺骨を粉末状にしなければなりません。
    • 散骨に関しては、「散骨には許可がいる?マナーや手順を紹介」の記事でも詳しくご紹介しています。

墓じまいで行政書士に依頼できること

公証人、相談、任意後見人

墓じまいの増加に伴い、墓じまい代行をすしてくれる行政書士が増えています。行政書士に依頼するには直接連絡をしてみましょう。

行政書士に依頼できること

改葬手続きは、戸籍の書類を入手し墓地の管理者に署名や捺印をもらい、それを役所に提出するなど、何かと面倒です。行政書士に依頼した方が楽かもしれませんし、まさに彼らの得意分野と言えるでしょう。行政書士に代行してもらうことで、必要書類の準備など施主の手間が大きく軽減することもあります。

自分でやったほうがいいこと

一方で、行政書士に依頼するまでもないこともあります。墓じまいにおいては、次の3つは施主自身が行わなればならないことになります。

  1. 改葬手続き 
  2. 寺院との折衝
  3. 石材店への手配

行政書士とは、行政書士法に基づき,他人の依頼により官公署に提出する書類を作成することを業とする人のことです。昔は「代書屋さん」なんて言い方もしました。

しかし、院との折衝や石材店の手配は、行政書士の代行がベストとは限りません。寺院と檀家の関係は、第三者が介入するべきでないでしょうし、もしも介入が必要となるなら、それは弁護士へ依頼すべきことでしょう。

また、石材店の手配は、施主自身が複数社を比較検討して納得のいく業者を選んだほうがよいでしょう。

行政書士へ代行依頼することで費用が発生します。もし依頼する場合は、何をどこまで行政書士に依頼するかは、冷静に考えましょう。

まとめ

供花とともにしまわれるお墓

「墓じまい」は、書類の提出や申請、関係各所への連絡など意外と大変です。これまでご先祖様が守ってきてくれた大切なお墓のことです。ひとつひとつの行程を丁寧に進めていくのがよいでしょう。

また、遠方にお墓があるから「墓じまい」を行おうと検討している人は、「改葬(お墓の引越し)」も検討してみましょう。
詳しくは、「改葬でお墓問題を解消!いま増えているお墓の引っ越し」の記事を参考にしてください。

また、墓じまいをすべきかお悩みの方は、ライフドットの「墓じまい・お墓の引っ越し相談窓口」でお電話・WEBお好きなほうでお気軽でお気軽にご質問いただけます。墓じまいの見積もり依頼や、遺骨の引っ越し先のご相談も承っております。


監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

「墓じまい」の中で一番多い悩みは「誰に相談したら良いかわからない」というご相談です。

「石材店に相談したら石を売られそう」「寺院に相談したら墓じまいを止められそう」「納骨堂とか永代供養墓は一件一件探すのが面倒」「そもそも自分たちにはどの方法が一番良いのかがわからない」など、墓じまいを相談できる窓口がわかりにくいというのが実情です。

実際は、石材店でも寺院でも納骨堂でも、基本的な墓じまいの方法は教えてくれます。
しかし自分が欲しい情報が得られるかどうかはわかりませんので、セカンドオピニオンのように複数の人、複数の業者に聞いてみると良いでしょう。

墓じまいは親戚間での連絡・調整も必要です。
あせらずに1年~3年程度かかるつもりで、じっくりと納得できる方法を考えてみましょう。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。