【墓じまい 永代供養】アイキャッチ

墓守がいなくなる、お墓の維持管理が難しいといった理由で、墓じまいをして永代供養にされる方も多くいらっしゃいます。
永代供養にすると今後の管理を寺院に任せることができるため、墓守としての負担を軽減することができます。

この記事ではこのような疑問を解消!

  • 「墓じまいをして永代供養する流れは?」
  • 「永代供養にするとその後の供養はどうなる?」

本当はきちんと自分で先祖供養をしたいけど、事情によって墓守できなくなることは不安になるかもしれません。
しかし、お墓を放置状態にすることこそがバチあたりなことではないでしょうか。

この記事では墓じまいから永代供養をするまでの流れや費用、注意点まで解説しています。
ぜひ、墓じまいから永代供養を検討されている方は参考にしてみてください。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

墓じまいして永代供養を検討する人が増えている背景

昨今、墓じまいをしてご先祖様を永代供養にする人が急増しています。
墓石業界の人たちに話を聞いてみても、新しくお墓を建てる人よりも、お墓を処分する仕事の方が多いという声が聞かれます。

また、さまざまなお寺、永代供養墓や納骨堂を設置しています。それだけ需要があるのです。
お墓にはご先祖様の魂が込められています。さらにその中には大切な遺骨が納められています。

できるものならお墓を処分することなく維持できればいいのですが、さまざまな事情でやむなく墓じまいに踏み切るというのが実情のようです。

そして、墓じまいをすることで「ご先祖様に申し訳ないことをした」と罪悪感を覚える人も少なくありません。しかし、やがて無縁墓になってしまうであろうお墓を元気なうちに片付けておくことで、あとあとお参りしやすい環境を整えられます。

ご先祖様のお墓をどうしようと悩んでいるのは、いまこの記事を読んでくださっているあなただけではありません。

同じような方が世の中に沢山いるということを、まずは知っていただきたいです。
この記事ではまずはじめに、墓じまいをしなければならないさまざまな理由や社会的背景をお伝えします。

そして自分たちにとってあるべき供養の方法を考えていただければ幸いです。

核家族化によって親子が別の場所に住んでいる

現代は、親子が別々の場所に住んでいるというのが当たり前の時代です。
両親は地方に、自分たちは東京に、そして子供たちは海外に住んでいる、こんな3世代も珍しくありません。

祖父母やご先祖様が祀られているお墓がもしも地方の故郷にあれば、お墓参りそのものが困難です。

大切なご先祖様に手を合わせたい。しかし遠方でなかなかお墓参りに行けない。
お墓参りに行けないことで雑草が生え、墓石が汚れ、墓地全体が荒れてしまう。

多くの人がこのようになかなかお参りに行けないこと、そしてそのために荒れてしまっているお墓のことを懸念しています。

これまで大切に先祖代々守ってきたお墓ですが、自分たちのことやこれからのことを考えて、故郷のお墓を処分し、新たに自分たちの住まいの近くに手を合わせる場所を設ける人が増えています。

単身者世帯が増え あとを見てくれる人がいない

ライフスタイルが多様化し、結婚をしない人、あるいは結婚はしたけれど子供を設けないという人も増えています。
このような人たちが年を重ねていくと、やがて自分自身の最期を自分で考えなければならなくなります。

これまで両親が守ってきたお墓を処分して、元気なうちにお寺に永代供養してもらうというのは、ごく自然な流れです。
そして自分の亡き後の供養も、そのお寺に任せることで無縁にならずに済みます。
お寺だからこその安心感ではないでしょうか。

少子化により子供の負担が重くなる

高齢化と合わせて少子化も弔いをする上では大きな問題となっています。
2018年の出生率は1.43%です。
そして今の日本社会では、未だに女性が男性の家に嫁ぎ、その家の墓を継ぐという考え方が根強くあります。

一昔前であれば子供の数が6人という家も当たり前で、そのうちの長男つまり男の子が墓を継ぐことができました。
しかし現代では、ただでさえ生まれてくる子供が少ないのに、その子が女の子だけで、しかも女性は男性の家に嫁ぐという考え方に従うならば必然的にその家は絶えてしまいます。

死生観や供養の多様化

上に挙げたような、さまざまな社会構造の変化により、死に方、弔い方への考えも大きく様変わりしています。

子供や孫がいるのに、子孫を土地に縛りたくないという親の想いからあえてお墓を処分する世帯もあります。また個別に墓地を持たなくても、お墓に行けばいつでも手を合わせられるからということで永代供養にする人もいます。実にさまざまです。

最近では供養の多様化に伴い、墓石を持たないお墓として、樹木葬や納骨堂が選ばれています。また埋葬しない方法として散骨や宇宙葬という新たな遺骨の処理の方法も登場しています。

墓じまいと永代供養の違い

永代供養霊前

墓じまいと永代供養。このふたつの言葉を混同している方が多くいます。
一旦ここで確認をしておきましょう。

墓じまいとは、お墓を処分すること

墓じまいとはその家の墓石を解体撤去して処分することです。
墓地での撤去工事は石材店に依頼すればしてくれますが、お墓の撤去にはさまざまなことが付随し、それらをすべて解決しなければなりません。

例えば、霊園に墓地の返還の申請をしなければなりませんし、お寺に魂抜きの法要をしてもらわなければなりません。
またお墓の中にはご先祖様の遺骨が埋葬されていますが、遺骨を取り出して新たな場所に移すためには役所から改葬許可を得なければなりません。

また改葬先として、新たなお墓(墓石、納骨堂、樹木葬)などを決める必要もあります。
これら一連の流れ全体を指して「墓じまい」と呼んでいるのです。

永代供養とは、先祖の供養をお寺に任せること

永代供養とは、自分たちでできなくなったご先祖様の供養をお寺・霊園に任せて供養してもらうことです。遺骨や位牌を預けることになります。

永代供養となる遺骨は他の人と同じ場所に合葬され礼拝の対象とする墓標はさまざまです。
永代供養墓のような墓石を用いたもの、樹木葬や樹林墓地のように樹木を用いたもの、あるいは霊廟や納骨堂などのように建物の中に保管するケースもあります。
どのような施設に遺骨を埋葬するかはお寺や霊園によって異なります。

よく「納骨堂=永代供養」「樹木葬=永代供養」と思われがちですが、厳密には納骨堂や樹木葬はお墓の形に過ぎません。

これらの納骨施設を用いて自分たち家族で個別にご先祖様を供養することもできますし、それができない人たちがお寺に永代供養をしてもらっているのです。

墓じまいから永代供養までの流れ


墓じまいをして遺骨を永代供養するにはどのような流れで進めなければならないでしょうか。一般的な流れをまとめましたので参考にしてみてください。

永代供養をしてもらえるお寺や霊園を探す

まずは、墓じまいで遺骨を取り出したあと、その大切な遺骨をどこに納めるか、どこに永代供養をお願いするかを決めなければなりません。
もしも菩提寺との付き合いがあれば、そのままそのお寺に永代供養を依頼してもよいでしょう。お寺の付き合いがない世帯、あるいはお寺が遠方で疎遠になっている世帯では、新たに永代供養を受け入れてくれるお寺や霊園を探さなければなりません。

また永代供養先を決める時は、お墓の形態(永代供養墓、納骨堂、樹木葬)、自宅からの距離、費用、お寺やスタッフの人柄などから総合的に判断して納得のいく永代供養先を決めましょう。

墓地管理者に墓じまいの旨を伝える

永代供養を受け入れてくれる寺院が決まったら、今あるお墓の管理者に、墓じまいしたい旨を伝えます。
墓じまいをするための必要な手続きなど指示があると思われるのでそれに従いましょう。

改葬許可証の発行

遺骨を別の場所に移すためには改葬元の自治体から改葬許可を得なければならず、そのための書類が改葬許可証です。

改葬許可証は永代供養してくれるお寺や霊園に渡さなければなりません。
自治体によって書式や用意するものなど異なる場合もありますが主に次のものを準備します。

  • 自治体が定める改葬許可申請書
  • 改葬元の霊園による納骨を証明する書類
  • 永代供養をしてくれるお寺や寺院による受け入れを証明する書類

なお境内墓地にお墓があり、そのお墓を処分して同じお寺に永代供養を依頼する場合は、改葬許可証は不要です。

石材店による墓じまい工事

墓地での解体撤去工事は石材店に依頼します。
墓石や外柵を解体するだけでなく、盛り土や基礎コンクリートも解体して更地の状態に戻さなければなりません。

石材の処分は石材店を通じて行政の許認可を受けた廃棄業者で処分されますが、魂の込められていた仏石のみ、お寺の無縁塚などで供養することもできます。

墓じまいや永代供養にかかる費用相場

お金と電卓

墓じまいや永代供養をするのに、一体どれくらいの費用が必要なのでしょうか?
分かりやすい表にまとめているのでご覧ください。

墓じまい 墓石の解体撤去処分工事 30万円~50万円
閉眼供養のお布施 1万円~5万円
離檀料 5万円~20万円
改葬許可証の発行 1000円ほど
永代供養 永代供養の費用 5万円~30万円

墓じまいの相場は50万円~100万円程度

墓じまいをするためには、50万円から100万円近くの費用がかかります。
これは墓石の撤去だけではなく、寺院や役所などさまざまな方面に対応しなければならないからです。

墓じまい工事の費用 30万円~50万円

墓地での墓じまい工事は石材店に依頼しなければならず、費用相場は30万円~50万円でしょう。
墓じまい工事の費用は幅が大きいために相場を伝えるのがとても難しいのです。
なぜなら、次の要因によって費用が大きく増減するからです。

  • 墓地の面積
  • 撤去する墓石や石材の量
  • 工事現場で用いる重機の数

墓じまいの相場の目安として墓地の面積1㎡あたり7万円〜15万円だと言われています。
30万円~50万円としたのは、2~3㎡の墓地面積の人が多いように思われるからなので、あくまでも参考程度にしてもらえれば幸いです。

これよりも安く収まるケースもあれば高くなるケースもあるでしょう。
石材店に現地を見てもらって見積もりをしてもらいましょう。

閉眼供養の費用 1万円~5万円

墓じまい工事の前には必ず寺院に読経をしてもらいます。これを「閉眼供養」や「魂抜き」などと呼びます。
墓石の中にはご本尊やご先祖様の魂が込められているため、これをしないことにはほとんどの石材店は解体工事を受け付けてくれません。
閉眼供養のお布施の相場は1万円~5万円くらいです。

離檀料 5万円~20万円

墓じまいの内容によっては、離檀(お寺の檀家をやめること)を伴うこともあります。
そして、その際にお布施と包むのが離檀料です。
一般的には5万円~10万円、高くても20万円程度とされていますが、あくまで気持ちのものなので相場はありません。

金額を設定している寺院もあれば、受け取らない寺院もあります。
メディアなどでは、法外な離檀料についてなかば扇情的に報じられていますが、もしもそのようなトラブルに巻き込まれたら弁護士などに相談しましょう。

契約書を交わしていない限り、支払わなくてもよいものとされており、あくまでも「気持ち」のものと捉えられています。

改葬許可証の発行 1000円ほど 

墓じまいをして永代供養にするには、永代供養先に改葬許可証を提出しなければなりません。改葬許可証を発行するには、まず自治体に「改葬許可申請書」をもらう必要があります。加えて、納骨先から「受入許可証」、もともと納骨している霊園・お寺からは「埋蔵証明書」を手に入れる必要があります。

しかしこの煩雑な手続きの代行を行政書士に依頼できます。
仕事で忙しい人や高齢者の人は、専門家に任せてみてもよいかもしれません。その分5万円~15万円はかなりかかってしまいます。

永代供養の相場は5万円~30万円

永代供養の相場は、5万円~30万円程度です。

納骨施設には、永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、納骨堂などがあり、どの施設を用いるかは寺院や霊園の方針によります。
いずれにしても遺骨の扱いは合葬が基本です。

一部、一定期間は骨壺のまま保管するケースもありますが最終的には合葬にします。
また、戒名の授与を希望する場合は戒名料や墓誌への彫刻費用が発生するため別途費用がかかります。

墓じまいから永代供養にするメリット

墓じまいから永代供養することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。検証してみたいと思います。

お墓を放置しなくて済む

お墓が遠方にある。忙しくてなかなかお墓参りに行けない。高齢でお墓参りお墓掃除が満足にできない。こうした人たちにとってお墓じまいをすることで、お墓が荒れる事に対する不安や悩みが解消されます。
また永代供養にするということはお寺や霊園が墓石や遺骨を供養してくれるので、墓参りやお墓掃除をしなくても済みます。

お寺にきちんと供養してもらえる

永代供養にするとそこに納められた死者や遺骨に対してお寺がきちんと供養をしてくれます。
年に数回の合同法要を執り行いお寺がきちんと供養してくれます。お墓を放置しておくとやがて無縁墓となり誰もお参りしないままただただ荒れていくだけになってしまいます。

次の代に迷惑をかけなくて済む

親の代のうちにお墓をきれいに整理して永代供養にすることで、のちのち子や孫が背負うかもしれない負担を早いうちに解消しておくことができます。
お墓があることで子や孫をその時に縛っておくことを不憫に思う人たちが元気なうちから永代供養にしています。

墓じまいから永代供養にするデメリット

メリットをみていきましたが、墓じまいから永代供養することには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

個別に手を合わせる場所がなく、ルーツが感じづらい

お墓とは、自分たちの固有のものです。先祖代々を祀るということは、自分のルーツを確認する場所でもあります。
しかし、そのお墓を処分して永代供養にするということは、他の人と同じ場所に埋葬されることを意味します。個別に手を合わせる場所がないことに違和感や息苦しさを感じる人もいるでしょう。
子どもやあととりがいないのであれば仕方がないにしても、もしも子や孫が続いていく世帯であれば無理に永代供養にしなくてもよいかもしれません。
個別に手を合わせるためには納骨堂や樹木葬などの選択肢もあります。

先祖が代々祀ってきた墓石を処分することへの罪悪感

長い間、自分の両親や先祖が守ってきた墓石を処分することで、それを自分の手で下してしまったことに対して罪悪感を覚えるかもしれません。
もちろん、墓地にお墓を放置したまま無縁にしてしまうのもよくないことかもしれませんが、必ずしも墓じまいをしなければならないのか、永代供養をしなければならないのか慎重に考えましょう。
まずは親戚やお寺にも相談して、最も負担が少なく、かつ満足に供養できる方法を考えてみましょう。

一度合葬にすると遺骨を還してもらえない

永代供養にすると遺骨は合葬され、他の人の遺骨と一緒になります。
骨壺の状態で安置するわけではなく、遺骨を壷から出して埋葬します。
そのため、何かの事情があって合葬後に遺骨を返却してもらいたいとしても返してもらえません。
他の人の遺骨と混ざっているために物理的に不可能なのです。

墓じまい・永代供養をするときの注意点

お墓について悩んでいる老夫婦

墓じまいと永代供養はイコールではありません。そもそも墓じまいをするべきなのかも慎重に考えるべきですし、墓じまいをしたからといって必ず永代供養にしなければならないわけでもありません。
「安く」「楽に」だけを追い求めるのではなく、あくまでも亡き人と向き合った時の心の充足感を大事にしてほしいと思います。

本当に墓じまいをしなければならないのか

墓じまいをする理由の多くは「あととりがいない」「お墓が遠方にある」「お参りや掃除が大変」などというものです。

あととりがいないのであれば、これは仕方がありません。なぜなら、お参りする人がいてはじめて供養という者が成り立つからです。

しかし、「遠い」「大変」という理由を解消するには、墓じまい以外の方法をも考えられます。

たとえば、遠方のお墓参りを「旅行」として捉えなおすと、お墓参りそのものがポジティブに感じられるかもしれません。

その遠さを逆手に取るのです。お墓参りの行程に旅行や食事などを盛り込んで楽しいものにすることもできます。

また、もしも掃除が大変だと言うのであれば、お墓掃除代行サービスを利用するという方法もあります。

頻繁にお墓に行けないと、たまにするお墓掃除の負担が辛く、それがお墓やお墓参りをネガティブなものにする要因になっています。

ご先祖様が祀られている大切なお墓。考え方をひとつ変えてみるだけで、急いで墓じまいをしなくても済むかもしれません。

本当に永代供養にしなければならないのか

永代供養とは、遺骨をお寺・霊園に預けて供養を任せることです。
供養とは、あくまでも自分自身の心の問題です。自分たちが元気なうちに永代供養にするのであれば、それは急ぎすぎかもしれません。

自分でできる供養をわざわざお寺に任せなくてもよいですし、永代供養にすることで「あとはお寺に任せておけばいい」「自分はなにもしなくてもよい」と逆に供養の主体性を失ってしまいかねません。

永代供養はあくまでも最後の受け皿にするくらいがよいでしょう。
納骨堂や樹木葬、墓石以外のお墓の形もたくさん登場しています。一定期間は個別に供養して、それを超えることで永代供養に切り替わるという、極めて現実に寄り添ったプランもあります。
本当に、いまこのタイミングで永代供養にするべきなのかを慎重に考えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。墓じまいも永代供養も一度してしまうと取り返しがつかないという側面があります。
大事な家族やご先祖様の遺骨。焦ることなく、じっくりと考えてみてもよいのではないでしょうか。

以下、この記事のポイントを箇条書きでまとめました。

  • 墓じまいや永代供養が増えている背景には、核家族化、少子高齢化によるライフスタイルの多様化、それに伴うや供養や弔いへの考え方の変化がある
  • 墓じまいとは、お墓を処分すること
  • 永代供養とは、先祖の供養をお寺に任せること
  • 墓じまいから永代供養への流れは次の通り
    • 永代供養をしてもらえるお寺や霊園を探す
    • 墓地管理者に墓じまいの旨を伝える
    • 改葬許可証の発行
    • 石材店による墓じまい工事
  • 墓じまいと永代供養にかかる費用の相場は50万円~100万円。内訳は次の通り。
    • 墓石の解体撤去工事 30万円~50万円
    • 閉眼供養のお布施:1万円~5万円
    • 離檀料:5万円~20万円
    • 改葬許可証の発行:1000円ほど
    • 永代供養の費用:5万円~30万円
  • 墓じまいから永代供養にすることのメリット
    • お墓を放置しなくて済む
    • お寺にきちんと供養してもらえる
    • 次の代に迷惑をかけなくて済む
  • 墓じまいから永代供養にすることのデメリット
    • 個別に手を合わせる場所がなく、ルーツが感じづらい
    • 先祖が代々祀ってきた墓石を処分することへの罪悪感
    • 一度合葬にすると遺骨を還してもらえない
  • 遠方へのお墓参りへの考え方を変えるのも一つの方法。お墓参りを楽しいものにしたり、お墓掃除代行サービスの利用などの方法もある。
  • 永代供養にしなくても、納骨堂や樹木葬など、墓石以外で個別に手を合わせる方法もある。

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国8,700件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。