【永代供養】墓じまいアイキャッチ画像

最近、「永代供養」や「墓じまい」という言葉をよく耳にします。
あととりがいない、あるいは子や孫が遠くに住んでいる人たちにとって、両親や先祖の供養、そして自分自身の終の棲家は切実な問題です。

しかし、普段仏事に触れていない人が多いため、永代供養や墓じまいの流れ、費用、違いなどがわからないという人はたくさんいます。
この記事では、永代供養と墓じまいについて、その注意点もまじえて詳しく解説いたします。

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。

永代供養と墓じまいの違いを解説

「永代供養」と「墓じまい」という言葉を一緒に捉えている人をよく見かけますが、これらはまったく異なる意味の言葉です。

まずはそれぞれが、どのような意味の言葉なのか、その違いを解説いたします。

永代供養は供養・管理を寺院などに任せること

永代供養とは、故人や先祖の位牌や遺骨をお寺に預けて、供養を永代に渡って任せることです。
本来、両親や祖父母をはじめとするご先祖様の供養は子や孫が行うべきものなのですが、跡取りがいない世帯や何らかの事情でお墓の承継ができない人たちが永代供養を選びます。

一般的なお墓、建物の中の納骨堂、最近注目されている樹木葬でも、これらは全て埋葬の形は違えど子や孫が手を合わせて亡き人やご先祖様を供養します。
こうしたお墓を選んだとしても、いつの日かその承継が困難になった時には最終的な受け皿として永代供養をするのです。

墓じまいは今のお墓から移転・改装をすること

墓じまいとは、お墓を解体撤去することです。
ただ墓石を解体するだけではなく、中にある遺骨を別の場所に移さなければなりません。これを改葬と呼びます。

墓じまいをしたあとの供養の方法はさまさまです。

  • 解体した墓石を他の場所に引っ越しする
  • 新たに購入した墓地に新しく墓石を建立する
  • 樹木葬や納骨堂など別の形のお墓に代える
  • 永代供養にする

このように見ていただくと分かると思うのですが、決して「墓じまい=永代供養」というわけではないのです。

負担を減らして安心して供養を任せられる永代供養

永代供養は、残された人の負担を軽くしてくれます。
「負担」と言ってもさまざまなものがあり、精神的な負担、肉体的な負担、経済的な負担などが挙げられます。

精神的な負担

もしも子や孫などのあととりがいない、墓守をしてくれる人がいない、自分の死後の供養してくれる人がいない場合、大きな不安に襲われるのではないでしょうか。

最後はお寺の永代供養に任せればいいんだと、ご先祖様や自分自身の行き場が決まっているということは大きな安心につながるのです。

お寺は世代を超えてありつづけるべき施設です。
大切な両親や家族や先祖の遺骨を粗末にすることなく、永代に渡って供養してくれるでしょう。

肉体的な負担

これまで最もポピュラーな供養の方法は一般墓地へのお墓の建立でしたが、お墓掃除が負担に思われる人か多くいるようです。

また、墓地によっては階段や坂道が急であったり、お墓参りやお墓掃除も年を重ねるごとに一苦労となってしまいます。
永代供養にしたあとは自分自身の手でお墓の管理をする必要もありませんし、お寺の境内なので負担なくお参りできるでしょう。

経済的負担

永代供養は、お墓や樹木葬や納骨堂など他の供養の方法よりも費用の負担が少ないです。
一度、永代供養料を納めると基本的にはその後の経済的負担はありません。
お寺による自宅へのお参りもありませんし、墓石の修繕やメンテナンスも不要です。

永代供養と墓じまいにかかる費用は安くても50万円

永代供養と墓じまい行うためにはさまざまな費用が必要となります。
ひとつずつ詳しくご説明いたします。

寺院の魂抜きの費用

墓石を撤去するためにはまずお寺様に魂抜きをしてもらわなければなりません。
というのも、魂抜きをしていない墓石だと、どんな石材店でも工事してくれないでしょう。
墓石の中に仏さまやご先祖様の魂が宿っていると考えられているからです。

中には魂抜きをせずに墓石の解体に応じる業者もあるかもしれませんが、賢明ではないでしょう。
きちんと対応してくれる石材店に依頼することをおすすめします。
魂抜きのお布施の一般的な相場は3万円から5万円程度。

ただしお寺との付き合いや地域性によって費用が異なります。詳しくやお寺の住職や地域の石材店に尋ねてみましょう。

檀家をやめる場合の離檀の費用

もしもお墓がお寺の境内にあり、墓じまいをすることで檀家を辞めなければならなくなった場合、離檀料を請求されるかもしれません。

離檀料の是非は賛否両論で、お寺に渡す必要はないという意見もありますが、長年その家のご先祖様も祀られてきたお寺です。
お寺との関係性や地域の習慣から判断しましょう。

一般的な相場は10万円から20万円ぐらいからと言われていますが、これも確たる根拠があるわけではありません。
離檀料を不要とする寺院もあれば、高額な費用を請求するところもあるようです。

石材店に支払う撤去工事の費用

墓地での作業は石材店に依頼します。
墓石を解体撤去するだけではなく、墓地を整地化しなければなりませんし、解体した石材は産業廃棄物として許認可を受けた専門処理業者に出さならず、これら諸々の作業を石材店が請け負うわけです。

平均的な相場は30万円前後でしょう。
一般的には墓地の面積1平方メートルあたり10万円から15万円程度と言われており、墓地の状況、石碑の数などによって費用が大きく変わる可能性があります。
石材店と一緒に現地に出向き、見積金額を出してもらいましょう。

永代供養のための費用

新たに永代供養してもらうお寺には、遺骨や位牌を預ける時に永代供養料を納めます。
遺骨は永代供養塔や合祀墓などに納骨されますが、遺骨の預かり方や供養の仕方によって料金も異なります。

合祀だけをする場合

合祀とは他の人と同じ場所に遺骨を埋葬することです。個別の供養も行われないために最も費用を安く抑える方法です。
相場は3万円から10万円程度でしょう。

一定期間個別に供養をしてもらう

いきなり合祀にするのではなく、骨壷を安置して一定期間個別に供養してもらうことも可能です。遺骨は永代供養塔の内部やお寺の本堂などで祀られます。
年に数回の法要や故人様の命日に読経を上げてもらうなど、その方法はお寺によってさまざまでしょう。
費用の相場は20万円から30万円。霊標への戒名の彫刻費などもろもろの雑費を永代供養料に含んでいるお寺と、別途請求するお寺があるので事前に確認しておきましょう。

戒名を授けてもらう場合

新たに戒名を授けてもらいたい場合は、戒名料をお寺に包みます。
頂く戒名の名前によって費用が異なると言われており、一般的な相場では「信士」「信女」で20万円から40万円、「居士」「大姉」の場合で40万円から60万円と言われています。

墓じまいをして永代供養を選ぶ人が多い理由

「墓じまい」という言葉がマスコミや世間を賑わせて久しいですが、なぜこれだけ多くの人が墓じまいを選び、あるいは検討しているのでしょうか。
またその後の供養方法として永代供養が選ばれている理由はどこにあるのでしょうか。

あととりがいない

永代供養そのものは、ここ最近に始まったものではなく古くから行われてきました。
檀家の中であととりがなく、家が絶えてしまうところの供養は菩提寺が引き受けました。

しかし昨今はその数が急増していると言えます。
生涯未婚の人や離婚をする人の数が増えています。
そのうえ、少子高齢化により子供の数も減り、子の世代が親の世代の供養を手厚くできなくなっているのです。

子や孫が故郷を離れて戻って来ない

子や孫がいても故郷に戻ってこないという実情、あるいは迷惑をかけたくないという親側の心情もあります。
大学の進学で都会に出たり、仕事の関係で海外で暮らしたりということが当たり前の時代です。

昔は親子が同じ土地で生まれ同じ土地でなくなっていくということもしばしば見られましたが、最近では別々の場所で暮らすということが一般化しています。
故郷の土地に埋葬されることを希望する親と、なかなかお墓参りに行けない子供がいる場合、菩提寺に永代供養として預かってもらうということもあるでしょう。

費用を安く抑えたい

永代供養を選ぶと供養にかける費用を最も安く抑えることができます。
一般墓地にお墓を建てようとすると200万円から300万円近くの費用がかかると言われています。

また納骨堂も50万円から100万円、樹木葬でも同じくらいの費用がかかります。
永代供養だと、合祀のような安い方法で3万円から10万円程度、一定期間個別の供養をしてもらったとしても30万円程度で納まります。

墓じまいから永代供養までの手続きの流れ

いまあるお墓を墓じまいしてから、新たに永代供養にするまで、どのような流れで行われるのでしょうか。

一連の流れをまとめました。

永代供養先の決定

まずはどのお寺に永代供養を依頼するかを決めます。
菩提寺に永代供養をお願いする場合はその旨を住職に相談しましょう。
お寺を替えたい人、お寺とのつき合いがない人は、永代供養を受け入れてくれるお寺を探さなければなりません。

最近は宗旨宗派を問わず永代供養を受け入れてくれるお寺がたくさんあります。
インターネットなどで検索して、よさそうなお寺を見つけましょう。

お寺を決めるときは次にあげるポイントに注意します。

住職やその家族の人柄が良いか

大切な家族や先祖の供養を永代にわたって任せるわけですから、誠実で人柄の良い人に任せたいものです。
そうすることでこちら側の安心感や納得感も増すことでしょう。

宗旨宗派を問わないか

お寺の考えによっては宗旨宗派を問わないところもあれば、そのお寺の檀家や信徒のみを受け付けるというところもあります。
また、檀家や信徒としての務めを果たすことを求められるかもしれません。自分たちの家が本当にそのお寺で供養してもらえるかを事前に確認し、そのお寺でよいのか慎重に考えましょう。

アクセスは良いか

永代供養で遺骨を預けたあともお参りに行くことは可能です。お参りしやすい場所にお寺があることで、故人様やご先祖様あるいはお寺そのものが身近に感じられます。

予算

永代供養の価格設定はお寺によって異なります。自分たちの希望にあった予算かどうか確認しておきましょう。

供養の方法

遺骨を預けた後にどのように供養されるのかきちんと確認しておきましょう。
例えば遺骨の安置場所は永代供養塔の中なのか、本堂で安置されるのか、遺骨を預かってどれくらいの期間が経ったあと合祀されるのか。
また故人様のためにどれくらいの期間読経してもらえるのかなど確認しましょう。

改葬許可申請

墓じまいをすると遺骨を別の場所に移さなければなりません。
これを改葬と呼びますが、そのためには改葬元の役所から改葬許可を得なければなりません。
改葬許可を受けるためには次にあげる書類の準備が必要です。

改葬許可申請 必要書類

  • 改葬元の墓地管理者による納骨証明書
  • 改装先のお寺の住職や墓地の管理者による受入証明書
  • 役所が用意する改葬許可申請書
  • 印鑑

※自治体によって異なる場合があります。詳しくは改葬元の役所の専門窓口に確認しましょう。

寺院による魂抜き

墓石の中には仏様の魂が込められていると考えられてます。
お墓が建った時に魂入れの法要してもらうのと同じで、お墓を解体する時には魂抜きの法要をしてもらいます。
魂抜きのことを「閉眼(へいがん)供養」「遷仏(せんぶつ)法要」などとも呼びます。

お花やお供え物を飾り、線香やローソクを灯してお寺に読経をしてもらいます。
可能であればこの時にお墓の中に納められている遺骨も取り出します。

石材店による撤去工事

お寺に魂抜きをしてもらったら石材店に撤去の工事に入ってもらいます。
墓石を解体して撤去するだけではなく、墓地の土台となる巻石や外柵材も取り除きます。
さらには地盤を基礎工事していることが多いため、コンクリートを粉砕し、張り巡らされた鉄筋も処分しなければなりません。

全ての構造物を取り除いたあとはきれいに整地化して、利用していた区画は墓地の管理人に返還します。
なお解体した墓石や石材は専門の処理業者で砕石などにして再利用します。
希望があれば、竿石のみ処分ではなく無縁墓としてお寺で祀ることができます。

永代供養先への納骨

墓じまいをして取り出した遺骨は永代供養をしてもらうお寺に持って行きます。
通常、遺骨は骨壷に納めた状態でお寺に持って行きます。

ただし、骨壺から遺骨を出して埋葬していたため遺骨が幾分か土に還っていたなどの特殊なケースの場合は、どのように遺骨を取り扱うべきか事前にお寺に相談しておきましょう。
お寺に遺骨を納めると本堂で法要を執り行います。

法要当日は遺骨だけでなく、お花やお供え物や塔婆など必要なものを持参します。
永代供養は今後一切の供養をそのお寺を任せることになるとても大切な法要ですので、服装は黒の喪服を着用し、数珠を忘れないようにしましょう。

永代供養にした時のメリット・デメリット

永代供養にすることで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット:供養・管理の負担がなくなる

あととりがいない、住まいが遠い、高齢や病気。
さまざまな事情でご先祖様が継いできたお墓の維持が困難な人が増えています。
自分一人で抱え込むのではなく、無理なことをお寺に任せることによって、自分自身の供養や管理の負担がなくなります。

メリット:あととりがいなくても寺院が供養をしてくれる

死後、自分の遺骨がどうなるのか、あるいは自分が責任をもって守るべきご先祖様の遺骨はどうなるのかを思うと不安なる人もたくさんいるのではないでしょうか。
自分の力では限界のある供養をお寺に任せることで精神的な負担が軽くなります。
人の寿命は80年程度ですが、お寺は何百年、何千年と続くことを目的としています。
永代にわたって供養してもらえると分かると死後の不安も和らぐのではないでしょう。

デメリット:個々での供養感が少なくなる

供養とはあくまで気持ちの問題です。
墓じまいや永代供養は「形」としてのお墓をなくし、遺骨をお寺に預けることです。
「形」がなくなっても、「心」をなくしてはいけませんが、「形」がなくなることで供養という「心」の部分がおろそかになる可能性は十分にあります。
お寺に預けたからもう自分たちは何もしなくていいという心理に陥りがちです。

永代供養の霊園・お寺を探す時の注意点

永代供養を受けつける霊園やお寺がたくさんある中で、どのようなところに依頼すればいいのでしょうか。
よりよい永代供養ができるために、永代供養先を探す時の注意点をまとめました。

個別型または合祀型かの確認

永代供養は今後一切の供養をお寺が引き受けてくれますが、遺骨の預かり方が主に2つあります。

  • 一定期間は個別に供養して、その後合祀する
  • 遺骨を預かってすぐに合祀する

少しでも手厚い供養を希望するのであれば前者ですし、費用を安く抑えたいのであれば後者です。
また、事情が変わって万が一、遺骨を返してもらいたいとなった時、合祀をしてしまっていたら返骨が不可能なので充分に気をつけましょう。

親戚など身内での同意の有無

お墓は家族だけのものであると同時に誰もがお参りできるための場所でもあります。
墓じまいをして永代供養にするのであれば、必ず事前に親戚などに連絡をしておきましょう。
のちのトラブルに発展しかねません。

浄土真宗では永代供養の考えがない

浄土真宗では厳密には「永代供養」という考えがありません。
人は亡くなると、どんな悪人でも阿弥陀如来の力で極楽浄土に往生できると考えられているからです。
ですから、遺された遺族が死者を救済するための追善供養をする必要がありません。

似たような言葉に「永代経」というものがあります。
これは永代に渡ってお経を読み、仏様のみ教えを学ぶことを目的としているもので、死者供養とは意味合いが異なります。
ただし、実際には「永代供養」という言葉を用いて、納骨堂や永代供養墓の利用者を募っている浄土真宗寺院はたくさんあります。

永代供養に悩んだら納骨堂の検討もおすすめ

永代供養は、供養の主体が自分たちからお寺に移り変わることを意味します。
供養とはあくまでも生きている人が亡き人を想うこと、子が親やご先祖様を想うこと、そうした想いや心を儀式化、慣習化したものです。
だからこそ「楽で安い」という理由だけで、供養を簡単にお寺に任せようと考えてしまうのであれば、それは大変危険です。

もしもお墓の維持が困難であるならば、墓じまいをして、まずはお寺の納骨堂にお祀りするという方法もあります。
納骨堂であれば供養をお寺に任すのではなく、自分たちが主体となって行える上、最終的にどうしても自分たちで供養ができなくなった時、そのお寺にそのまま永代供養をお願いすることもできるでしょう。
ですから、まずは自分たちの手で無理や負担なく大切なご先祖様を供養できる方法を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 では最後にこの記事のポイント箇条書きでまとめます。

  • 永代供養とは、故人や先祖の位牌や遺骨をお寺に預けて、供養を永代に渡って任せること
  • 墓じまいとは、お墓を解体撤去すること
  • 改葬とは、遺骨を別の場所に移すこと
  • 永代供養は、精神的負担、肉体的負担、経済的負担を軽くしてくれる
  • 永代供養と墓じまいにかかる費用は安くても50万円
    • 魂抜きは3~5万円
    • 離檀料は10万円~20万円
    • 撤去工事は30万円程度(面積やお墓の数などによって大きく変わる)
    • 永代供養は3万円~30万円
    • 戒名料は20万円から(必要な場合のみ)
  • 墓じまいが多い理由
    • あととりがいないため
    • 子や孫が遠くに住んでいるため
    • 供養に費用をかけたくないためなど
  • 墓じまいから永代供養までの流れは、【永代供養先を決める】→【改葬許可申請】→【寺院による魂抜き】→【石材店の工事】→【永代供養先への納骨】という順に進んでいく。
  • 永代供養をしてもらう寺院選ぶには、住職の人柄や、宗旨宗派、アクセス、予算、供養の方法を確認しておく
  • 永代供養のメリットは負担の軽減、デメリットは供養の想いの減少
  • 永代供養は、個別供養か合祀かを確認しておく
  • トラブル防止のためにも身内にも同意を得ておく
  • 永代供養に悩んだら、まずは納骨堂に納めるという選択肢も。元気なうちはなるべく自分たちが手を合わせるべき

墓じまいを検討されている方

  • 墓じまいはどこに相談するのかわからない
  • 複雑な事務手続きをやりたくない
  • 墓じまいにいくら必要なのか知りたい

墓じまいを何度も経験したことがあるという方は少ないため、不安に感じる方もいるかと思います。
また、今あるお墓を片付けることに抵抗感がある方もいるかもしれません。
しかし、大切なのはお墓をきちんと片付け、あとの供養に繋げていくことです。

ライフドットでは、墓じまいの複雑な事務手続きの代行、新しい墓地・霊園への引越しの提案までサポートします。
墓じまいで悩まれている方は、まず一度ライフドットにお問い合わせください。