ペットのお墓の選び方がわかる~種類や場所について解説~

スポンサーリンク

「可愛いがっていたペットが突然亡くなってしまった。」「ペットが病気にかかってしまい、もしかしたら…ということがあるかもしれない。」ペットを飼う人が増える一方で、命の終わりに立ち会う人も増えてきています。

なかには、家族の一員として一緒に暮らしてきたペットが亡くなったので、人間と同様にお墓を建てようと考えている方も多いのではないでしょうか。

  • 「ペット用のお墓はどこに頼めばいい?」
  • 「ペットのお墓を建てる場所ってどうやって決めたらいいんだろう?」

人間のお墓と違って情報がまだまだ少ないペットのお墓について疑問に思うことは多いと思います。この記事では、あまり知られていなかったペットのお墓に関する情報をまとめております。

ペット用のお墓に関する情報や、その他供養法のご紹介、最近のペットのお墓に関する情報をまとめております。愛するペットが安らかに眠れるように、この記事を参考に素敵なお墓を見つけてください。

ペットのお墓は庭にも建てられる

【ペットを家族だと思う人が増え、ペット供養のニーズが増えている】

人が亡くなると、その遺骨を土に還してあげたいと思うのと同じように、ペットの遺骨も土に還してあげたいと想う人がたいへん増えています。

なぜなら、昨今のペットブームで、ペットを家族として受け入れる人がたくさんいるからです。

人の埋葬の場合、「墓地・埋葬などに関する法律」により、埋葬地やその方法についての規制があるのですが、 ペットの死体は法律上「廃棄物」として扱われます。 ですから、ひと昔前は、土の中に埋めたり、あるいは保健所に引き取りに来てもらっていたものを、最近ではペットの葬儀、やペット霊園を求める人が大変多くいます。

ペットの供養をがこれだけニーズがあるということは、それだけペットが大事な家族として存在していることを表しているからに違いありません。

【庭にも建てることができるペットのお墓】

ペットの埋葬に関しては、それを定める法律がありません。だからこそ、ペットのお墓は自宅の敷地内に設けることもできるのです。

業者が経営するペット霊園に埋葬する方法、または私有地に埋葬する方法があります。

ここではさまざまな埋葬の方法についての情報を順にまとめました。私有地への埋葬について知りたい方は、4章 「自分でお墓を建てる方法」へとお進みください。

ペット火葬やお墓は、公営か民営かで特色が異なる

ペットの火葬や埋葬に明確な法規制はありません。そのため、火葬や埋葬など、行政サービスとして公営斎場や墓地で受け入れてくれるものもあれば、民間業者のサービスもあります。ここでは、公営と民営のそれぞれの特色を見ていきます。

公営の斎場や霊園のサービスはそこまで充実していない

公営斎場によるペット火葬 できる自治体、できない自治体

全国的に見ても、公営斎場、つまり役所のペット供養や埋葬に対しての意識はあまり高いものとは言えません。
さきほども触れたように、法律上、ペットの死骸があくまでも「廃棄物」であるために、供養の対象であるという意識にまで高まらないのが現状でしょう。

公営斎場では、ペット火葬を受け付けてくれる火葬場と、そうでないところがあります。
たとえば東京都心で6カ所の火葬場を経営する東京博善民間企業ですが、公共インフラ的役割を担っているために実質的な公斎場ではペット火葬を受け付けてくれません。

港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区の共同事業である臨海斎場でも、ペット供養は受け付けてくれないのです。 全国的に見れば、地方はペットの火葬を受け付けてくれるところもあります。

公営霊園によるペットの埋葬はほとんどが合同供養

ペットの埋葬にも、個別墓、集合墓合同納骨など、さまざまですが、公営霊園が設けているペット供養施設のほとんどは集合墓、つまりは合同供養です。個別にお墓を建てたいのであれば、ペット専用の霊園を探すのがよいでしょう。

独自サービスが豊富な民営の霊園から選ぶ

行政に比べて、民間業者ではさまざまなサービスが展開されていて、これは全国的な傾向です。

民間業者によるペット火葬は火葬施設と移動火葬車がある

ペット火葬にもいくつかの方法があります。

【火葬施設への持ち込み】

火葬施設を保有している業者や霊園にペットの遺体を持ち込んで火葬する方法です。個別火葬と合同火葬があるので気をつけましょう。

個別火葬の場合は、1匹のペットに対して火葬が行われ、原則収骨ができます。合同火葬の場合は、複数のペットの火葬を同時に行うので、収骨ができません。

【移動火葬車による火葬】

ペット火葬のもうつの方法は、移動火葬車による火葬です。火葬炉を搭載した車で巡回します。これにもいくつかのパターンがあるようです。

  • 合同火葬 遺体の引き取りのみ。火葬は複数のペットと合同で行われ、遺骨は返ってこない。
  • 一任火葬 個別火葬を一任するので、預けた後は業者任せになる。
  • 個別火葬 個別火葬に立ち会いする。収骨もできる。

民間業者によるペットの埋葬は個別埋葬か合同埋葬がある

【合同供養塔 無料~1万円】

合同供養とは、複数のペットとともに埋葬する方法です。人間でいうところの集合墓への永代供養と考えればよいでしょう。

費用は無料から一万円程度です。無料というのは、ペット霊園で併設された火葬場で火葬を行った場合、埋葬の費用も含まれていることがあるからです。墓碑や名板プレートなどに名前を刻印する場合はその費用も必要となるかもしれません。

【個別埋葬 お墓を建てる 10万円〜数十万円】

個別のお墓を建てるには、墓地を取得して、石碑を作らなければなりません。そのため費用はどうしても高価になります。また、年間管理料も必要となるでしょう。

【人のお墓に一緒に入る 100万円以上】

人間の入るお墓に一緒に埋葬するというスタイルが登場しています。

仏教的な考えでは、「畜生道」に位置する動物と人間が同じ墓に入ると供養できないと言われているために、いまでも人間と動物の供養は分けてすることが多いです。

ただ、最近では「ペットと一緒に入れる」といううたい文句で墓地を売り出している業者も出てきています。一般的なお墓を建てるために、費用は100万円近く、あるいはそれ以上かかるでしょう。

民間の動物霊園にお墓を建てる流れ

民間の動物霊園にお墓を建てる場合は以下のような流れで進めていきます。

  1. 墓地の選定
  2. 墓石の決定
  3. 彫刻デザインなどの打ち合わせ
  4. 建墓・納骨

安心できる業者を選ぶ方法

大事なペットの最後を預ける業者です。誠実で良心的な業者にお願いしたいとは誰もが思うこと。その参考にあれば幸いです。

筆者おすすめペット火葬の専門業者を選ぶポイント

【必ず複数社と比較検討】

これはペット葬儀に限りません。かならず複数社を比較検討しましょう。費用が高い安いだけでなく、電話対応がしっかりなされているか、スタッフに誠実さが感じられるかなどで会社を見極めましょう。

【会社情報が明確か】

移動火葬の業者の場合、会社情報や連絡先が明確かを確認しましょう。

【料金体系が明瞭か】

メディアなどでは、法規制のないペット供養の市場に悪徳業者が参入して法外な金額を請求したなどのトラブルを報じています。料金体系が明瞭で、支払い方法などもきちんと明示してくれるかをチェックしましょう。

【地域や知人の評判】

実績のある業者であれば必ずや地域での評判が聞こえてきます。また、知人でペット供養をされたことがある人がもしあれば、相談してみましょう。

筆者おすすめペット霊園を選ぶポイント

【お参りのしやすさ】

行きたい時にお参りに行けるかどうかは大切なポイントです。家からの距離、アクセスのしやすさなどを考慮しましょう。

【雰囲気】

明るく開けた場所か。大事なペットが安心して眠ることができる場所か。お参りしたくなるような雰囲気かどうかを考えましょう。

【費用】

相場に対して高いか安いか。あるいは自分たちの予算と照らし合わせて考えましょう。

自分でお墓を建てる方法

私有地にペットのお墓をつくって埋葬するという方法もあります。費用がかからないだけでなく、ペットを身近に感じることができます。ただし、いくつか注意点もあるので、充分に気をつけましょう。

ペットのお墓は私有地に立てても問題ない

法的に「廃棄物」として扱われるペットの遺体の処理方法の1つとして、私有地への埋葬が認められています。埋葬地の上に石碑などを置いて、お墓とすることもできます。

お墓を建てるときの注意点

  • 穴はなるべく深く掘りましょう、悪臭などの可能性もゼロではないためです。
  • まず火葬にしましょう。というのは、遺体は何十年もかけてゆっくりと土に還ります。2〜30年経った人間の焼骨火葬済みの遺骨ですら、土に還らずに残っていることがあります。土葬の遺体であればなおさらです。
  • 石碑などを見て、近隣の人が嫌悪感を示すことがありますので、充分に配慮しましょう。

人気なペット用のお墓の種類

ペットのお墓は、一般的なお墓の形の石塔型、自由なデザインのモニュメント型、プレートに文字や図柄を彫刻するプレート型などがあります。

ペット用のお墓は販売店か通販で買える

ペット用のお墓は、販売店やネット通販で買うことができます。さまざまな種類のものが販売されています。また、既製品ではなく、オリジナルのものをデザインしたのであれば、石材店に相談しましょう。

実際にお墓を作る流れ

お墓を作る流れはとてもシンプルです。

  1. 土を掘ります。なるべく深く掘りましょう。
  2. ペットの遺体、あるいは焼骨を納めます。
  3. 土を埋め戻します。土が固く締まるようにしっかりと埋めましょう。
  4. 埋葬した場所に石塔などを据え置きます。

おすすめの素材

野外のお墓であれば、やはり石です。天然資源の中でもっとも堅牢で、雨や風にも耐えうるのが石です。石は永遠性の象徴でもあり、人間も死者の供養の際に石を用いてきました。土の中に眠るペットのことを永きに渡って守ってくれることでしょう。

墓の建て方

土を埋め戻した上にお墓を置きましょう。ペットのお墓の場合、成人男性で充分に持てる重さです。ただし、それなりの重量があるために、土はしっかりと埋め戻し、お墓を置いて沈まないようにしましょう。

家族と一緒に入る埋葬方法もある

人間のお墓にペットの遺骨を入れることは控えるように促されています。なぜならば、人間と動物が1つのお墓に入ることは仏教的にも避けられているからです。また、近隣のお墓の所有者が気にするという面もあるでしょう。人知れず、お墓の中に入れてしまえば分からないのですが、そこは家族の判断によります。

民間霊園では、動物と一緒に埋葬するため専用の区画を設けている所もあります。こういう所では気兼ねなく埋葬することができます。

実際にかかる費用は人のお墓と同じ150万円~300万円

お墓の相場が150万円〜300万円と言われているので、同等の費用が必要でしょう。

お墓を建てるときの注意点

さきほど触れたように、一般の霊園では人間と動物が同じお墓に入ることは敬遠されています。お墓にペットの名前を彫刻したり、肉球などのデザインを刻んだりするのは控えましょう。 もし希望するのであれば、ペット用のモニュメントを墓域内に作るという方法です。各霊園の利用規約に沿って執り行いましょう。

お墓に入れる以外のペット供養法

ペットの供養は、お墓を建てる以外にもさまざまな方法があります。

手元供養でいつでも一緒

ペット用の手元供養用品も多数販売されています。ミニ骨壺、ミニ仏壇、レーザー彫刻できるクリスタル、遺骨を収めることのできるペンダント、そのほかペット用のローソクや線香もあります。 専門店はネット通販で購入できます。

散骨で自然に還す

海などへの散骨という方法もあります。ただし、必ず火葬にしてから散骨しましょう。遺体のまま私有地以外の埋葬することは廃棄物の不法投棄になります。

まとめ

ペット供養は、世の中のニーズに対して行政の対応が追いついてないというのが現状です。これからガイドラインの策定や法整備がなされていくことが予想されますが、現在はさまざまな業者や商品が乱立していると言えるでしょ。大切な家族の供養です。飼い主様が、きちんと業者を見極める必要があります。

  • 公営斎場ではペット火葬を受け付けないところがある。
  • 公営霊園のほとんどは合同供養の施設敷かない。
  • 民間業者による火葬は、固定炉か移動火葬車があり、立ち会いの有無が選択できる。
  • 合同供養の埋葬は無料〜万円程度。
  • お墓を建てて個別埋葬の場合は10万円〜数十万円。
  • 人と一緒に入れるお墓もある。
  • 供養の業者や霊園は、複数を比較して安心できる業者に依頼する。
  • 私有地に埋葬、建墓ができるが、悪臭や見栄えなど、近隣の人たちに配慮する。
  • ペット供養の商品お墓や手元供養などは専門店やネット通販で購入できる。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加