お墓がいらない⁉お墓を建てる意味や目的を解説

スポンサーリンク
お墓に手を合わせる女性

ライフスタイルの変化で、お墓を持たないという選択する人が増えています。
でも、本当にお墓がなくてもいいのかと、不安に思う人もたくさんいます。

反面、お墓があることが負担に感じられる人が多くいるのも事実です。
私たちの古い先祖たちは、亡くなった人や遺された自分自身が幸せになるためにお墓を建てて、手厚く供養をしてきました。

いま、そのお墓の存在意義が曲がり角を迎えています。
この記事では、お墓を持つべきなのか、そうでないのかを、客観的かつ公平に、そしてまじめに考えました。
参考になれば、幸いです。

お墓を建てる意味や目的とは

日本の一般的な供養法では、亡くなった人の遺体は火葬し、供養のために石塔を建て、遺骨はその地下に埋葬します。
最近では、室内墓(納骨堂)や樹木葬などの新しい葬法も登場していますが、それでも大多数の人は石塔を建てるタイプのお墓への埋葬を選びます。

やはり、日本人には石塔のお墓が一番なじみ深いのでしょう。
日本の場合は、埋葬した場所に石塔を建てて、これをお墓として、定期的にお墓参りするのが、スタンダードな供養の方法です。

その意味や目的について、具体的に考えてみましょう。

物理的な理由:遺体や遺骨を守るために石を置いた

昔から、人々は亡くなった人を埋葬し、その場に石塔を建てました。
しかし、土葬をしても、その中に遺体が埋められていることを獣たちはその嗅覚で嗅ぎ付けて、すぐに掘り返してしまいます。

遺体の処理は、公衆衛生の面から考えてもとても切実な問題です。
見た印象、そして臭いから私たちに嫌悪感を催しますし、疫病の原因にもなりかねません。

獣たちが遺体を掘り返さないために、大きな自然石を置いたのが、墓石の原点ではないだろうかと言われています。
やがて、石が置いてある場所には死者が眠っていると認識されます。

これに石工の技術の進化が伴って、墓石が形作られていったのだと思われます。

供養的な理由:「九相図」に描かれる遺体の朽ちていく様子と石塔

獣が墓地を荒らす心配がないのに石塔を置く例もあります。
鎌倉時代から江戸時代に制作された「九相図」という仏教絵画を見ると、お墓を建てるのは遺体を守るためではなく、純粋に供養のためだということが分かります。

この絵画は、きれいなお姫様が息を引き取ってから、腐敗、白骨化し、最後は土に還っていく様が9つの様相に分けて描かれています。

9つの内の6番目が「噉相(たんそう)」と呼ばれ、遺体を鳥獣が食い荒らすさまが描かれているのです。
つまり、死者が土に還っていく過程として、獣に荒らされるのが必要だったのでしょう。

その後、土に還ったその場所に石塔が置かれるのです。
もはや、物理的に獣が掘り返しにくる心配がないのに石塔を建てるのは、死者を供養するためにほかなりません。

※「九相図」と検索してみるとその画像を閲覧できます。ただし生々しい描写が苦手な方はおすすめしません。

お墓は、死者の冥福と生者の幸福を祈る場所

お墓は、亡くなった人の遺骨を埋葬して供養する場所です。
これ自体は多くの人は異論などないでしょう。

と、同時に筆者が思うのは、お墓参りする私たち自身の幸福をも祈る場所なのではないかということです。
お墓参りをして、石塔をきれいに掃除して、手を合わすと、どこか晴れやかな気持ちにならないでしょうか。

ご先祖様の冥福を祈るということは、自分たちの幸せを祈ることでもあります。
いつもご先祖様と一緒にいる、という日本人の死生観が、いまのお墓参りの文化を生んでいるのです。

大切な人の存在がこの世から亡くなったとしても、その人とのつながりまでもが消えてなくなるわけではありません。
記憶や、思い出や、情念の中で、その人とつながり続けるのです。

お墓参りに行くと、その中に眠る人に語りかけるという人、たくさんいるのではないでしょうか。
人間は、亡き人を内に抱えて生きる生き物だと、筆者は思います。
大事な人を忘れないために、日本人はお墓を建ててきたのです。

墓石が選ばれる理由は、ずっとそこにい続けるから

お墓に石が用いられてきた理由は、石がどんな自然物よりも、耐久性、堅牢性ですぐれているからです。
雨風にさらされても、土に埋もれても、石は消えてなくなりません。

長く、強く、その場にい続けてくれるのです。
お墓では、両親、祖父母と続いていく、ご先祖様を祀ります。

ということは、人間よりも長くそこにい続けられるものがシンボルでなければならないのです。
何世代も続く命の連続性を見守ってくれるものとして、なによりも最適なのが、石だったのです。

死者の供養の方法は風土や文化によって異なります。
日本では、仏教が伝来する以前から先祖からつながる命の連続性を大切にしました。
先祖祭祀の死生観のシンボルとして、世代を超えてそこにい続けられる石が最適だったのでしょう。

ちなみに、インドでは火葬にした遺骨は川に流します。
これは、輪廻転生という死生観を持つインド人が、仮の姿である人間の身体に執着しないためです。

また、チベットでは遺体を鳥に食べさせます。
チベットは高地で、火葬をするほど薪もなければ、土葬にするには土壌が固いためです。
風土や文化が変わると、死者の埋葬の方法もさまざまなのです。

墓石を用いないお墓もある

多くの人は、お墓と聞くと石塔を連想しますよね。
しかし、厳密にお墓とは、遺体や遺骨を埋葬した場所のことを指します。

古くは、土まんじゅうのように盛土された場所も、塔婆(とうば:戒名などを書いた木の板)が一本立てられただけの場所もあり、そこも立派なお墓でした。

最近で言うならば、納骨堂という建物の中の埋蔵施設もお墓に分類されますし、樹木葬のように墓標を木にしたものも、お墓に含まれます。

お墓がいらないと考えている人に考えてほしいこと

お墓、ここでは石塔のことをお墓と呼びます。
最近、お墓がいらないと考える人が増えているのは、従来のお墓のあり方が新しい時代にマッチしていないからです。

お墓は、先祖祭祀という世代を超えるつながりの象徴でしたが、その威力は「土地」に根差すからこそ発揮しました。
同じ場所に生まれ、同じ場所に死ぬ。それを血族が世代を超えて続けていく。

血族のつながりのシンボルこそが、石塔で作られたお墓だったのです。
現代では、親と子と孫が別々の地域に住むのが珍しくない時代です。

固くて、重くて、堅牢な石は、ずっとそこにい続けることに価値があったのですが、
人間のライフスタイルそのものがずっとそこにい続けなくなってしまっています。

それでも私たちは、自分のルーツを感じたくなり、亡き祖父母や親の存在を感じていたいと思ってしまう生き物です。
そんな時に立ち返られる場所こそが、お墓なのです。
現代の暮らしに、従来のお墓はそぐわないのかもしれません。

しかし同時に、永代供養や樹木葬や散骨といった新しい葬法が、人間の根源的な欲求、
つまり自分の家族やご先祖様に会いたいと欲求を満たしてくれているかというと、疑問が残るところでしょう。

少なくとも「楽に」「安く」済まそうとする発想からお墓を敬遠するのであれば、それは大変危険でしょう。
ただ、遺骨の処理のための埋葬ではなく、その後も故人や先祖とのつながりを感じられる方法を、ぜひとも考えて頂きたいです。

現在増えているお墓に関する問題

現代社会にとって従来のお墓のどのような点が問題となっているのでしょうか。
その問題点をテーマ別にまとめました。

お墓を継ぐ人がいない家庭が増えている

ここ数年、お墓を継ぐ人がいない家庭が増えており、お墓の維持が大きな負担になっています。
これまでお墓は、世代を超えた家族や先祖とのつながりの場所でした。

石は硬くて強く、いつまでもそこにい続けられますから、それこそがお墓の価値でした。
しかし、社会の状況は変化しており、核家族化はさらに進行し、少子高齢化も進み、
子が親の世代を支えるには大きな負担がのしかかる人口構造になっています。

しかも、進学や就職などで生まれた土地を離れて人生を歩むのが当たり前の時代です。
さらに、単身者世帯や生涯未婚率は年々上昇しており、結婚しない、子どもを持たないという選択をする人も増えています。

決して、親や先祖をないがしろにしているわけではなく、石塔でできたお墓が現実の生活の中で負担になっているのが、昨今の墓離れの大きな要因でしょう。

家族が遠方に住んでいるためお墓の維持が困難

家族はいるのだけれど、親と子と孫が別々の地域に住んでいる場合、
同じ場所にい続けるお墓が逆に厄介に感じられることもあるでしょう。

お墓参りに満足に行けないために、
お墓が荒れ放題になっているのを心苦しく思っている人もたくさんいるのではないでしょうか。

会社の転勤などで、次にどの土地に住むか定まっていない人もおり、
お墓を建てたはいいがお参りができないというケースが相次いでいるようです。

お墓は引っ越しできますが、いまあるお墓を入念にして解体して、
新しい墓地に納まるように石材を加工して設置するので、それなりの費用がかかってしまいます。

管理料などの費用が負担になっている

多くの墓地では利用者に管理料を求めます。
集まられた管理料は、墓地内の共益部分の管理や清掃などに使われます。

相場は、年間数千円、高い所でも1~2万円くらいでしょう。
しかし、この管理料を負担に感じる人もいるようです。

お墓を建てるときのメリット・デメリット

これまで当たり前のように、遺骨の供養にお墓を建ててきましたが、
ここでお墓を建てることで得られるメリットやデメリットについても考え直してみましょう。

お墓を建てることで得られるメリット

強調したいメリットポイント

  • 個別に祈る場所がある
    お墓は祈りの場所です。しかも、誰かと共有のものではなく自分たち家族の個別のものです。
    中に入っている人たちも自分たちのご先祖様です。

    ご先祖様や家族に会いたい時や、自分の気持ちが落ち着かない時。
    悩みや不安があって、なにか大きなものに祈りたい時。

    そうした時に、誰のものでもなく、自分たちだけの祈りの場が、お墓です。
    親が子を助けるように、ご先祖様は必ず子孫を受け入れてくれるでしょう。

    日本人は、神や仏といった概念的な神仏だけでなく、
    かつてのこの世界に確実に生きた自分たちのご先祖様にも手を合わせてきたのです。

  • 遺骨を安心して埋葬できる
    お墓を建てることで家族の遺骨を安心して埋葬できます。
    葬儀後、遺骨の処遇を巡って心が落ち着かないという人が実にたくさんいます。

    「遺骨が自宅にあるうちはなぜか心が落ち着かない」
    「納骨堂に遺骨を預けたけれど、土に還さなくてもよいのだろうか」
    きちんと土の中に埋葬して、供養のための石塔を建てることで、遺された人たちは安心できるのかもしれません。

  • 先祖代々のつながりを感じられる
    お墓には先祖代々の遺骨を埋葬します。
    また、その中に遺骨が入ってなくても、
    私たちはかつてこの世界に生きた人たちのつながりのおかげで、いまここにいます。
    お墓には先祖代々の名前を刻みます。
    お墓参りをすることで、私たちは先祖や自分たちのルーツを感じることができ、この世に生きることを感謝します。

お墓を建てることで考えられるデメリット

お墓を建てることで、維持をするためのメンテナンスなどの負担が増えます。
考えられるデメリットは、大きく分けて3点です。

  • 跡取りがいない場合に、お墓の維持が困難
  • お墓が遠方にあると荒れがちになってしまう
  • 他の方法に比べて、費用がかかる

それぞれのデメリットについて、詳しく解説いたします。

跡取りがいない場合に、お墓の維持が困難

子や孫がいればなんら問題ありません。
しかし、昨今は単身者世帯が増加し、結婚はするものの子供を作らない選択をする夫婦も増えています。

あとを見てくれる人がいないと、お墓ゆくゆくは無縁墓になってしまします。
すでに親や先祖が建てたお墓がある場合、墓じまいを検討しなければなりませんし、これからお墓を考える人の場合は、永代供養を前提として供養の方法を考えることになるでしょう。

お墓が遠方にあると荒れがちになってしまう

住んでいる場所とお墓が離れていると、なかなか満足にお墓参りできません。
お墓参りが疎遠になってしまうと、墓地内は雑草が生え、荒れてしまいます。
そのことが気がかりになってしまうと、逆にお墓の存在が負担に感じられるようになってしまうでしょう。

他の方法に比べて、費用がかかる

お墓を建てるためには、墓地を取得して墓石を建立しなければなりません。
墓石の建立までにかかる費用は200万円から300万円もかかると言われています。

最近では、樹木葬や、室内墓や、永代供養など、さまざまな供養の方法が登場しています。
これらと比べても、お墓の建立は群を抜いて費用がかかってしまうのです。

お墓を放置することで考えられる問題

いまあるお墓をずっと放置していると、当然のことながら墓域内が荒れてしまいます。
雑草が生えて覆い茂り、隣のお墓にも迷惑がかかってしまいます。

「管理費の支払いがない。」「利用者や家族と連絡が取れない。」

などの状況に陥ってしまうと、墓地の管理者側は、このお墓を「無縁墓」として改葬の手続きに入ります。
無縁墓の改葬は、次のような手順でなされます。

  1. 官報で、無縁墓の撤去を報告する(1回掲載すればよしとされている)
  2. 墓地に立て札を掲げ、1年間縁故者や承継の権利を有する人からの連絡を待つ
  3. 期日までに連絡がなければ無縁墓として改葬

遺骨はしかるべき場所に合葬され、墓石は撤去されるでしょう。
もしも何も知らずに久しぶりにお墓参りしてみると、あるべきはずのお墓がなかったということも起こり得ます。

無責任にお墓を放置するのは絶対にやめましょう。
管理者や隣の人たちに迷惑になるだけでなく、お墓の中の遺骨が知らないうちに合葬されてしまっても、反論のしようがないのです。

お墓がいらない場合は速やかに墓じまいをする

お墓がいらない場合は、速やかに墓じまいをしましょう。

墓じまいとは、お墓を撤去すること

墓じまいとは、不要となった墓石を解体撤去し、墓地を管理者に返還し、遺骨を他の場所に移すことです。
墓じまいは、大きく分けて3つの項目に分けることができます。

1.墓石の解体撤去

墓石の解体撤去は、石材店に依頼します。きちんと整地化までしてくれるでしょう。
また、解体工事に入る前には、必ず寺院に依頼して性根抜きをしてもらいましょう。

2.墓地の返還

墓地は利用者のものではなく、管理者のものです。
墓地の取得とはあくまでも「使用権」の取得であり、不要となったら管理者に返還しなければなりません。
まちがっても、転売や譲渡などしないようにしましょう。

3.遺骨を他の場所に移す

お墓の中に埋蔵されている遺骨を取り出して、他の場所に移します。
そのため、解体工事までには、新しい遺骨の受け入れ先を決めた上で、会葬の手続きを済ませておきましょう。

墓じまいの流れ

墓じまいは次のような流れで行います。

  1. 新しい遺骨の受け入れ先を決める
  2. 墓地の管理者に墓じまいを相談する
  3. 改葬の手続きをする
  4. 石材店と墓じまい工事の契約を交わす
  5. 寺院に性根抜きをしてもらう
  • 新しい遺骨の受け入れ先を決める
    遺骨の受け入れ先は、お墓だけでなく、永代供養、納骨堂、樹木葬などさまざまな施設があります。
    自分たちのライフスタイルや死生観としっかりと向き合って選択しましょう。

  • 墓地の管理者に墓じまいを相談する
    いまあるお墓の墓地の管理者に墓じまいをしたい旨を伝えましょう。
    必要な手続きなどについて教えてもらえるでしょう。
    また、墓地が寺院の境内墓地にある場合、墓じまいはそのまま離檀にもなり得ます。
    寺院にきちんと理由や事情を伝えましょう。

  • 改葬の手続きをする
    改葬(遺骨の引っ越し)のためには、いまある墓地の役所から改葬許可をもらわなければなりません。
    役所に相談に出向き、必要書類をまとめましょう。

  • 石材店と墓じまい工事の契約を交わす
    墓じまいをしてもらう石材店を決めます。墓地によっては業者が指定されていることもあります。

  • 寺院に性根抜きをしてもらう
    解体工事の前には、必ず寺院に性根抜きをしてもらいましょう。
  • 遺骨を取り出す
    遺骨の取り出しは、性根抜きの時や、解体工事の時など、状況によって異なります。

  • 解体撤去工事の着工
    解体工事そのものは業者に任せましょう。外柵が残っていてもいいのか、
    それとも完全に整地化するべきなのか、事前に管理者に確認の上、業者に指示しましょう。

  • 管理者に墓地を返還する
    工事が済んだら管理者に墓地の返還手続きをします。

  • 遺骨を新しい受け入れ先へ納骨する
    納骨の際は改葬許可証が必要です。遺骨と一緒に差し出しましょう。

お墓を建てずに供養する方法

遺骨の供養はお墓への納骨だけではありません。
ここでは、お墓以外の遺骨の供養の方法をまとめます。

管理を寺院にお任せする永代供養

永代供養とは、先祖の供養を寺院などに委ねることです。
あととりのいない人などが永代供養を選択します。

供養期限のある墓石を建てる

期限付き墓石とは、一定期間を過ぎると墓じまいすることを前提に建てられるお墓のことです。
跡取りがおらず、いつかは途絶えてしまうけれど、お墓参りをして供養したいと考える人たちに選ばれています。

室内に遺骨を預ける納骨堂

納骨堂とは、建物の中に設けられた納骨壇に遺骨を収蔵して供養する方法です。
お参りに来る人がいる間は永代に渡って供養できるという点では、室内のお墓とも言えるでしょう。

植物を墓標にする樹木葬

樹木葬とは、墓標に樹木を用いたお墓のことです。
永代供養料は支払いますが、墓石を建立せずに、植樹をするだけなので、費用を安く抑えられます。
また、遺骨の自然回帰や、環境破壊を少しでも抑制するという、いわゆる自然志向の供養法が注目を浴びています。

海に砕いた骨をまく海洋散骨

海洋散骨とは、パウダー状にした遺骨を海に撒く供養法です。
あとに何も残さなくてよいと考える人がこの方法を選んでいます。

まとめ

いかがでしたか? では最後にこの記事の要点をまとめます。

この記事のまとめ

  • 日本では一般的に、遺体を火葬し、供養のために石塔を建て、その地下に埋葬する
  • お墓は、遺体や遺骨を守るため、そして供養のために建てられた
  • お墓は、死者の冥福と生者の幸福を祈るための場所
  • お墓が石である理由は、ずっとそこにい続けるからであり、先祖祭祀という死生観を持つ日本人とって石こそが最適だった
  • 時代や地域によっては、石塔ではないお墓もある
  • お墓のメリットは、精神面や供養面で安心できること
  • お墓のデメリットは、手間や費用など、維持することの負担が増すこと
  • お墓を放置しておくと、知らないうちに無縁墓として撤去される恐れがある
  • お墓がいらない場合は、速やかに墓じまいをしましょう
  • 永代供養や納骨堂や樹木葬など、お墓を建てない供養の方法もある

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加