マンション型のお墓は注意が必要!仕組みやメリット・デメリットを解説

【お墓 マンション】アイキャッチ画像

お墓の中でも最先端を行くのが「マンション型のお墓」です。

マンション型のお墓とは、遺骨が自動で運ばれてくる納骨堂のことで、「自動搬送式納骨堂」などと呼ばれています。入館も参拝も機械制御され、遺骨はバックヤードから自動搬送されてくるのです。

すべてが画期的に見えますが、都心の土地不足や、都会に住む人の継承の問題など、現代社会が抱える問題がから生まれた形だと言えます。

この記事では、全国的に見てもまだまだ数の少ない「マンション型のお墓」を、詳しく解説いたします。

また記事では、マンション型のお墓が行う「新型コロナウイルス感染症の取り組み」についても触れています。ぜひご覧ください。

都道府県一覧からお墓を探す

実際に希望エリアの納骨堂を調べてみたい方は、こちらから検索できます。

納骨堂を探す

日本地図

納骨堂
を探す

北海道・東北

あなたにあったお墓を見てみる

お墓に関する4つの質問に答えるだけで、あなたにあったお墓を調べられます。

お墓かんたん検索

4つの質問で見つかる!

Q. お墓は代々継いでいきたいですか?

この記事の目次

  1. マンション型のお墓とは「自動搬送式納骨堂」のこと
  2. 【写真で解説】マンション型のお墓の外観と内観
  3. マンション型のお墓のメリット3点
  4. マンション型のお墓のデメリット5点
  5. マンション型のお墓の費用相場
  6. マンション型のお墓が行う「新型コロナウイルス感染症対策」の取り組み
  7. 東京にはマンション型のお墓がたくさん!おすすめ4選
  8. マンション型のお墓以外で「室内」のお墓
  9. 納骨堂以外にある永代供養のお墓
  10. まとめ
  11. 監修者コメント

マンション型のお墓とは「自動搬送式納骨堂」のこと

マンションタイプのお墓とは、故人の遺骨が自動で運ばれてくる納骨堂のことを指します。「自動搬送式納骨堂」などと呼ばれることが多いでしょう。

その外観がビル型マンションのようであることから、人々にマンションタイプのお墓と呼ばれているのです。

納骨堂とは「屋内の納骨施設」のこと

そもそも「納骨堂」とは、屋内で遺骨を受け入れて供養する施設のことです。 

「堂」の文字が使用されていますが、これは建物(屋内)を意味します。

納骨堂には、お墓のマンションと言われている「自動搬送式納骨堂」以外も、仏壇型・ロッカー型など、様々なタイプのものがあります。

納骨堂についてより詳しく知りたい方は「納骨堂の費用・種類・特徴を比較!お墓との違いや注意すべき点とは?」の記事をご覧ください。

【写真で解説】マンション型のお墓の外観と内観

自動搬送式の納骨堂が「お墓のマンション」と呼ばれるのは、その外観にあります。

お墓のマンション(源覚寺 小石川墓陵)の外観

このビルの中に納骨堂があるのですが、外から見ると室内にお墓があるとは到底思えませんね。

そして内観も、ホテルのエントランスのようになっています。

お墓のマンション(伝燈院 赤坂浄苑)のエントランスロビー

このように、室内の快適な環境でお墓参りができることが、自動搬送式納骨堂の魅力なのです。

では、自動搬送式納骨堂はどのような仕組みになっているのか、お墓参りはどのような手順で行うのか、を見ていきましょう。

自動搬送式納骨堂のお墓参りの手順

まずお参りに来た人は、受付でICカードをかざします。

お墓のマンション(向島たから陵苑)のICカードをかざしている様子

ICカードをかざすことで、バックヤードに収蔵されている遺骨がコンピューター制御で個別の参拝ブースに運ばれてくるというシステムです。

よって、一般的なお墓のように、全ての遺骨に対して参拝スペースが一つずつ設けられている訳ではありません。

ICカードをかざしたら、指定された参拝ブースに移動します。

お墓マンション(吾妻橋 天空陵苑)の参拝スペース四基

マンション型のお墓(自動搬送式納骨堂)は、個別に仕切られて参拝スペースが設けられていることがほとんどです。

中には個室の参拝スペースが設けられている施設もあります。

お墓のマンション(安養院 ひかり陵苑)の個室の参拝スペース

個別の参拝ブースに移動をしたら、参拝します。

お墓のマンション(吾妻橋 天空陵苑)の参拝スペース

遺骨は既にICカードをかざしたところで、参拝ブースにセットされています。一般的なお墓と同様、お花をお供えしたり、焼香をしたりして、参拝しましょう。

※一部の自動搬送式納骨堂では、屋内施設であることから火気厳禁の場合もあります。

これでお墓参りの一連の流れをご紹介しました。ICカード1枚で利用することができ、気軽にお墓参りができそうですね。

ご希望エリアの納骨堂を探す


マンション型のお墓について概要を理解していただいたところで、次の章ではメリットとデメリットを見ていきましょう。

マンション型のお墓のメリット3点

メリットを考える男性

マンション型のお墓のメリットは、以下の3点と言えるでしょう。

メリット

  • 跡取りがいなくても利用できる
  • 手ぶらでお参りができる
  • アクセスが良好なところに多い

跡取りがいなくても利用できる

マンション型のお墓最大のメリットは、跡取りがいなくても利用できるということでしょう。 

マンション型のお墓の多くは「永代供養」の費用が、初期費用に含まれています。

「永代供養」とは、家族やお参りに来る人がいなくなった時に、家族に代わり施設の管理人が供養を続けてくれるシステムのことです。

よって、お墓の後継者がいない方、今後いなくなる可能性がある方であっても、マンション型のお墓は安心して利用することができます。昨今話題になっている「墓じまい」をする必要もありません。 

永代供養についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

手ぶらでお参りができる

マンション型のお墓は、手ぶらでお墓参りに行けることが大きなメリットでしょう。

マンション型のお墓の多くは、お花や線香を施設側で用意してくれます。

また、屋内のお墓にお参りするために、お墓の掃除も費用です。水をくむ手桶や柄杓を用意する必要もありません。

歳をとって重いものを持つことやお墓参りの準備が億劫になったとしても、マンション型のお墓であれば安心です。

アクセスが良好なところに多い

マンション型のお墓は、一般的なお墓では考えられないような好立地にお参りできます。

たとえば東京の場合、マンション型の納骨堂は新宿や赤坂などにもありますが、

こうした一等地にお墓を建てるとなると、そもそも土地が不足しているうえに、

永代使用料も高額です。

マンション型のお墓であれば、車を郊外まで走らせたり、階段などを登ったりする心配もありません。

年齢を重ねたとしても、電車などの公共交通機関を用いてお参りができるでしょう。

以上メリット3点をご紹介しました。

マンション型のお墓(自動搬送式納骨堂)のメリット

    • 跡取りがいなくても利用できる
    • 手ぶらでお参りができる
    • アクセスが良好なところに多い

    次の章では、デメリットを見ていきましょう。 

    マンション型のお墓のデメリット5点

    デメリットを考える男性

    マンション型のお墓のデメリットは、主に以下の5つと言えるでしょう。

    デメリット

    • 納骨できる遺骨の数が限られている
    • 建物や機械の老朽化が考えられる
    • 誰もが気軽にお参りをすることができない
    • 納骨堂の中では費用が高い
    • 最終的に合祀になる

    納骨できる遺骨の数が限られている

    マンション型のお墓は、納骨できる遺骨の数が限られています。

    一般的なお墓であれば、骨壺をいくつ入れようと基本的にはあまり気にする必要がありません。しかしマンション型納骨堂の場合、入れる人数が決まっています。 

    もしも家族そろってマンション型のお墓に納骨したいと考えている場合、それ相応の費用を出さなければいけなくなる可能性があるでしょう。

    建物や機械の老朽化が考えられる

    また建物の老朽化が起こりうることもデメリットの一つでしょう。

    施設が古くなることによって、満足のいくお墓参りができなくなってしまうかもしれません。

    また場合によっては、古くなった施設をリニューアルするために改修工事を行い、その費用を一部請求されてしまう可能性もゼロではありません。

    マンション型のお墓は、まだ最近できたばかりの新しいタイプのお墓です。

    今は良い面ばかりが強調されますが、30年後・50年後のマンション型のお墓は誰も知りえません。

    またもしも機械が故障してしまったら、お参りができなくなるリスクもあります。

    マンション型のお墓を購入予定であり、この辺りに不安を感じている方がいたら、購入前に施設の担当者に必ず質問をしてください。 

    誰もが気軽にお参りをすることができない

    誰もが気軽にお参りをすることができない、というのもデメリットの一つです。

    これば、ICカードを持っている人でないとお参りが難しい、ということです。

    一般墓であれば、人を選ばず、霊園の近くに立ち寄ったら誰でもお墓参りができる環境が整っています。

    しかしマンション型のお墓の場合、全ての遺骨に対して参拝スペースが設けられている訳ではないため、ICカードを保持していないと遺骨を前にすることができません。

    家族が多かったり、遠い親戚もお墓参りをしたりするご家庭の場合は、この点に注意してください。

    費用は高い&年間管理費も必要な場合が多い

    また自動搬送式の納骨堂は、必ずしも費用が安価なわけではありません。50万円ほどから利用できるものもありますが、中には200万円を超える納骨堂も存在します。

    一般的に、納骨堂は墓石を必要としないため安価であると言われています。しかしマンション型のお墓は、最新技術が駆使されていたり、アクセス良好な場所に建っていたりすることから、場合によっては一般墓と同程度の価格になることもあるのです。

    またマンション型のお墓の場合、建物を維持・管理するための「年間管理費」が必須となります。年間1万円前後は管理費がかかることを頭に入れておきましょう。

    納骨堂=費用が安い!という認識がある方、価格を抑えたいからマンション型のお墓を選びたいという方は、注意が必要です。他のタイプのお墓と費用の比較をしてみることをおすすめします。 

    最終的に合祀になる

    マンション型の納骨堂は最終的に合祀になることも、人によってはデメリットの一つと言えるでしょう。

    合祀になる=墓じまいをする必要がない、ということであるため、メリットと捉えられる方もいます。しかし、家族単位で納骨していたお骨も、最終的には他の人と一緒に合祀されてしまうことに躊躇いを感じる方もいらっしゃるでしょう。

    以上、マンション型のお墓のデメリット4点をご紹介しました。再度振り返りをしましょう。 

    マンション型のお墓(自動搬送式納骨堂)のデメリット

      • 納骨できる遺骨の数が限られている
      • 建物や機械の老朽化が考えられる
      • 誰もが気軽にお参りをすることができない
      • 「納骨堂」の中では費用が高い 
      • 最終的に合祀になる

      次の章では、マンション型のお墓の費用相場について解説していきます。

      マンション型のお墓の費用相場

      お金のことを考える老人

      マンション型のお墓の費用相場は初期費用が50万円~150万円ほどと言えるでしょう。また年間1万円ほどの管理費が必要となります。

      初期費用の相場は、収骨できる人数や、参拝スペースのグレードによって変動します。以下に参考として、収骨人数と値段の相場を上げさせていただきます。

      収骨可能人数・種類 値段相場
      1~2名 50万円前後
      3~4名 70万円~100万円
      4名以上 100万円~160万円

      費用に含まれているもの

      上記でご紹介した初期費用に含まれているものは、以下の5つのことが一般的です。

      • 永代供養
      • 銘板・文字の彫刻
      • 遺骨収蔵厨子
      • ICカード
      • 法名の授与
      お墓マンション(迦楼塔 東京)で手厚く供養をしている様子

      永代供養

      永代供養万が一継承者がいなくなった場合、家族に代わって施設の管理人供養をしてくれるシステムにかかる費用

      お墓マンション(迦楼塔 東京)の彫刻された銘板

      銘板・文字の彫刻

      参拝スペースに運ばれてくる銘板にかかる費用と、銘板に家名や家紋を彫刻する費用

      お墓マンション(迦楼塔 東京)の遺骨収蔵厨子

      遺骨収蔵厨子

      遺骨を安置する収蔵スペースにかかる費用

      お墓マンション(吾妻橋 天空陵苑)のICカード

      ICカード

      参拝する時に必要となるICカードにかかる費用

      戒名を記す位牌

      法名の授与

      法名・戒名の授与にかかる費用


      初期費用で追加で必要になる費用は、ほとんどの納骨堂でないと言えるでしょう。

      加えて「年間管理費」が1万円前後必要

      マンション型のお墓を使用する場合、毎年の管理費が1万円ほど必要となります。

      施設には最新のコンピューター機器を使っていますし、休憩施設等も充実しています。施設を安心・安全に保つための維持費は、必要となってくるでしょう。

      希望エリアの「納骨堂」の費用相場を調べる

      自分が希望するエリアの納骨堂について詳しく知りたい方は、こちらから検索することができます。


      以上、マンション型のお墓の費用をご紹介しました。次の章では、2020年の今皆さまが心配されている「新型コロナウイルス感染症対策」の取り組みとして、マンション型のお墓が行っていることの一部をご紹介します。

      マンション型のお墓が行う「新型コロナウイルス感染症対策」の取り組み

      マンション型のお墓は全てが室内の施設です。そのため、新型コロナウイルスの感染リスクを気にされる方は多くいらっしゃるでしょう。

      いくつかのマンション型のお墓のホームページを確認したところ、以下のような取り組みが見られました。

      • 消毒液の設置
      • 共有スペースの定期的な消毒
      • 定期的な換気の実施
      • 参拝スペースの縮小
      • 出勤従業員の数の削減
      • 従業員の健康チェック(体温測定等)の徹底
      • マスク着用を必須化

      参拝スペースの減少、従業員数の減少、定期的な換気など、三密(密集・密接・密閉)を防ぐための取り組みが目立ちます。また従業員の消毒・マスク着用を必須にするといった、新しい決まりを作っている納骨堂も見られました。

      なお詳しい新型コロナウイルス感染症対策の取り組みは、各施設にご確認ください。

      マンション型のお墓では上記のような対策がなされていますが、訪問する側としてはどのような対策ができるのでしょうか。

      マンション型のお墓にて感染症を対策するためにできること

      マンション型のお墓に訪れる際、感染を予防するためにできることは以下のようなことです。

      • 訪問する前に納骨堂の混雑状況を電話で問い合わせる
      • Webや電話で完結するものは完結させる
      • 訪問する際はマスクを必ず着用する
      • 特に高齢者が訪問する場合は、消毒・マスク着用を徹底する

      外出時のマスク着用・消毒の徹底は必ずやるべきことです。

      加えて、訪問する予定の納骨堂に事前に電話で、混雑状況や空いている時間帯を聞くと安心できそうですね。

      納骨堂の見学を外出せず家できる納骨堂もある

      また、中には納骨堂の見学をオンラインでできるサービスもあります。

      実相寺 青山霊廟では、LINEでの見学をしています。

      LINEで電話を繋ぎながら実際の様子を紹介した後、質疑・相談の時間を設けています。

      今の情勢に合った新しい形を、どこの納骨堂でも模索しているのですね。

      詳しくは「実相寺 青山霊廟のYouTube動画」をご覧ください。

      営業時間・利用可能サービスが通常と違う場合があるので注意!

      また新型コロナウイルス感染症対策のため注意しておきたいことが、多くの自動搬送式納骨堂で営業時間の短縮・一部サービス中止をしていることです。

      具体的には、

      • 営業時間の短縮
      • 夜間の参拝を当面の間中止
      • 御祈祷の中止

      などがあげられます。

      そんなこと知らなかった!とならないよう、事前に施設のホームページ等で確認をして訪問するようにしましょう。

      次の章では、マンション型のお墓の建立が特に盛んである東京都における、おすすめの自動搬送式納骨堂をいくつかご紹介します。

      東京にはマンション型のお墓がたくさん!おすすめ4選

      マンション型のお墓が盛んな東京都内で、ライフドット編集部が特におすすめしたい4つの納骨堂施設をご紹介します。

      1. 向島たから陵苑(墨田区)
      2. 源覚寺 小石川墓陵(文京区)
      3. 伝燈院 赤坂浄苑(港区)
      4. 吾妻橋 天空陵苑(墨田区)

      どの霊園も駅から徒歩圏内で行くことができ、通いやすい立地です。施設はすべて洗練されており、清潔感があります。

      それでは、一つずつご紹介していきます。

      向島たから陵苑(墨田区)

      東武スカイツリーライン「東向島駅」から徒歩約3分で行くことができる、アクセス抜群の自動搬送式納骨堂です。苑内は光にあふれ、明るい雰囲気でお参りができます。

      向島たから陵苑
      4.2
      1件
      所在地
      東京都墨田区東向島4-20-8
      アクセス
      東向島駅から465m地図を見る
      霊園種別
      民営霊園
      /
      宗旨宗派
      宗教不問
      区画種別
      納骨堂
      購入価格
      45万円
      パンフレットを請求

      源覚寺 小石川墓陵(文京区)

      利便性と心安らぐ閑静な環境が兼ね備えられた施設です。シックな色合いがで落ち着いてお参りができます。

      4.2
      2件
      所在地
      東京都文京区小石川2-23-8
      アクセス
      春日駅から367m地図を見る
      霊園種別
      民営霊園
      /
      宗旨宗派
      宗教不問
      区画種別
      納骨堂
      購入価格
      90万円~

      伝燈院 赤坂浄苑(港区)

      赤坂見附駅より徒歩2分という好立地です。重厚感と高級感のあふれる納骨堂です。

      4.4
      3件
      所在地
      東京都港区赤坂4-2-32
      アクセス
      赤坂見附駅から231m地図を見る
      霊園種別
      民営霊園
      /
      宗旨宗派
      宗教不問
      区画種別
      納骨堂/永代供養墓
      購入価格
      150万円~

      吾妻橋 天空陵苑(墨田区)

      「本所 吾妻橋」駅徒歩2分、「浅草」駅徒歩8分の自動搬送式納骨堂です。明るく広々とした参拝スペースが特徴です。

      4.1
      7件
      所在地
      東京都墨田区東駒形3-23-9
      アクセス
      本所吾妻橋駅から212m地図を見る
      霊園種別
      民営霊園
      /
      宗旨宗派
      宗教不問
      区画種別
      納骨堂
      購入価格
      35万円

      東京都の納骨堂について更に詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

      東京都以外のエリアから「納骨堂」を探す

      東京都以外にお住まいの方も、ご希望エリアから納骨堂を探すことができます。


      以上、ライフドットがおすすめをするマンション型の納骨堂をご紹介しました。

      次の章では「自動搬送式納骨堂」以外で、室内で利用できるお墓についてご紹介します。

      マンション型のお墓以外で「室内」のお墓

      マンション型のお墓以外にも、室内のお墓は存在しています。ここでは以下2つのタイプのお墓をご紹介します。

      • ロッカー型納骨堂
      • 仏壇型納骨堂
      自動搬送式納骨堂と室内であることは同じですが、その他の特徴は異なるところがあります。

      ロッカー型納骨堂

      武蔵陵苑のロッカー型納骨堂

      ロッカー型納骨堂は、まさにロッカーのように、同じ大きさの壇が集合している施設のことです。

      手を合わす場所が併設されているところもあれば、併設されていないところもあります。個別のスペースがコンパクトであることが特徴です。

      所在地
      東京都国分寺市本多4-2-2
      アクセス
      国分寺駅から773m地図を見る
      霊園種別
      寺院墓地
      /
      宗旨宗派
      黄檗宗
      区画種別
      納骨堂
      購入価格
      20万円~

      仏壇型納骨堂

      仏壇式の納骨堂

      仏壇型とは、扉を開けると本尊や位牌を祀ることのできる仏壇です。仏壇型の納骨堂は、上段部分が仏壇部分、下段部分が遺骨の収蔵スペースとなっています。

      収蔵スペースが大きいことから、納骨堂の中では費用が高くなる傾向にあります。

      所在地
      東京都調布市調布ヶ丘3-8-1
      アクセス
      調布駅から894m地図を見る
      霊園種別
      民営霊園
      /
      宗旨宗派
      宗教不問
      区画種別
      納骨堂
      購入価格
      70万円〜

      納骨堂以外にある永代供養のお墓

      マンション型のお墓の最大のメリットは、永代供養がついていることと言えるでしょう。

      永代供養とは、家族に代わり施設の管理者がお墓を供養してくれることを指します。

      この「永代供養」がついたお墓のタイプは、納骨堂だけではありません。

      これからご紹介する「樹木葬」と「永代供養墓」も永代供養がついています。 

      樹木葬

      樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標としたお墓のことです。

      樹木葬にも様々なタイプのものがあり、家族単位で個別に納骨するものもあれば、他の複数人と同時に納骨するものもあります。

      とはいえ樹木葬には全て「永代供養」がついているものが多いため、継承者の心配をする必要はありません。 

      永代供養墓(合葬墓)

      永代供養墓(合葬墓)とは、家族以外の、複数人と納骨スペースを共有し、供養してもらうお墓のことです。

      永代供養墓は年間管理費も必要とせず、一遺骨あたり5万円~20万円程度での納骨が可能です。

      お墓の中では一番安価な供養方法と言えるでしょう。

      まとめ

      いかがでしたでしょうか。では最後にこの記事の内容をまとめます。

      • マンションタイプのお墓とは「自動搬送式納骨堂」のこと。

      マンション型のお墓(自動搬送式納骨堂)のメリット

        • 跡取りがいなくても利用できる(永代供養がついている)
        • 手ぶらでお参りができる
        • アクセスが良好なところに多い

        マンション型のお墓(自動搬送式納骨堂)のデメリット

          • 納骨できる遺骨の数が限られている
          • 建物や機械の老朽化が考えられる
          • 誰もが気軽にお参りをすることができない
          • 「納骨堂」の中では費用が高い 

          マンション型のお墓の「費用」について

          • 費用相場は50万円~150万円ほど
          • 費用に含まれているもの
            └永代供養

            └銘板・文字の彫刻
            └遺骨収蔵厨子
            └ICカード
            └法名の授与
          • +毎年管理費が1万円前後必要

          その他、納骨堂についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も同時にご覧ください。

          ライフドット推奨
          後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

          終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
          そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

          • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
          • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
          • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

          など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
          お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
          しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
          そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

          情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

          あなたの条件に合う墓地・霊園を検索



          監修者コメント

          監修者
          終活・葬送ソーシャルワーカー
          吉川美津子

          自動搬送式納骨堂は、都市部を中心にこの5年の間に急速に増加しています。そのほとんどは本堂と納骨堂部分が一体となっていて、日常的に供養の空間が完成されています。ただし、建物は恒久的ではなく、中の機械類のメンテナンスが必要なことから、30年後、50年後の見通しは決して楽観視できるものではありません。10年ほど前に建てられ完売している自動搬送式の納骨堂は、メンテナンス費用の資金繰りが難しくなり、管理費が値上げされています。