お墓から永代供養をお考えの人へ 違いと注意点を詳しく解説します

【お墓 永代供養】アイキャッチ画像

自分たちでできなくなった先祖供養をお寺に任せる永代供養。
いまあるお墓を永代供養に切り替える人が増えています。

少子化や核家族化が背景にあり、急速にニーズが高まっているのです。
しかし、お墓を手放して永代供養にすることがどういうことなのか、経験そのものがないために、いまいち想像ができないという声もたくさん耳にします。

そのような人たちのために、この記事では永代供養とはどんなものなのか、お墓と比べた時にメリットやデメリット、費用や流れなどについて詳しく解説いたします。

永代供養とは供養法!お墓との違いを徹底解説

喪服を着て合掌する女性

永代供養とは、遺骨や位牌をお寺に預けて、自分たちではできなくなった供養をお寺に任せることです。

永代供養とは供養の方法のことであり、お墓のことではない

永代供養とは、自分たちでできなくなった供養をお寺に任せることと書きました。
よく混同しがちなのですが、永代供養とはお墓の種類ではないということです。
お寺としては、永代供養として預けられた遺骨や位牌を責任もって供養することになるのですが、それらをどのように保管するかはお寺によって異なります。

骨壺のまま保管するケースもあれば、合祀(複数の遺骨を一カ所にまとめて埋葬)するケースもあります。
また、永代供養のあとも家族はお参りに来れますが、礼拝の対象が石塔のものもあれば、樹木のものもあります。お寺によっては本堂でお参りというところもあるでしょう。

どんなお墓も、あととりが途絶えると永代供養にせざるを得ない

今現在、墓石でご先祖様を祀っている人もいるでしょう。
中には、新しい方法として樹木葬や納骨堂を用いている人も増えています。
これらは「自分たちでお参りに行ける」という意味においては、形状こそ違えど、「お墓」に変わりはありません。

永代供養とは、自分たちでお参りや墓守ができなくなった際の最終的な受け皿として用いられている方法です。
あととりがいなくなるなどの理由で、そのお墓を承継できなくなってしまったならば、どんな人でも永代供養にせざるを得ないのです。

永代供養には4つのお墓タイプがある

お墓とは、本来は世代を超えて先祖の供養を受け継いでいくためのものです。
しかし最近では少子高齢化などの問題から、お墓の承継が困難という世帯が増えています。
そのため、最初は自分たちでお参りができても、最終的には永代供養をすることを前提としたお墓の形が選ばれています。
ここでは永代供養を前提とした4つのお墓のタイプをご紹介いたします。

期限付き墓石

お墓の掃除やお参り、修理

期限付き墓石は、お墓の利用に期限を設けたもので「レンタル墓」などとも呼ばれています。

特徴

世代を超えて受け継がれていくことを前提としたのが従来の墓石ですが、期限付き墓石の場合は、利用者が亡くなったあとも墓じまいや永代供養を管理者に一任できます。
あとが途絶える可能性があるものの、伝統的なお墓への埋葬やお参りを求める人たちに選ばれています。
墓じまいや永代供養の費用は契約内容に盛り込まれており、利用料に含まれています。
利用期間を延長して次の代への承継もできるため、その柔軟性からこれからさらに普及するのではないかと言われています。

費用相場

期限付き墓石の費用相場は50万円前後ですが、利用期間によって価格が異なります。

年数 相場(万)
5年 20~30万
10年 50万前後
30年 50万~100万

この費用の中には、いざというときの墓じまいの費用や永代供養墓への移葬費も含まれています。また、有料にはなりますが期間の延長もできます。

樹木葬

樹木葬の霊園内

樹木葬とは墓石ではなく樹木や草花を墓標とした新しいタイプのお墓です。

特徴

跡取りがいなくなってしまった場合、墓石の場合は数十万円かかってしまう墓じまいの費用も樹木葬の場合は費用がほとんどかからないというのが特徴です。

樹木葬には2つのタイプがあります。
ひとつは地方や郊外の里山を墓地とした「里山型」です。
大自然の里山に遺骨を還すことができるため、自然志向の強い人に人気ですが、お参りの際に距離があることが難点です。

もうひとつは都市型霊園の中に樹木葬区画を設けた「霊園型」です。
樹木葬と謳うものの、実際にはカロートや石板や石碑など、なんらかの石材を用いたお墓となっています。

費用相場

樹木葬の費用相場は50万円から100万円でしょう。
樹木葬は墓標が石から木にとって替わったもので、お墓としての役割は変わりません。
一般的なお墓が墓地を取得して墓石を建立するのと同じ意味合いで、樹木葬では墓地を取得して樹木を植えます。

墓石の建立と比べると植樹にかかる費用は大幅に軽減されますが、それでも墓地の永代使用料を支払うため数十万円という費用はかかってしまうのです。
また霊園型の樹木葬ではシンボルツリーの周りに設けられたカロートを購入し、その中に納骨し、石のプレートや石碑を据えます。
個別の区画はありませんが、プレートや石碑といった構造物が必要となるので、やはり50万円〜100万円の費用がかかります。

納骨堂

仏壇式の納骨堂

納骨堂とは建物の中に設けられた納骨施設のことです。

特徴

屋内でのお参りができるため、お墓参りやお墓掃除の負担が少ないの人気の理由です。
納骨堂はいくつかの種類があり、仏壇のように本尊や位牌を祀り、その中に遺骨を納める「仏壇型」、ロッカー状の棚の中に遺骨を納める「ロッカー型」、ビル一棟全体を納骨堂とした「マンション型(自動搬送型)」などがあります。

跡取りが続く限りその家のお墓として用いることができますし、万が一承継が困難になってもそのままお寺に永代供養してもらえます。
納骨壇は中を空にすればまた新たな利用者を募ることができるため、墓じまいの費用もかかりません。

費用相場

納骨堂にはさまざまな種類があり、それによって費用も異なります。

仏壇型

仏壇型の相場は50万円から100万円くらいでしょう。
1列をひとつの家族で使用する分、納骨堂の中では割高な方です。

ロッカー型

ロッカー状の棚を一区画購入する場合、費用相場は20万円から50万円ぐらいでしょう。
ロッカー型の場合は上段、中段、下段と場所によって異なる価格を設定していることが多いようです。
人気の上段ほど値段が高く、下段に行くほど安くなる傾向にあります。 

自動搬送型

自動搬送型の相場は50万円から100万円くらいでしょう。
ビル一棟を納骨堂にしているため、費用が高いイメージがあります。
しかし他の納骨堂と異なり、自動搬送型は礼拝スペースと収蔵スペースを別々の場所に設けています。
そのおかげで省スペースで数多くの遺骨を収蔵でき、仏壇型と同じくらいの価格を実現しています。

合葬墓

東京霊園の永代供養墓

合葬墓とは合葬地に建てられたお墓のことです。「永代供養墓」や「集合墓」などとも呼ばれています。

特徴

合葬とは、同じ場所に他の人の遺骨を一緒に埋葬することで個別の供養が必要なくなると合葬にします。
合葬した場所には供養のための石塔が建てられます。
石塔の形状はさまざまですが、最も多く見かけるものは石塔内部に棚が設けられ、骨壺のまま保管できるタイプのものです。
そして土中に埋葬する際は、足下のふたを開けて遺骨を地下の土の中に還します。
遺骨を引き受けてすぐに合葬するプランと、一定期間は骨壺のまま保管して供養するプランとがあり、それぞれ費用が異なります。

費用相場

合葬墓(永代供養墓)で遺骨を預ける時は、一定期間の個別供養と合祀の2つがあり、それぞれ費用相場が異なります。

個別供養

個別供養の場合の相場は20万円から50万円くらいでしょう。
石塔内部に骨壷を並べて保管します。
石塔の側面や近くに設けられた霊標に故人様の戒名や俗名などを彫刻します。
十三回忌や三十三回忌などの一定期間を経ることで遺骨は合祀されます。

合葬

すぐに合葬にする場合は5万円から10万円が相場でしょう。
一定期間の個別供養も必要ない人はすぐに合祀にします。

永代供養した時のメリット・デメリット

事実婚 相続

跡取りの不在や単身者世帯の増加などから永代供養を選ぶ人が増えています。
しかし永代供養にもメリットとデメリットがあります。
自分たちの大切な家族や先祖の供養です。まずはそれぞれをしっかりと理解してから永代供養を検討しましょう。

永代供養のメリット

永代供養のメリットは、あととりがいなくなった人にとってさまざまな負担が軽減されることが挙げられます。

永代供養のメリット

  • お墓の維持管理が不要
  • 費用負担が少ない

お墓の維持管理が不要

永代供養の最大のメリットは、お墓の維持や管理をしなくてもよい点です。
昨今はライフスタイルが多様化し、お墓の維持が困難な人が増えています。
従来であれば1つのお墓で先祖代々のお骨を納めて供養しました。
しかし、最近は未婚率や離婚率の増加によって単身者世帯が増えており、お墓の承継が問題になっています。

このような場合は墓じまいをして、中の遺骨を永代供養にすることでお墓の維持管理の不安が解消されます。
また、お墓のある故郷から遠く離れた場所で生活することが当たり前の時代です。
自分たちの住まいの近くにお墓を引っ越すこともできますが、故郷の土地に眠りたいと希望する人は、その土地の寺院に永代供養をお願いすることになるでしょう。

費用負担が少ないこと

永代供養をすることで費用が安く済みます。
もしも新たにお墓を建立しようとするならば、墓地と墓石で200万から300万はかかると言われています。
その一方で永代供養であれば数十万の費用で済むでしょう。
細かい費用は、寺院や供養の方法によっても異なりますが、いずれにせよ墓石の建立よりははるかに安い費用で供養ができます。

永代供養のデメリット

永代供養のデメリットは、やはり個別のお墓を持てないところにあります。
他の人と同じ場所に埋葬されることに違和感を覚える人もいるでしょうし、供養をお寺に任せることで自分たちが主体的になって供養するんだ、という意識が低下するかもしれません。

永代供養のデメリット

  • 遺骨を取り出せなくなる
  • 先祖への供養の想いが薄くなる

遺骨を取り出せなくなること

永代供養にしてしまって遺骨が合祀されてしまうと、2度と遺骨を取り出せません。
合祀とは他の人の遺骨と同じ場所に埋葬することなので、返却したくても物理的に返却できないのです。

もしも合祀にせずに骨壺のまま保管されていれば遺骨を返してもらえるでしょう。
永代供養墓でも樹木葬でも納骨堂でも、一定期間だけ個別に供養する場合、遺骨は必ず骨壷に納めた状態で保管されます。

将来は何が起こるか分かりません。遺骨の引き取り手が現れるなどの可能性がある場合は、焦って合祀することがないように慎重に考えましょう。

先祖への供養の想いが薄くなること

永代供養とは自分たちでできなくなった死者や先祖の供養をお寺に任せることです。
もしも自分たちでお参りができるのであれば、いきなり永代供養にするのではなく、まずは自分たちでどのような形で供養できるのかしっかり考えましょう。

例えば故郷にあるお墓の維持が難しいからといっていきなり墓じまいをして永代供養するのは少し急ぎすぎだと言えるでしょう。
墓じまいをしたとしても

  • 自分たちの住まいの近くに新しくお墓を建てる
  • 納骨堂や樹木葬などの新しい形のお墓を選び直す

こうした方法もとれるわけです。
お墓の形はさまざまですが、まず大事なのは自分たちがお参りに行って手を合わせるという行為ではないでしょうか。
もちろん永代供養をしたあともお参りの場所は用意されています。

しかし、永代供養することによって「もう自分たちが手を合わせなくてもいいのだ」という心理になるのであれば、それはとそれで問題です。
なぜなら供養とは自分の両親や祖父母などのご先祖様を思うことに他ならないからです。
永代供養したことによって供養の気持ちが薄くならないように充分に気をつけましょう。

墓石より安い永代供養の費用相場は50万円前後

永代供養の相場は合葬墓への納骨であれば数万円からと大変安価です。
個別の供養を伴うと、墓石、樹木葬、納骨堂など利用する施設によって費用が異なってきます。
とはいえ、一般的には50万円から100万円が1つの目安です。
墓石を建てるための費用が200万円から300万円近くかかる(墓地・墓石含む)ことを考えると、永代供養にする方が安価に済むのです

永代供養のお墓・霊園の探すときの注意点

永代供養をお願いするお墓や霊園を探す時にはどのような点に気をつけるべきなのでしょうか。

親族や親戚には相談の上、承諾を取っておく

遺骨をお寺に預けて永代供養にするときは、必ず事前に親族や親戚などに相談をして承諾を取っておきましょう。
お墓の維持管理やご先祖様の供養は祭祀承継者である家族の務めかもしれませんが、亡き人を弔う権利は誰にでもあるというのが実際のところです。
お墓参りに行ってみるとお墓がなかった。知らないうちにお寺に永代供養をされていた。
このようなことでトラブルにならないためにも事前の相談承諾が望ましいでしょう。

どのように供養されるかを確認しておく

永代供養としてお寺に預けることで普段どのような供養を受けてもらえるのか、あらかじめ確認しておきましょう。
年に数回の合同法要や慰霊祭などで供養をするのが慣例ですが、保管方法や場所についてなどは寺院や霊園によって異なります。
遺骨で保管されているのか、合祀はどのように行われるのかなど、お寺がどのように遺骨を取り扱うかを知っておくだけで納得感や安心感が増すでしょう。

遺骨が二度と戻ってこないかもしれないことへの理解

永代供養では一度合祀にしてしまうと遺骨は二度と返してもらえません。
そのことをあらかじめ理解しておきましょう。
遺骨をすぐに合祀せずに一定期間は骨壷のまま保管しといてくれる場合、希望すれば遺骨を返してもらえるかもしれません。

今のお墓を墓じまいして永代供養するまでの流れ

いまお墓を持っている人が永代供養しようとするのであれば、墓じまいが不可欠です。
墓じまいから永代供養へはどのような流れで進んでいくのかを分かりやすくまとめました。

  1. ①永代供養先を決める
  2. ②改葬許可証を入手する
  3. ③お寺への相談(性根抜きや離檀)
  4. ④石材店による解体撤去工事

①永代供養先を決める

まずは永代供養を受け入れてくれるお寺や霊園を決めましょう。
遺骨を動かすためには改葬許可を役所からもらわなければなりませんが、その際に永代供養を受け入れてくれるお寺などの受入証明書が必要となるからです。

②改葬許可証を入手する

遺骨を別の場所に移すことを改葬と呼びますが、そのためには改葬元の自治体から改葬許可を得なければなりません。
改葬許可を申請して改葬許可証を手に入れるためには次の書類を集めなければなりません

改葬許可証申請 必要書類

  • 各自治体が指定する改葬許可申請書
  • 体操元の墓地管理者による納骨証明書
  • 配送先の墓地管理者による受入証明書
  • その他各自自体が指定するもの

改葬許可証が発行されたならばその書類は遺骨と一緒に永代供養をしてくれる寺に預けます。

③お寺への相談(性根抜きや離檀)

永代供養の受け入れ先が決まり、改葬許可証が発行されたらお寺に墓じまいや永代供養の相談をしましょう。

もし、あなたのお墓がお寺の境内にあるのであればそのままそのお寺に永代供養をお願いするのが良いでしょう。
お寺を移したいということであれば、それは檀家をやめること、つまり「離檀」を意味します。

離檀をするためには住職の理解が必要ですし、離檀料を支払わなければならないかもしれません。またお墓を解体する時には必ず墓石の性根抜きをしなければなりません。こちらは合わせてお寺に相談しましょう。

④石材店による解体撤去工事

永代供養先が決まり、改葬許可証を入手し、今あるお墓の性根抜きが済んだら石材店に解体撤去工事をしてもらいます。
公営霊園であればどんな石材店でも出入りができるため、複数の業者を相見積もりすればよいしょう。
ただし民営霊園や寺院墓地の場合、石材店が決められていることがあります。
石材店による墓じまい工事は、一般的には墓石やもろもろの石材の解体撤去、処理業者を通じて石材の処分、さらには墓地を整地化してきれいに復元させるところまでを行います。

遺骨を持参して永代供養法要に臨む

墓じまいも全て済むと遺骨を新たなお墓に持参して永代供養の法要を執り行います。
その際、改葬許可証をはじめ、お寺が指定するもの、あわせてお花や塔婆やお供え物などがあれば持参しましょう。

供養感を残したいなら永代供養以外の供養とも検討する

仏花を持つ喪服姿の紳士

永代供養は、お墓の維持や承継ができない人にとっての最後の受け皿です。
お寺に供養を任せてしまうことで「自分たちはもう何もしなくていいんだ」と考えてしまうと供養の想いが減少しかねません。最近ではさまざまな供養の形が選ばれています。
無理のないスタイルで、まずは「自分たちで手を合わせる」ということを考えてみてはいかかでしょうか?

期限付きのお墓

墓石や樹木葬、納骨堂でも最近では「期限付き」のものをよく目にするようになりました。
契約期間が決められていて、万が一利用者が亡くなって承継者がいなくなっても墓地の管理者が責任をもって墓じまいして遺骨を永代供養してくれます。
これだと元気なうちはきちんと自分たちで手を合わせることができます。
また、契約の延長も可能ですから将来がどのような形になっても柔軟に対応できるのが大きな安心です。

お墓でなく手元供養という選択肢

手元供養とは遺骨を礼拝の対象とし、身近な場所に置いておく新たな供養のスタイルです。
オブジェのような骨壺や肌身離さず身につけられる遺骨を納められるアクセサリーなどがあります。
いつも身近に故人様を感じていたいという人たちに選ばれており、お墓を建てずに手元供養にするという人も増えているようです。
ただ、最終的には遺骨をそのまま自宅においておくわけにはいかず、お寺の永代供養や散骨にするケースが多いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
では最後に、この記事にポイントを箇条書きでまとめます。

  • 永代供養とは、遺骨や位牌をお寺に預けて、自分たちではできなくなった供養をお寺に任せること
  • 永代供養とは、供養の方法のことであり、お墓の種類ではない
  • 永代供養を前提とした4つのお墓のタイプには、期限付き墓石、樹木葬、納骨堂、合葬墓がある
  • 永代供養のメリットは、お墓の維持管理が不要なことと、費用負担が少ないこと
  • 永代供養のデメリットは、遺骨が取り出せなくなることと、先祖への供養の想いが薄くなること
  • 永代供養は安ければ数万円からでき、一般的な相場は50万円から100万と、墓石の建立よりもはるかに安い
  • 期限付き墓石の相場は、5年で20万円から30万円、10年で50万円前後、30年で50万円から100万円くらい
  • 樹木葬の費用相場は50万円から100万円
  • 納骨堂の相場は、ロッカー型が20万円から50万円。仏壇型と自動搬送型が50万円から100万円
  • 合葬墓の費用相場は、安い場合は5万円から10万円、一定期間の個別供養が伴うと20万円から50万円
  • 親族や親戚には相談の上、承諾を取っておくことで、トラブルを未然に防げる
  • お寺がどのように遺骨を取り扱うかを知っておくだけで、納得感や安心感が増す
  • 永代供養では、一度合祀にしてしまうと遺骨は二度と返してもらえない
  • 墓じまいから永代供養の流れ
    • 永代供養先を決める
    • 改葬許可証を入手する
    • お寺に相談する(性根抜きや離檀)
    • 石材店による解体撤去工事
    • 永代供養の法要を執り行う
  • お寺に供養を任せてしまうことで、「自分たちはもう何もしなくていいんだ」と考えてしまうのはとても危険。無理のないスタイルで、まずは「自分たちで手を合わせる」ということを考えてみることも大事

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電話相談:0120-907-802 墓じまい相談 キャッシュバックキャンペーン

地域から霊園検索

おすすめ霊園・墓地