樹木葬の価格と弔い方法について

【樹木葬 価格】アイキャッチ画像

「樹木葬」は、現在よく取り上げられるようになった埋葬方法のうちのひとつです。
価格が安いということもありニーズが高く、現在は数多くの霊園(ここでは「墓地」とイコールの意味で使います)で実施されています。

「最後の住処選び」には、多くの情報が必要となります。ここでは、「樹木葬とは何か」「樹木葬とほかの埋葬方法の違い」「樹木葬の価格」に焦点をあてて解説していきます。

お得にお墓を建てたい方

「霊園や石材の相場が分からない」このようにお墓選びをする方から相談をよく受けます。
悩んでいるうちに、お気に入りの区画が埋まってしまう方もいます。

そこでおすすめなのが、まず2、3霊園の資料請求をしてプロに相談することです。
霊園によっては複数の霊園・石材店を知っているため、あなたにピッタリのお墓の提案がもらえます。
ライフドットではスマホでも3分程度で無料で資料請求が可能。
納得するお墓を探したい方は、まず資料請求してみましょう。

あなたの条件に合う墓地・霊園を検索

樹木葬とは

大樹が生えている緑の丘

「樹木葬」とは、ごく簡単にいえば、「墓石などを必要とせず、シンボルツリーなどの下にご遺骨を埋めて埋葬する方法」をいいます。

自然の中に抱かれて眠ることができるので、自然を愛している人にとっては非常にうれしい埋葬方法だといえるでしょう。特に野山を愛していた人にとっては、最良の埋葬方法のうちのひとつだといえます。

この「樹木葬」の歴史は、1999年に始まったといわれています。
岩手県の一関(いちのせき)のお寺が唱え、実践した埋葬方法です。現在は少子高齢化の影響により、「地元にあるお墓の継承者がいない」という状況にある人も多いため、永代供養を前提とする樹木葬の考え方は広く知られるようになりました。

また、樹木葬が、従来の「墓石」「墓所」を必要とする埋葬形態よりも安価であることなども、樹木葬が広がるようになった理由といえるでしょう。

樹木葬の価格相場は一般的なお墓と比べて100万円以上安い 

上でも少し述べましたが、樹木葬は一般的なお墓に比べると比較的価格が安い埋葬方法だといえます。

「樹木葬は50万円前後が相場、一般的なお墓は200万円程度が相場」としましたが、それについてより詳しくお話していきましょう。

樹木葬の永代供養にかかる価格相場は50万円程度

樹木葬の場合、一般的には「永代供養」というかたちがとられることになります。
この「永代供養」の定義はとても難しいもので、人によって解釈が異なります。

  1. 寺院などの墓所があり、その墓所を個人(家族)だけで使っていける。僧侶が毎日もしくは節目にお経をあげてくれる
  2. 寺院などの墓所がある。ある程度年月が経過すれば(あるいは祭祀継承者がいなくなった段階など)、遺骨をほかの人と一緒にして合祀というかたちにすることになる。節目にお経をあげてくれる
  3. 霊園などの墓地にあり、その墓所をずっと個人だけで使っていける。しかしお経はあげない。手入れはする
  4. 霊園などの墓地に墓所がある。ある程度の年月が過ぎ去れば合祀される。供養はされないが、ずっと手入れをし続けてもらえる

家族は1のつもりだったが、施設は4のつもりだったとなると大きな後悔を抱きかねません。金額も変わってくるので、きちんと確認しましょう。ちなみに、「樹木葬の永代供養料は50万円程度が目安」とされていますが、もっと高いところもあります。

東京の一等地にある樹木葬施設の場合、1人で150万円以上かかるケースもあります。ただ、墓とは異なり、「土地代の影響」はそこまでクリアに出てはこないかとは思われます。地方と東京で値段はそれほど変わらないとも考えることができます。

どちらかというと、「駅からのアクセスの良さ」「施設の整備状況」などが目安となることが多いようです。
ただ、一等地でも50万円程度のところが多くみられるので、ここでは「樹木葬=50万円」ということでお話をしていきます。

樹木葬するときの価格内訳3点

「樹木葬の値段を決める要素」は、主に「永代使用料」「管理料」「周辺備品」によって分けられます。それぞれ解説していきましょう。

区画やスペースを利用する「永代使用料」

永代使用料と永代供養料は厳密にいえば違うものですが、「料金」という観点から考えた場合この2つは一緒なものととらえられます(それゆえに、「永代使用」と「永代供養」がごちゃ混ぜになっており、解釈に違いが出やすいともいえます)。

樹木葬の永代使用料(永代供養料)は、樹木葬のなかでもっとも大きな割合を占めるものです。これの費用は、10万円~100万円程度です。この中間点として、「50万円」という数字がよく取り上げられています。
なお、なかには5万円程度で埋葬してもらえるところもありますし、また逆に100万円以上かかる樹木葬もあります。

この「永代使用料(永代供養料)」は樹木葬の価格を決めるうえでもっとも大きな部分ですから、しっかりと検討してください。

霊園・墓地を管理する「管理料」

樹木葬は、自然のなかで眠る埋葬のかたちです。「基本的には自然に任せる」としている墓地もありますが、人間の手をしっかり入れて管理する墓地もあります。

そのためにかかるお金を、「管理料(「管理費用」「運営管理料」と呼ばれることもありますが、同じものです)」というかたちで徴収していく霊園も多くみられます。
1万円前後の金額設定にされることが多く、それほど大きな負担にはなりません。ただ、毎年発生し続けていくものなので、支払いを忘れないようにしたいものです。ちなみに管理料は、合祀の場合は安く個別埋葬の場合は高くなる傾向にあります。

管理料に関しては、施設ごとで考え方が違います。
「始めにお支払いいただく永代使用料(永代供養料)に管理料も含まれている。別途お支払いいただく必要はない」
「ある程度まとまった期間(長いものでは110年などもあります)分を一括でお納めいただくことができる」
としている場合もあります。「払い忘れ」が不安な人は、このようなスタイルをとっているところを選ぶとよいでしょう。

なお、現在は生前に墓所を購入するケースもよく見られるようになりましたが、「たとえ埋葬前であっても、管理料はかかる」としているところもあります。生前契約の場合は特に注意が必要です。

名前を刻む石製プレートなどの「周辺備品」

「樹木葬」とはいいますが、実際には名前などを刻印した墓碑などを置くことも可能です。これらはまとめて「周辺備品」と呼んでもよいでしょう。

この「周辺備品」は、管理料とは異なり「一度払ったらそれで終わり」のものです。
そのため継続的な出費とはなりません。プレートに関しては、「オプション料金とする」というところもあれば、「無料で名前入れを行う」としているところもあります。
金額は施設によって異なりますが、「プレート1枚1,5万円」としている施設があったので、これがひとつの目安となるでしょう。

埋葬料

また、樹木葬でも「埋葬料」が発生する場合もあります。
これは実際にご遺骨を埋葬する際にかかる費用です。

これの金額は各施設によって非常に開きがあります。「永代使用料(供養料)に含まれているので一切かからない」としているところがある一方で、10万円以上もかかるという施設もあります。
これも一回きりの出費(複数人で入る樹木葬の場合はまた違いますが)ではありますが、周辺備品よりも大きな負担になる可能性が高いのでしっかりと調べておくべきでしょう。

一見すると同じくらいの費用設定となっている樹木葬施設であっても、「永代使用料(永代供養料)に、管理費用や周辺備品や埋葬料が含まれるかどうか」で実際の料金が20万円近く変わってくることも珍しくありません。
葬儀の見積もりに関しても同じことがいえますが、必ず「何が含まれていて、何が含まれていないか」を確認したうえで申し込む慎重さが求められます。

樹木葬の価格を決めるポイントは「タイプ」「埋葬方法」「オプション」でかわる

ポイントを示す女性

樹木葬の種類と、価格を決めるポイントについて紹介していきます。

霊園や墓地の形態で金額が変わる~里山型・公園型・寺院~

樹木葬の施設のかたちはさまざまです。
里山型の場合は管理料が安く、公園型の場合は管理料が高いという傾向もありますが、タイプ別による差よりも地域性や施設による違いが大きく出ます。
そのため、自分の選びたいタイプもしくは予算に合わせて施設をピックアップして、実際に見積もりを取ってみる方がよいでしょう。

山を切り開いたような里山型

野山に近い場所で樹木葬を行えるものです。もっとも自然に近いかたちで埋葬できるため、樹木葬にする目的を「自然とのふれあい」「自然に囲まれて眠ること」に求める人には最適です。

広大な土地、豊かな自然に包まれて眠るのは、非常に心地のよいものでしょう。ちなみに、日本における樹木葬の期限である一関市の樹木葬施設はこの里山型をとっていました。里山型の場合は自然に任せるかたちのため、管理料が安く設定されている可能性もあります。

ただこの方法の場合、かなりアクセスが悪く通いにくいという欠点もあります。

植物や区画が整理されている公園型

美しく整備されているのが最大の魅力である「公園型」の樹木葬施設は、都心部などに比較的よくみられます。
同じ「公園型」としている樹木葬施設でも、施設によって表情が大きく異なります。
海が見える場所に建てられているところもありますし、まるで花園のようになっているところもあります。この「公園型の樹木葬施設」を希望する場合は、特に一度は現地に足を運んでみることを強くおすすめします。

里山型に比べると、アクセスがよいところに展開しているケースが多いといえます。
植栽が多く敷地内が整備されている公園型の霊園は、同じエリアで比較すると里山型と比較すると管理料が高い場合が多いようです。

お寺の敷地内にある寺院型

寺院が運営している樹木葬施設です。「自分自身が仏教徒である。お墓を購入するだけのお金はないが、仏教の教え・考え方のもとで供養されていきたい」と考える人には、このような寺院型の樹木葬施設が望ましいでしょう。

寺院型であっても、「宗教・宗旨を問わない」としているところもあります。
しかし「在来仏教のみ」としているところも見られます。樹木葬は宗教・宗旨の違いに比較的寛容な埋葬方法だといえますが、例外もあります。

寺院型の樹木葬を希望する場合、または自分の信仰する宗教が在来仏教ではない場合は、確認が必須です。
また、在来仏教の信仰者や寺院型以外の樹木葬を希望している人の場合も、一度は樹木葬施設に対して「自分はこのような宗教を信仰しているが、問題なく埋葬してもらえるか」と聞いておく方が安全です。

樹木葬の場合は一般的な「墓地を利用した埋葬方法」よりも自由度は高いものです。
ただ、寺院での樹木葬の場合は、檀家にならなければならないケースもあります。この場合は、樹木葬の金額にプラスして、入檀料や寄付金が必要になることもあります。
特に「費用を抑えたいから樹木葬にしたい」と考えている場合は、この点にも注意が必要です。

埋葬方法~個別なのか合葬なのか~

「樹木葬」と一口にいっても、そのかたちはさまざまです。特に「埋葬方法」には大きな違いがみられます。

埋葬方法は、樹木葬の費用の決定にもダイレクトに影響してくる点なので、しっかりと理解しておきたいものです。

一定期間は個別埋蔵の個別型

土地を区画で分けて、その一つひとつに個別に埋葬していく方法を「個別埋葬・個別型」といいます。一般的なお墓とほぼ同じ認識で使うことができ、ほかの人と同じところに眠ることもありません。

墓碑や木・花も独立しているため、もっともプライバシー性の高い埋葬方法といえます。
「本当はお墓にしたい。死んだ後にまでほかの人に気を使わせるのはかわいそうだ。
しかし費用の面で、墓石や墓所の購入は難しい」と悩んでいる人には、この方法がおすすめです。
また、「個別型」とはしていますが、「家族は入ることができる」としている樹木葬施設も多くみられます。

個別型を選ぶ場合に、特に確認してほしいのは「最終的には合祀となるのか、そうではないのか」の点です。
個別型にしていても「30年が経過した時点で合祀とする(どれくらいの期間置いておくかは施設によって異なる)」としている施設もあります。
その一方、「何年経とうと合祀はしない。その区画は永久にそのご家族のものだ」とするところもあります。

同一施設の場合では、「個別型」は「合祀型」「中間型」よりも例外なく高い価格設定となります。

初めから複数のご遺骨と眠る合葬(合祀)型

「故人は寂しがり屋だったので、みんなとにぎやかに過ごしてほしい」「とにかく金をかけないでくれというのが故人の意向だった。それを叶えてやりたい」という願いがあるのであれば、合葬(合祀)型を選ぶとよいでしょう。これはご遺骨をほかの人と混ぜて埋葬する方法です。
この方法の場合、埋葬後の改葬は不可能です。

1本のシンボルツリーの元で多くの人と一緒になって眠る方法です。個別のスペースを確保する必要がないので、合葬(合祀)型はかかる費用はもっとも少なくなります。
また、合祀型の場合は毎年の管理費用も少なく設定されている場合が多いといえます。
経済面を理由として樹木葬を選ぶのであれば、この方法がもっともおすすめです。

個別型と合祀型の中間もある

「お金があまりなくて、個別でお祀りするのは難しそう。しかしほかの人と遺骨が混じってしまうのは嫌だ」「人と関わるのがとても好きな人だったが、プライベート空間は確保してやりたい」と思うのであれば、個別型と合祀型の中間のかたちを選びましょう。
これは、「骨壺は個別に収納することができる。ただ、地上にあるのは1本の木や墓碑なので、手を合わせる箇所はほかの人と共通である」というものです。

個別型の「プライバシー制」、合祀型の「にぎやかさ」を両立できるのがこのかたちです。費用も2つの中間くらいです。ただ、樹木葬施設では原則として「個別型」と「合祀型」を用意していますが、「中間型」は取り扱っていないところもあります。
このため、このかたちを希望するのであれば、まずは該当する施設を探すところから始めなければなりません。

骨壺は取り出せる? 取り出せない?

樹木葬についての記事を見ていると、しばしば「樹木葬を行うと骨壺はとりだせない」という表現にぶつかることがあります。しかしこれは実は正しい話ではありません。

樹木葬にはさまざまな埋葬方法があります。
ご遺骨を砕いて埋める方法もあれば、布に包んで埋葬する方法、骨壺に入れて埋葬する方法もあります。骨壺に入れて埋葬する方法の場合、後から取り出すことも可能です。
「骨壺をそのまま埋めるやり方は、布に包んで埋葬する方法よりも値段が高い」と思われるかもしれません。
しかしこのあたりに関しては、「骨壺を埋める方が絶対に高い」などと言い切れるものではありません。

「今はお金がないので樹木葬にするが、将来的にはお墓を建てる」
「祭祀継承者が転勤予定。今度の転勤が最後になるので、そこでお墓を建てる予定がある。それまでは樹木葬とする」
などのようなライフプランがあるのならば、「取り出せる樹木葬」を選ぶようにしなければなりません。なお、合祀型の場合は最初からほかのお骨と一緒にして埋葬するので、改葬は不可能です。

名前を刻むプレートの有り・無し

「樹木葬を希望しているが、どこに家族が眠っているのかがすぐに分かるようにしたい」ということで、プレートを設置する人もいます。プレートには、故人の名前や苗字を入れることができます。
このプレートのかたちや材質、デザインは実はさまざまです。
花の模様が刻印されたものなどもよく見られ、デザイン性の高さがうかがえるものもたくさんあります。

現在は墓石も多様化していっていますが、そしてあくまで個人的な印象ではありますが、樹木葬のプレートは墓石よりもより自由で、より個人の好みが反映されているものが多いように思われます。
また、故人の名前も、戒名ではなくて俗名(生きていたときの名前)で彫り込まれるケースが多くみられます。

ちなみにこのプレートについてですが、これは「無料(永代供養料・永代使用料に含まれる)」としているところもありますし、別途料金が発生する場合もあります。このあたりも確認しておきましょう。

ペットが眠れる樹木葬も価格は同程度

飼い主に抱かれて笑顔の柴犬

樹木葬の場合は「ペットも一緒に埋葬できる」としているところも多くみられます。
家族として一緒に暮らしてきたペットと、死んだ後も一緒に暮らしたいと思う人にとって、樹木葬は非常に魅力のある選択肢だといえるでしょう。

多くの樹木葬施設では、「ペットを入れられる区画も入れられない区画も(あるいは『入れる場合も、入れない場合も』)値段は変わらない」としています。ただ、一部の樹木葬施設では、ペットを入れられる区画はそうではない区画に比べて少し高めの価格に設定しています。

なお、「ペットも可」としている樹木葬施設は非常に多いのですが、「ペットだけを先に入れて、自分が死んだら自分もそこに入る」というやり方ができる施設はほとんどありません。
人間と一緒に入ることが前提となっています。そのため、ペットが息を引き取る→飼い主がペットを火葬しお骨にして、自宅で保管→飼い主が亡くなった時点で飼い主と一緒に祭祀継承者が埋葬する というやり方をことになります。

樹木葬のメリット

新たに発見する

樹木葬は比較的新しい概念ではありますが、これからも伸びていくことが予想される弔い方法です。そのため、今後は選択肢が増えていくと考えられます。

樹木葬の場合、

  • 永代供養を前提としているので、祭祀継承者が必ずしも必要とはいえない
  • 値段が比較的安い
  • 自然のなかで眠ることができる
  • ペットのお骨も一緒に埋葬できるところがある(寺院では不可のところが多い)

という数多くのメリットがあります。

「子どもがいないので、受け継いでくれる人がいない」
「墓石と墓所を買うほどのお金が確保できない」
などのように考える人にとっては、非常に心強い埋葬方法だといえるでしょう。

また、現在は樹木葬の考え方も整理・多様化していっています。
単純に「野山に撒く」という方法だけでなく、「美しい公園型の霊園に眠ることのできる樹木葬」「1人だけでなく家族と一緒に眠ることができる樹木葬」なども登場しています。
樹木葬を行っている団体の選択肢も広く、好きなところを選ぶことができるでしょう。

ちなみに、ここでは「樹木」「シンボルツリー」という言葉を使っていますが、現在では「花」を中心とした埋葬方法も見られます。これの場合も、「自然に抱かれて眠る」という一点が同じであるなら、一般的に「樹木葬」と呼ばれます。

樹木葬のデメリット

家族会議をする3人

しかしながら、樹木葬にもデメリットはあります。

樹木葬のデメリット 

  • ほかの人の理解が得られにくい
  • 交通の便が悪い場合もある
  • 改葬を希望する人は注意が必要

ほかの人の理解が得られにくい

第一に、「ほかの人の理解が得られないこともある」という点です。
私たちはどうしても、「人が亡くなった後に手を合わせる場所」として「お墓」をイメージします。

樹木葬はシンボルツリー(や、埋葬方法・施設によっては墓碑)はあるものの墓石を作らない方法であるため、「どこに手を合わせたらよいかわからない」と戸惑う人も出てきます。このため、樹木葬を行う場合は周囲の理解が必要不可欠です。

交通の便が悪い場合もある

それ以外の問題点としては、「樹木葬を行える場所は、交通の便が悪いところにあることも多い」という点が挙げられます。
特に里山型(山林を樹木葬の部位岱とするもの)の場合は、アクセスに難がある場所であることが多く、お参りに行くのが大変だというデメリットがあります。

改葬を希望する人は注意が必要

また、樹木葬の場合は「改葬」が非常に難しいというマイナス点もあります。
初めから合祀型(ほかの人のご遺骨と合わせて供養する方法。もっとも金額が安い)にした場合はもちろん改葬ができませんし、施設によってはご遺骨を砕いてから埋める場合もあります。「現在は樹木葬というかたちにするが、後からお金ができたらお墓を建てて改装する」と考えているのならば、そのハードルはかなり高いものといえるでしょう。

また、個別のスペースに埋葬した場合であっても、一定期間が過ぎたのちには、合同で合葬される可能性もあります。このことをきちんと理解したうえで選ばなければなりません。

もっとも、「樹木葬にしてしまったら、絶対に改葬ができない」と考えるのは誤りです。なかには「骨壺ごと埋めることができるので、希望すれば後からでも改葬は可能だ」としている霊園もあります。
ただ「ご遺骨の埋め方」については詳細をホームページ上では語っていない霊園も多くみられるため、後で改葬する可能性がある場合は事前に施設にその意向を伝えておいた方が安心です。

ちなみに、「今現在お墓の下に眠っている遺骨を取り出し、お墓を併願供養したい」というような、お墓→樹木葬への改葬の場合は何も問題はありません。滞りなく行えるでしょう。

かつて起きた樹木葬の「問題点」

樹木葬には多くのメリットとデメリットがあります。

また、現在広がっている方法ではありますが、1999年から5年後の2004年、北海道にて「墓地以外にご遺骨を撒くのはいかがなものか」という問題提起と運動が起きたという歴史もあります。
現在ではこのようなことも踏まえ、墓地以外での樹木葬はほとんど行われなくなりました。

2006年には横浜市が初めて公営での樹木葬を手掛け、2012年には都内でも樹木葬が公営で行われるようになりました。
翌年からは「よりそれぞれの好みに合致したかたちの樹木葬を提供したい」ということで、さまざまなやり方の樹木葬が提案されるようになりました。

樹木葬とほかの弔い方法の違い~やり方と価格面での差

電卓で計算する手

樹木葬とほかの埋葬方法の違いについて、主に「費用」の面から見ていきます。

樹木葬とほかの弔い方法の違い~お墓

「お墓に埋葬する方法」に関しては、特に説明は必要ないでしょう。
墓所に墓石を建てて故人(ご遺骨)を埋葬する方法です。

お墓を一から建立するときにかかる費用は、だいたい150万円~300万円程度だとされています。お墓の建立のためにかかる費用は、「墓所」の値段が大きく影響してきます。

東京の一等地などの場合は土地代のせいで価格があがりますし、逆に地方などでは土地代が安いためお墓も安く建てられます。
ただ、現在お墓は一種の「ぜいたく品」になりつつあるとはいえるかもしれません。
なお、「土地代が高いので自分の家の庭(敷地内)に墓を建てたい」と考える人もいるかもしれません。

しかし現在は、一部の特例を除き、墓を故人の所有地に建てることはできません。そのため、ほぼ必ず「墓所を購入して、墓を建てる」という工程が必要となります。
墓石自体を安いものにすることはできますが、墓所の値段は同じ地域であるならばそれほど変わらないでしょう。
※ただし、「墓地、埋葬等に関する法律/昭和23年5月31日施行」の前に建てられたお墓は、墓地にあるものでなくても、継続が認められています。これは「みなし墓地」と呼ばれています。

このため「お墓を建てること」は、現在では「もっとも費用のかかる埋葬方法」としてとらえられることが多くなっています。
樹ただし、木葬はお墓を建てることに比べて「費用が安く抑えられる」と言われていますが、これはあくまで「墓地・お墓を一から建てたときと比べて」の話です。

すでに先祖代々の墓があるのであれば、そこに埋葬するだけで済むので、費用はほとんどかかりません。
「樹木葬がお墓を建てるときに比べると安く済む」のは、あくまで「お墓を一から建てる場合に比べて安くなる」ということですから混同しないようにしたいものです。

樹木葬とほかの弔い方法の違い~海洋葬

青い海に浮かぶ船

「樹木葬」が「山に還る埋葬方法」であるのなら、「海洋葬」は「海に還る埋葬方法」だといえるでしょう。

海洋葬の場合はフュリーなどで海に出て、そこで故人のご遺骨を散骨します。
ほかの方法とは異なり、海洋葬の場合は手元にご遺骨を残す手段がありません(「散骨する前に一部を分骨しておく」という方法ならば可能です)。また、海洋葬の場合は散骨・埋葬前に、ご遺骨を粉々に粉骨することが求められます。

海洋葬の場合は、主に3つのやり方に分けられます。

  1. 個別に散骨を行う
  2. 海洋葬を希望する人たちでフュリーをチャーターして海に出て、そこで散骨を行う
  3. 業者に散骨を頼んで行ってもらう

上に行くほど金額が高く、下に行くほど金額が安くなります。
もっとも高い方法でも40万円程度、一番安い方法ならば3万円台と比較的費用を抑えられるのが海洋葬の強みです。
樹木葬よりも価格を抑えられることもあるので、検討してみるとよいでしょう。

ただし、海洋葬の場合は「粉骨の必要がある」「改葬は不可能(樹木葬の場合は、改葬は難しいものの可能なケースもある)」「お参りに行くのが極めて大変」という欠点があります。ここで挙げているほかの方法は、樹木葬も含め、「自分の足でお参りができる」という特徴を持っていますが、海洋葬の場合は船にのって海に出なければお参りができません。

そのため、単純に「値段が安いから」という理由だけで決めてしまっては後悔することにもなりかねません。
「とにかく本人が、お金のかからない散骨・埋葬を希望していた」「とても海が好きな人だった」「もう親戚縁者もいない」などのように確固たる理由があればもちろん構いません。
「現在はお金がないので海洋葬を考えているが、できればほかの方法でお見送りしたい」ということであれば、しばらくは手元供養(後述します)を続け、お金ができたときに改めて散骨・埋葬方法を考えるとよいでしょう。

樹木葬とほかの弔い方法の違い~納骨堂

納骨堂 マンション墓

納骨堂とは、さまざまな団体が管理する「お骨を納めるための施設」をいいます。
ロッカー型のものがもっとも有名ですが、仏壇型や墓石型のものもあります。特記しない限りは「屋根のある屋内」でお参りすることが前提となっている施設が多く、天候に左右されずにお参りできるのがもっとも大きな特徴です。
また、交通の便のよいところに建てられていることも多いので、アクセスもしやすいでしょう。

現在は多くのかたちで展開している納骨堂ですが、これの価格は50万円~100万円程度が相場です。金額的に見た場合、樹木葬とほぼ同じ価格帯に位置します。
そのため、「樹木葬を選びたいと思っているのは、費用的にちょうどよいからだ」と考えている人は、この「納骨堂」も選択肢に入れてみるとよいでしょう。

また、例外もありますが、「ある程度の時間が経過したら合祀にする」というスタイルをとっている運営団体が多いのも共通しています(ただし例外もあります。「どれだけ時間が経とうとも、合祀はしない」としているところもあります)。

樹木葬と納骨堂のそれぞれのメリットは、まとめると以下のようになります。

樹木葬メリット 納骨堂メリット
  • 自然に抱かれて眠ることができるので自然を愛していた人に最適
  • プランによっては、植える花や木を選ぶことができる
  • ほぼすべてのところで「宗教・宗派不問」を謳っている(樹木葬の場合も「宗教・宗派不問」と謳っているところが多いが、寺院運営のところなどでは『在来仏教のみ』としているところもある)
  • 天候に対応しているので、どんな天気のときでもお参りしやすい
  • アクセスのよいところにあることが多い
  • 設備が整っており、バリアフリーになっていることが基本

「費用」「永代供養」に関しては、樹木葬と納骨堂は非常によく似た特徴を持っています。そのため、「それ以外のところ」で選び分けていくとよいでしょう。

樹木葬とほかの弔い方法の違い~本山納骨

「本山納骨」とは原則として仏教のときに見られる埋葬方法です。
これは自分の信仰する宗派に遺骨を納めるものです。関西方面では比較的よく知られているやり方ではありますが、関東方面ではあまり知られていません。

本山納骨は、原則として「分骨スタイル」をとります。一部を本山に納め、合祀するのです。本山ということで信仰対象と同じ場所に眠ることができるのが一番のメリットです。
信仰心の強い人に特に愛されてきた方法であり、敬虔な仏教徒の人などはこのやり方をとることをお勧めします。
また、本山の寺ですから、寺の運営方法・運営状況に左右されることなく安心して預けられるのもメリットです。

この本山納骨の場合、かかる費用は2万円~と比較的リーズナブルです。
これは、もともと本山が、「身寄りのない人、お墓に入れる金銭的余裕のない人」の受け皿になっていたことも影響しているのかもしれません。

ただし本山納骨だと「分骨」が基本となるので、ほかのご遺骨を供養する方法をまた別に探す必要が出てきます。
本山納骨でも「全骨納骨」を行うことができますが、これにかかる費用は寺院ごとで大きく差があり、お寺によっては200万円もかかることもあります。

「全骨納骨を比較的抑えめの価格で引き受けてくれるところが、自分(故人)の本山である」「残りの骨は手元供養していくようにと言われている」というようなケース以外の場合は、本山納骨にプラスしてほかの場所に納骨するための費用が必要となります。
そのため、費用面だけを考えるのであれば、本山納骨は(一部の特例を除き)少々ハードルが高い方法だといえるでしょう。

樹木葬とほかの弔い方法の違い~手元供養

分骨、骨壺

「手元供養」は、今回紹介している6つの供養方法のなかで、もっともお金のかからない供養の方法です。

手元供養というのは、文字通り、「手元に骨壺をおいてずっと供養していく」とするやり方です。
お墓や樹木葬、海洋葬、本山納骨、納骨堂、そのどれもがご遺骨をどこかに納めることを前提としていますが、手元供養の場合はずっと骨壺を手元に置いたままにします。ほかの埋葬方法と組み合わせて行われることも多いもので、この場合は「分骨」とも呼ばれます。
分骨の場合は、ある程度のお骨を手元に残し、残りを樹木葬や海洋葬などで弔っていきます。特に「本山納骨」の場合は、この「分骨」を基本とします。

実のところ、日本では「○年経つまでに埋葬をするべし」という法律があるわけではありません。また、「いつまでも手元においておいては故人が浮かばれない」とする説もありますが実際にはそのようなことはありません。
故人をずっと身近に感じていたいから、すぐ側で見守っていてほしいからなどの理由で手元供養を選ぶ人もいますし、経済的な事情から手元供養を選ぶ人もいます。

手元供養の場合、そのやり方は大きく分けて2通りあります。

  1. 1つは骨壺に入れたまま仏壇などに置いておく方法。
  2. もう1つはペンダントなどにする方法です。

骨壺に入れたまま仏壇などに置いておく方法

骨壺に入れたまま仏壇などに置いておく方法は、お金がかかりません。
現在は手元供養用のミニ仏壇やファッショナブルな骨壺も出ていますから、「インテリアの一部」として仏壇を考えるのならばこのようなものを購入してもよいでしょう。

また、「故人はおしゃれな人だったから、最後の住処もファッショナブルにしたい」と考えるのであれば愛らしいかたちの骨壺を選ぶのもよいものです。これらはサイズもかたちもまちまちです。
骨壺は1万円を超えないものもありますし、小さい仏壇ならば5万円程度まで出せるのであればかなり選択肢が広がります。
ミニ仏壇の場合は1万円台から販売しているので、価格と品質、デザインなどを見比べて、故人らしいもの、現在の住まいに合うものを選んでいくとよいでしょう。

ペンダントなどに入れる方法

一般的に「「遺骨ペンダント」などで呼ばれます。ペンダントトップに、砕いた故人のお骨を納めるものです。
この方法は「日常的に使うアクセサリー」に入れられるということで、故人をもっとも身近に感じられる方法でもあります。

現在はさまざまなアクセサリーが出ており、一見しただけではご遺骨を使ったアクセサリーとは分かりません。
かたちもさまざまで、すっきりした四角形のものもあればティアドロップ型、特定のスポーツで使われる道具をモチーフにしているものなどもあります。
また、ご遺骨をダイヤモンドにするやり方もあります。

こちらも、樹木葬よりも費用が安くなる傾向にあります。
ペンダントトップに入れるやり方であるならば1万円を切る価格で提供されているからです。ただ、「ご遺骨をダイヤモンドに」という方法を選ぶ場合は、50万円を超えるケースも珍しくありません。場合によっては70万円以上となることもあり、樹木葬よりも高くつきます。

もちろんプランごとで異なりますが、埋葬にかかる金額は、高い順番に以下のようになります。

  1. お墓の新設~購入(特に都心部)
  2. 納骨堂=樹木葬、手元供養でダイヤモンド加工を選ぶ
  3. 海洋葬
  4. 本山供養(ただしほかの方法と組み合わせる必要があるので、実際にはもっと高くなることもある)
  5. 手元供養でペンダントもしくはミニ仏壇などを選ぶ

この記事のまとめ

樹木葬は、大自然のなかで眠る埋葬形態をいいます。「お墓を一から立てて墓石を買い、そこに埋葬する」という方法よりも費用が抑えられるのが特徴で、50万円程度で最後の住処を手に入れることができます。

  • 納骨堂とほぼ同じ価格でありながら自然の風を感じながら眠ることができる魅力
  • 海に散骨する海洋葬よりもお参りがしやすいこと
  • ほかの埋葬方法も併用することが前提となる本山納骨
  • 最終的にはまた別の埋葬方法を探る必要が出てくる手元供養

と比べるとメリットが大きい樹木葬ですが、同時に、

  • 天候が悪いとお参りが難しい
  • 海洋葬よりも値段が高い傾向にある
  • 本尊のお側で眠ることができない
  • 基本的には手元供養よりも値段が高い

というデメリットも持っています。埋葬方法には良い・悪いはありませんから、故人や家族の意思に合致するものを選ぶよよいでしょう。

樹木葬は、しばしば「永代供養の埋葬方法である」とされます。しかし「永代供養」の価値観や解釈は、人によって大きく異なります。
「管理だけではなく、さまざまなタイミングで法要までをしてくれるのかどうか」「最終的には合祀になるのかならないのか」を大きな基準として、希望する樹木葬施設の考える「永代供養」と家族が考える「永代供養」に齟齬がないかをすりあわせていく必要があります。

認識に齟齬がある場合、たとえ多少値段があがってもほかの樹木葬施設を選んだ方がよい場合もあります。樹木葬の値段を決めるのは、「土地代」と「内容」です。一般的に土地代が高いところにある樹木葬施設は値段が上がりやすくなります。
「内容」は、「どのような埋葬方法を選ぶか」によって異なります。埋葬方法は大きく分けて

  1. 個別埋葬型
  2. 中間型
  3. 合祀型

の3つです。上にいくほどプライバシー性が高く、また料金も高くなります。

費用は「永代使用料(永代供養料)」「管理料」「周辺備品料」「埋葬料」に分けられます。
もっとも大きな割合を占めるのは「永代使用料(永代供養料)」ですが、毎年かかることになる管理料も、施設によってかかる場合とかからない場合がある周辺備品料も、高い場合だと10万円以上することもある埋葬料も、しっかり確認しておかなければなりません。

なお、「お金が足りないから今は樹木葬にする。最終的にはお墓を建てて、そこに改葬する」と考えている人は、必ず「骨壺が取り出せるタイプの埋葬方法かどうか」をチェックしてください。

樹木葬は比較的ペットの受け入れに対しても寛容であるため、多くのところで「ペットも一緒に埋葬できる」としています。
ペットを埋葬する場合でも区画の値段は変わらないことが多いのですが、一部例外もあります。また、ペット可の樹木葬施設でも、ペットだけを先に埋葬することは基本的にはできません。

日本で初めての樹木葬施設は、1999年にできました。
それから20年の間で、樹木葬の考え方や理念は非常に広く知れ渡ってきています。今後も注目を浴び続けていくであろう樹木葬は、埋葬方法の選択肢のひとつに入れるべきものだといえます。

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国7,000件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電話相談:0120-907-802 墓じまい相談

地域から霊園検索

人気の霊園・墓地