【愛するペットのために】ペット霊園を選ぶポイントと注意点を知っておこう!

スポンサーリンク

昨年、関西のとあるペット霊園が突然閉鎖したニュースをご存知でしょうか。
閉園した敷地内には、個別のお墓から掘り出された遺骨が放置されていたそうです。

家族として大切にしているペットがいる方は、この時の飼い主の気持ちはわかるのではないでしょうか。
愛する家族が安らかに眠れるように選んだお墓が、突然なくなってしまったのですから。

生き物はいつかは亡くなるものです。しかし、元気で愛らしい姿を思うほど、現実を受け止めるのはとても厳しいですよね。
ペットの幸せを願うのであれば、元気に生きた後のことを用意するのは飼い主の勤めだと筆者は考えます。

「ペットの終活」も認知度が上がっているなかで、まずはお墓について考えるのはいかがでしょうか。

ペット霊園に関するこのような疑問を解消!

  • ペット霊園を探すときに家族で決めるべきことは何がある?
  • 家族にとって最良なペット霊園を選ぶポイントは?
  • お墓を建てる以外の供養方法ってあるの?

この記事では、あなたと愛するペットにとって一番ふさわしいペット霊園の探し方をお伝えします。
また、ペット霊園に納骨する以外の供養法も合わせてご紹介しています。

さまざまな方法のなかから、最も希望にかなうペットの弔い方を比較検討をして選びましょう。

ペット霊園を探し始めるときに決めておくべきことは3つ

動物の供養塔

この章では、ペット霊園を探し始める前に、決めておくべき3つのことについて解説します。

ペット霊園は、特に都市部にはかなりの数があるため、全ての情報をチェックしようとすると大変です。
基本的な方針をあらかじめ決めておくことで、効率よく情報を探すことができます。

  1. 宗教・宗派にこだわるか
  2. 葬儀や火葬を行いたいか否か
  3. 個別のお墓か合同のお墓のどちらがいいか

それぞれの詳細について、具体的にご紹介します。

仏式と宗教フリー、どちらの霊園がよいか

ペット霊園には、お寺が管理する仏式の霊園と、宗教不問の霊園の2種類があります。
お寺が管理する霊園に納骨したからといって、檀家になることを求められるわけではありません。

ただ、お寺が管理する霊園は、供養のための木板でできた卒塔婆(そとば)が飾ってあったり、納骨堂内でお経のテープが流れていたりと、けっこう仏教色が濃い霊園が多いです。

「人間と同じような荘厳な雰囲気がありがたい」という人もいれば、「かわいいあの子に重厚な仏教の雰囲気は似合わない」と感じる人もいることでしょう。

あまり仏教色の濃い霊園では供養したくないという人は、お寺が直接運営する霊園は選ばないほうが無難です。

火葬や葬儀もやってくれる霊園がよいか、お墓だけでよいか

すでにペットの遺骨が手元にあるわけではなく、これからのことを考えて情報を集めている人は、 火葬や葬儀も行ってくれる霊園がよいか、お墓を建てるだけでよいかを決めておきましょう。
火葬に始まるペットの弔い方には、次の3つのパターンがあります。

  • 公営の斎場で火葬し、遺骨を引き取って納骨する
  • 民営のペット火葬場で火葬や葬儀を行い、遺骨を引き取って納骨する
  • 火葬や葬儀に対応するペット霊園で、火葬から納骨まで全てを行う

それぞれ詳しくご紹介します。

  • 市の斎場で火葬してもらい、遺骨を引き取ってペット霊園に納骨する

    ペット火葬を行っている市の斎場などで火葬してもらうと、火葬料金は2千円から3千円程度と、かなり安く済みます

    個別火葬をしてくれるところであれば遺骨を持ち帰ることが可能ですが、他のペットたちと合同火葬としているところは遺骨の持ち帰りができないため、注意が必要です。
  • ペット火葬場で火葬や葬儀をしてもらい、遺骨を引き取ってペット霊園に納骨する

    ペット火葬を行っているところで火葬のみを済ませ、遺骨を持ち帰る方法です。
    火葬料金は1万5千円から5万円程度で、ペットの大きさや立ち会いをするか否かなどで料金が変わります

    葬儀に対応しているところでは、オプションで火葬前に簡単な葬儀を行ってくれます。
  • 火葬や葬儀に対応しているペット霊園で火葬から納骨までを済ます

    火葬場併設のペット霊園であれば、火葬から納骨までを当日のうちに済ませることが可能です。
    火葬、葬儀、納骨まで合わせて5万円から7万円程度が相場です。

どのパターンがよいかを考え、ペット霊園を探すなら、火葬から納骨までのプランを同時に練りましょう。

個別のお墓と合祀と納骨堂、どの弔い方がよいか

ペットを霊園で供養する方法としては、次の3つがあります。

  • 個別のお墓に納骨する

    人間同様に個別のお墓を建てる方法です。費用は、小さいものなら数万円、人間と同じくらい大きなお墓を望むのであれば数十万円になることもあります。
  • 合祀する

    骨壺から遺骨を取り出し、他のペットといっしょに眠る方法が合祀です。
    数千円から1万円程度で納骨できます。
  • 納骨堂に骨壺を安置する

    骨壺のまま、ペット霊園やペット火葬場併設の納骨堂に骨壺を安置する方法です。
    1万円ほどの年間契約とするのが相場です。

以上、ペット霊園を探す前に決めておきたい指針についてお伝えしました。
次章では、いよいよ具体的に最良のペット霊園を探していきます。

最良のペット霊園を選ぶためのポイントは4つ

チェックリスト

この章では、最良のペット霊園を選ぶためのポイントについてお伝えします。
前章で紹介した基本的な指針を踏まえ、候補をある程度絞ってからこのステップに進みましょう。
ポイントは全部で下記の4つです。

  • 自宅からのアクセス
  • 閉園時間
  • 園内の管理
  • 園内の雰囲気

順を追って詳しく説明していきます。

自宅からのアクセスは良好か

ペットへは、いつでも何度でも会いに行きたくなるものです。
思い立ったらすぐに会いに行けるような距離にある霊園を選びましょう。

開園時間のしめきりが自分にとって早すぎないか

ペット霊園には開園時間が設けられているのが一般的です。
「今日、仕事が終わったら会いに行きたい」と思っても、閉園時間を過ぎていたら会うことはできません
仕事帰りに立ち寄りたい人は、なるべく遅くまで開いているペット霊園を選びましょう。

園内の手入れが行き届いているか

見学に行ったら、園内を見渡してみて、手入れが行き届いているかをチェックしましょう。
掃除も草の手入れもしてもらえない寂しい霊園は、終の棲家としてふさわしくありません。

園内の雰囲気が気に入ったか

「金額は相場の範囲でアクセスバッチリ、手入れも行き届いているのに、何となく気に入らない」 そんなときはやめておいた方が無難です。
ペット霊園は、管理者の考え方により全体のデザインに個性が生まれます。

仏教色の濃い雰囲気、ファンシーな雰囲気、シックな雰囲気など、印象は霊園によってさまざまです。
自分と愛するペットにぴったりの雰囲気の霊園を探しましょう。

以上、最良のペット霊園の選び方についてお伝えしました。
それでもやっぱり霊園選びに迷うという人のために、次章ではペット霊園以外の弔い方を紹介します。

ペット専用霊園以外にもある、さまざまな弔い方

手の中にあるハートのペンダント

ペット専用の霊園以外にも、さまざまな弔い方があります。4つの方法をご紹介します。

人と入れるお墓でいつまでも一緒

人間とペット、両方納骨できるお墓があります。
「ペットと眠れる霊園」などと検索すると、きっとたくさんの情報が出てくることでしょう。
愛するペットといつまでも一緒にいられる方法です。

遺骨をミニ骨壺に入れて自宅で供養

自宅で遺骨を供養する「手元供養」用として売られているミニ骨壺のなかには、ペットの納骨にぴったりなものが少なくありません。
ミニ骨壺や遺影をリビングなどに置いて供養すれば、おはようからお休みまで、愛するペットと一緒です。

遺骨をアクセサリーに入れて肌身離さず身につける

遺骨をペンダントトップの中に入れて供養するカロートペンダント、ストーンの代わりに樹脂加工を施した遺骨を込める指輪など、遺骨供養ができるアクセサリーがあります。

とくにペット愛の強い人は、アクセサリーにして肌身離さず身につけてみてはいかがでしょう。

遺骨や遺毛をオリジナルのぬいぐるみに仕込む

犬や猫の遺毛をとっておいたのであれば、遺骨と一緒にぬいぐるみに仕込むことが可能です。

生前のペットそっくりのぬいぐるみを作り、そのぬいぐるみのなかに遺骨を込めてくれたり、遺毛を縫い付けてくれたりするサービスがあります。

以上、ペット専用の霊園に弔う以外の方法を紹介しました。
「庭に埋めるのはだめなの?」「散骨できないの?」と疑問に思っている方もいることでしょう。
次章では、違法ではないけれど、周りへのちょっとした気遣いが必要になる弔い方について解説します。

法に触れないけれど節度が必要な弔い方

大空を舞う複数の風船

法律には触れない、でもしっかりとしたマナーを守らないと周囲とトラブルになってしまうような弔い方があります。
その弔い方は、土葬と散骨の2つです。順に、何が問題なのかをみていきましょう。

敷地内に土葬するのは小動物に限るのが無難

持ち家の場合は、火葬ではなく、敷地内に土葬して供養をしたい人もいるかと思います。
インコや亀、ハムスターといった小動物なら、庭に埋葬しても差し支えありません。

しかし、おとなの猫や大型犬を土葬するのは、避けたほうが無難です。
遺体を野犬などが掘り起こしてしまう可能性があり、衛生的に危険だからです。

また、大きな穴を掘っていると近所の人が気づきます。
他の家のペットが埋葬されている場所の近くに住むことに、嫌悪感を覚える人もいないとはいえません。

土葬するのは小動物に限りましょう。
犬や猫をどうしても土へ還したい場合は、火葬をしてから遺骨を埋葬するようにしましょう。

散骨するときは周囲に配慮して

ペットの遺骨を散骨することについては、法律で禁止されていません。
しかし、法に触れないからといって、いつでもどこにでも散骨して良いというわけではないでしょう。

人目に触れないところ、水源にならないところにそっと散骨しましょう

以上、法に触れないけれど気をつけたほうが良い弔い方についてお伝えしました。

まとめ

以上、ペット霊園の選び方や、ペット専用霊園以外での弔い方について解説しました。

自分と愛するペットに一番ふさわしい供養方法が、見つかったでしょうか。限りある命を精一杯生きてくれた家族を最良の方法で供養するために、さまざまな選択肢について考えてみましょう。

ペットの終活に関する準備をしっかり行い人は、下記の関連記事もぜひ参考にしてください。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索