永代供養のときに位牌はどうする?位牌の目的や扱いを解説

スポンサーリンク
仏壇の位牌

「永代供養のお墓に決めた」というあなた。以後、仏壇や位牌はどのように扱いますか?
また、墓じまいをするにしても、家には仏壇と位牌が残ります。

「捨てるなんてできないけれど、家に置いておけと言われても困る」という人もいるのではないでしょうか。

この記事ではこのような疑問を解消!

  • 「永代供養のあと、位牌はどうするべき?」
  • 「位牌も永代供養してもらうことはできないのだろうか?」
  • 「そもそも位牌ってどうして作るの?作らないのもアリ?」

この記事では、以上のような疑問や要望を持つ人のために、まずは位牌のそもそもの意味を解説します。
そのうえで、永代供養を選んだときの位牌の扱い方についてご案内していきます。

「位牌を手放すなんて、バチが当たるのでは……」などと思う必要はありません。
作法にのっとってきちんと手放せば、最後まで故人を立派に供養したことになるのです。

「位牌は誰もいない実家でホコリまみれ」なんて状態は避けられますから、スッキリした気持ちになると同時に、きちんと供養できたのだと安心することもできますよ。

位牌とは故人の名札であり自宅での参拝の対象である

位牌とは、戒名が書かれた故人の名札であり、自宅で仏壇に飾り、供養するためのものです。
中央に故人の戒名、没年月日、享年、俗名などが書かれた木製の札であり、遺影同様に故人を象徴するものとして参拝されます。

ただ、参拝の対象としては、遺影よりも上位に置かれます。
仏壇のお飾りは、一番上にご本尊である仏像や掛け軸、その下の段に位牌、一番下の段に遺影や供物を置く習慣があり、毎日先祖を想って祈るときには、位牌に向かってお祈りすることになります。

仏間にある古くなった仏壇

ちなみに仏壇とは、家に置く「小さなお寺」のようなもので、仏壇に拝めばお寺に参拝するのと同じようなご利益があるといわれています。

そんな仏壇に位牌を祀ることで、参拝に先祖供養の意味もプラスされます。
このように、仏壇と位牌は切っても切れない関係にあるのです。

そもそも位牌はどうやって始まったのか、必ず作るものなのかについて、詳しく説明します。

位牌の始まり

日本における位牌の始まりは中世に見られ、宋(中国)から禅宗と共に入ってきたとみられています。
以後、武士など権力者の間で位牌が作られるようになり、檀家制度が広まった江戸時代には庶民にももたらされるようになりました。

江戸期の庶民の位牌は、木の札に菩提寺から戒名を書いてもらっただけのシンプルなもので、
遺族は葬儀後木札を持ち帰り、家でていねいに祀ったといいます。
そのうち一般家庭でも立派な仏壇を設けるようになると、位牌は仏壇に飾られるようになったのです。

位牌を作る宗派と作らない宗派

位牌を作る宗派と、位牌を作らない宗派があります。
位牌を作らないのが浄土真宗で、それ以外の宗派は基本的に全て位牌を作ります。

浄土真宗で位牌を作らないのは、人は亡くなったらすぐに成仏し、固有の魂が残ることはないという考え方からです。
位牌を作らない代わりに、法名軸と呼ばれる掛け軸や、過去帳と呼ばれる代々の法名を綴ったものを用意します。

ただし、遺族からの強い要望があったときには、浄土真宗であっても位牌が作られることはあります。

位牌はどうしても作らなければならないものではない

仏式で葬儀を行い、僧侶から戒名を授かったなら、位牌を作るのが一般的です。
俗名で供養することが決まっている場合でも、葬儀の儀式の間は、俗名が書かれた白木の位牌が用意されます。

しかし、位牌を作らない宗派が存在するように、必ず位牌を作らなければならないという決まりはありません。

通常、葬儀のためには白木でできた仮の位牌を使い、四十九日法要に合わせて漆塗りの本位牌を用意するのが一般的ですが本位牌は用意しないという選択肢もあります。

お墓について考える夫婦

ただし、遺骨を永代供養するにしても、四十九日法要など回忌法要をしっかり行う予定があれば、位牌の用意はした方がいいかもしれません。

法要を行っているときに手を合わせる対象が、遺影だけになってしまうためです。
遺族はよくても、僧侶や親族のなかには違和感を覚える人も多いでしょう。

位牌を作るのは仏式葬儀において義務ではありませんが、作らない宗派でなければ、ひとまずはあったほうが便利なようです。

では、位牌がすでにあるという前提で、遺骨の永代供養を選んだ場合は、位牌をどう扱えばいいのでしょうか。
次章で解説します。

位牌については、「位牌は供養するのに必要!?その目的や意味について詳しく紹介」でも詳しく解説しているので参考にしてみてください。

遺骨の永代供養を選んだ場合、位牌の扱い方は3通りある

遺骨の永代供養を選んだ場合、以後の位牌の扱い方は、3通りあります。

  • 閉眼供養のうえお焚き上げとする
  • 一時預かり供養をしてもらう
  • 位牌も永代供養をしてもらう

それぞれ解説します。

閉眼供養のうえお焚き上げとする

位牌を処分したいと考えたら、寺院に閉眼供養を依頼しましょう。
位牌とともに、仏壇を処分したいときも同じです。

閉眼供養とは、供養の対象であった位牌や仏壇を、ただの「モノ」に戻す儀式です。
閉眼供養をした後は、魂が宿らないので通常の方法で処分を行ってよいといわれます。

ただ、閉眼供養をしたとしても、位牌を燃えるゴミに出したり、仏壇を粗大ごみに出したりするのは気が進まない人が多いでしょう。

通常は寺院や業者に引き渡し、お焚き上げをしてもらいます。
寺院によっては、位牌のお焚き上げを受け付けていても、仏壇や仏具など大きかったり燃えなかったりするものは受け付けないところもあります。

その場合は、近くの仏壇・仏具店や、遺品整理の業者などに相談するのがいいでしょう。

閉眼供養のお布施の相場は、3万円から5万円です。
閉眼供養後に位牌のお焚き上げを行ってもらうなら、プラス1万円程度が目安です。

仏壇・仏具のお焚き上げを業者に依頼するなら、仏壇の大きさによって料金が変わってきます。

なお、仏壇を移動させる場合にも閉眼供養が必要なケースもあります。
詳しくは「仏壇をスムーズに移動させる方法!日取りや方角など気をつけるポイントを紹介」を参考にしてみてください。

一時預かり供養をしてもらう

「三回忌までは位牌で法要を行いたいが、家には位牌を置けない」
「仏壇を引き払った後、位牌をどうするか迷っている」

といった事情を抱える人には、一時預かり供養がおすすめです。
一時預かり供養とは、月単位、もしくは年単位でお寺に位牌を預けることをいいます。

今までお世話になった菩提寺や、新しく遺骨の永代供養を依頼するお寺、法要を依頼する予定のお寺に相談してみましょう。
月単位、あるいは年単位の管理料を教えてくれるはずです。

預かり料の相場を求めるのは難しいですが、1年につきだいたい1万円から3万円をみておくといいでしょう。

線香と仏花

位牌も永代供養をしてもらう

遺骨と同じように、位牌も永代供養をしてもらえます。
数十年は位牌堂などに位牌を安置しておき、契約期間が過ぎたらお焚き上げを行うのが、位牌の永代供養です。

契約期間はお寺によってさまざまですが、三十三回忌をめどにしているところが多いでしょう。
また、位牌自体はすぐにお焚き上げを行い、過去帳に戒名を書き連ねて供養することで、永代供養としているお寺もあります。

位牌も永代供養を行いたい場合、まずは菩提寺や遺骨の永代供養先に相談してみましょう。
もしそのお寺が位牌の永代供養を行っていない場合は、他に探すことになります。

位牌、あるいは戒名だけを預かり、永代供養を行う場所を「永代祠堂(えいたいしどう)」といいます。
永代祠堂のあるお寺を探しましょう。

いくつかご紹介します。

曹洞宗大安寺(北海道恵庭市)

50年間にわたり位牌を永代祠堂に並べ、毎日または月命日にお経をあげてくれます。
50年間の永代供養料は、毎日供養する「日牌」なら105万円、月命日の供養「月牌」であれば53万円です。
3万円の追加で法事も行えます。

関連ページ:http://daianji-eitai.net/shido-system.html

日蓮宗本光寺(市川市)

永代祠堂、永代供養であれば宗派不問で受け付けてくれるお寺です。
位牌を預けると、毎朝お経をあげてくれるほか、毎月、本堂での行事で供養を行ってくれます。

本堂に安置し、位牌を直接見てお参りできるようにしたい場合は、35万円となります。
その場合、位牌は新しく作り直すことになります。

本堂ではなく、外にある永代供養墓に位牌を納めて供養するなら、料金は10万円です。
ただ、その場合は、位牌が永代供養墓の内部に納められてしまうため、個々のお参りはできません。
位牌は作り直すのではなく、今までの位牌をそのまま安置することになります。

関連ページ:https://www.honkouji.com/houmu/kuyou/eitai/ihaidan

和宗総本山四天王寺(大阪市)

日本最古の官寺として、宗派にこだわらず永代供養を受け付けてくれます。
位牌そのものではなく、過去帳に戒名を書き写して供養します。
毎日の供養である「日牌」なら20万円、月命日の供養「月牌」なら10万円です。

関連ページ:http://www.shitennoji.or.jp/eternal.html

いざというとき、位牌を手放す方法がいくつかあることを知って、安心した人もいることでしょう。
また、「それなら墓じまいをした後に、先祖代々の位牌を永代供養してもらいたい」と思った向きも多いと思います。

墓じまいとは、今まであった先祖代々のお墓を撤去し、墓地を管理者に返還することです。
地方から都心に出てきて独立した家庭を築いた人は、とくに「実家のお墓をどうするか」と悩みがちで、墓じまいを検討する例が増えています。

次章では、墓じまいと永代供養の流れについて詳しくお伝えします。

墓じまいをして遺骨と位牌を永代供養にするときの流れ

墓じまいをして、遺骨と位牌を永代供養にするときの流れは以下の通りです。
位牌とともに仏壇も手放したいと考える人が多いでしょうから、仏壇についても触れていきます。

  1. 墓じまいと永代供養について、まずは菩提寺に相談する
  2. 菩提寺で永代供養ができなければ、永代供養をしてくれるお寺を探す
  3. 墓じまいを行う
  4. 位牌や仏壇の魂抜きを行う
  5. 仏壇を処分し、遺骨や位牌の永代供養を行う

それぞれ詳しく説明します。

1. 墓じまいとともに、菩提寺に永代供養についても相談する

まずは菩提寺に墓じまいの相談を行います。
これまで先祖代々供養を行ってくれたことに感謝の意を表し、「今の自宅からお墓までは遠く、このままでは無縁仏になってしまうから、墓じまいをしたい」と切り出しましょう。

墓じまいについて理解してもらえたら、次に「先祖代々の遺骨と位牌は、永代供養にしたい」と相談します。
菩提寺が遺骨や位牌の永代供養を受け付けていれば、墓じまいが一番スムーズに進むことになります。

また、仏壇も手放したいという気持ちがあるなら、忘れずに仏壇の閉眼供養とお焚き上げを依頼しましょう。
仏壇のお焚き上げは行っていないという寺院でも、近くの仏壇・仏具店など、お焚き上げが可能な業者を紹介してくれる場合があります。

2. 菩提寺で永代供養が不可能なら永代供養をするお寺を探す

菩提寺で永代供養ができない、あるいは支払いが不可能なほど高額であるということなら、
遺骨や位牌を永代供養してくれるお寺を、他に探すことになります。

遺骨と位牌、どちらもお任せできた方がスムーズなので、問い合わせの際には、「遺骨と位牌をどちらも永代供養したい」と先に伝えましょう。

また、永代供養の際には、何十年か個々の遺骨や位牌のままで供養してもらえるのか、それともすぐに他の人の遺骨と一緒に合祀されたり、位牌がお焚き上げされたりするのかも問い合わせます。
思い描いている永代供養の形を叶えてくれるお寺を探すのがポイントです。

3. 墓じまいを行う

遺骨や位牌を永代供養してくれるお寺が無事見つかったら、墓じまいを行います。
菩提寺が指定する石材業者に、墓石撤去と更地にするための見積もりをもらいましょう。

また、菩提寺内の永代供養墓ではなく、別の寺院などの永代供養墓に遺骨を移す場合は、市区町村役場で改葬手続きを行う必要があります。

墓じまいを行った後は、先祖代々の遺骨を取り出し、菩提寺内の永代供養墓を利用する場合はそのままご住職へ渡します。
他の寺院などへ動かす際は、いったん遺骨を持ち帰ります。

墓じまいについて詳しく知りたい方は、「【お墓がいらないと感じたら⁉】墓じまいの流れと注意点を紹介!」も参考にしてみてください。

4. 位牌や仏壇の魂抜きを行う

お墓の整理が住んだら、次は位牌や仏壇を手放しましょう。
菩提寺を自宅に呼び、位牌や仏壇の魂抜きを行います。

その後、菩提寺へ位牌を納める場合は、ご住職に位牌を持ち帰ってもらいます。
なお、仏壇のお焚き上げをしてくれる業者に連絡をし、仏壇を引き取ってもらいます。

5. 遺骨や位牌の永代供養を行う

他の寺院で永代供養を行う場合は、位牌と遺骨を同時に収められるとスムーズです。
位牌の魂抜きが済んでから、遺骨や位牌を持ちこみましょう。

墓じまいと、遺骨・位牌の永代供養を組み合わせれば、先祖を無縁仏にすることなく供養ができます。
ただ、遺骨や位牌の永代供養を受け付けているかどうかはお寺によって違います。

まずは縁のあるお寺に相談してみるのがスムーズです。

また、永代供養にはメリットだけでなく、デメリットも当然ながらあります。
永代供養については「永代供養のお墓はなぜ注目される!?供養法や人メリット・デメリットを解説」を参考にしてみてください。

まとめ

以上、永代供養をはじめとする位牌の手放し方についてお伝えしました。
お焚き上げという手段もありますが、すぐに位牌がなくなってしまうことに抵抗を覚える人は、永代供養や一時預かりという形で位牌を残しましょう。

墓じまい、遺骨と位牌の永代供養、仏壇のお焚き上げなど全ての手配が済めば、正しく供養を終わらせることができたと心がスッキリし、そして安心することは間違いありません。

先祖が喜び、自分と家族の気持ちが楽になる永代供養を、ぜひ利用してみませんか。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら

都道府県を選択

北海道・東北の霊園を知る
関東の霊園を知る
中部の霊園を知る
関西の霊園を知る
中国・四国の霊園を知る
九州・沖縄の霊園を知る

どこの都道府県の霊園情報を知りたいですか?