永代供養のお墓はなぜ注目される!?供養法や人メリット・デメリットを解説

スポンサーリンク
永代供養専門のお寺

少子高齢化社会になるとともに、取り上げられるようになってきた「お墓」の問題。単身者や子のいない世帯などを中心に、永代供養を考えている人が増えてきています。

  • 「永代供養とは、一生代わりに供養してくれること?」
  • 「永代供養の”永代”っていつまでのことなの?」
  • 「永代供養ではどのような供養をしてもらえるの?」

この記事では、そうした永代供養に関してよく疑問に思われていることについて解説します。
「お墓を建てる以外に何か選択肢がないかな」と思っている人に、一つの選択肢として考えてもらえるかと思います。

永代供養とは

永代供養とは、故人や先祖の遺骨や位牌を寺院が預かり、家族に代わって永代に渡り供養することです。
跡取りや、墓守を引き継ぐ人がいない人たちが、永代供養という方法を選んでいます。

檀家制度が確立されていたときは、菩提寺がその家の永代供養を引き継いでいましたが、昨今は多くの寺院が、宗旨や宗派を問わずに永代供養を受け入れています。

永代供養の供養方法や特徴

まずは、永代供養の方法や特徴について見ていきましょう。

個別の安置期間について

「永代」と聞くと、「未来永劫」と思う方も多くいるかもしれませんが、現実的には「そのお寺が続く限り」と認識しておくべきです。

そして、永代供養の方法には、一定期間の個別供養と、はじめから合祀(ごうし)する、この2通りがあります。いずれにせよ最終的には合祀されます。

一定期間の個別供養

遺骨を寺院に預けるのですが、一定期間は家族が個別にお参りできるように祀ります。
個別の礼拝は、施設によってさまざまです。

ひとつには、納骨堂のように、個別に遺骨を安置して手を合わせるケースがあります。
また、供養塔や本堂の棚に、他の人の遺骨と並べて安置して、共有の礼拝スペースで手を合わすケースもあります。

遺骨の取り扱いやお参りの方法は寺院や霊園によってさまざまですので、そのつど確認が必要です。

また、ここでいう一定期間とは、主に13年、17年、33年、50年などで、これも寺院によって異なるので注意しましょう。
供養の期間を過ぎた遺骨は、合祀されます。

合祀

合祀とは、他の人の遺骨と同じ場所に埋葬することです。
はじめから合祀をしてもらうこともでき、その場合は供養料も安価に抑えることができるでしょう。

墓石を建てる必要について

墓石を建てる必要性については賛否が分かれます。
家族や先祖のつながりが確認でき、個別に供養できる点で、今でも墓石を大事に考える人はたくさんいます。

一方、社会状況の変化から、墓石がいまの時代にはそぐわないと考える人もいます。

石は人の寿命を超えてはるか長く居続けるものとして、昔から世界中で「永遠性」の象徴とされてきました(ダイヤモンドを「永遠の輝き」なんて言いますが、宝石だって、石の一種です)。

日本では古来より、死者供養に石塔が用いられていました。
しかし、昨今の社会環境の変化から、墓石の建立が困難な人が増えているのが現実です。
墓石を建てる代わりに、永代供養、あるいは樹木葬や散骨という新しい供養の方法が注目されています。

年間管理費について

年間管理費の支払いについては寺院や霊園によってさまざまです。

支払い方法は次の3つです。

  • 契約時に一括で支払う
  • 毎年、年間管理料を納める
  • 年間管理費を不要とするケース

金額の相場は年間5000円~10000円程度でしょう。
管理費は永代供養に発生するもろもろの費用に充てられます。

また、毎年の支払いを面倒に思う人もいるのですが、支払いがあるからこそ、お寺とのつながりを保てるという側面もあります。
家族と寺院が音信不通になるケースはあとを絶ちません。

最後は寺院に供養を任せるとはいえ、家族が元気なうちは、寺院と密にコミュニケーションをとりながら、ご先祖様の供養やお参りをするべきでしょう。
年会費の支払いは、双方のつながりのきっかけにもなるのです。

宗教・宗派について

永代供養を受け入れているほとんどの寺院では、宗教や宗派は問いません。
まれに、永代供養の施設を設けていても、檀家専用とする寺院もありますので、事前に確認しましょう。

また、菩提寺があるにも関わらず、新しい寺院に永代供養を依頼する場合は、必ず旧寺院との離檀をきちんとしておきましょう。
うやむやなまま寺院を代えてしまうと、トラブルのもとになりかねません。

永代供養のお墓について

永代供養のお墓の多くは、石塔の躯体内部や地下に納骨室が設けてあります。
骨壺で遺骨を預かり、石塔の内部に安置しておくのです。

一定期間が過ぎたあとの合祀は、塔の真下の土中に埋葬できるようになっています。
寺院によっては、永代供養墓と合祀の場所を分けていることもあります。

”期限付き墓石”という方法

お寺の永代供養の中には、「期限付き墓石」を取り扱っているところもあります。
昔からの伝統にのっとり、墓石の中に埋葬してほしい、埋葬したい、というニーズも未だに根強くあるからだそうです。

個別に墓石を建立し、一定期間はお墓参りができるのですが、期間が過ぎると墓じまいして、遺骨は永代供養します。
いわば、墓じまいや永代供養を前提としたお墓の建立です。

跡をみるものがいないけれど、お墓に埋葬しないと気持ちが落ち着かない、という人は一定数いるようで、そのような人たちに人気があります。

永代供養墓と納骨堂の違いについて

永代供養墓は「お墓」。つまり、野外に建てられた石塔です。

納骨堂は「お堂」。つまり、納骨するための建物です。通常このお堂の中に納骨壇を設けています。
ともに遺骨を安置する施設には変わりありません。

ただ、永代供養墓の多くは集合墓、つまりひとつの石塔の中に複数の遺骨を埋蔵する構造になっていますが、納骨堂は個別型や集合型などさまざまな形があります。

永代供養の費用相場

永代供養の相場はその形態によってもさまざまです。
合祀だけであれば、数万円~10万円程度で引き受けてくれます。

一定期間の個別供養を伴う永代供養の場合、50万円前後が1つの相場と判断すればよいでしょう。
お参りの施設の充実度によっては、100万円近く費用が掛かることもあります。

永代供養を選ぶメリット・デメリット

永代供養のメリットです。

  • 自分たちで供養をしなくてもよい
  • お墓を持たなくてもよい
  • お寺に預けるから安心

一方、永代供養のデメリットです。

  • 次の代以降の子孫が先祖代々とのつながりを感じづらい
  • 個別の礼拝場所を持つことができない
  • 遺骨を還してもらえないこともある

永代供養を選ぶのに向いている人

永代供養に向いているのは、子や孫などのあと取りがいない人たちです。

逆を言うと、自分たちのあとを見てくれる人がいるのであれば、永代供養にする前に家族間でじっくり相談しましょう。

自分の親や先祖の供養は、あくまでも毎日の生活の中で自分たちの「心」でするものです。
寺院による永代供養は、あとを見てくれる人がいないという人たちにとっての最後の受け皿となるべきです。

社会全体で単身者や子のない世帯が増えているために、永代供養がクローズアップされがちです。

そのような風潮に流されることなく、自分たちの家庭にきちんと尺度を合わせて、あるべき供養の方法を選ぶことをおすすめします。

永代供養墓を選んだときの法事について

永代供養として遺骨を預けた場合、寺院に依頼すれば法事を執り行ってくれるでしょう。
その場合、お寺の本堂で法事をします。

また、先祖の命日以外でも、毎年数回、寺院や霊園全体で、合同法要や慰霊祭を執り行うこともあります。

まとめ

いかがでしたか?

永代供養を受け付けている寺院や霊園はたくさんありますが、供養の方法や費用はそれぞれ異なります。
また、管理してもらえる寺院の住職や霊園のスタッフなど、人柄も重要なチェックポイントです。

人を供養するのは人です。
立地や施設や費用だけでなく、総合的に判断して、納得できる永代供養先を見つけることができるとよいですね。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索