【神式】玉串の供え方!玉串奉奠の作法・やり方まとめ

スポンサーリンク
玉串を持つ両手

神式の葬儀や儀式で使われる玉串。

玉串(たまぐし)とは、植物の榊(さかき)の枝に布や神をつけた道具のことです。神様へのお供え物とされています。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)の作法・やり方

玉串を捧げて、拝礼することを、玉串奉奠(たまぐしほうてん)と呼び、神道の儀式の際には慶弔に関わらず、行われます。

なお、下記は、葬儀における玉串奉奠の作法です。

玉串奉奠の流れ

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加