神式の葬儀や儀式で使われる玉串。

玉串(たまぐし)とは、植物の榊(さかき)の枝に布や神をつけた道具のことです。神様へのお供え物とされています。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)の作法・やり方

玉串を捧げて、拝礼することを、玉串奉奠(たまぐしほうてん)と呼び、神道の儀式の際には慶弔に関わらず、行われます。

なお、下記は、葬儀における玉串奉奠の作法です。

玉串奉奠の流れ

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

神道の場合、玉串を捧げて拝礼します。これを玉串奉奠といいます。玉串奉奠の作法は、二回拝礼をして、二回拍手を打ち、最後に一回拝礼します。弔事の場合は、拍手は音を立てずに「しのび手」で行うとされています。 基本的に神道の場合は、合掌のように手を合わせてお参りする動作を伴わないため、勝手が違うような感覚になりますが、玉串を捧げるときや、深く拝礼をする際などに故人の冥福を祈念します。 神道の葬儀は全体の2%程度になりますので、頻繁に参列する機会があるものではありません。わからなくて当然ですので、作法等が不安な場合は、葬儀社のスタッフに気軽に聞いてみると負いでしょう。