葬儀で心づけが必要な相手とは?金額も合わせて解説!

スポンサーリンク
葬儀で心づけが必要な相手

この記事の目次

心づけの用意

ポイント:渡すタイミングが難しい心づけは、葬儀社に預けて渡してもらう。

心づけは地域によって慣例が違う

葬儀の関係者には、正規の料金とは別に心づけが必要な相手がいます。寝台車や霊柩車の運転手や民営火葬場の係員などです。

ご遺体をていねいに扱っていただいたお礼という意味で、古くからある慣例ですが、最近は地域によってこの慣習が見直されて、業者によっては心づけを受け取らないところも増えています。

そうした事情は地域の葬儀社がすべて心得ているので、アドバイスを受ければ安心です。心づけが必要な場合、葬儀社によっては、「心づけ費用=○万円」と見積書に計上してくる業者もありますが、心づけには、そうした慣例があることを承知しておきましょう。

なお、公営火葬場の職員は原則的に受け取りません。

心づけは葬儀社や世話役に渡しておく

心づけは、いつだれに渡せばいいのかわかりにくいものです。

喪主が直接渡すより、必ず渡さなければいけない類のものは葬儀社に、お手伝いの人などへの心づけは遺族の1人や世話役に預けておくと、渡すわずらわしさが省け、葬儀に心が傾けられます。

また、これもよくあるケースですが、葬儀社の担当者がとても親切にしてくれたので、葬儀後に心づけを渡したい、という喪主もいるでしょう。

でも、最近の葬儀社は料金設定が明瞭になっているので、心づけは受け取らないことが多いようです。無理に渡すと相応のお返しが来たりすることもあるので、かえって負担をかけることにもなります。どうしても渡したい場合でも、一度断られたら無理強いしないほうが相手にもいいようです。

心づけの袋は多めに用意

お金は半紙に包むか、小さい不祝儀袋か白い無地の封筒に入れます。表書きは薄墨で「志」「寸志」「心づけ」などと記します。

通夜から繰り上げ初七日まで、外部の人にお世話になることが多いので、心づけ袋は多めに用意しておきましょう。

心づけの表書きの例

心づけの表書きの例

(小さい不祝儀袋)

心づけのめやす

心づけの相手 金額 渡すタイミング
運転手 寝台車の運転手 3,000~5,000円(搬送距離による) 安置場所に搬送後
霊柩車の運転手 3,000~10,000円(霊柩車のランクによる) 乗車の際か葬議場に到着時
マイクロバスの運転手 3,000~5,000円 乗車の際か葬議場に到着時
火葬場 火葬場係員 3,000~5,000円(火葬場のランクによる) 火葬場に到着後
休憩室係員 3,000~5,000円
公営火葬場職員 原則的に不用だが受け取る火葬場もある

※心づけについては各業者に渡さないケースも増えている。

■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加