お清めの塩の意味と使い方、やり方

スポンサーリンク
お清めの塩と数珠

葬儀に参列すると、会葬礼状と一緒にお清めの塩を渡されることがあります。
火葬場から帰ったとき、あるいは、一般会葬者が自宅に戻ったときに、死の穢れを家に持ちこないためのお清めとして、塩を体にかけたり、踏んだりする慣習があります

お清めの塩の使い方、やり方

お清め用の塩

お清めの塩は、家に帰ってすぐ、自宅の門に入る前、マンションなどの集合住宅なら玄関に入る前に行います。
玄関内でしてしまうと穢れを家の中に呼び込んでしまうので、玄関をまたぐ前にします。

お清めの塩を、胸→背中→足元の順番に振りかけます。
一掴みくらいの少量の塩をかけて、その後、手で払うようにします。
自分で振りかけても構いませんが、家族がいる場合には家族に振りかけてもらいます。

家に家族がいる場合

家に家族がいる場合は、自宅の玄関に入る前に、家族の人に外に出てきてもらって、胸と背中、足元に塩をかけてもらいましょう。

ひとり暮らしの場合

ひとり暮らしなどで家に誰もいない場合は、自分で肩越しに背中に塩をかけます。

参列後にすぐに帰宅しない場合

葬儀に参列後、帰宅しないでそのまま職場などへ向かう場合は、葬儀会場を出た際に、足元にお清めの塩をまいて踏む、という方法もあります。

お清めの塩の意味

お清めの塩は、穢れである死を清めて、死の穢れを家に持ち込まないようにという意味合いで行われます。

死を穢れとして、塩で清めるというのは、実は神道の作法です。
神道では、死は穢れとされるので、必ずこのお清めの塩を行います。

なお、お清めの塩で祓うのは故人の霊ではありません。
人の死に際して寄り付いてきた邪気を祓うという意味があります。
そのため、決して故人を冒涜しているわけではありません。

ただ、死を穢れとは捉えない宗教や宗派、個人の考えがあるため、必ず行わなければならないものではありません

仏教では、基本的に死を穢れとは考ておらず、浄土真宗などは、葬儀後に清めの塩を使うことに強く異を唱えています。
ただし、日本の習俗だからと容認する宗派もあります。

実際、日本では、葬儀以外の場でも、力士が土俵に塩をまいたり、嫌な客が帰った後に「塩をまけ」と言うなど、清めるために死を使うケースは多くあります。

葬儀後に清めの塩を使うかどうかは、結局のところ、自分で判断することになりますが、仏教上のしきたりではないことは、頭に入れておきましょう。
もし葬儀から帰宅してお清めの塩をしたいという人は、事前に玄関先に塩を置いておいてもよいでしょう。

お清めの塩がないこともある

会葬礼状に、お清めの塩が入っていないことも増えています。

塩によるお清めの行為は、死を不浄のものと考える神道の風習です。
仏式の葬儀でお清めの塩が渡されるのは、神道と仏教が混同して生まれた風習です。
仏教では、死を穢れと捉えないので、お清めの塩は必要ないと考えて、廃止する地域も増えています。
特に、浄土真宗系の葬儀ではその風習を取りやめています。

お清めの塩はの儀式は、宗教によって判断がわかれます。
そのため、必ず行わなければいけないということはありません。
慣習的に行っていることがほとんどなので、気になるようなら清めの塩が用意されていなくてもやる、気にならないならしない、という自身の気持ちで判断すればよいでしょう。

通夜振る舞いなどの食事もお清めの意味がある

お清めは、塩だけではなく、食事もお清めの一つで、通夜のあとに行う通夜振る舞いもお清めです。
また、通夜振る舞いの席で振る舞われるお酒もお清めです。
お酒には、邪気を払うチカラがあるとされています。



通夜に参列するときの身だしなみに迷ったら、下記の記事を参考にしてください。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加