永代使用料と管理費の違い!区画なのか霊園全体にかかるお金なのかを解説!

【永代使用料と管理費の違い】アイキャッチ画像

お墓を持ちたいと考えているなら、一番気になるのは費用のことですよね。
お墓を建てるには100万円、200万円といった規模のお金が必要というデータがありますから、慎重に選ぶ必要があります。

その反面、お墓の費用は、何にいくらかかるのかがなかなかつかめません。
霊園の資料を取り寄せると、お墓の代金として「管理費」という項目があることと思われます。
「一体、何に関する管理費用なのだろう?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

この記事ではこのような疑問を解消!

  • 霊園の管理費は、何に対する費用なのか?
  • 管理費のほか、お墓を建てるときに必要になる費用はどんなものがあるのか?
  • 結局、お墓を建てるにはいくら必要なのか?

この記事では、以上のような疑問を抱えている人のために、
霊園の管理費について、またその他お墓に関わる費用について詳細をお伝えします。

最後まで読めば、お墓にまつわる費用の全体像をとらえ、安心してお墓を購入できるようになりますよ。

霊園・墓地を契約するときに必要な「永代使用料」は区画使用料のこと

【永代使用料 管理料 違い】文中

霊園・墓地を契約するときに必ず必要で、かつ金額が大きいのが「永代使用料」です。
永代使用料を支払えば、お墓を建てるために、永代に土地を使用することができます。
「永代に」とは、半永久的に、例えば霊園が存在する間はずっと、という意味だと捉えていいでしょう。

「墓地を買う」というと、お墓を建てるための土地を購入するとイメージする人もいるかもしれません。
しかし実際は、「墓地を買う」とは、お墓を建てる場所の使用権を得るということなのです。
使用権を取得するだけで、土地を買うわけではないため、墓地の譲渡やお墓以外の建立は認められていません。

例えば、「2区画を買って駐車場にし、貸し出そう」など、通常の不動産のようには活用できないのです。
あくまで自分や家族が墓地として使用するために支払うお金が、永代使用料です。 お墓の形態ごとに、永代使用料の相場をご案内します。

一般的なお墓の永代使用料は30万円から100万円程度

いわゆる先祖代々のお墓として家族で使う、一般的なお墓の永代使用料は、30万円から100万円程度が相場です。
地方よりも都市部のほうが高くなる傾向にあります。
また、区画が広くなるほど、使用料は高くなります。

樹木葬の永代使用料は30万円から100万円程度

墓石の代わりに樹木を植えてお墓の目印(墓標)とする樹木葬の場合、永代使用料は30万円から100万円程度が相場です。
個人または家族で使用する墓地という意味では、墓石を使うお墓と変わりないため、永代使用料は一般的なお墓並みの金額になります。
ただ、樹木葬の場合は墓石を建てないため、永代使用料の相場は一般的なお墓と同じでも、全体的な費用感は割安となります。

合祀タイプの永代供養墓の永代使用料は3万円から30万円

他の人の遺骨とともに大きな供養塔へ眠る、合祀タイプの永代供養墓の永代使用料は、3万円から30万円が相場です。
合同で供養を行うため、かなり割安となります。
ただし1人の遺骨に対する料金であることが多いため注意が必要です。
例えば、先祖代々のお墓を片付けて8人分の遺骨を合祀してもらいたい場合、
1人の遺骨につき3万円なら、合計24万円の費用が発生します。

永代供養つき個人墓の永代使用料は30万円から60万円

永代供養墓には、はじめの数十年は個人のお墓として供養をし、使用期限が過ぎたら供養塔などへ合祀されるタイプがあります。
これを永代供養付き個人墓といい、永代使用料の相場は30万円から60万円程度です。
個人墓の区画をずっと使用するわけではないため、割安となります。

以上、お墓を建てる以上は支払わなければならない永代使用料について説明しました。
次に、霊園の維持費となる管理費その他についてご案内します。

霊園・墓地の維持などに関する「管理費」「手桶料」とは

司法書士、相談、夫婦

霊園としての機能を維持させるために支払うのが、「管理費」や「手桶料(ておけりょう)」と呼ばれるものです。
霊園は常に無人というわけではなく、事務所に管理人が常駐していたり、トイレの清掃や草木の剪定に人が入ったりしています。
よって、霊園にお墓を建てる人は、維持費としての人件費を負担しなければなりません。
管理費と手桶料について、それぞれ説明します。

管理費は毎年または一括で支払う維持費

管理費は、一括でまたは毎年支払う、霊園の維持費です。
一括なのか、毎年発生するのかは、お墓の種類によって違います。

一般的なお墓の場合は管理費が毎年発生する

家族で使う一般的なお墓の場合、お墓を使用している間はずっと管理費が発生することになります。
年に一回、あるいは5年に一回まとめてなど、霊園側の方針により支払いを行います。

永代供養墓の場合は管理費を一括で支払う

永代供養墓の場合、管理費は契約時に一括で支払うことになります。
永代供養墓とは一度料金を支払ったら、あとは霊園側が掃除や供養を行ってくれるお墓のことを指すためです。
とくに個人墓つき永代供養墓の場合、数十年は個別に掃除や供養が発生するため、管理費が高くなる傾向にあります。

手桶料は設備費用のようなもの

管理費のほかに「手桶料」がかかる霊園があり、これは設備費用のようなものです。
「霊園に常設してある手桶などを使用するための料金」という意味です。
手桶料を支払えば、霊園の設備を自由に使えるようになります。
多くは契約時に支払いが行われ、以後発生することはあまりないでしょう。

以上のように、管理費とは霊園の維持費のことであると捉えれば、まず間違いはありません。
では、管理費の相場はどの程度なのでしょうか。次章で説明します。

霊園の種類により管理費の相場は違ってくる

お墓、礼服人物と円マーク

霊園の種類より、管理費の費用も、支払い方法も違ってきます。
霊園の種類は、主に次の3つです。

霊園の種類

  • 公営霊園
  • 寺院墓地
  • 民間(民営)霊園

それぞれ詳しく説明します。

自治体が運営する公営霊園の管理費

市区町村が区画募集を行っているのが、公営の霊園です。
管理費については、他の霊園に比べて多少の割安感があります。
年間2千円から1万円ほどが相場で、都市部のほうが高くなります。
支払いについては、振込対応がほとんどです。

寺院が運営する寺院墓地の管理費

寺院が直接管理・運営を行っているのが、寺院墓地です。
管理費については、公営霊園よりはやや高く、民営霊園とほぼ同等と捉えていいでしょう。
年間5000円から1万円ほどが相場です。
年に一度、寺院へ直接納めたり、檀家の当番にあたる人が集金を行ったりと、支払方法は寺院の方針によってさまざまです。
遠方であれば、住職に相談し、何年か分をまとめて振り込むという人もいるでしょう。

宗教法人などが運営する民間(民営)霊園の管理費

寺院などが経営主体となり、民営の業者が直接の管理・運営を行っているのが、民営霊園です。
管理費については、公営霊園よりはやや高く、寺院墓地とほぼ同等となります。
年間5千円から1万円ほどが相場ですが、設備が充実している霊園の場合は1万5千円を超える場合もあります。
支払いは振込対応がほとんどです。
霊園側と相談し、何年か分をまとめて振り込む人もいます。

以上のように、霊園の管理費は、霊園の種類によって相場や支払い方法に若干の違いがありますから、注意が必要です。
さて、お墓にかかる費用は、「永代使用料」と「管理費」のほかに、墓石建立にかかるものがあります。
次章で詳しく説明します。

墓石建立にかかる費用は3つ

ありがとうと彫刻された墓石

墓石建立にかかる費用は、次の3つです。

墓石建立にかかる費用

  • 墓石代
  • 工事費
  • 彫刻代金

それぞれ説明します。

墓標や墓誌などの墓石代

墓石の費用は、産地やブランドと、使う石の量によって決まります。
一般的に、国産の墓石のほうが外国産の墓石よりも価格が高くなります。
庵治石など、国産のなかでもブランド力のある墓石ともなると、外国産の10倍もの価格になることも珍しくありません。

また、同じ墓石を使っていても、お墓の面積が大きければ、石の量が多い分、墓石代は高くなります。
灯籠や墓碑など、飾り物や付属品が多い場合も、墓石代は高くなります。

お墓を建てるための工事費

当然のことながら、工事にまつわる費用も発生します。
墓石を建てるための工事とは、具体的に土台を建てるための基礎工事、基礎に墓石をのせる工事、その他付属品の設置を行うことを指します。
基礎工事を行う際、土地が斜面になっていたり、地盤が弱かったりすると割高になる傾向があります。

墓石への彫刻代金

「先祖代々墓」「●●家之墓」など、墓石に文字を彫るための彫刻代金も発生します。
最近では、「愛」や「平和」など、故人が好きだった言葉や施主の好む言葉を彫刻することも多くなっています。
お墓に個性を出したいという理由もありますが、
家で代々使うためのお墓を建てる人が少なくなってきたため、「先祖代々」や「●●家」という言葉を使いたくないという意識も現れています。

彫刻は、お墓の表面だけではなく、側面や、墓誌と呼ばれるプレートにも施されます。
お墓に眠っている人の戒名や没年月日を刻むためです。

以上のように、墓石建立のための費用には墓石そのものの費用、工事費、彫刻代金が含まれています。
それぞれに相場があるというよりは、すべて合わせて「墓石代」として請求されることが多いでしょう。
墓石代の相場は、50万円から150万円程度です。
地方よりも都市部のほうが高く、また区画が大きければ大きいほど高くなります。

お墓全体にかかる費用

電卓、お金、納税、

お墓全体にかかる費用は「永代使用料」「管理費」「墓石代」を合わせたものとなります。
以上のように、それぞれの相場にはかなり幅がありますし、お墓の種類によっても金額が違いますから
一概に「お墓にはこれだけかかる」と言うことはできません。

ただ、家族で使う一般的なお墓を購入する場合、
「永代使用料」と「墓石代」を合わせた金額の相場は250万円程度と言われています。
そこに年ごとの「管理費」がかかってきます。
例えば、霊園の定める管理費が1万円だった場合、20年で20万円を上乗せして支払うことになります。
このように、永代供養墓ではないお墓を購入すると、維持費が年ごとにどんどんかかっていきます。

まとめ

この記事では、霊園の管理費を含め、永代使用料や墓石代について詳しく説明しました。
それぞれ、何に関する金額なのか、いくらかかるものなのかがお分かりいただけたでしょうか。
墓地の購入を検討している人の一助となれば幸いです。

ひとくちに「お墓の価格」といっても、それが何を指すものなのかは、詳しく見てみなければわかりません。

「墓石代ゼロ円」
「永代使用料はかかりません」
「管理費一切必要なし」

などという広告があると、見かけのお得さに思わず飛びつきたくなりますが、
他の費用がかなり掛かってしまう可能性もあります。

お墓の値段を見るときには、「永代使用料」「管理費」「墓石代」全ての項目を揃えていくらになるのかを確かめるようにしましょう。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電話相談:0120-907-802 墓じまい相談 キャッシュバックキャンペーン

地域から霊園検索

おすすめ霊園・墓地