仏式の通夜・葬儀の執り行い方を解説

スポンサーリンク
仏式通夜と葬儀

仏式の通夜の執り行い方

ポイント:最近の通夜は家族だけでなく、知人などの弔問客も参列する告別式スタイルが一般的。

遺族・親族だけでなく一般弔問客も参列

通夜には、死者を葬ほうむる前に遺族や近親者、親しい人たちが集います。夜の6時ごろから2時間程度の「半通夜(はんつや)」が一般的です。

しかし、都合で葬儀・告別式に参列できない一般弔問客もいるため、通夜で故人とお別れをするケースが増えています。

まだ故人が若く、現役の弔問客が多い場合は、通夜の客のほうが多いのが普通です。

通夜の進め方は、一般的に、遺族と参列者がそろったところで、僧侶による読経(どきょう)、遺族と参列者による焼香が行われ、通夜は終了しますが、その後、弔問客を酒食でもてなす「通夜ぶるまい」をします(都市部)。

喪主・遺族は弔問客の応対をしない

喪主や遺族は、弔問客への応対をしないで、世話役に任せるのがならわしです。

本来通夜は遺族のものであったので、たとえ会葬者が多くても、あいさつに出向かなくても失礼になりません。焼香のときに弔問客からあいさつされたら、座ったまま軽く黙礼で返す程度で十分です。

席次は血縁の濃い順に

席順は、喪主が柩(ひつぎ)に一番近いところに座るのが一般的です。

祭壇(さいだん)に向かって、右側に喪主、遺族、近親者と血縁の濃い順に座ります。左側には、世話役代表、友人、知人、職場関係者が縁の深い順に座ります。一般弔問客は、係の誘導に従って、祭壇の正面に座ります。

仏式の通夜の進行例

仏式の通夜の進行例

通夜、葬儀・告別式の席次

通夜、葬儀・告別式の席次

仏式の葬儀・告別式の執り行い方

ポイント:宗派によって進め方や焼香の仕方も異なるので事前に僧侶、葬儀社に確認する。

葬儀と告別式の意味

葬儀は故人をこの世からあの世へ送る儀式で、遺族や近親者で営みます。告別式は友人や知人が故人とお別れをする場です。

最近では葬儀・告別式としていっしょに行われるのが一般的で、故人を弔(とむら)うだけでなく、遺族が参列者にお礼の気持ちを表す場ともなっています。

仏式葬儀・告別式

仏式葬儀・告別式の進め方は宗派によって異なります。事前に僧侶、葬祭ディレクターと段取りを決めておきましょう。

一般的な葬儀の流れ

一般的な葬儀の流れ

弔辞・弔電の扱い方

弔辞は故人の友人などにお願いします。人数は葬儀社の担当者とよく打ち合わせましょう。火葬の時間との兼ね合いもあり、最近は省くこともあります。

弔電の披露は、多数なら10〜15通程度に絞り、代表して5通ほどを奉読します。順序は会社関係者、社会的地位の高い方を優先することが多いようです。奉読できなかった弔電はお名前のみを紹介します。

焼香のしかた

焼香のしかた

※宗派によって焼香の回数、線香の本数は異なります。僧侶、葬儀社と打ち合わせをするときに確認しておきましょう。

■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索